baeyuri さん プロフィール

  •  
baeyuriさん: The Lives of Animals
ハンドル名baeyuri さん
ブログタイトルThe Lives of Animals
ブログURLhttp://baeyuri.blogspot.kr/
サイト紹介文菜食・動物、翻訳したもの、そのたいろいろ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/04/22 12:07

baeyuri さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • アニマル・サンクチュアリについて(+α)
  • ついにニュージーランドはウェリントンのアニマル・サンクチュアリに来た。実際には十日くらい前に来ていたのだけど、仕事が結構詰まっていてじっくり何かを書く時間がもなかった。朝夕の餌やりがあり、その間には小屋作りの手伝いや雑草抜き、その他もろもろの仕事(あるいは仕事をせねばというようなプレッシャー)がある。でもまず、「アニマル・サンクチュアリ」というこの聞きなれない単語について解説しておくのも悪くはない [続きを読む]
  • 出国を控えて
  • 10月2日のニュージーランドへの出国まで数日を切った。きっかけは去年、友人が送ってくれた写真だ。あるリサイクルショップを撮ったものだけど、そこにはフェミニズムやアニマルライツに関わるジンがたくさんあり、貼ってあるポスターには収益の全額をアニマル・サンクチュアリに寄付される旨が書かれてあった。(アニマル・サンクチュアリとは、屠殺場に向かうトラックから離れた動物など、主に工場式畜産から救出された動物たち [続きを読む]
  • 4年間ソウルに住んで。(2)
  • それは今でもある。ちょっとは少なくなったかもだけど、未だにアジュモニ、ハルモニの存在感はこのヘバンチョンに健在だ。でも、感じ方は変わった。そんな風景を見て、今でも良いなとは思うけれど、自然、当然のように感じられるようになったとでも言おうか。今では、前は、それこそ、彼女たちが自分にとって当然のごとく異なる存在だからそう感じられたのだと思う。なぜだろう。*******いくつかあるうちの一つの理由としては、私 [続きを読む]
  • 4年間ソウルに住んで。(1)
  • 4年間。長かったのだか短かったのかわからない。初めて一緒に住む人ができたことからの愛着もあって、結局のところ、離れたくなかったのだと思う。けれども今や、ついに、何かしらの変化ある時は常にそうである、そんな「臨界点」に達してしまった、と感じられる。だから、どれだけの期間になるかは未定なもののーニュージーランドへのワーキングホリデーに。4年間も住んだのに、半ばびっくりするほど寂しさとか感慨がない。さば [続きを読む]
  • 【翻訳】高秉權 「今は帳簿に何かを書く時だ 」
  • 韓国の「スユ+ノモ」という研究者コミューン(これは別途で説明する必要があるもの…だけれど、端的には、大学などの制度の外で講義やセミナーをし、また食事や卓球などの日常をも共にする空間、人々の集まり、くらいには言えるかも)で長く活動され、紆余曲折(?)を経て今はノドゥルの障害学究理所というところ(これも今年の3月に新たに始まったもの)でひとまずは席をおいている高秉權さんの文章を翻訳してみた。新大統領を [続きを読む]
  • 過去の記事 …