ライフオーガナイザー 下田 葵 さん プロフィール

  •  
ライフオーガナイザー  下田 葵さん: 片付けが苦手な女性のための片付け相談&サポート
ハンドル名ライフオーガナイザー 下田 葵 さん
ブログタイトル片付けが苦手な女性のための片付け相談&サポート
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/blue-sugar-0219/
サイト紹介文片付けが苦手な女性のための片付け相談&サポート。ライフオーガナイザー下田葵のブログ。
自由文家事、子育て、仕事に追われる毎日…。本当は片付けたい、でもやり方が分からない。時間がない。そんなあなたの暮らしに合った、オーダーメイドの片づけの仕組みをご提案いたします!人生や暮らしは、片付けで劇的にスッキリ楽に変わります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2016/04/20 23:53

ライフオーガナイザー 下田 葵 さんのブログ記事

  • なんでもない今日が 無事に終わったのは 今日も一日 あなたが頑張ったから
  • このCMが好きです。観るとホッコリした気持ちになるから。 ********今日も一日働いた言い訳しないで頑張ったお家に帰ってお風呂に入ろ歯磨きしようなんでもない今日を生きていくあたしらしく明日を生きていく********あなたが思うよりもあなたはずっと頑張っている。私はそう思います。なんでもない今日が無事に終わったのは今日も一日あなたが頑張ったから。「私がやらなきゃな」「頑張らなきゃな」ぐっとこらえ [続きを読む]
  • 押し入れを災害時の備蓄スペースとして使う方法
  • リビングの横にある我が家の和室。普段はおもちゃ収納がメインです。お気付きでしょうか?よく見るとこの写真…おもちゃ収納に使ってるカラーボックスが前に出てること。なんでこのおもちゃの棚、前に出ているかというと…実はこの裏、水の備蓄場所なんです。ふだん使うものではないけれどいざというとき必要なものふだん使うものじゃないから出しにくくていいんです。でもある程度のスペースは確保しておきたい。そんなとき、押し [続きを読む]
  • 不安な気持ちを無理になくそうとしなくてもいい
  • LINE相談などで先日の地震からメンタルが落ち着かないというお話をうかがうことが増えました。「不安になっていてもしょうがない。頭ではそう思うのに、なんだか気づくとそのことばかり考えてしまいます…」そんな質問をいくつかいただいたのでブログでもお話ししようと思います。不安なときその時にできることを具体的にするというのはもちろん有効です。人は体や手を動かすことで気持ちが紛れることがありますからこれはもちろん [続きを読む]
  • 災害時、小さなお子さんのいるご家庭に知っておいてほしいこと
  • 備蓄や防災対策はいろんなブロガーさんがまとめ記事を出してくださってるので少し別角度から。小さなお子さんをお持ちの方へ知っておいてほしいことがあります。??テレビのつけっぱなしはやめた方がいいです今回の大阪のように大きな震災があると今何が起こっているのかどんな状況なのかととても不安な気持ちになります。不安から少しでも情報を集めたいとついテレビをつけてしまう気持ち、痛いほど分かります。だけど7年前の東 [続きを読む]
  • 不安な夜に今からでもできる、いざというときの備え
  • 大阪で地震が起きはじめての夜を迎えています。不安な夜をお過ごしの方もおられるのではと思います。被災地から遠く離れた私でも今日はなんとなく落ち着きません。こんなときこそ深呼吸、ですね。不安を煽る情報を集めるよりもまずは自分の心が穏やかでいられるように舵を切りたいと思います。自分が落ち着く行動を“選び取る”こと。どんなときでもやはりこれだなぁと思います。焦っても慌てても実は今の自分にできることってそん [続きを読む]
  • 災害時の水の備蓄について
  • 大阪で震度6弱の大きな地震がありました。これが本震ではないかもしれない、との情報もあり未だ予断を許さない状況です。これ以上被害が広がらないことを心からお祈りしています。そして私が住む千葉も最近小さな地震が相次いでいます。災害はいつどこで起こるか分からない。こんなときだからこそ「今私にできること」をやっておこうと思います。??水の備蓄東日本大震災のとき私のいた福島ではまず水道が止まりました。その後少 [続きを読む]
  • 波長の合わない人
  • ??波長の合わない人に苛立つときは…ほぼ日、山田ズーニーさんの波長の合わない人を読んでいろんなことが腑に落ちました。---------------------------------------------------苛立つときは、人に怒っているようで、それでいて、実は、“そういう状況にかき乱されて自分らしくふるまえない自分”に、自分が苛立ってる。---------------------------------------------------なるほどー、と心から納得。なんだか長年の疑問がほろ [続きを読む]
  • 会いたい人に会いにいく
  • 私には仲の良い従姉妹がいます。5つ年上の彼女は幼い頃から憧れのお姉さん的存在。上野の『パークサイドカフェ』でよく会ってお茶をします。先週、半年ぶりにやっと会うことができました。木のぬくもりと周りの木々の緑に癒されながらおしゃべり。“言葉が通じる人”と話すのはとても楽しい。優しくて穏やかで、それでいてとてもワクワクするような宝物のような時間です。最近ヨガの先生としてデビューした従姉妹。そんな彼女を見 [続きを読む]
  • 分かってもらえたという安心感が人を動かす
  • 私が片付けに子育てに人生にどうしようもなく煮詰まったとき。私を救ったのはライフオーガナイザーが言ってくれた「これまで大変だったね」の一言だった。ワンオペ育児は文字通りワンオペ、たった一人だ。だから本当の意味での大変さをリアルに知る人は本当に少ない。そこでの大変さをどこかで吐き出すことができていたらそもそも煮詰まることはなかったと思う。吐き出せないから溜まるし溜まるから吐き出せない。もういよいよ限界 [続きを読む]
  • 楽に生きるって怠けるってことじゃないよ
  • 「もっと楽に、もっと心地よく」はライフオーガナイズの目指すところ。だけど、この「楽に」という言葉。実はちょっとクセモノだなぁと思います。人によってはとても引っかかる方がいるんですよね。以前のお客様で、毎日の片付けをすごく大変なやり方でされていた方がいました。その方に「〇〇さんがもっと楽になる片付け方を探してみましょう」ってご提案したときのこと。お客様はこんな風にお話しされたんです。「楽にって、手を [続きを読む]
  • 「マイナスの自己暗示」からあなたの心を救い出す本【読書録】
  • ??「生きにくい人生」を「心地よい人生」に変える処方箋そんな風にはじまるこの本。とても興味深い本でした。タイトルに「マイナスの自己暗示」とありますが、これは「思い込み」や「先入観」とも言えます。とにかくそんな自分にいいことをもたらさない思い込みをやめようね、という本でした。カウンセラーの著書が実際にカウンセリングした方を例に挙げていて。どんな方がどんな思い込みを持っているか?それをどんなふうにほど [続きを読む]
  • 「自分が変えられること」に気付くと心が楽になる
  • 雨の月曜日。 気分がちょっと 滅入りそうだったのでキッチンにドウダンツツジを飾りました。たったこれだけですがやるとやらないとでは大違い。ちょっとでも気分が変わります。この“ちょっと”の差のつみかさね。これが大きかったりするのです。いつも見える場所を「私」の好きな感じにする。これも私の中では「私」を大切にすることの一つです。これが家全部となるとなかなか一気には難しいですけど。こんな風に小さなスペースな [続きを読む]
  • 笑顔の理由にMr.Children「彩り」を思い出して涙が出た話
  • Mr.Childrenの「彩り」という曲は私たち夫婦にとって特別な曲です。どれくらい特別かというと結婚式に席次表と一緒に歌詞を配っちゃったくらい(笑)でも当時(11年前)の私、実はこの歌の良さがあまり分かってませんでした。Mr.Childrenファンの夫のイチオシだったんですよね。私は、まあいい曲だよね、くらいの認識だったのですが(^_^;)でも今日Facebookでオーガナイザーになりたての頃のお客様が新しい一歩を踏み出している投稿 [続きを読む]
  • 自分でできる!小学生の身支度スペースの作り方
  • 今年の春に作ったランドセルスペース。ランドセルの床置き率90%が見事に改善されました!ランドセルはただ置くだけ。このシンプルさが楽ちんで長続きのコツのようです。今日はこちら。↓「子どものハンカチやティッシュはどこに置いてますか?」とご質問いただいたのでお答えしますね。子どもたちの身支度スペースはここです。ランドセルラックのすぐ下にあります。引き出すと、移動ポケットハンカチティッシュをひとまとめにして [続きを読む]
  • LINE相談のチカラ、半端ないです【お客様の声】
  • ??LINE相談、お申し込みいただいてます!おかげさまで最近LINE相談のご依頼がご好評いただいております(^^)忙しい方遠方の方お子さんが小さい方LINE相談はどんな方でも時間と場所を選ばずに自由にご相談していただけるのがメリット。実際のお家に伺う片付けサポートよりもお気軽にご利用いただけるようです。先日もLINE相談で片付けを終えたお客様からLINE相談のチカラ。半端ないです。とお言葉をいただきました。きっかけがあれ [続きを読む]
  • 7歳が自分で考えたレゴ収納
  • 遊んだおもちゃは寝る前にリセットできる日はしようというゆるーい習慣の我が家。疲れてる日はパスするし週末にまとめてリセット、もあります。今日はたまたま、小一の息子と一緒にレゴを片付けてたんですけど、そのときの一コマ。私が適当に「これ、このへんでいいよね〜」とそのへんの棚にレゴの車を片付けようとしたんです。(片付けのプロとは思えない言動(笑))そしたら息子から一言。「ママ、それは違うよ」と言われました [続きを読む]
  • あなたの思いが誰かに届く明日はきっとある
  • /心配ないからね 君の思いが誰かに届く明日はきっとあるどんなに困難でくじけそうでも信じることさ 必ず最後に愛は勝つ\子どもの頃、母がよく聴いてました。ほぼ空で歌える私も大好きな歌。大人になって聴いてみるとまた歌詞の意味が沁みます。「愛」とか言うと大げさに聞こえちゃうかもしれないけれど。あなたの大切な人を大切に思う気持ち。それ以上に、人を動かすものなんて他にないですから。今すぐじゃないかもしれない [続きを読む]
  • 自分が好きなことを大切にした方がいい理由
  • ソラマチのプラネタリウム「天空」に行ってきました。これが見たくて。星が好きでプラネタリウムが好きです。星空を見上げていると自分がかかえている悩みや不安はなんてちっぽけなんだろうと思えるから。と言って半分くらいまで見たら熟睡しちゃったんですが(笑)なんてもったいない!と思ったけど寝起きがとっても気分爽快だったので良しε-(´∀`; )あの空間に癒されました。自分が何をしてるときどこにいるとき誰といるとき [続きを読む]
  • 無理に自分らしさを探さなくていい
  • 【自分らしさって何?】思えば大学で看護を学んでいたころから「自分らしく生きる人を支えたい」とずっと思っていました。子育てをする中でも子どもたちにはそれぞれ「自分らしく生きる道を見つけてほしい」と思っているし。ライフオーガナイザーとして活動する中でもお客様が「自分らしい暮らしを見つけられること」を大切にしたいと思っていて。その人がその人らしく生きること。それを応援したいし、サポートしたい。ずっとそう [続きを読む]
  • 部屋の空気を変えたいときは
  • 1.グリーンを飾るこの時期になると家にお迎えしたくなるドウダンツツジ。グリーンを育てたりお花を生けたりするのは苦手な私。枝物は買ってきて水に挿しておくだけで長持ちしてくれます。めんどくさがりの私でも暮らしに取り入れやすいグリーンです。ドウダンツツジの下に無印の人をダメにするソファを持ってきて読書。癒しの時間です。2.窓を開ける朝起きたら最初にすること。家中の、窓という窓を開けます。風を通す、というこ [続きを読む]
  • ”心が空っぽになりやすい。5-6月”
  • しいたけさんのブログにこんな記事がありました。いわゆる五月病らしいですが。「頑張っている人」というのは往々にして、自分が頑張っている、という認識がないなぁと思います。(私調べ)だから周りがいくら「がんばってるよ」「よくやってるよ」と言ったところで本人が「まだまだ頑張りきれてないけど」と思っていると全然心に響かなかったりします。こればっかりはどうしようもない。馬を水辺に連れて行くことはできても、水を [続きを読む]
  • 片付けの先に見つけたのは、何気ない日常を幸せだと思える気持ち
  • 今まであまり本好きではなかった息子。でも今日「ほねほねザウルス」という本をたどたどしい読み方ながら最後まで声に出して読んでいました。夕方夕飯を作りながらその声を聞いていた私。あたりまえのなんでもない風景がああ、とても嬉しい、と感じた時間でした。思えば、これまでの子育て10年間。こんなふうに当たり前の風景をただただ幸せだなぁと噛みしめる余裕。私には無かったんだなぁと。やっと今になって今頃になって。自分 [続きを読む]
  • どこから手をつけたらいいか分からない、はどこからでも変われる証!
  • 片付けのお悩みでよく聞かれるのが「どこから手をつけたらいいか分からないんです…」という質問です。うんうん、そうですよね。私も本当にそうだったからこの気持ちが痛いほど伝わります。片付けたいスペースはどこですか?って聞かれたらとにかく全部です!って答えてましたもん。片付けられないって悩んでるときキッチンだけ、子供部屋だけ、押し入れだけ、というようにピンポイントで片付かない、ということってあまりないんじ [続きを読む]
  • どんな困難も壁ではなく「階段」である
  • 心の回復力「レジリエンス」について。金森秀晃さんの著書「凹んだ数だけ強くなれる29の法則〜しなやかな強さを身につけるレジリエンスの鍛え方」の読書レポの続きです。・・・・・・・・・・・・・うつ病バブルと言われる今の時代。社会的に成功している方々と心を病んでしまう方々の違いについて著書の金森さんは15,000人以上のカウンセリングの経験からはっきりこうおっしゃっています。両者の違いは、強さ、弱さ、では断じてな [続きを読む]
  • 本当は誰もが「心の回復力」を持っている
  • ー片付けを通して「大丈夫」を伝えたい。これはオーガナイザーになってから私がずっと願っていることです。それは自分自身の、片付けられなかった過去を乗り越えられた経験から、というのもありましたがそれだけではなくて。「大丈夫なものは大丈夫なんだよなぁ」としか言いようのない、根拠のない自信がずっと心にあったから。これは何なんだろう、何が私にそう思わせるんだろう、って実はずっと不思議だったのです。元来私は、根 [続きを読む]