ナヲミ さん プロフィール

  •  
ナヲミさん: 編みむめブログ
ハンドル名ナヲミ さん
ブログタイトル編みむめブログ
ブログURLhttp://yarnthropologie.blogspot.ca/
サイト紹介文カナダ・オンタリオで田舎暮らし。十数年振りに編み物復活、毛糸と編み物のあれこれを綴っています。
自由文かぎ針、棒針、どちらも編みたい! 北米のパターンが???な状態で、まだまだ日本の編み図に頼る日々です。年齢の割に編み物歴が短いので、1日も早い万年ビギナーの脱却が目標です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2016/04/22 04:51

ナヲミ さんのブログ記事

  • 手編みの猫用おもちゃ
  • お庭のクロッカスが、やっと咲きました。チューリップはまだまだですが、長い冬が、ようやく終わった感じです。ちあぱいは既に袋詰めも終わり、ちょっと燃え尽き気味。苦笑何か小物を作ろうと思って、猫のおもちゃを作ってみました。先端の円球には、鈴入りのプラスチックボールが入っています。最初、球状に編んだ中には綿とマタタビを詰めようかと思ったのですが、マタタビはこぼれ出るかなと思ってやめました。本当にこれで遊ぶ [続きを読む]
  • スペシャルちあぱい - Cheer Knockers
  • 北米では「ちあぱい」を「ノッカース」と言うのですが、「Knitted Knockers」という団体名を聞くまで、ノッカースが公然と使える単語だと知りませんでした。俗っぽいというか、男ことばというか。人前で使って良い単語の部類になかったのです、私の中で。苦笑ティッツ(tits)、ブーブス(boobs)、ラック(rack)とか、よく耳にするけど、どーよそれ?と思うもの多いです。それと比べると、「ちあぱい」って、なんて素敵なネーミ [続きを読む]
  • 量産しているこんなモノ
  • 今、ちあぱいを作り貯めしていて、残った糸も使い切りたいな〜と思い、こんなモノを作っています。左が木綿糸、右がアクリル糸小さいモノって、難儀だわ。笑でも、アクアちあぱいの残り糸、アクリルは滑るのでサクサク進みます。わざわざこれだけを作ろうという御仁もないとは思いつつ、自分用のメモも兼ねて、残しておきます。作り方:<裏>作り目9目(一般的な作り目)でスタート。1段目は、各ユニットの左端の目のみ「kfb( [続きを読む]
  • ガッカリだった訪問先
  • フロリダへ行った帰り、夫はワシントンに寄る予定にしていました。それならワシントンのすぐお隣の都市、アレクサンドリアへも行ってみたい!それというのも、ポトマック河畔に古い工場を利用した、アーティストが集まるスペースがあると聞いたからです。その中に、布地、毛糸、ファイバーなど利用の作品が置いてある、Potomac Fiber Arts Gallery(ファイバーアートギャラリー)があって、志田ひとみさんの編み目記号の本を英訳さ [続きを読む]
  • 旅の友
  • ちょっと遠くへ行ってきました。走行距離5500kmくらい。最終目的地は、フロリダです。長旅になるから編み物を持って行こうと思い、あれこれ悩んだ末、アクアちあぱいを編むことに。途中で糸が足りなくなったら、手芸品の店「マイケルス」に駆け込めば良いと思って。笑実際、駆け込みました。案の定、木綿糸は売り切れ。アクリル糸で編むアクアちあぱいにして正解でした。車の中でガシガシ編んだのですが、あれは辞めたほうが良 [続きを読む]
  • 2月の成果と夏までの課題
  • 今月集中して編んでいる春のカーディガン、今年はどーしても仕上げる!と、決心はしたけれど、なかなか進まず。気分転換にと、すっかりほったらかしにされてるちあぱいを作りました。肌に直接当たる裏部分は「カスケード」のウルトラピーマ、表は「パトン」のコットン糸で。ピーマ100%の木綿糸は、とても柔らかなので、肌に直接当たる裏側に使用しています。表は中グレードのパトンで固めに仕上げて。でも、カナダでだとお値段 [続きを読む]
  • 編み糸をつなぐ
  • ショールを編んだミラミアの毛糸、レース模様なので、是非とも糸のつなぎ目は目立たなくしたい!わたし的に一番良いと思う方法でやってみました。用意するのは:小さい平皿に水少し、ハサミ。まず、毛糸のよりの本数を確認。(ミラミアのスポーツは5本でした)終わる糸、つなぐ糸ともに、5本のうちの2本を8cmくらいのところで切り、それぞれ3本ずつにします。一旦全部ほぐします。終わる糸、繋げる糸、切り揃えたものが、オー [続きを読む]
  • 編み物の音楽
  • 2日は「セーターの日」、10日は「ニットの日」と、2月は編み物関連の日があったのに、全然知りませんでした。私も何か、編み物関連の情報提供したい!(負けず嫌い? 笑)欧米では、戦争の時に兵士への贈り物として、多くの人が編んだのだそう。当時の編み物は「趣味」ではなく、戦場へ行かない人(女性たち)の任務みたいなもの?という意味合いもあったのだとか。家族や恋人が出兵しているなら、その人のためにも編むのでし [続きを読む]
  • 8玉半で完成したもの
  • ミラミアのスポーツ、大量消費できました。笑棒針編みでセーター作ろうと思って編み始めたのですが、足りなくなった時に毛糸を買い足すのがイヤで、結局かぎ針編みのショールに。昨年も同じ毛糸でチュニック編みましたっけ。やっぱりかぎ針編みでした。YouTubeでたくさんチュートリアル動画を提供している、マーリーバードというニットデザイナーのショールが良さげで、サイトに編み図があったので即決。編み方の動画もあり、心強 [続きを読む]
  • ちょっと待て、そのひと玉が命取り
  • 今月は、大きすぎた腹巻帽子を編み直しました。最初に編んだものは、夫に被って欲しかったんですけど。どーしても貰ってくれません。なので、思い切って自分用に編み直しました。作り目130目でスタート。これだけ目数が少ないと、かなり短めの輪針が必要です。たまたま短めの輪針を持っていたのでよかったですが、ちあぱい用の4本針で編み始めるのもいいかも。濃紺のチクチクウールはやめにして、ミラミアのアランを半分にしま [続きを読む]
  • 2018年 編み初め
  • 今年の「編み初め」は、やっぱりちあぱい。笑暮れに腹巻帽子を編み終えた後、年越しで編んでいたのでした。2018年、最初に編むセーターは何が良いかなあ…と、考えあぐねているうちに、ちあぱいがたまっていきます。もう1月も2週間が過ぎようとしていますが。同時進行で、三角ショールも再挑戦。昨年秋、ニューブランズウィック州で買ってきた毛糸です。Briggs & Little色は「Denim」。たった2カセ分なのに腰に届きそうな大 [続きを読む]
  • 2017年、編み目総計
  • 編んではほどき、湯のししてはまた編み、今年は本当にたくさん編んだと思います。合計で、一体何目編んだのかしら?セーターを何着、というのではなく、全部で何目くらい編んだのかなあと。笑冬の間、幸か不幸か体の自由がきかないせいで、編み物を復活、熱中することができました。本当に久しぶりの編み物、作り目はできるものの、それからどうするのか思い出せるのかと心配でした。でも、手が覚えているというか、割とサクサク進 [続きを読む]
  • キヴィアック(ジャコウ牛の毛)の繊維
  • ケベック州のファイバーフェアに行った時、実はキヴィアックの繊維を買ったのでした。掛け布団を作ろうと思って。ニョロニョロしてますフェアの時は、特別価格だったのです。もうウハウハで帰宅したのですが、その直後、夫が突発的にドゥヴェ(ダウンの掛け布団)を購入し、私は作らなくても良くなってしまいました。紡いで毛糸にすればいいのでしょうけど、器具もないし、根気もない。笑それならと、薄手のジャケットに入れてみま [続きを読む]
  • 段染めトリコロールのイタリア糸で
  • 今年の目標というか、懸案だった、イタリア製トリコロール糸の消費。もっとピンクだと思ったのに、サーモン色アルパカ混紡で、とても柔らかで暖かく、しかもスルスルと編みやすい糸。ネットで一目惚れして、初めて買った毛糸です。届いたら、写真とは微妙に違う色。返そうかな…と思ったものの、あまりの手触りの良さにビビビッときて、これはもう私のものだ!と。笑しかしながら、やっぱり色が…。この一年、編んだり解いたり湯の [続きを読む]
  • メリノの悪夢
  • 胴体途中まで恙なく編み進んだ、首から編むセーター。リベンジだから2度目ですが、なんだかやっぱり気に入らなくて…。笑メリノ糸って、まるでゴムみたいに伸びるんですよ。編み模様を変えようと思って、数段解いたんです。そうしたら、うまく糸が拾えない!我慢しきれずに、解いてしまいました。一旦全部解いて、洗ってから編み直そうと思って。全く、どうしてこうメリノの毛糸って編み心地が悪いのか。なぜ糸が伸び縮みする?? [続きを読む]
  • カナダ産アルパカ100%毛糸
  • オタワ周辺のアルパカファームで買った毛糸、巻いてみました。何か編みたい物があるわけでもないんですが、巻いたら編む気になるかも?と思って。笑オックスフォードミル近くにあるファームで買った糸。ちょっと細めで、手触り抜群!あ、事前に洗いました。かなりふんわりした感じです。カセで買った毛糸って、妙に洗いたくて。笑特に先日クリスマスマーケットでゲットした糸は、買った時点で「早く帰って洗いたい!」と思ったほど [続きを読む]
  • 非対称三角ショール
  • ライナスショールや、エシンメトリカルなど、いろんな名前が付いているショール。二等辺三角形というか、非対称な三角形のショールなんです。直角三角形のショールは解いてしまいましたが、とあるクラフトサイトの少しだけレース模様を編み込むパターンが素敵で、試しに編んでみました。細すぎない?っていう…いろんなデザイナーさんのビデオチュートリアルを見たのですが、とーっても細い!変形二等辺三角にはしたいけど、細長す [続きを読む]
  • クリスマスマーケットのハシゴ
  • 師走ももう3分の1が過ぎてしまいました。今月初めは、オタワでもあちこちでクリスマスマーケットがあったのですけど、なんだか気が進まなくて、どこへも行きませんでした。ところが、どこで聞いたのか、夫がクリスマスマーケットへ行こうと言い出しました。ケベック州のウェークフィールドという町で、チェルシーから更に北へ行ったところです。なんでわざわざそんな田舎へ? 笑始まるのが土曜日の午後2時からというのですから [続きを読む]
  • 首から編むセーター、リベンジ!
  • 春先に一度挑戦して、結局ショーレットにしかできなかったセーター。今度は細めの毛糸にして、再挑戦しています。作り目200。1玉でこれだけヨークだけで3日! さすがに疲れました身頃は、もうぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる、ひたすら同じことの繰り返しで、こんなに退屈だと思ったことないわ…というくらい頭がクラクラします。編み物好きなはずなのに、なぜ? 泣セーター編むのって、旅だよね〜と思う雪の午後。いつ帰 [続きを読む]
  • 三角ショールの不思議
  • 糸消費作戦その2として、三角形のショールを編もうと思いました。真ん中に「スパイン(背骨というか、筋)」がある、直角三角形のショール。ショールならゲージとり不要で、サイズも考えなくていいですし。どんどん糸を変えて続けていけば良いんじゃないの?と、手持ちのあまり糸をガンガン編もうと単純に思ったわけです。これを編みたい!と思うショール、どっち方向から編み進めるのか、写真を見ているだけでは分からず…。幸い [続きを読む]
  • 手作りのスティッチマーカー
  • とあるチュートリアルのビデオを見ていたら、目印にする「スティッチマーカー」が要る、とのこと。普通の丸いプラスチックのじゃダメなの?と思ったのですが、その人は、自分で作った物を使っていました。ステキなんです。私も作りたい!と思わせます。でも、わざわざビーズを買いに行くのは面倒…。手持ちのイヤリングを使って、自分だけのマーカーができるかも?と思い付きました。あまりにも長らくピアスをしなかったら、片方だ [続きを読む]
  • ようやく完成! ベビーブランケット
  • あまりにも手間がかかりすぎて、これはもう年内に完成…と、目標設定を変えるかな?と思ったブランケット。やっとやっと、できました〜!100cm x 122cmこども病院へ寄付する毛布です。残り糸で、小さいポーチができましたモチーフをつなぐの、めんどくさいな〜と、しばらくダイニングテーブルに放置していたら、猫の昼寝場所になっていました。日当たりいいし〜これはいかん!と一念発起。毎日、例え2枚でもモチーフをつ [続きを読む]
  • 糸消費大作戦
  • オタワ周辺の町々は、週末にクリスマスパレードがありました。いよいよ来週にはアドベントが始まるし、各家庭にもクリスマスの電飾が増えてくる頃です。拙宅は昨年、大量にクリスマスグッズを処分(寄付)したのですが、それでもまだまだ手芸材料などが残っています。たまっていた緑色のアクリル糸、今年こそは使ってしまおうと思い、考えました。一番簡単そうで、手間要らず。しかも出来上がりがキレイ。そんな都合のいい方法があ [続きを読む]
  • 備蓄
  • 11月23日(木)はアメリカンサンクスギビング(感謝祭)でした。翌日24日(金)、早朝からバーゲンセールがあるのだそうです。「ブラックフライデー」というのがそれ。先週くらいからオタワでは既に、ブラックフライデーセールと銘打って値下げが始まっていました。なんでアメリカの商習慣をカナダで?と思って不思議です。そもそも、カナダのサンクスギビングは10月ですし。いつもの毛糸屋さんのサイトも、月曜からブラッ [続きを読む]
  • 川向こうの毛糸屋さん
  • ガティノー(Gatineau)といえばケベック州ですけど、川を挟んだオタワの対岸。西部には、エィルマー(Aylmer)という住宅街があります。概ね、オタワとガティノーは一絡げなんですよね。笑東京だけでなく、近隣諸市が「首都圏」になってるのと似てる?それはさておき。夏の間に何度か通った道すがら、ひょっとしたら毛糸屋さんじゃないの?と思っていた店。調べてみたら、やっぱり毛糸屋さんでした。エィルマーにある「LeTricot」 [続きを読む]