ナヲミ さん プロフィール

  •  
ナヲミさん: 編みむめブログ
ハンドル名ナヲミ さん
ブログタイトル編みむめブログ
ブログURLhttp://yarnthropologie.blogspot.ca/
サイト紹介文カナダ・オンタリオで田舎暮らし。十数年振りに編み物復活、毛糸と編み物のあれこれを綴っています。
自由文かぎ針、棒針、どちらも編みたい! 北米のパターンが???な状態で、まだまだ日本の編み図に頼る日々です。年齢の割に編み物歴が短いので、1日も早い万年ビギナーの脱却が目標です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/04/22 04:51

ナヲミ さんのブログ記事

  • ベビーブランケットその後
  • シコシコと編んでいる感があるモチーフ。苦笑小さいからすぐに出来上がると高を括っていましたが、なかなか手強いです。同じ大きさに綺麗に揃えて編むのって、思った以上に大変。糸へのテンション、微妙に違うんですよ。その日、その時の手の具合によるんでしょうか?それとも、編み針の号数を間違えたのかしら?計算すると、合計84個が必要なんですけど。写真は40個、まだ半分の分量です。長い道のり、続きそう…。 [続きを読む]
  • 毛糸の繋ぎ方 
  • 編んでいる途中、糸がなくなったら、どうやって繋ぎましょう。ローワンの糸で編んだときは、ラッキーだったのか、糸をたくさん無駄にすることなく、きりの良いところが端っこでした。自分の物を編む時は、特に中央で目立つ場所以外、つなぎ目があっても別に気にもなりません。そういう大雑把な性格なのでしょうね。苦笑冬の終わりに買った「Wendy」という毛糸、繋ぎ目がフエルトにしてあって感激しました。若干太くなっているので [続きを読む]
  • 編み物好きのアドベントカレンダー
  • 今年のアドベントは、12月3日から。アドベントといえば、アドベンドカレンダー。クリスマスまでの24日間、小窓を1つずつ開けて行くのだそう。中にはお菓子が入っているんですって。カナダのチョコレート会社のサイトから拝借最近はこんなのもあって、(大人に)人気みたい。笑楽しそうですね。編み物をする人には、どんなものがあるのでしょうか。Opal 毛糸のアドベントカレンダーが、ニッターさんには人気だそうで。世界中 [続きを読む]
  • 毛糸屋さんと隣の猫カフェ
  • 9月から、オタワの毛糸屋さん「wabi sabi」のイベントへ参加するようになりました。これまで、店の場所は知っていたのですけど、入ったことはなかったんですよね。でも、一緒に編み物しましょうっていう集まりが、週一であるようになったのです。参加自由。それで思い切って行ってみたら…。なんとお隣に、猫カフェがオープンしていました!「コーヒー飲んで、猫を救おう!」というのがスローガン。正確には、猫カフェというより [続きを読む]
  • 指人形とブランケット
  • ブランケット(毛布)を編んで、オタワのこども病院へ寄付している人たちがいます。毛糸は企業などが寄付したものなので、純粋に「編む」という作業を提供するもの。私も参加したいと思い、9月に会場の毛糸屋さん「WoolTyme」へ行ってみました。そーしたらば!肝心のこども病院から、「毛布はもう足りてるから、指人形を作ってほしい」という要請があったと言うのです。毛布と指人形じゃ、全く別物…。まあ挑戦してみようと、作っ [続きを読む]
  • ヨーヨー編みに挑戦
  • 編み物サイトで見つけて、「うわ〜カワイイ!」と一目惚れ。どうやって編むの?というのもあって、編んでみました。一つ一つ輪っかを作って繋げていくのかと思ったのですが、そうではありません。確かに、一瞬は可愛いと思いました。でも、編んでるうちに可愛さ半減。どうしてでしょう…。めんどくさいからでしょうか。笑それでもなんとか、ビデオ映像の通りに、4段まで終えました。これをどうやって「物」として仕上げるのか。鎖 [続きを読む]
  • ちあぱいマラソン完走!「kfb」の上達
  • とうとう10月も終わり。カナダはここ数日雨風が強く、すっかり冬枯れの景色になっています。私のちあぱい作りマラソンも、今日で終わり。「一日1ペア」が目標でしたが、調子に乗ってサクサク編み進む日もあり、合計で31ペア以上は作っているかもしれません。今日までの2週間分木綿糸が届くのを待つのが長くて、ご近所で買えるアクリル糸で作る水着用のアクアちあぱいもたくさんできました。冬に水着用?と思いますが、暖かい [続きを読む]
  • クリスマスショップ
  • いつものネットショッピングページ、先週あたりから、サイトの隅っこに「ホリデーショップ」の案内が出るようになりました。今週はとうとう、クリスマスショッピングページとして中央へ来ましたよ〜。主にパターンの販売ですが、アクセスすると糸情報が自動的に出ます。笑子ども、孫などへのクリスマスプレゼントとして編む、棒針編みのあみぐるみや、クッション、ツリースカートなどがメインになっています。セーター、マフラー、 [続きを読む]
  • ちあぱいの作り目 
  • 独断的ちあぱい作りマラソンも、残すところあと一週間。急に思いついた企画なので、指定の木綿糸が届くのを待っている時間が長く、その分、ご近所の100均で買えるアクリル糸の「アクアちあぱい」がたくさんできました。笑ちあぱいを作るとき、一番悩むのは作り目です。ボトムアップで編むちあぱいの作り目は、中綿を詰める穴でもありますから、どうしたら一番柔らかく、棉詰めもしやすく、見た目の良くなるのか、悩みます。ロン [続きを読む]
  • 手作り新デバイス!
  • 毛糸によっては、中心に厚紙などの核があって、外側からの糸消費を強制させられますよね。また、中心が詰まりすぎで、なかなか糸端が見つからない。これって、かなりなストレス。外側から安定して使えるように、なんとかならないものか…。アイデアが閃きました!夫に説明したら、デッザンを描いてくれました。笑で、今度は二人で合作です。廃材に穴開けて、棒を突っ込んだだけですが巻き糸、外側から使えますこんなに大きいと、持 [続きを読む]
  • 背開きで犬のセーター
  • ウチには犬はいませんが。ご近所さんのワンちゃんが可愛くて、糸消費も兼ねて、セーター編みました。犬用のセーター、実は前から編んでみたかったんですが、人間のセーターみたいにしたら、脱ぎ着が大変じゃない?と思って、背開きのパターンを探していた…のです。本当に犬がセーター必要なの?という問いもありました。笑カナダの冬は寒いので、雪の中を散歩に行く時などは、必須かも?と思うに至りました。そして、やっと見つけ [続きを読む]
  • ちあぱいに中身を入れてみた
  • ボランティアは通常、ちあぱいを編むだけです。ノッカースの事務所に送ったり、収集箱に持って行ったりするなども、シェルのまま。中身であるポリエステル綿の詰め作業は、ノッカースの事務所でしています。なので、これまで一度も本当の意味で、ちあぱいを「完成」させたことがありません。今月は一歩踏み込んで、綿入れしてみました。私が編んだちあぱいが、本当に良い形に膨れるのかどうか…。入れてみたら、こんな感じでした。 [続きを読む]
  • ご近所のアルパカファーム
  • 先月オープンハウスをしたもう一つのファームは、厳密にいうとオタワ市内。オーリーンズの外れにあります。ファームとはいえ、一見普通の住宅のようで、アルパカって気軽に飼えるんだ…と、思えてきます。実際、そんなに難しくはないのでしょうが、いざ生き物の命を預かるとなると、やはりそれだけの覚悟が必要ですからね。そろそろ冬毛が伸びつつあるかな?お値段的には、血統書付きの犬猫くらい?ベンガル猫よりはお値打ちです。 [続きを読む]
  • ちあぱいマラソン
  • オタワだけでなく、カナダは今月、乳がん撲滅関連で、各地でマラソンが開催されるそうな…。外を走るマラソンには参加しませんが、私にできることをと思って、勝手に「ちあぱい作りマラソン」をしています。毎日ちあぱいを編む!少なくとも1対は作る!そんな気持ちでいますが。果たして月末まで続くのでしょうか。笑ネットで買ったコットンの糸が届く間と思い、ミニちあぱいを作っていたのですが。なかなか来ない…。全然来ない… [続きを読む]
  • アルパカファームの毛糸
  • 先週末と先々週末、オタワ郊外のアルパカファームであったイベント、オープンハウスに行ってきました。ファーム(農場)とはいえ、小規模なので家庭的な雰囲気です。アルパカたちの他にも、ヤギやら鶏やら猫やら(笑)、色々いて賑やか!ヴァージンアルパカファイバーのディスプレイ、スキ作業のデモンストレーション、キャンプファイヤーにホットドッグなどなど、盛りだくさんで楽しめます。年に一度の催しですって。ファームで紡 [続きを読む]
  • ちあぱい月間到来!
  • 10月、乳がん撲滅月間は、ちあぱい集中編み編み月間にしたいなぁ、と思っていますが。先月来、まだ3つ…。大中小、サイズを変えてパトンのコットンDKは、キャスケードより若干細めで硬い気がします。裏(肌に直接当たる部分)はキャスケードのピーマ、表はパトンのコットン、そういう組み合わせが一番良いのかもしれません。この数日、いつもの毛糸屋さんサイトが、突発的に送料無料デーをしてくれたので、珍しくマルチカラーの [続きを読む]
  • スターベレー再び with ポンポン
  • 冬の間、たくさん作ったかぎ針編みのベレー帽。覚えてるかな〜と思って、また作ってみました。忘れてます。笑6〜7個分くらい編んだんですが、思い出せなくて…。仕方がないので、またビデオを見ながら編みました。使ったのは、イタリア製のメリノ混純毛の糸。かなり太いと思ったのに、今度もまた私には若干小さめなサイズです。サーモン、グレー、白という、不思議な取り合わせの段染めで、色の出方がどうしても好きになれなくて [続きを読む]
  • カナダで一番古い毛糸工場
  • カナダ東部のニューブランズウィック州へ行って来ました。オタワから車で12時間くらいの旅です。鉄道とかバスとか飛行機とか、選択肢はあるにはあるのですが、やっぱり車での移動が一番楽です。それはさておき、道中に表題の毛糸屋さんがあったので、迷わず寄りました。いなか〜。笑素朴で良い感じです。毛糸はほぼ全て、アウター用。カウチンなどのヘビー級なもの向きですね。苦笑それでも細くて柔らかそうな糸があったので、2 [続きを読む]
  • ピンクリボン月間用ちあぱい
  • まだちょっと日がありますが、10月は「ピンクリボン」の月、ですね。「乳がん早期発見強化月間」で、1日は「乳がん健診の日」。秋冬に何を編もうかと考えながら、ピンクリボンバージョンの「ちあぱい」を編みました。こんなにピンクで良いのかな?と思いつつ。ニュートラルな色の糸がなかったので、このピンクを買いました。ピンクリボン運動のリポンの色に最も近い色ですかね。ペアを作るにはちょっと足りないかな…という余り [続きを読む]
  • 結局、NoRo はこうなった
  • 2玉だけお試しで買ってみた糸、野呂英作の木綿糸「希望」。夏からこっち、試してはほどき…を繰り返し、結局のところ、ショーレットになりました。作り目5目から始めて、どんどん幅が広くなっていくタイプのです。右側で2段目ごとに1目の増し目(かけめして次段でねじり目)をして、左側で12段目ごとに4目伏せる。段染めの糸って苦手だな〜と思いつつ、いつまでも玉のまま持っていても仕方ないですしね。こういうユニークな [続きを読む]
  • 毛織物の町、アルモント
  • オタワから西南へ50kmほどの所に、アルモントという町があります。先週末、ファイバーフェア(繊維祭)があったので、行って来ました。ミュゼ(博物館)と販売会場、双方への入場ができて5ドル、駐車場は無料。人出はあるけれど、ツイストフェアのように、殺気立ったような混雑はありませんでした。今でも石造りの建物が多く残り、川も流れ、公園もあり、とても魅力的な町です。博物館になっている建物は、かつての工場(ミル) [続きを読む]
  • 編み物の映画『彼らが本気で編む時は』
  • 最近のYouTube、日本の映画やテレビドラマが、目一杯見られるんですね。編み物しながら見ているのですが、編み物が題材になっている映画があって、手を止めて見てしまいました。まだ今年2月に上映。今月からレンタル開始になったそうです。彼らが本気で編むときは内容がヘビーっていうか、編み物の理由が一風変わっているというか。編む理由って、本当に人によって色々あるんだなあって。供養の煩悩より、痴呆のお母さんが編む理 [続きを読む]
  • 「鎖はぎ」で仕上げ
  • かぎ針編みのプルオーバー、前後身頃と袖を合体させなくては完成できませんが、今回は初めて「鎖はぎ」に挑戦しました。本の指定通り。初めて聞く単語だったので、ネットで調べました。かぎ針で1目すくった後、2目(または3目)鎖編みをするのです。へえ〜という目から鱗のはぎ方!なぜ知らなかったのかな?と思いますが。これはひょっとしたら、かぎ針編みのはぎ方なのでしょうね。やってみる前は、ちゃんと身頃が剥ぎ合わせら [続きを読む]
  • 腰巻きスカート完成!
  • 冬の間、テレビを見ながらでも編めるようにと、一目ゴム編みで編んでいたスカート。思っていたよりもうんと早く、完成してしまいました。笑ケープレットを編んだのと同じ毛糸、残っていた15玉?を全て使いました。せっかく編んだのに、外へ来て行けないって勿体無いような気もしますが。ロングブーツに合いそうなので、気が向いたら外へ着ていくかも。笑ウエスト部分、目数を半分にしてメリヤス編み、縁をかがってから中にゴムを [続きを読む]