沖縄良いとこ一度はめんそーれ!! さん プロフィール

  •  
沖縄良いとこ一度はめんそーれ!!さん: 沖縄良いとこ一度はめんそーれ!!
ハンドル名沖縄良いとこ一度はめんそーれ!! さん
ブログタイトル沖縄良いとこ一度はめんそーれ!!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/oookinawa
サイト紹介文沖縄の美味しい、楽しい、嬉しいを。。。たまには番外編も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2016/04/21 09:18

沖縄良いとこ一度はめんそーれ!! さんのブログ記事

  • 旅から戻ると2
  • 今月14日には44.3%まで下がったダムの貯水率も、台風6号のもたらした大雨のお陰で72.5%まで急回復。平年よりまだ10ポイントほど下回ってはいるものの、とりあえずひと安心。週間天気予報には晴れマークが並び、梅雨明けも今日発表されました。蝉の鳴き声も日増しに大きくなり、いよいよ沖縄は夏本番です。今朝の日の出は5時38分で日の入りは19時25分。夏至を過ぎ、日は少しずつ短くなっていきます。ではなぜ日は長くなったり短く [続きを読む]
  • 旅から戻ると
  • ついにレイシ(ライチ)が実を付けました。写真ではわかりづらいと思いますが、高さ7メートルくらいの木にビッシリと実がなっています。ご近所さんとも「今年はなるかね〜」なんて話していましたが、越してきて3年目で初めてのこと。やりました〜♪ちなみにこれはお向かいさんの木。(うちの子じゃありません)こっちはマンゴー。これは毎年確実に実を付けています。そしてこれはお隣りさんの木。このマンゴーは家の境近くに植えてあ [続きを読む]
  • 旅の終わり
  • 続き最終日はドンムアン空港近くの市場へ。たまたま見つけた場所ですが、値段が安く商売っ気もないのでゆっくり買物ができ、カミさん一番のお気に入り。まずはバンコク駅のフードコートで食事。1皿140円くらい。食事を終え窓口で切符を買ったのが13時30分。「ドンムアンまで2人」そして渡されたチケットを見たら11時40分発になってる。「これ11時40分だけど?」「大丈夫、8番のりばに行け」8番のりばに行くと電車が止まっていたの [続きを読む]
  • HENRY'S Hotel&Gastropub
  • 続き今回の旅は、ここに泊まるために来たと言っても過言ではありません。今秋オープン予定のサンセットマリーノ。2階にバーがあってその奥がフロント。そして3階、4階が客室。一方このホテルは1階にバー&フロント。そして2階より上が客室。きっと何か参考になるはずだ!そう、私はいつも仕事の事を考えています。(たまたま予約したホテルがマリーノのイメージに似てた、ってわけでは決してありません)室内はシンプルな造り。 [続きを読む]
  • ワットパクナム
  • 続き密かに人気を集めているのがこの緑ガラス仏塔。特に日本人に人気のようで、日本語の案内も出ていました。場所はBTSシーロム線ウタカート駅から車で10分弱。駅からこの建物が見えるので歩いても行けますが、道が分かりづらいのでやはりタクシーがおすすめ。(徒歩だと約20分。タクシーは駅前に待機しています:50〜60バーツ)何とも神秘的。いつまでも見ていたい。。この仏伝図は最上階(5階)にありますが、途中階には博物館も [続きを読む]
  • サイアムディスカバリー
  • 続き駅に着いたらまず食事。横断歩道を渡っていたらお母さんが手招きしていたので、導かれるまま店内へ。食後にコーヒーを頼んで700円くらい。お客様が道路を渡ってくるたびに立ち上がって呼び込み。だけどこれが大変。まずはバックパッカーの女性2人組。色々質問して納得、席に着こうとして最後に「カードは使える?」答えはNO。次は欧米の長身細身の男性。食べられない物が多いようで、先ほどの女性達以上に矢継ぎ早に質問。最 [続きを読む]
  • 寝台列車
  • 続くノンカーイやビエンチャンの、のんびりした雰囲気がたまらなく好き。本当はもっとゆっくりしたかったけど。沖縄で台風が発生し雲行きが怪しくなっているので、不測の事態に備えてバンコクへ戻ることにしました。以前、旅行から戻ると社長から「最近見かけないのでもう退職したのかと思ってました」なんて言われたこともあるくらい。シフトに穴を空けたら飛行機は飛ばなくても、間違いなく私の首が飛ぶ。と、言うことで帰りは電 [続きを読む]
  • ワットケーク
  • 続くノンカーイの町中からトゥクトゥクで15分ほどの距離のはず。走っていたおじさんを呼び止めて「ワットケークまで行ける?」「ワッツ?」「ワットケークです。わかる?」「ワット?大丈夫、いくら払う?」「100バーツ(350円)でどう?」「もちろんいいよ。さぁ乗りな」本当に知っているんだろうか?走っている方向も地図とビミョーに違うような‥。そして5分ほど走って到着したのは中国風寺院。「着いたよ」「いや絶対違うよ。お [続きを読む]
  • ブッダパーク
  • 続き朝食はホテルのテラスで。手作りヨーグルトに南国フルーツなど、すっかり優雅な気分に浸れました♪(1泊朝食付き6,097円)この日も朝から良い天気だったので、ホテルの人に勧められたブッダパークへ行くことにしました。バスに揺られること50分、そこには何とも不思議な世界が広がっていました。はい、いきなり寝てました。こっちも寝てたり手がたくさんあって頭にドクロが載ってたり・・。それぞれに個性(?)があって、何をどう [続きを読む]
  • ビエンチャン観光
  • 続きホテルに荷物を置き観光へ。自転車をレンタル(1日300円)して向かった先はパリの凱旋門を参考にして建てられたパトゥーサイ。入場料はどこも1万キープ(140円)だったと思います。(違ってたらゴメンナサイ)パトゥーは門、サイが勝利で"勝利の門"。階段で上に登ることができ、そこからはビエンチャン市街が一望できます。こちらは反対側。高い建物はほとんどなく、のどかな風景が広がっています。たまたま見上げた天井には美しい [続きを読む]
  • 国境超え
  • 続きノンカーイからラオスへは国際バスが便利。1日6本走っていて1人200円ほど。バスセンターにはこんな可愛いバスも♪ベンツ製です。バスの出発を待つ間、タイ最大のコーヒーチェーン、カフェ・アマゾンへ。濃くて甘い、そのシンプルな味がクセになります(2つで460円)。9人の乗客を乗せたバスは定刻に出発。(運転席からドアを閉められ閉じ込められた気分です)配られたラオス入国カードを急いで記入。10分ほどで国境に到着。みんな [続きを読む]
  • ノンカーイ
  • 続きノンカーイのホテルはここ。クィーンサイズのベッドにバス・トイレが付いて1泊1,572円。日本ではあり得ない金額。アメリカンの場合、清掃スタッフの時給、リネン代、アメニティや水道光熱費だけですでにオーバーしそう。。そしてびっくりしたのは浴室の床。リビングの床などによく使われる塩ビ系ビニールシート。傾斜がつけてあるので1時間ほどで綺麗に乾いていました。清掃で時間がかかるのが実はバスルームの拭き取り作業。 [続きを読む]
  • 夢(?)は叶う!
  • ピーチのキャンペーンメールが来たら、いつもテキトーに予約を入れています。それで今まで行けなかった事はありませんが、今回はかなり厳しい状況。5月末で1人退職するのに新規採用が決まらず、更に1人が3週間ほど長期休暇。さすがに無理か・・?しかし、ギリギリになって2人の採用が決まり、仕事もすぐ覚えてくれたので私はめでたくサワディークラッ。(タイ語でこんにちは)【今回の教訓】諦めなければ夢は叶う!(ってほどの [続きを読む]
  • ミニトマトの収穫
  • ミニトマトがついに色付き、待ちに待った収穫♪いつもの自己流を捨て、本に書いてある通りに育てたらちゃんと実を付けてくれました。こんな木が10本くらいあるので、当分の間は楽しめそうですが、問題は味。。。期待に胸を膨らませ一つ口に運びましたが・・、普通。違う木のも・・・、普通。美味しくないわけじゃないですが、飛びぬけて旨いわけでは決してない。中でも1本だけ、甘みの強い実を付けた木もありましたが、それも少し [続きを読む]
  • 三角山
  • 前回勝手な判断で道に迷ってしまい、途中でリタイアした安和岳に再度チャレンジ。出発してしばらくは、シークワーサーの畑の中を進みます。道も緩やかで足取りも軽やか。「頂上」はこちらの看板。ここまで道は間違っていないようです。そしてその少し先から傾斜もきつくなり、岩をよじ登るように進みます。そしてまた出た看板を見て呆然。。。安和岳はどこへ行った?あり得んけど。まぁ安和岳に特別思い入れがあるわけでもないので [続きを読む]
  • 三線作り
  • 先日いつもの居酒屋で三線仲間との集まり。個室が中心なので、落ち着いて飲み、食べ、そして語り合えます。ほろ酔い気分になった頃ようやく本題へ。秋のお祭りにこのメンバーで三線を演奏することになったので、その打合せのはずでしたが・・。脱線が多くなかなか話が先に進みません。演奏する曲も、候補はいくつか上がるものの、「安里屋ユンタは他のグループが弾くかもしれないね」「肝がなさ節もダメだね」「そういえばこの前の [続きを読む]
  • 金武観音寺
  • 高野山真言宗の寺院。山号は「金峯山」。礼拝道の傍には樹齢350年のフクギ。その巨木の下を通り抜けると、沖縄戦で大半の社寺が焼失した中、奇跡的に戦火を免れた貴重な木造建造物が正面に見えます。そして境内にある鍾乳洞へ降りていくとそこは別世界。素敵なお顔立ち♪年間を通してほぼ18度の気温なので、夏は涼しく、冬暖かい絶好の環境。そもそもなぜ鍾乳洞の温度は一定なんだろうか?ネットで検索したら答えは簡単、それは陽 [続きを読む]
  • 喜如嘉の七滝
  • 轟の滝があんなに変わっていたので、少し足を延ばして別の滝へ。芭蕉布会館を過ぎさらに進むとこの看板が見えてくるのでここを右折。300m走った突き当りにあります。ここは前来た時と同じままでした♪流れ落ちる水の軌道が7回変わるので、七滝と呼ばれているそうです。鬱蒼とした木々に囲まれながらヒンヤリとした水に手をつけていると、心の底から癒されます。大宜味村といえば長寿の里。こんな遊び心のある貼り紙も楽しい。 [続きを読む]
  • 轟の滝
  • 去年は整備中で入れませんでしたが、まさかここまで綺麗になっているとは。トドロキの滝ならぬオドロキの滝!(くだらなくてスミマセン)これは4年前の写真。駐車場からの道は舗装すらされていませんでしたが、それが今はこんな感じ。ねっ、オドロキでしょ。(しつこくてスミマセン)施設は素晴らしくなっていましたが、カラ梅雨のため水量はかなり少なめ。(県内ダム貯水率48%)道の駅許田からそんなに遠くないので、ドライブの途中に [続きを読む]
  • 環境カオリスタ検定
  • 〇植物の恵みや環境問題について学びたい〇毎日の生活に植物の香りを取り入れたい〇環境にやさしいライフスタイルを実現したいまさに私だ!(思い込みは激しい方です)日本アロマ環境協会のHPのによると、こんな人におすすめだそうなので、早速テキスト(2,160円)を取り寄せ、休みの日に3回ほど読み返して受験。(インターネットで受験:2,160円)無事合格しました♪受験者数は年々増加しており、昨年は30,000人を突破。そしてその合格 [続きを読む]
  • もやしの作り方
  • 海外に出掛けて買ってくる物は、ほぼ100%食料。以前は、上から下まで身に着ける物全て現地調達。珍しい雑貨やアクセサリーもよく買っていましたが、タンスの肥やしになることがほとんど。だから今回の高雄でもお茶、コーヒー、ラーメン、調味料、香辛料、お菓子、そしてこの緑豆。(一晩水に漬けた後の状態)朝晩2回水洗いして、後は光が入らないよう大きな鍋で覆います(3日目)。そして4日目には、爆発的に成長していました。まさか [続きを読む]
  • richamocha cafe
  • 国道329号線沿い、キャンプハンセンGATE1近くにあるお店。斜め向かいに無料公共駐車場があります。全面ガラス張りで明るい店内&カラフルな色遣いはいるだけで楽しくなります。「炒りたて」「挽きたて」「入れたて」の自家焙煎コーヒーも人気のようですが、私はいつもコレ アイス2つで700円ふわふわアイスが目いっぱい積まれていて、暑さも一瞬で吹き飛びました。また、毎月10、20、30日はタピオカの日。タピオカ入りミルクテ [続きを読む]
  • 山田城跡
  • 国道58号線を走っていていつも見る看板。場所は"おんな道の駅"をもう少し那覇向けに進んだ所。気にはなっていましたが、北部で散々遊んで家路を急いでいる頃に見るので決まって素通り。だからこの日は最初からここを目指しました。58号線から少し走るとこんな看板が出ています。鬱蒼とした森のような雰囲気で、しかも最初から急な登り坂。しかし少し登るとすぐに視界が開けました。ここには護佐丸が座喜味城を築城するまで住んでい [続きを読む]
  • 旅から戻ると
  • 旅行中一番気掛かりだったのは畑。雨は降ってるだろうか?今年は空梅雨なので、もしかして干からびてるんじゃないだろうか?そして家に着くなり荷物を置いて畑に出てみると、やっぱり枯れてる〜。でもこれくらいなら大丈夫。水をたっぷり遣り翌朝確認すると見事復活!!インゲンが収穫時期を迎えてました。そしてオクラも。出掛ける前に採り忘れましたが、巨大化することなく無事収穫出来ました。今年は3〜4株を一緒に植えたので [続きを読む]
  • 高雄のスーパー
  • 続きホテルの近く(でもないけど)にあった24時間営業のスーパー。デンタルフロスと歯間ブラシだけでこれだけのスペースを占領。台湾の人は歯のケアに熱心なようです。こちらも24時間開いていて、沖縄のユニオンって感じの雰囲気。こちらはサンエー風かな?そして圧倒的な品揃えを誇るのがこのお店。フランスが本社のカルフール。カミさんの友達へのお土産も無事調達でき、そのまま空港へ。市内から空港までは地下鉄で約10分。入国の [続きを読む]