dakkichan さん プロフィール

  •  
dakkichanさん: 目玉ぶろぐ
ハンドル名dakkichan さん
ブログタイトル目玉ぶろぐ
ブログURLhttp://medanadakki.blogspot.jp/
サイト紹介文目玉の絵を描くのが好きな初老主婦のつぶやき。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/04/22 18:36

dakkichan さんのブログ記事

  • 長芋、山芋、大和芋…
  • (ちとつかれたので、「です・ます」体をやめます。)生協のネット注文のカタログを見ていたら、「浅草むぎとろ味付けとろろ」という小品があった。「とろろ懐石専門店独自のだしが大和芋の旨味を引き出します。」……のだそうだ。なんか、おいしそうだ。でもちょっと、お高い…ネット検索したら、ほんとうに浅草に「浅草むぎとろ」というお店があって、そこでもネット通販をしているようだ。http://www.mugitoro.co.jp/honten/こち [続きを読む]
  • 警察官が警察官を射殺した事件
  • 滋賀県彦根市で、19歳の巡査が、巡査部長を射殺するという事件があったとか。彦根の警官射殺 19歳巡査、供述と矛盾 全容解明、慎重にhttps://mainichi.jp/articles/20180418/ddl/k25/040/463000cニュースを見ている限りでは、射殺の動機がよくわからないために、「突然キレる若者」という方向で納得しようとしている流れも一部にはあるようです。現時点では、この事件の真相は分かりません。亡くなった巡査部長と、撃ってしま [続きを読む]
  • 健忘症とイケメン戦国
  • 健忘症…ものの名前、人の名前を即座に思い出せなくなっています。ほんの三十分前に読んだ本に出てきた人物名とか、土地の名前が、さっぱり思い出せません。歴史上の、どうしたって忘れそうにないような人物名も、ひょいひょい抜けていきます。ちょっと頑張れば思い出せることも多いですが、あまりこういうことが頻繁にあると、不安になってきます。できる限り記憶力を使うようにしているのですが、使えば使うほど、ボロボロ具合が [続きを読む]
  • 前川喜平氏の講演動画から「川口自主夜間中学」について知った件
  • □前川喜平氏の講演Yahoo!のトップページに、「あなたへのおすすめ」という枠があって、いろいろなジャンルのネット記事が並んでいます。たぶん、そのユーザーが最近どんな記事を見たか(ブラウザで表示させたか)で、「おすすめ」の記事が選ばれているのではないかと思います。私への、今日のおすすめ記事のイチオシは、前文部科学事務次官の、前川喜平氏が名古屋の中学で講義を行ったことについて、文部科学省から介入ともとれる質 [続きを読む]
  • 「百年泥」の「脱翼」を「脱糞」と読んだ人々
  • ちょっと前に、芥川賞受賞作「百年泥」を、Kindle版で読みました。第158回 芥川賞受賞作品なのですが…石井遊佳 「百年泥」                 かなり私好みの面白い作品でした。もうずいぶん前に、笙野頼子「二百回忌」を読んだときと同じくらい、ワクワクしました。(何年前の芥川賞だったっけ…)ただ、この作品、小説の前半にちょっとした地雷があるのです。以下、二カ所の地雷を、私の目が「読み取ったそのまま [続きを読む]
  • 皇居・乾通りの春の一般公開始(をネットで眺める)
  • iPhoneアプリで、「googleで今人気の検索キーワード」を表示させるというのを入れているのだけど、今朝は「皇居」というのが入っていました。皇居まわりで何か事件でもあったのかしらと思って、自分も検索してみたら、皇居の乾通りを一般公開しているのだそうで、そこの桜の美しさが話題になっているのでした。宮内庁・皇居乾通り一般公開についてhttp://www.kunaicho.go.jp/event/inui.html平成30年3月24日(土)から4月1日(日) [続きを読む]
  • 銃規制 ジョン・レノン いろいろ
  • googleニュースの上のほうに、アメリカの銃規制についての記事が出ていました。「6分20秒間で…」若者ら演説 銃規制行進に80万人https://www.asahi.com/articles/ASL3T1PC2L3TUHBI001.html米フロリダ州の高校での銃乱射事件を受けて、高校生が呼びかけた「私たちの命のための行進」が24日、首都ワシントンで開かれた。NBCテレビによると約80万人が参加。全米で約800カ所、欧州やアジアなどでも集会が開かれ、銃規 [続きを読む]
  • なんとなく辞書を引く「おかあさん」
  • Twitter等で、「あたしおかあさんだから」という歌がものすごく批判されているのを見た。意見はいろいろあるけれど、ここではそれを書くことはしない。それよりも、作詞された方が、「ママ」ではなく「おかあさん」を選んだのが興味深いと思った。「あたしママだから」と「あたしおかあさんだから」を比べると、少し改まった感じがある分だけ、後者のほうが、母親としての責任感や自負を抱いているような印象がある。そういえば、 [続きを読む]
  • なんとなく辞書を引く「あかんべ」
  • 机の下にあった学研国語大辞典(初版)が、ほこりをかぶっていたので、はらうついでに箱から出して、開いてみた。目についた言葉を引用してみる。あかんべ 《名》 (「赤目」の転) 指で下まぶたをひき下げ、赤いところを見せること。また、それと同時にいうこば。小さい子供をからかったり、あるいは、けいべつ・拒否の気持ちを表したりする動作。あかんべい。あかんべえ。あかべ。 「舞ふかと思たら、嬢さんの前で、あれ、まあ、あ [続きを読む]
  • 即興ファンタジー「勇者チヅルンと愉快な仲間たち」 
  • 一行リレー小説勇者チヅルンと愉快な仲間たち  お友達のはに子さんと、ブログ主のDakkichan(妲己)の二人で、突発的に創作した、(一応)一行リレーファンタジー小説です。途中から一行を大幅にオーバーしながら物語が進んでいきますが、気にしないでください。---------------------------------------------------------■はじまりの森気づいたら、森の中で倒れていた。(はに子)藪から棒に降誕した勇者チヅルンは、胡散臭い森の [続きを読む]
  • 【Kindle unlimited】たがみよしひさ「我が名は狼」
  • ■昔読んだ漫画との再会たがみよしひさ作品、学生のころ、ずいぶん読みました。当時買い集めていた本は、残念ながらほとんど手放してしまいましたが、最近、AmazonのKindle unlimited(読み放題)に、たくさん登録されているのを発見。さっそくダウンロードして読み始めています。Amazonで見る最初に読んだのが、「我が名は狼」全三巻。ウィキペディアによれば、「我が名は狼」が「チャンピオン」等で連載されていたのは、1982年〜19 [続きを読む]
  • 良記事とか更新とかについて
  • ■良記事ってどんなもの?ちかごろでは、google検索の上位にくる記事は、「良記事」が選別されているという、もっぱらの噂です。googleさん、だいぶグルメになったらしいです。「良記事」の定義は、よくわかりませんが、きっとたくさんの人にとって「役に立つ」ものであり、「魅力の高い」ものでもあるのでしょう。そういう記事にアクセスが集中するものだと思いますから。ちょっと参考資料を当たってみました。繰り返し読みたい良 [続きを読む]
  • 苦手なYouTube・笑えない自分
  • 体調を崩して、だいぶ更新をサボッてましたが、ぼちぼち再開。ひさびさに、更新します。YouTuberさんの動画が苦手です…いま、小中学生の子たちに、YouTuberさんの動画が、すごく人気ですよね。うちの末っ子も、ヒマさえあれば、iPadでヒカキン氏の動画などを見ている様子なんですけども・・・入浴剤100袋一気に入れてお風呂入ってみた!うーん・・・よく作っておられるなあとは、思うんです。動画を撮影して、編集して、飽きのこ [続きを読む]
  • 二種類のポジィティブ
  • ウェディングドレスをリメイクする、素敵な動画を見つけました。Creating the dip dye wedding dress純白のウェディングドレスの裾をカラースプレーで染めたら…まるで紅葉のような美しさ!(msnニュースより)ドレスもすばらしいですが、作る方のポジティブな心意気というか、生み出す喜びが伝わってきて、すばらしいと思います。こんなふうに、自宅の庭先で、自分が最高に素敵だと思えるものを作り出すことができる人生、いいなあ [続きを読む]
  • Facebookは二段階認証に設定を…(乗っ取られ日記)
  • Facebookにしばらくアクセスしていなかったら、これを、食らいました(´;ω;`)。Facebookメッセージ「今、忙しい?」は乗っ取り犯私のアカウントから、「いまは、暇かい?」などという、怪しいチャットメッセージを送られてしまったお友だちが、即座に知らせてくださいました。乗っ取られたときに、たまたま私もネットを見ていたので、すぐに認証方法を変更するなどして、乗っ取りをやめさせることができたのですが、もしも気づか [続きを読む]
  • 強姦と、準強姦
  • ネットで見られる記事を、読み比べてみたけれど…高畑裕太氏が逮捕されて、山口敬之氏は逮捕状が出たにもかかわらず差し止められて、起訴もされない理由が、私にはさっぱり分かりません。高畑裕太「レイプ事件」被害者女性が明かしたあの夜の全真相(現代ビジネス・講談社)http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50023詩織さん「黙ってたら事件消される」http://news.livedoor.com/article/detail/13141030/検察審査会が動き出す「山 [続きを読む]
  • 有名ジャーナリスト山口敬之氏の顔を覚えるミッション
  • 人の顔が覚えられないというハンデをなんとかしたくて、いろいろと工夫を重ねています。最近は、報道で見かける著名人の顔を覚えるために、何かにたとえて記憶に刻むというやりかたで、長期記憶を定着させる試みを始めました。ここのところ、ネットでたくさん見かける、この方。辛坊治郎と山口敬之が読む!ニュース裏の裏の裏!!引用元 http://www.1242.com/spweek/201704/archives/417私が一番記憶しにくいタイプのお顔でいらっ [続きを読む]
  • 更新してないブログのアクセス数
  • 「ばくたそ」というフリー素材写真のサイト様からお借りした画像。窓の水滴と雨(テクスチャー)ここのブログ、ずーっと書いていなかったから、アクセス数なんて、てっきりゼロになっているかと思ったら、そうでもありませんでした。1日平均3アクセス。持ち主すら来ていなかったのに、毎日三人も(もしかしたら一人の人が三回、もしくは二人で手分けして三回かもしれないけど)見てもらっていることに、驚きつつも感激しました。アク [続きを読む]
  • 【Kindle Unlimited】信長の野望〜輪廻転将〜 
  • Kindle unlimited(読み放題)で、見つけて読んだ漫画本。信長の野望〜輪廻転将〜  小野洋一郎 (著), 漫画 (編集), コーエーテクモゲームス (その他)Amazonで見る有名なコーエーのゲームの解説書でもデータ本でもない、オリジナルのストーリーで書かれた漫画作品です。全三巻。物語は、信長が明智光秀の襲撃を受け、濃姫と一緒に本能寺で命を落としたところから始まります。確かに死んだはずだったのに、気がつけば、信長は若かり [続きを読む]
  • 自作マーマレードとスクラブが似ていたというだけの話
  • もう一つのブログにも書いたのですが、昨日、甘夏でマーマレードを作りました。たいへんおいしくできました。んで、できあがったコレを見ていて、なんだか似てるものがあるなあと……スパフィネス スムージング&リファイニング ボディスクラブザ・ボディショップっていうメーカーの、ボディスクラブです。食べ物ではありません。スキンケア用品です。でも、ジャムにしか見えませんよね(^_^;。評判いいみたいで、気になっているの [続きを読む]
  • シン・ゴジラをYouTubeでチラ見した…
  • エヴァンゲリオンの絵・・らしいです。描いたのは私。怪獣映画、苦手です。あの、物理的な巨大暴力で日常をたたき壊される感じが、どうにも怖くてダメなのです。「家の近くに怪獣が出る」というのが、子どものころは、悪夢の定番の一つでした。たぶん、初期のウルトラシリーズが、トラウマになっているのだと思います。(S三十年代生まれであります)ウルトラマンだったかウルトラセブンだったか、もう、思い出せないのですが、スト [続きを読む]
  • アレッポの石鹸を使ってみました
  • 前から使ってみたかった、アレッポの石鹸。生協の宅配カタログに出ているのを見つけて、さっそく注文。昨日、届きました。ものすごく無骨な感じの、大きな石鹸。良い匂い、というのではないのですが、どこかこう、安心感があるような、何か不思議な感じの香りがします。お風呂で、顔と体を洗ってみたら、お肌が、きゅっきゅっ、ピチピチな感じに。楽しくなりました。ヾ(〃^∇^)ノすごさを感じたのは、油まみれになった手を洗ったと [続きを読む]
  • 女性のニュースが多い今日この頃
  • お題は、たぶん「時計」政治関係の報道に、女性が登場する頻度が、ものすごく高くなっていると感じます。ここ数日は、「昭恵夫人」と「籠池夫人」のショートメールのやりとりが、これでもかというほど取り上げられていて、もともと何が問題の騒動だったのか、わからなくなるほどです。問題を批判する側の顔ぶれも、辻元清美さん、蓮舫さんと、女性の姿がめだちます。都政のほうでは小池都知事の存在感がとても大きく感じられますし [続きを読む]
  • パン屋さんでは郷土愛は育たないの?
  • たぶん日の丸弁当でしょう…道徳の教科書の検定が、だいぶ厳しいのだそうですね。新聞記事を見て、びっくりしました。パン屋「郷土愛不足」で和菓子屋に 道徳の教科書検定http://www.asahi.com/articles/ASK3P7KX3K3PULZU00T.html 「しょうぼうだんのおじさん」という題材で、登場人物のパン屋の「おじさん」とタイトルを「おじいさん」に変え、挿絵も高齢の男性風に(東京書籍、小4)▽「にちようびのさんぽみち」という教材で [続きを読む]
  • 更年期障害しょーがない日記
  • お題は「赤ずきんちゃん」だったらしいタイトル書いて、なんかげんなりしました。(´・ω・`)だったら変えればいいんですけど、なんか他に思いつかないので、とりあえずこのまま書きます。産婦人科で、エストリール錠というホルモン剤を処方してもらって、2週間ちょっとたちました。忘れん坊大王(とっても注意欠陥)の私ですが、飲み忘れは三回ほどで、なんとか継続服用を維持しています。ネットでお友だちに「お薬!」と毎朝声をか [続きを読む]