なかやん さん プロフィール

  •  
なかやんさん: なかやんのプノンペン滞在記
ハンドル名なかやん さん
ブログタイトルなかやんのプノンペン滞在記
ブログURLhttp://yoshinobunakamura.hatenablog.com/
サイト紹介文還暦過ぎたおやじの奮闘記かな???
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/04/23 13:42

なかやん さんのブログ記事

  • カンボジアの「道の駅」
  • プノンペンとバッタンバン間を国道5号線を利用しますと、途中ポーサットの町を通るのですがポーサットの町に入る手前、プノンペン側に日本が援助して建てられたカンボジア版「駅の道」があります。PURSAT ROAD SIDE STATION の名称があります。JAIF (JAPAN ASEAN INTEGRATION FUND) の団体が関係しているようです。2010年11月竣工なので7年が経過しています。建物自体はまだまだ新しいのですが、使用されていない部屋があっ [続きを読む]
  • Bat Cave コウモリの大群を見る事が出来ます。
  • Phnom Sampov のある山の北部麓にBat Cave があります。日没少し過ぎた時刻(私が行った時は6時少し過ぎでした)にお腹を空かせたコウモリの大群が鍾乳洞の隙間から一斉に飛び立ちます。それは数時間に及ぶとのことです。と言う事は膨大な数がいるという事ですね。たくさんの観光客が詰め掛けています。2、3百人は居たと思われますが、観光客は欧米系のみで日本人はまずいません。ブログランキングに参加中です。下記をクリッ [続きを読む]
  • Phnom Sampov (プノンサンパウ)寺院とその周辺の見所。
  • バッタンバン市街から国道57号線を25キロ程、南西方向に走ります。山頂には寺院、中腹には鍾乳洞もあり、The Killing Cave ポルポト軍の虐殺の場所を見ることもできます。右手奥の絶壁の山の上に建てられています。山頂までバイクで登ることが出来ます。左手の赤土の未舗装道路は南下してBanan Temple に通じている道です。100リエル紙幣をラミネートしてお守り加工していました。山頂からの見晴らしは素晴らしいです。鐘乳 [続きを読む]
  • Banan Temple (バナン寺院)
  • バッタンバン市街から南西方向へ30キロほど走ります。入場料は3ドルです。登り口から急な350段の階段を上がります。ウチワであおいでくれる子供達がたくさん待機していて付いてきてくれます。お小遣い稼ぎだと思われます。山頂には5つの塔があります。山頂からの見晴らしは素晴らしいです。守護神(シンハ)獅子の像。参道に寺院前に置かれています。お尻がむっちりしていますね(笑)。結婚式のロケーション撮影が行われて [続きを読む]
  • EK Phnom Temple バッタンバンの遺跡。
  • バッタンバン市街から北方向13キロ地点にあり、遺跡の手前に新しい寺院が建てられています。遺跡は崩壊が進んでいたのを組み上げられたようですが正確な組み立てではない(適当に組み上げている)ような印象を受けます。入場料の徴収はありませんでした。遺跡の手前に立派な仏教寺院が建てられています。周りが池に囲まれているのですが、そこで子供達がボートに乗って遊んでいました。次回の記事はバッタンバンのBanan Temp [続きを読む]
  • HOC (Hope Of Children)で2日の夕食、3日の朝食、夕食をいただきました。
  • Battambang HOC (Hope Of Children) は岩田亮子さんが孤児院と共に、自立支援を目的に運営されているカフェーです。岩田さんとお会いしたかったのですが残念ながら日本に一時帰国でご不在でした。夕食に食べたメンチカツと赤飯です。美味しかったです。3.5ドルだったと思います。食後のホットコーヒーは1ドルです。3日の朝の朝食はビュッフェ形式で3ドル。欧米系のお客さんが多く来られていました。店内の様子。児童生徒の絵 [続きを読む]
  • バッタンバンへの道。
  • 当地の連休の水祭り期間中は昨年家族と堪能しましたので、今回は単独でバッタンバンまでバイクツーリングと洒落こみました。しかし遠かったです(笑)。11月2日から二泊三日の旅です。三日間雨に遭うこともなく快適に過ごせました。途中及びバッタンバンでの観光地巡りを記事にしていきたいと思います。プノンペンからバッタンバンまでほぼ片道300キロ、国道5号線をひたすら走ります。途中、Pursat (ポーサット)の街のシ [続きを読む]
  • Koh Dach 島とSilk Island (シルクアイランド)メコン川の中洲の島。
  • プノンペン市内からフェリーを使ってシルクアイランド公園まで1時間以内で到着できます。国道6号線からフェリー乗り場に行くには右手に入るのですが分かりにくいのでグーグルマップ等で確認しながら行きましょう。入場料は大人一人1ドルで、バイクの保管料は1000リエルです。蚕の養殖等の説明をされている場所です。生糸の取り出し方法の説明ブース。 カンボジアの蚕は黄(黄金)色を作るとの事でした。白い色の生糸は染めやす [続きを読む]
  • カンボジアのザボン。
  • カンボジアのザボンは通年売っている(リバーサイドの王宮の南の道路とか)ような印象でしたが、収穫期は9月から12月との事でした。今が一番美味しいのかな??2、3日前に271ストリートのSovanna Shopping Center のラッキースーパー店内でおばちゃんが皮を剥いてパック詰めのデモ販売をしていました。下記は直径16センチ(リバーサイドの王宮の南の道路脇で購入)で5,000リエルでした。スーパーでは若干高めです。下部 [続きを読む]
  • 故在留邦人の一周忌が行われました。
  • 記事が遅くなり申し訳ありません。10月7日に故在留邦人の一周忌を有志が集まり分骨している地元プノンペンのお寺で執り行われました。ベトナム系のお寺です。入り口正面の画像で、右側に納骨堂が、左側に本堂を増築中です。現在納骨堂を建築中で、仮の部屋での一周忌の式が執り行われました。有志の手によるカンパ(クラウドファンディングの支援金の中から)で故人の坐像が作られました。この坐像は故人の等身大より2、3割大 [続きを読む]
  • お客さんからの贈り物で困り物。
  • 店のお客さんからもらいましたがちょっとありがた迷惑な物でした。蛇がサソリの尻尾を咥えているお酒瓶。強壮剤??(笑)。日本にいた時にマムシ酒をもらったことがあるのですが、同じようなものなのでしょうね!どの様な方法で瓶の中に入れるのかな?。次は葉巻!中身は葉巻なのですが、紙巻きタバコ仕様。匂いが強烈過ぎました。上記の金属ケースです。小物入れにはいいかな?下記は懐かしくありがたかった貰い物の過去記事 [続きを読む]
  • バイクの洗車屋さん。
  • 住まいの近くの洗車屋さんは3,000リエル(83円)です。バイク車体の前後を上にあげ、徹底的に洗剤を付けて洗ってくれ、拭き上げてくれます。シートを上げる事が出来るタイプは内部も清掃します。洗車屋さんの前の柱に3,000リエルと書いた張り紙があります。安心して頼めますね。数字をクメール語で書かれていると困りますね。下記画像は参考資料『旅の指さし会話帳ーカンボジア編』です。著作権等ごめんなさい!ブログランキン [続きを読む]
  • Dragon Guest House (ドラゴンゲストハウス)のBBQ。
  • 昔からの友人と一緒に、Dragon Guest House (ドラゴンゲストハウス)に行き、BBQ(焼肉鍋)を食べてきました。二人前6ドル、牛肉300グラムと野菜多数です。ご飯も付きます。缶ビールは3,000リエルでした。二階の明るい部分がレストランです。一階ではバイクのレンタルもあります。この建物、二階席からの眺め、昔のプノンペンの様子を留めています。長期滞在の欧米系客がゲストハウスには泊まっておられるようです。安くて居 [続きを読む]
  • 月餅を、お客さんから頂きました。
  • 現在中華圏では中秋節の季節ですね。プノンペンは華僑が多く中国の伝統が色極く反映します。このような月餅を頂きました。外の白い皮は少し硬いのですが中身の餡は甘さ控えめで美味しかったです。お月見しながら月餅を食べるということでしたら、白い月餅がふさわしいかもしれませんね!贈答用の茶色の皮のモノはよく見かけていましたが、白いのは初めて見ました。月餅(げっぺい)にもいろんな種類がありそうですね。食べ比べも [続きを読む]
  • 安くて美味しい中華料理(北京拉面大王)。
  • 「北京拉面大王」NOODLE BEIJING のお店はオルセーマーケットの目の前にあります。いつもお客でいっぱいで店内に入りきらず店の前にもテーブル椅子があります。友達と二人で行って缶ビール3本(一本1ドル)、各自牛肉拉麺を頼み(2ドル)、麻婆豆腐(2ドル)、水餃子(1.8ドル)でした。拉麺は牛肉は柔らかく、高菜たっぷり、麺は手打ちで美味しいです。ブログランキングに参加中です。下記を していただきますと [続きを読む]
  • 大使館で教科書をもらってきました。
  • 只今、平成29年度小学生後期教科書が日本大使館で配布されています。私は昨日、子供のパスポート持参で、早速もらいに行きました。小学2年生は「こくご」と「算数」の二冊でした。下記の文書を、在カンボジア日本国大使館からメールでいただきました。ーーーーーーーーーー(本文)平成29年度小学生後期用教科書を大使館(領事班窓口)で配布いたします。1 大使館での配布期間及び時間期間:9月27日(水)から12月22 [続きを読む]
  • ウエダコーヒーさんの移動販売車(イオンモールの近く)。
  • 久しぶりにウエダコーヒーさんの移動販売車を発見して撮らせていただきました。ありがとうございます。ノロドン通りを南から北向きに走行していて、イオンに行く為に毛沢東通りとの交差点を右折しなくてはならないのですがうっかり通過してしまい、次の交差点を右折したら発見出来ました。ラッキーでした。294通りの南側、大きな建物があり敷地の樹木が生い茂っていて涼しさも感じますし、また歩道も広いので、立地としては素晴 [続きを読む]
  • プレアビヒア寺院遺跡への道3−3。
  • プレアビヒア寺院遺跡への道、最終章です。山上からの眺めは素晴らしいです。断崖絶壁です!お坊さんは祈り? 違っていました。スマホをいじってました。プレアビヒア寺院遺跡での滞在は3時間くらいでしょうか、ゆっくり見て回ることができました。シエムリアップではタケオゲストハウスでも日帰りツアーを組んでいるとの事ですが往復の時間がかかりすぎるので寺院遺跡での滞在は1時間半くらいと言われていました。途中の街で [続きを読む]
  • プレアビヒア寺院遺跡への道3−2。
  • 前回に引き続きプレアビヒア寺院遺跡をお伝えします。参道から一直線に伸びている道を辿りますが下記の画像は終わり頃にある象徴的な祠です。 前回の入り口画像を300メートルほど進むと下記の画像が見えてきます。左手下方が階段の参道です。右手方向に一本道が伸びています。本来の参道です。麓まで続いているのですがタイとの紛争地とタイ領土が含まれているので現在は通行出来ないとの事です。階段下のゲートがタイ国境との [続きを読む]
  • プレアビヒア寺院遺跡への道3−1。
  • カンボジアのプチュンバン(お盆)三連休の休みを利用してプレアビヒア寺院遺跡の観光に行きました。シエムリアップから北東方面タイ国境にあります。三回に分けてお伝えします。プレアビヒア寺院遺跡はアンコールワットより前の9世紀末にクメール人によって造られたヒンドゥー様式の寺院です。。少し前まで領有権をめぐりタイとの間で紛争地とされていましたが、カンボジアが世界遺産として申請し、2008年に登録されカンボジ [続きを読む]
  • Eclipse Sky Bar エクリプス・スカイ・バーに行ってみました。
  • プノンペンタワーの22階及び屋上にあるEclipse Sky Bar(エクリプス・スカイ・バー)に行ってみました。6時少し過ぎが日没時刻なので5時30分頃に行きました。下記画像はエレベーターで22階で降りたエレベーターホールです。右手奥にフロントがあります。さらに右手奥に行けば屋上に行く階段があります。画像左手の階段を登ります。時期が悪いのか、日没に近い時刻なのですが西空は茜色には染まりませんでした。残念!!下 [続きを読む]