うさる さん プロフィール

  •  
うさるさん: うさるの厨二病な読書・漫画日記
ハンドル名うさる さん
ブログタイトルうさるの厨二病な読書・漫画日記
ブログURLhttp://saiusaru.hatenablog.com/
サイト紹介文本や漫画、ドラマやゲームについて、心理学や社会問題について。細かい考察や分析がメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/04/21 16:39

うさる さんのブログ記事

  • 【「オタサーの姫」論】 「姫」とは「無能なカリスマ」のことだ。
  • 「オタサーの姫」について考えだしたらとまらなくなったのでまとめたい。 なぜ「姫」なのか? という疑問。 「姫」と「女王」と「アイドル」の違い 「姫化」のためのふたつの条件。 「あなたは無力である」というメッセージを受け取れるかどうか。 「天然姫」と「養殖姫」 「あなたは無力だ」というメッセージは毒性が強い。 「ニセ姫」は、報酬ではなく罰で人を動かそうとする。 「かわいい」は才能な [続きを読む]
  • 気軽に読める退廃的な世界名作文学 おすすめ10選
  • 要約本じゃ物足りないけど長編読むような体力もない。(中略)気軽に読める退廃的な作品はないものか。「気軽に読める世界名作文学」という題の増田の記事に答えてみました。 「退廃的な」は、「道徳的要素が少ない、もしくはない」「救いがない」を基準に選びました。「気軽に」という点は、物語としても面白くて読みやすいを基準にしました。長編も入っています。 「蠅の王」 ウィリアム・ゴールディングノーベル文学賞作家ウ [続きを読む]
  • 「正しさの暴走」の抑止力としての「真っ当さ」
  • www.saiusaruzzz.comこの記事からの派生余談。余りまとまっていないけれど、思いつたまま書いていく。「パトレイバー」の記事で、「真っ当さ」が、今後増えるだろう「愉快犯的悪」や「愉快犯的アジテーター」への唯一の対抗手段ではないか、という話をした。もうひとつ「正しさの暴走」への抑止力も「真っ当さ」しかないのではないか、と思っている。「面白さ至上主義」と「正しさの暴走」はコインの裏表みたいなもので、「 [続きを読む]
  • 【私信】elveさんへのごく個人的なお返事。
  • elve.hateblo.jpこの記事は、elveさんが書いたこの記事への個人的なお返事です。長いし言及や引用もしたかったので、コメント欄ではなく、自分のブログを活用することにしました。公開されている文章なので読むのはもちろん自由ですが、他の人が読むことは想定していないことは、あらかじめお断りしておきます。ここから返信です。長いです、さーせん。 自分は常に、ネットでは好きな意見を言えばいいと思っています。(規約とか [続きを読む]
  • 営業スターとスターハラスメント
  • 少し前に「新着エントリーの載ったブログにスターをつけて読者数を増やした」という記事を読んだ。この記事については、素直に「すごいな」と思った。結果的にあれだけ読者が増えているのだから、他の観点はともかく、手法としての有効性は否定できない。この記事を公開したブログは前々から読者数の増加数が凄かったのだが、自分はたぶんこういう感じの手法をとっているのだろうなとは思っていた。元記事に「相当意見が合わな [続きを読む]