haru さん プロフィール

  •  
haruさん: *夢の注文住宅がまさかの欠陥?!*
ハンドル名haru さん
ブログタイトル*夢の注文住宅がまさかの欠陥?!*
ブログURLhttps://ameblo.jp/sakurahills-h/
サイト紹介文新築注文住宅が欠陥。遅延やミスが続き、第三者検査により違反・瑕疵がみつかりテレビ放映されました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/04/23 08:51

haru さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 和解から1年
  • Happy Halloween ドウダンツツジの紅葉が綺麗です 住宅会社との和解日は昨年の今日でした! この1年間で 柱状改良の位置がずれていた新築住宅が他にも身近にあったことを知りビックリしました(既に再築されています) 真面目に欠陥住宅撲滅の為に尽力されている方々とも知り合うことが出来ました 先週末もブロ友さんと会えました haru一家は長年のストレスから解放され日常生活を取り戻すことができました あれだけ熱望してい [続きを読む]
  • 欠陥防止と問題解決できる仕組みを!
  • 昨年の今日欠陥住宅から引越しました 拙宅のような悲劇は二度とないよう願っているのに とあるblogには有り得ない施工や酷い対応が切実に綴られています ハウスメーカーや施工業者の方はどうしたら欠陥を防げるかどのように施工ミスを解決すべきかもっと真剣に考え善処して頂けませんか 不正、改ざん、隠蔽なんて言語道断! 脅したり逃げたり無責任な会社には罰則を与えたり建築許可を取消して欲しいです 正しく施工し問題が起こ [続きを読む]
  • 日経BP社「ホントは防げる欠陥住宅」
  • お久しぶりです皆様お元気ですか? 地震、猛暑、豪雨、台風…自然の驚異を痛感するこの頃です 安全な住まいに安心して暮らしたい! その為に高額な費用を支払い新築、リフォーム等するわけで… 先日もCBCテレビのイッポウで新築住宅の欠陥について放送されましたね あのような逃げて対応しない会社が存在することは本当に腹立たしく悲しいです 悲劇を繰り返さない為にも逃げる会社は住宅を造らないで頂きたい! カノム 長井 [続きを読む]
  • さくらの季節 ブロ友さんに会いました
  • もうすぐ4月春ですね さくら 満開!! 4年前の春新築注文住宅へ引越して 2年前の春このブログを始めて 色々な出逢いと別れがありました (終の棲家のつもりで建てた家と3年半でお別れしなければならないことになるなんて思いもせず人生大きく狂いましたが) ここでたくさんのブロ友さんに出逢うことができ本当によかったです そして先日ブロ友さんに会いました 建築・不動産の話をこえて家族や仕事などプライベート話でも大 [続きを読む]
  • 欠陥住宅の被害
  • 皆様今年も宜しくお願い致します 届いた年賀状に書かれているメッセージ「今年こそ建てた家にお邪魔させてね!」「お庭完成しましたか?」などなど 新築祝頂いたのに結局お披露目できなかったこと心苦しく肩身狭いです 昨年末は心を込めてお礼参りしました 裁判・調停の神様をご存知ですか? 決して信心深い訳ではないけれど神様にお願いせずにはいられずずっとお参りし続けてきたのです * さてタイトルの件ですが前記事のテ [続きを読む]
  • イッポウ
  • 前記事にたくさんのコメントいいね メッセージなどありがとうございました ドライアイでコンタクト禁止されているほど乾いているのにそれでも嬉し涙は溢れるものですね 皆様のあたたかさに心からお礼申し上げます カノム 長井さん のブログを読まれている方はご存知だと思いますが欠陥住宅について27日(月)18時15分頃放送されるようです CBCテレビイッポウ 録画予約しました! [続きを読む]
  • haruの「夢の注文住宅が欠陥住宅だった」ことについて
  • お久しぶりです ご無沙汰している間に竣工を迎えられた皆様おめでとうございます内覧会楽しませて頂いています そして拙宅の問題にいつも心を寄せて下さりありがとうございます ***** Hホームが建築したharuの自宅に瑕疵が存在したことについて ご報告です 2017年10月31日Hホームがharuの土地建物を買い取り和解しました ***** haruは夢のマイホームで家族が幸せに暮らせることをずっと望んできました 皆様には [続きを読む]
  • 契約通りの家を完成させて下さい
  • 今日の更新は(拙宅のことではなく)いつも私を温かく支えて下さっている大切なお友達ミカン丸さん の新築住宅についてです このような施工やハウスメーカーの対応を皆様どう思われますか?納得できますか? * より良い家を造るという気持ちはハウスメーカー(施工者)と施主一緒のはずですよね? 手抜きやミスが起こらぬよういくつもの目で確認しながら施工業者や施工監理者の方々はプロとしてのお仕事をして下さるはずですよ [続きを読む]
  • 飛び出したガス管
  • S不動産社長たちが突然やってきて嘘と言い訳をツラツラ・・・挙句の果てには逆切れ 以前「haruさんは黙って」と言われたことがトラウマになっているのかも 事実を叫びたいのに声が全く出なくて出てくるのは涙だけどうしよう、どうしよう、誰か助けて!!と心で叫んでいたらハッと目覚めました また昨夜も夢を見て実際に泣いていましたああ、夢でよかったぁ。笑(重症!?) 前置き長くなりましたが前記事にたくさんのコメントや [続きを読む]
  • 草が生えた深基礎
  • 梅雨入りしそうなharuエリア 地盤雨漏り収納水抜き穴のない擁壁憂鬱さと心配が増す季節到来です * 深基礎には多数クラックが入った為弾性塗料が塗られました(大和ハウスさんの基礎に使われている塗料との説明でした) 塗装前の写真です(時系列順)↓ 余談ですが完成引渡とされた日以降の状態がこれです引越をこの階段でやれと?このグラグラ足場階段は危険で子どもや高齢者も家へ上がることが困難車庫も使えず生活に支障きた [続きを読む]
  • 高低差
  • アメンバーの皆様お忙しい中、前記事読んで頂きコメントをありがとうございます!! あと数日で記事の一部消そうと思っていますのでよろしくお願いします * 零れ種から咲いたオルレアが今年も満開繁殖力がすごいです 悲しいかな庭造りが出来ない為植木鉢を置いただけの庭ですが。笑 それでもいつか決着がついて心から落ち着いた生活が送れるようになったらちゃんと地植えしてあげよう!と枯らさないよう育んでいます 次の写真 [続きを読む]
  • 差筋
  • いつもありがとうございます 直前のアメ記事で色々話題なりましたが今回は差筋について‥ 建物北側の新設擁壁兼基礎(深基礎)↓ 曲がっているのが見えますか?これが差筋というものですよね?基礎を載せる前の写真です そして東側境界線の既設擁壁↓ 擁壁に穴は開けず赤〇印のような差筋(?)です 階段斫ったり‥雑な施工についてはまた突っ込んでください。笑 擁壁の上のフェンスは現在このようになっています↓ にほ [続きを読む]
  • イッポウで放送されました
  • ブロ友さんあたたかいお言葉をいつもありがとうございます心から感謝しています 前記事の件 2017.4.19CBCテレビのイッポウで今回も約10分間放送されました 前回放送されたのは1年半前横浜のマンションの杭問題が話題になっていた頃2015.11.16です ダブルチェックしていたら杭芯ずれは必ず防げることです 施主が位置間違いを指摘したにも関わらず「合っている」とそのまま建物を建てたHホームの責任は重大 近隣住宅では入居 [続きを読む]
  • テレビ放送(画像追加)
  • 皆様の所へお邪魔できず頂いたコメント、メッセージのお返事も遅れていて大変申し訳ありません もう少しお時間頂けますかよろしくお願い致します * 取り急ぎお知らせです haruの新築注文住宅の件が過去に放送されたました その続編が明日(4/19)放送される予定です CBCテレビ「イッポウ」18:15頃〜 (↑HPよりお借りしました) このようなこと [続きを読む]
  • 雨漏り②
  • 引越して3度目の桜の季節 連日の雨で収納は絶賛雨漏りいつになったら完成して使えるようになるのでしょう・・・ 前記事の続きです 鉄筋むき出しで、壁も床もボロボロのまま放置されたことは前記事に書きましたが 雨漏りに関しては水の流れが変わるのか日によって位置が少しずつ変化します やっとつけてもらえたコンセントは当然室内用でしたが(ゴルフ道具は通常室内に保管するもの) [続きを読む]
  • 雨漏り①
  • 高低差がある土地に家を建てました 設計打合せの段階で「ゴルフと野球道具を保管できる収納はできますか?現在室内に保管している自転車も納めたいです」と相談し Y設計士さんが「道路から玄関へ上がる階段下にそれらを入れる収納できますよ」と図面に反映 Hホームは引渡し日までに外構も必ず完成させますと約束したのに引越日にも未着工状態足場階段では家具も家電も運び入れることが困難大迷惑でした [続きを読む]
  • 柱状改良の杭芯ずれ
  • ご無沙汰しております桜の季節ですね 心からホッとできる春が我が家にも一日も早く来てほしいです そしてharuと同じような苦い想いをする家が今後絶対に建ちませんように!!施主の皆様くれぐれも気をつけて下さい * 過去記事と重複する点ありますが柱状改良のことをUPします 地盤調査の結果軟弱な層がある為、不同沈下の恐れがあり、基礎補強工事(柱状地盤改良)が必要だと [続きを読む]
  • 過去の記事 …