america さん プロフィール

  •  
americaさん: 研修医の不思議な医療の日々
ハンドル名america さん
ブログタイトル研修医の不思議な医療の日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/zare-goto-room/
サイト紹介文研修医生活スタート 一体どんな生活が始まるのかな〜
自由文日々の日常、研修医の立場から見た医療現場について書いてます!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/04/23 21:47

america さんのブログ記事

  • 研修医〜救急対策 片麻痺+意識障害
  • 今回は神経内科を回ったあとでもあるのでテーマは片麻痺+意識障害で!! もちろん片麻痺+意識障害で思いつくのは脳卒中であるし、これは見逃してはいけない!! でも脳卒中以外にも脳卒中様の症状をきたす疾患があるその鑑別疾患と鑑別のポイントについて書いてみるてんかん、Todd麻痺:現病歴 てんかん既往 脳波脳腫瘍:造影CT/MRI慢性硬膜下血腫:現病歴 飲酒歴 外傷既往脳炎 髄膜炎:発熱 項部硬直 髄液検査 MRI低血糖 [続きを読む]
  • 隠れ食いをする患者さん(笑)
  • にほんブログ村 内分泌内科を研修中 でもっこの病院だとお医者さんが二人しかいないから負荷試験もほとんどなく今やってんのは主科の人はほとんどいなくて兼科の人のカルテを書くって感じ・・ なんかちょい微妙な日々・・・ そんな中で主な仕事は血糖管理! なのですが やっぱりいるんだよね〜 隠れて食べてしまう人が・・・ 隠れて食べてる人ってときどきいるんです(笑) でも、血糖値の変化をみると あれ?? おかしいな・・・ [続きを読む]
  • 研修医〜救急対策 腹痛
  • 救急のスタートがだんだん近づいてきたところで 救急で見られる診断を少しずつ勉強していこうかなっておもって まずはメジャーな主訴『腹痛』から 年齢と性別に特有な疾患について触れてみる! 高齢者・腸間膜動脈閉塞←Afある場合はチェック 突然の激しい腹痛+高齢者+Af 腹膜刺激症状は少ない             腸蠕動音は初期亢進、その後麻痺性イレウス様             造影CT ヘリカルCT でSMAの途絶 [続きを読む]
  • 内分泌研修医〜SGLT2阻害薬かメトホルミンか?
  • にほんブログ村 現在メトホルミンが2型糖尿病の治療薬として第一選択薬とされている SGLT2阻害薬は、血管内脱水を起こしうるため、メトホルミンに比べて使われていない ではなぜ使われないだろうか? それはSGLT2阻害薬の使用方法に問題があるといわれている SGLT2阻害薬の良い適応となるのは 摂取量の多い高血圧合併肥満糖尿病患者や心不全合併患者である SGLT2阻害薬は糖の排泄とNaの排泄を促す作用がある。 利点は・1日1 [続きを読む]
  • 内分泌研修医〜糖尿病の管理
  • にほんブログ村 糖尿病の患者さんの治療目的として1.合併症の予防2.QOLの維持が挙げられる 糖尿病の患者さんでは大事なことは、血糖値をただ下げればいい っていうわけではないことだ 大事なことは血糖に加えて血圧を管理することが大切だ。 糖尿病というのはそもそも血管に病気を引き起こすものであるから、高血圧と関係あるのは当たり前である。 高血圧の人が血圧を下げただけで、脳卒中だけでなく微小血管障害も減少するのだ [続きを読む]
  • あの子はかわいいなぁ、やっぱいい
  • にほんブログ村 んー、あの子は可愛い(笑) 前々から思ってたけど、なんかいい(笑) 世間一般的ならそうでもないのかもしれない でも、いいなぁ 同じ職場にいて、一緒に働けて良かった・・ 現在いろいろあってちょっと似たような苦労をしてるから 共感できる関係!! きっと異性だから好きなんだけど 恋愛感情があるかっていうと、ちょっと違うような 一緒にご飯とか呑みにいける関係になれたらいいなと思うけど 多くは望まず(笑) な [続きを読む]
  • 神経内科研修〜終了
  • にほんブログ村 神経内科での研修が終わった!! 最初の頃はいろいろ良くわからなくて困ることが多かった。 そして最後の方は課題でよくわからないことが多かった。笑 そしてもっともつらかったのが、英語論文だった・・ 英語論文ってやっぱり大変・・・ PUBMEDとか検索方法よくわからないし タイトルすら英語だとよくわからない・・・ 英語が苦手な自分では苦労しました・・ 神経内科は最初に回る科としては大変な印象で、実際大 [続きを読む]
  • 神経内科研修医〜脳梗塞
  • にほんブログ村 神経内科にとって脳梗塞は基本的な疾患であり脳梗塞は確実に勉強しておくようにってことで、いろいろと調べてみました!脳梗塞の原因として・・血栓性塞栓性血行動態性に分類される。血栓性は基本的には動脈硬化が原因であり、血管が狭小化した血管に血栓が形成されて閉塞する! アテローム血栓性脳梗塞とラクナ梗塞に分かれる!アテローム性は比較的大きな脳動脈のアテローム硬化による閉塞が起こる側副路が形成さ [続きを読む]
  • 神経内科研修医〜学んだことまとめ③
  • にほんブログ村 ・救急外来でどの薬をやめればよいか?抗血小板薬 抗凝固薬 血糖降下薬 抗精神病薬 ステロイドは急にやめてはいけない ・輸液の際に心不全になる危険を考慮!BNPは輸液の際に心不全があるかどうかを調べる上で参考になる高齢者では値が年齢を越えているかが一応の目安となる! ・脳梗塞後のオーダー心房細動の検査のため、心エコー、ホルター心電図内頚動脈の閉塞検査のため、頸動脈エコーその後リハビリのオー [続きを読む]
  • また若い医者が性的行為の強要で捕まりましたね・・・
  • にほんブログ村 また医者一人捕まったようです・・ しかも性的行為の強要で!! なんていうか、こういのはなくならないようですね・・ しかも、医者ってのはよく報道されてしまうから、医者のイメージがまたダウンする! 医者ってのはよく報道されやすいから困る・・ 今回の人は泌尿器科らしい・・ 普段は男の陰部ばっかみてるから、女性に飢えてたんだろうか(笑) 泌尿器科って若い女性ってめったに来ないみたいだし どうやら、女 [続きを読む]
  • 神経内科研修医〜Branchatheromatousdisease(BAD)
  • にほんブログ村神経内科でよく遭遇する疾患として Branchatheromatousdisease(BAD)が存在する!! 救急外来でもときどき遭遇するようなので 『勉強しといて!!』 ってことで、ちょっと調べてみました そもそも学生時代は縁のない疾患でした・・ BADってのは脳血管穿通枝入口のところの微小アテロー ムにより閉塞し、穿通枝領域全体が梗塞に陥ること らしい 治療抵抗性が多く進行性増悪の経過を辿るこ とが特徴! レ ンズ核線 [続きを読む]
  • 神経内科研修医〜本態性振戦
  • にほんブログ村 神経内科研修医として 勉強すべき疾患の一つとして 本態性振戦がある 本態性振戦は救急外来にも来ることがあるので、勉強する必要がある! 特徴としては安静時にはなく上肢を前方に伸ばした姿勢を取らせると手指に出現する!運動時振戦もある!精神緊張で増悪し、アルコールや鎮静剤で軽減される 家族性のものは思春期から青年期に出現し、常染色体優性遺伝である! 治療は日本で唯一保険適用なのはアロチノロー [続きを読む]
  • 神経内科研修医〜重症筋無力症
  • にほんブログ村重症筋無力症の患者さんがいたので、勉強しといてね〜って言われたので 勉強することに! 重症筋無力症とは 神経筋接合部のシナプス後膜上に、自己抗体が出現し、神経筋接合部の刺激伝達が障害され自己免疫疾患である 自己抗体としてはアセチルコリン受容体(AChR)抗体と筋特異的受容体型チロシンキナーゼ(Musk)抗体が認められている。 有病率は10万人あたり5人 自覚症状として 眼瞼下垂 複視 四肢筋力低下 嚥 [続きを読む]
  • 研修医になって・・再び救急車実習!!
  • にほんブログ村 学生の頃にもやったけど 研修医になってからもどうやら、救急車実習があるらしい 学生とは何が違うだろうか・・・ そんな思いで どんなのかなって そしたら ・・・・ うん 学生の頃とほとんど変わりませんでした・・・ ほとんど変わらないんだよなー ホント なんていうか ただの見学・・ ちなみに 高校生だったとしても変わらないと思う・・ 確かに、免許はあるけど何にも技術ないからねー ちょっと違ったところと [続きを読む]
  • 女の先輩が遠くから花見に〜②
  • にほんブログ村 女子部の先輩が遊びに来た? 車で2時間くらいで ん〜 ホントに来たなぁって(笑) 昔は仲良かっただけに、どういうつもりかよく分かんないからなんか微妙な気持ち 女の子とどっか行くのは好きだし、ご飯とかだったら結構進んでいきたいと思うけど お互いにわかった上でご飯に行きたいなー 俺には彼女がいて、向こうはどうか分からないけど、彼氏がいても、お互いに友達ってことでご飯を食べたら、普通に帰る お互い [続きを読む]
  • やっと医籍登録された〜
  • にほんブログ村毎日毎日不安を抱えながら過ごしていた日々!それな日々がやっと終わりました〜!ちなみに厚生労働省に問い合わせをしたところ看護師の国家試験の発表後だと、登録が結構遅くなるようで、遅い人だと5月の初めにまでなるって言ってました!やっぱり早く登録すべきなんだな〜登録までが長かった〜‼?メデックメディアのホームページにも発表前までに書類を集めて、発表されたらすぐに保健所に行くが正解のようです! [続きを読む]
  • 研修医で覚えるべきこと ステロイドの副作用10個!!
  • にほんブログ村 研修医としてまず覚えることとしてステロイドの副作用を覚えるべきだといわれた そんなわけでステロイドの副作用をまとめてみた! ・消化管潰瘍   易感染性    DM 精神障害 (うつ)    骨粗鬆と骨折   低身長  大腿骨頭壊死    不整脈  白血球増多   低カリウム血症  浮腫  白内障  緑内障 中心性肥満   副腎不全 動脈硬化病変  高血圧 これを覚えてとりあえず10個はすぐに言えるように [続きを読む]
  • 神経内科研修医〜EAE(好酸球性血管浮腫)
  • にほんブログ村学生時代には縁のなかった聞いたことのにない病名 EAEって書いてあった そうだと思って初めてハリソン内科学を引いてみた!! そしたら実験的自己免疫性脳脊髄炎ってのがあったExperimental autoimmune encephalomyelitis, EAE らしい でもこれは神経内科ぽいなってことでこれだ!! っておもったけど でも実際は・・・ 好酸球性血管性浮腫(angioedema with eosinophilia)だったらしい 思いっきり間違えました・・ [続きを読む]
  • 神経内科研修医〜学んだことまとめ②
  • にほんブログ村 てんかん部分発作・・・脳の一部に限局 腫瘍 梗塞  大人が多い        意識○ 単純性 意識× 複雑性        二次性全般になることも      カルバマゼピン 全般性てんかん・・・脳の上位の脳幹から脳全体にひろがる             バロプロ酸ナトリウム けいれんは病変の反対側に眼球が向く皮質にリボン上の高信号を示す 他皮質高信号 MELAS CJD    ・エダラボンを使 [続きを読む]
  • 神経内科研修医〜学んだことまとめ①
  • にほんブログ村 ・劣位半球でも失語が数パーセントに失語が生じるその際に左利きの家族歴があることが多い ・視床出血は脳室へびゅーっと 被殻出血はドーンと広がる ・大きな脳梗塞では出血を伴うため、きゅうせき急性期はヘパリンを使わない ・左半身不随で 右に眼がいく→巨大病巣           左に眼が行く→脳幹 ・脳ヘルニアでは痙性は反対側にでる! ・ヘパリンはAPTTが延長する 42〜 ワーファリンはPTINRが [続きを読む]
  • 神経内科研修医〜ルンバール腰椎穿刺の手順 実際の細かい手順について
  • にほんブログ村 今日はルンバールの見学をさせてもらった ルンバールは次からは自分にやらせてもらえるらしい それで今日学んだことを書いてみる! ①まず、患者さんに体を丸めてもらう ②ヤコビー線から平行に進んだところがL4なのでその少し上のL3/L4の間を触ってみて、刺せそうなところに印をつける(ボールペンで痕をつける) ③消毒を行う!三回! 一回目は上から横にする 二回目は真ん中から円を描くように全体的に 三回目 [続きを読む]
  • 未だ医籍登録されず・・・でもオーダーとか処方してしまった
  • にほんブログ村 毎日、朝起きると、まずは自分の医籍登録が終わっていないことを確認してちょっとへこむ そんな日々を毎日過ごしている・・・ また今日も登録されてないやー・・ ってな日々が続く・・ そして病棟で働くまでになんとかなるかなって思ってたけど 間に合いませんでした・・ だから指導医の先生には、医籍登録が終わってないことを報告! いいにくかったけど。。 でも、「多分大丈夫!、やってみよう!」 ってことでオ [続きを読む]
  • 未だ医籍登録されず・・・でもオーダーとか処方してしまった
  • にほんブログ村 毎日、朝起きると、まずは自分の医籍登録が終わっていないことを確認してちょっとへこむ そんな日々を毎日過ごしている・・・ また今日も登録されてないやー・・ ってな日々が続く・・ そして病棟で働くまでになんとかなるかなって思ってたけど 間に合いませんでした・・ だから指導医の先生には、医籍登録が終わってないことを報告! いいにくかったけど。。 でも、「多分大丈夫!、やってみよう!」 ってことでオ [続きを読む]
  • 医籍登録されない…遅れてるな〜
  • 医籍登録が終わらない…なんで登録されないのだろうか…なんか不安でいっぱい…でも今日同期としゃべって、どうやら同じく登録されていないらしいなんか安心感ある…他にもどうやらいるみたいだしそして、遅れてる人はやはり医籍登録が遅かったみたい情報源は不確かだけど、19日くらいになるひともいるらしい普通の人でも遅れるらしい前科のある人は数ヶ月遅れるらしいけど俺前科ないし、車ないから罰金刑とかもないし 不安な気持 [続きを読む]