iri さん プロフィール

  •  
iriさん: ハチ・スケッチ
ハンドル名iri さん
ブログタイトルハチ・スケッチ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamaneko_8/
サイト紹介文白黒、ハチワレ、チョビヒゲ猫のハチの日々を写真や漫画で綴ります。パトロールが日課の散歩猫です。
自由文田舎の猫暮らし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2016/04/21 20:38

iri さんのブログ記事

  • いざ診察
  • この記事は、「ハチ、ついに黙る」の続きです。診察台に乗せると、ハチは恐怖でうずくまり、それでも頑張ってシャアシャアと威嚇していました。この病院は、とにかくサッサと手際よく処置を進めてくれるので、少々混雑していても、すぐに順番が回ってくるし、注射も一瞬のスキに打ってくれるので、ハチの心理的負担が少ないのがありがたいです。もともと、ハチが里親募集に出されていた病院でもあります。「飼い主はペットを病気に [続きを読む]
  • ハチ、ついに黙る
  • この記事は「病院へ行けず」の続きです。下手したら夜までキャリーは届かないかも?その場合は、古いキャリーを補強してタクシーで行くか?何か代用品は他にないか?などと考えてはいましたが、お昼過ぎには新しいキャリーが届きました。キャリーの匂いがきつかったので、水拭きしたり消毒したり天日干ししてみたりして、夕方を待ちました。午前中に散々怒った後に「やれやれ」という風情で私の近くで寛ぐハチを見ては、これから起 [続きを読む]
  • 病院へ行けず
  • この記事は、『キャリー、ヤダヤダ!』の続きです。 結局、家を出て10秒で舞い戻りました。ファスナーの調子が悪かったとは言え、まさかキャリーをぶち壊して飛び出してくるとは思っていませんでした。でも、ハチのことだから・・・と思って用心してリードを付けておいたので、結局、ハチに自力で走ってもらって帰ることができました。身体が弱っている時に暴れさせてしまったし、これで早い時間に病院に行けなくなってしまったこ [続きを読む]
  • キャリー、ヤダヤダ!
  • この記事は、『キャリーが来ない』の続きです。天気も良くて暖かく、交通量も少ない午前中に診察に行ってしまった方が良いと考え、私は早めの決断をしました。まだハチと私の元気がある今のうちに、病院までの道のりを私が自力で行くとどれくらいかかるのか、道中のハチの様子はどうなのか等、確認しておくには絶好のチャンスだと考えました。もっと体調が悪ければタクシーで行くのですが、いざといういう時にタクシーが全く来ない [続きを読む]
  • キャリーが来ない
  • この記事は、『声が出なくなったハチ』の続きです。声はどんどん出なくなって、でも、相変わらずハチは鳴いて意思表示をしようとするので、口だけ大きく開けて、エアーでワーワー言っていました。鼻水も出てるし、いびきもグーピーやかましいので、だんだんしんどそうにも見えてきて、まさか、あの大声のハチがこのまま声が出なくなってしまうんじゃないでしょうね?と思うと、だんだん不安になってきました。↓ ↓↓風邪とは断定 [続きを読む]
  • 声が出なくなったハチ
  • この記事は、『喉と鼻の症状』の続きです。後から思うに、私が外泊をして帰った時に、すでにハチの声は枯れていました。→『一泊二日のお留守番』↓ ↓↓前回、風邪で通院した時は、もう一歩も動けないような状態だったので、それに比べると今回は随分と元気なのですが・・・。元気はあるのに声は出ない、という状況は初めてだったので、これはこれで心配になりました。ハチのあの大声が響かないと、本当に落ち着いて自分のことが [続きを読む]
  • 喉と鼻の症状
  • この記事は、『喉がカラコロ』の続きです。ハチの喉からカラコロと異音が鳴るようになって、何か詰まっているかもしれない、明日も様子がおかしかったら、いよいよ病院に行こうと思っていたところ・・・。↓ ↓↓喉にやはり異物があるのか、風邪か、気管支炎か、アレルギーか。今のところ、判断しかねるけど、こう鼻と喉が詰まっていては寝ていてもしんどいに違いない。私自身ももともと喉に障害があるので、ちょっとでも喉に異常 [続きを読む]
  • 喉がカラコロ
  • この記事は、九月下旬頃のお話です。毎度のことながら、載せるのが遅くて、ごめんなさい。↓ちょっと前から、ハチの様子がおかしかった。食欲も旺盛、動きも活発、やる気は満々・・だけど、いつもと違う。↓ ↓↓ハチはこれまで意外と家の中に落ちているゴミなどを口にすることはなかったのですが、私が留守にしている間に、手持ち無沙汰で何か変なものを口に入れて、喉に詰まらせてしまったのか。それとも、外で生き物を食べて、 [続きを読む]
  • 彼岸花
  • 稲刈りが終わると、今度は彼岸花の季節です。(撮ったのは二週間ほど前ですが、まだかろうじて咲いてます)ハチは水飲み。行ったり。 来たり。ハチは花には目もくれません。なので、無理矢理に花を入れて写真を撮ってみました・・。 [続きを読む]
  • 中秋の名月のせい
  • 昨晩は色々あって、疲れました。とりあえず、さっき慌てて昨日のことを早描きしたので載せておきます。いつも以上に雑ですみません。解説は下の方に載せましたが、長文です。読むのが大変な方はこの絵で、なんとなく、色々あったんだな、とご理解いただければ幸いです。(寝不足で漫画を描くような頭の使い方ができず・・・) 昨日は中秋の名月に照らされながら、夕焼けから闇夜に移りゆく空を楽しもうと 早めの時間に散歩に出かけ [続きを読む]
  • やりなおしの朝
  • この記事は『部屋を出て行く』の続きです。↓ ↓↓おしまいうちはこんなことの繰り返しです。衝突しあっても、ハチの方は意外と早く水に流してくれます。ただ、その代わり、自分の要求は何時間でもワーワー騒いで通そうとするので、叱って部屋から閉め出しても、数分後にドアを開けると「ワアー!」と言いながら、勢いよく部屋に飛び込んできます。 [続きを読む]
  • 部屋を出ていく
  • この記事は『大号泣』の続きです。子供の頃から、寝ぼけ癖がひどかった私ですが、久しぶりに寝ながら絶叫、号泣と大暴れしてしまいました。ハチに噛みまくられたストレスからとは言え、我ながらこれはひどい・・・!今度はハチまで号泣してしまい、もう取り返しのつかない状況に・・・。↓ ↓↓子猫の頃のハチは、平常時から噛み癖がひどかったです。特に私が出かけて戻った後は、四六時中、噛みまくられました。夜中でも私がいる [続きを読む]
  • 大号泣
  • この記事は『叫び』の続きです。気をつけよう、叫びは急に止まらない・・・。↓ ↓↓自分の叫び声で目が覚めました。そして、我に返った途端、今度は号泣してしまいました。久しぶりに一緒に暖め合って安眠していたのに。わざと嫌がることをしたわけじゃないのに。それなのに、こんなに顔をガブガブ噛まれて。そこまですることないじゃないか。しかも、無意識のうちに最悪な気分になって、あんなに叫んでしまった。そんな諸々が押 [続きを読む]
  • 叫び
  • この記事は『添い寝のあやまち』の続きです。↓ ↓↓「ギエエエエ」の最後の方では目が覚めて来て、こんな声が自分から出ているとはとても信じがたったのですが、確かに自分の口から「エエエ」と出ていました。外泊して一夜でも噛まれる心配が全くない睡眠を経験してしまった後に寝込みを襲われると、こんなにも我を失うものなのかと自分でも驚いてしまいました。本来、噛まれることはストレスだった、とあらためて思い出しました [続きを読む]
  • 添い寝のあやまち
  • この記事は『かくれんぼ』の続きです。再会を果たした我々は、思い切り遊んでヘトヘトになって、お互いが元気で近くにいることに安心し、暖を取り合ってグッスリ眠ったはずだったが・・、 ↓ ↓↓いつもハチと一緒に寝ている時は、アンタッチャブルな領域の手前にすら手を置かない、自分の急所はさらさない等、常に緊張感を持っていた私ですが、外泊から戻った後、あまりのハチ?の“フサフサ”の心地良さに、無意識に手がやってし [続きを読む]
  • 畑のおじさん
  • 今年は、まだ一度もトンボ狩りに出かけていないので、田んぼの方へ行ってみました。ハチは、田畑の通路を進みながら草や虫を物色していましたが、向こうからおじさんが一輪車をガタガタ言わせながら接近して来ていました。こういう時、意外と近くになるまで猫は気づかないというか、他事に夢中になっていて、私がいくら「ハチ!おじさん来るよ!どいて!」と行っても聴きません。で、近くに来てから、ギャー!という感じですごい逃 [続きを読む]
  • かくれんぼ
  • この記事は『鬼ごっこ』の続きです。外泊から帰った私を鬼ごっこに誘ったハチ。そして、いつの間にやら種目はかくれんぼになっていた。 ↓ ↓ ↓ 外泊から帰った夜は、いつもこの「鬼ごっこ&かくれんぼ」を何回戦かやるのが恒例行事になっています。ハチにもっと運動神経の良い友達がいたら楽しかっただろうに、と思いますが、いかんせん、この家には、身体の不自由なオバチャンしかおらず、ハチも色々と妥協と工夫をしているよ [続きを読む]
  • 鬼ごっこ
  • この記事は、『一泊二日のお留守番』の続きです。私が外泊から戻り、まずはお互いの無事を祝福しあったり、トイレを片付けたりした後、ハチは必ず、仕掛けて来ます。 ↓↓↓長い不在の後に帰った時は、必ず鬼ごっこが始まります。「またお前に会えて、嬉しい!再会を祝して一緒に楽しもう!」というハチの意思表示なので、どんなに遅く帰ってヨレヨレでも頑張って応じています。 [続きを読む]
  • 朝型猫人間に
  • ハチ3歳、現在、朝型の生活に切り替え中です!朝は家の周りを一周して、パトロール。ここは野良猫たちが好んで通る「猫の道」なのですが、最近、ハチの警備が厳しくなったので、この通路を避け、お隣との間の通りにくい道を使っているようです。 昨夜は夜の散歩を1時間で切り上げたので三時間くらい家の中で怒りまくっており、私も鉄拳制裁を受けたり言葉の暴力を振るわれたりしたため、何も手につかないまま夜が更けていきました [続きを読む]
  • 一泊二日のお留守番
  • 今年の夏はとても過酷だった。私(毎年、ほとんど寝込んでいる)だけでなく、ハチまでも不調だったので、私はずっと家にいた。9月になって各々の体調もなんとか持ち直したので、久々に私が外泊。ハチにも久々のお留守番をしてもらった。↓↓↓ 一泊二日の留守番の場合、4台のトイレを用意して出かけています。今回は三台を使用していました。が、いつも自分がメインに使っている超大型トイレがやはり一番都合が良いようで、真っ先 [続きを読む]
  • 喧嘩の後
  • この記事は、『ハチの帰還』の続きです。ツキノワグマとの喧嘩で、怪我をして帰ってきたハチ。喧嘩当日の夜はずっと外の様子を気にしていました。すぐに血は止まっていたものの、私が見に行くと動いて傷に良くないので、好きにさせておくことにしました。しかし、その後は私のすぐ近くでゴロ寝を始めました。本当に調子が悪い時は隠れてしまうので、仰向けの大っぴらな寝方に、とりあえず気持ち的には大丈夫なんだ、と思いました。 [続きを読む]
  • ハチの怪我
  • この記事は『ハチの帰還』の続きです。重傷を負って身を潜めようとしていたらいけないと思って、ついていくと、ハチはお風呂場の洗面器に顔を突っ込み、随分と長いこと水を飲み続けていました。水を飲み終えて振り返ったハチの足元を見て、濡れて湿り切っていることに気づきました。あらためて見ると、全身ズブ濡れ。いつも身づくろいが行き届いた身体は、地肌が見え、一回り小さくなっていました。足先がちょっと湿るだけでも、気 [続きを読む]
  • ハチの帰還
  • この記事は、『大げんか勃発』の続きです。ハチとツキノワグマが揃って庭から姿を消してしまった後、もしハチがツキノワグマに追いついてしまっていたら・・・?そう考えると胸が重くなりました。でも、こんな田畑ばかりの場所、逃げきれないわけがない。確かにハチは足が速いけれど、ツキノワグマの方が土地を知り尽くしているはず・・・頭の中がグルグルしました。しかし、今のハチを自力で確保できるとは思えなかったので、私は [続きを読む]
  • 大げんか勃発
  • その晩は、雨がしとしと、降ったり止んだりしていました。雨の降る日のハチはおとなしく、外に出ても、私のいる部屋の軒下で座ったままです。この日も、そうでした。ところが、気づいた時には、もうこの状態でした。今までに聴いたことのない声に、とんでもないことが起こっている、ということだけはわかりました。外に飛び出すと、転げ回る黒い塊が街灯に照らし出されていました。ぐわぐわぐわ、ごあごあごあ!ハチなの?他の猫な [続きを読む]
  • メガネ折れる
  • 四年前の手術以来、無しでは身動き一つ取れないほどに頼り切っていたメガネが・・! ↓↓↓ ハチがうちに来て以来、三年間、ハチの激しい頭突きやスリスリを受け続けてきた私のメガネ。何度も「みし!」とか「めき!」とかすごい音を立てていたけれど、最期は音もなくハラリと床に落ちました。本当は、手術によって左耳の上に大きな溝ができてしまい、そこにメガネのツルがはまって痛かったので、私が手でメガネのツルを引っ張って [続きを読む]