裕希 さん プロフィール

  •  
裕希さん: 不倫+こじらせ Story Blog
ハンドル名裕希 さん
ブログタイトル不倫+こじらせ Story Blog
ブログURLhttps://ameblo.jp/penny-precious/
サイト紹介文「不倫の後で」がテーマになります。された側の女性たちを幸せにしてあげたいです。
自由文駄文レベルですが興味の持てるStoryを考えて書いています。よろしければご一読ください。
宜しくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2016/04/24 10:59

裕希 さんのブログ記事

  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・15
  •    15."Time travel タイムスリップ 6 "== 都眞子の両親 (佐和子・敏夫) + 都眞子 + 大 + 安倍 義仁 == 「いつの間にか都眞子も適齢期になったっていうか、適齢期を過ぎてしまいそうな年齢になってたって、主人とふたりして今頃になって焦ってるっていうわけ」 はぁ〜、そっか・・そっちの心配ねえ〜。 俺も無関係じゃないもんなぁ、大を半分以上育ててもらってるようなもんだし。あちゃぁ〜、とまちゃんが結婚してこの家 [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・14
  •    14."Time travel タイムスリップ 5 "== 都眞子の両親 (佐和子・敏夫) + 都眞子 + 大 + 安倍 義仁 == 「あなた、昨夜それとなく都眞子に話を振ってみたんだけどどこまで義仁さんのことを好いているかは分からないけど、何となく義仁さん次第でこの話、まとまるような気がするわ」 「なら、善は急げ、だ。明日か明後日、大を預かる時に私たちで大を迎えに行って、話してみようじゃないか。義仁くんにとって悪い話じゃない [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・13
  •    13."Time travel タイムスリップ 4 "== 都眞子の母親 (佐和子) + 都眞子 == フムフム、大は都眞子にとってもンすごい存在になってるんだ。 そうだろうなって傍(はた)で見てて思ってたけど、私の思ってた以上だった。 大の母親でいたい発言はちょっと驚かされたなぁ〜。 義仁さんと結婚すれば戸籍上というか、本当の母親になれるんだよぉ〜。 義仁さんとの結婚はどう? お義兄さんとして見てた義仁さんのこと今どんな [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・12
  •    12."Time travel タイムスリップ 3 "== 都眞子の両親 (佐和子・敏夫) + 都眞子 == 「どちらにしてもあまり都眞子には時間が残されてないわけだ。どうだろう、なんとか都眞子も義仁くんもプライドを傷つけないよう細心の注意を払って、我々にできる範囲で両人の気持ちを聞き出してみようじゃないか」 「あなた・・。賛成っ! 作戦会議しないとね、私たち」 と言ったものの・・ 作戦会議はほとんど必要なかった。 そう [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・11
  •    11."Time travel タイムスリップ 2 "== 都眞子の両親 (佐和子・敏夫) == 「ねぇ、あなた・・早いもので都眞子ももうあと少しで30才になろうとしてるんですよねぇ〜」 「そうだなぁ。美保子が亡くなってから3年も経つのか。血の繋がる甥とはいえ、仕事もあるのに土日返上で大の世話を中心になって親身に大切に育ててきたと思うよ。我が娘ながらあっぱれだと私は思ってる」 「私がもっと健康体なら、都眞子に多くの負担を [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・10
  •    10."Time travel タイムスリップ 1 "== 長山都眞子 + 都眞子の両親 (佐和子・敏夫) == 両親から改めてお礼を言われ、私びっくり。 「とまちゃん、大のことすまないね」 「えーっ、いきなりどうしちゃったのぉ? 私、大のことちっとも不満に思ってないしぃ・・。大の世話は楽しいわよ。今はね、少子化で私みたいに幼児の時から身近で接するチャンスのある人間はすっごく少ないと思うからそういう観点からも私はむちゃくち [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・9
  •    9." Memories 回顧録9 "== 長山都眞子 == 幸せ全開のカップルの片割れが病気であっけなく亡くなってしまった。 姉の病気が判った時にはすでに手遅れで、あっという間に姉は向こう側へ旅立ってしまった。 愛しの夫と息子を残して。 大が3才を目前にしていた時のことだった。 義兄はとても悲しそうで私は見ていられなかった。 母親の姿を探す大も可哀想で・・。 大を私たちみんなで育てた、それはそれは慈しんで。  [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・ 8
  •   すみません、間違って9話をupしてしまいました。(-_-;)8話に訂正しました。8." Memories 回顧録8 "== 長山都眞子 ==「え〜っ、Y氏の運転は怖いから行きません」 そんな風に答えたのにも関わらずその後も平然とした顔でY氏と会話を交わし事務所へ戻ったのだった。 私はその夜、あの誘いがもしかしなくともデートの誘いであったことに突然閃いてしまい、己の鈍感さに悶絶したのだった。 好きな人は確かにいた。 けど、それ [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・8
  •    8." Memories 回顧録8 "== 長山都眞子 ==「え〜っ、Y氏の運転は怖いから行きません」 そんな風に答えたのにも関わらずその後も平然とした顔でY氏と会話を交わし事務所へ戻ったのだった。 私はその夜、あの誘いがもしかしなくともデートの誘いであったことに突然閃いてしまい、己の鈍感さに悶絶したのだった。 好きな人は確かにいた。 けど、それはただの片思いだったし、好き過ぎて緊張してとても付き合えるような対象 [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・7
  •    7." Memories 回顧録7 "== 長山都眞子 == 私がずっと異性に関して負け戦ばかりだったのは、好きな相手だと自分を出せないことにつきる。 だから何も思ってなくて気軽にしゃべってた相手(男子)からコクられたふうなことは何度かあった。 そして私は好きな相手だと途端、借りて来た猫のようになるのに何とも思ってない相手にはかなり鈍感になれるようで無意識に相手(男子)を傷つけていたこともある。 もちろん、その時は [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・6
  •    6." Memories 回顧録 6 "== 長山都眞子 + Y氏 == 大は大抵土日は姉の実家である我が家に金曜の午後から預けられていてとても私の身近なそして愛しい存在となっていたのだけれど、義兄とは何年経っても距離があった。 おそらくこういうのは私だけではないのかもしれない。 どこの家でも義理の関係とは余程馬が合う、環境的に会う頻度が高いとか、何かないと一般的にはそういうものじゃないのかなぁ。 あったのか、なかっ [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・5
  •    5." Memories 回顧録5 "== 長山都眞子 == 眉目秀麗という言葉が当てはまる姉が選んだ夫である義兄もまたなかなかな容姿の優れた男性(ひと)だった。 一回りも上の大人のというか、普通におじさん世代の人に対して義兄と出会うまで"素敵な"という言葉を当て嵌めてみたこともなければ考えたこともなかったのに、義兄に対してはすんなりと素敵な大人の男性と認識できた。 社会に出て4年、たった4年間で出会った男性の数なん [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・4
  •    " Memories 回顧録4 "== 長山都眞子 == ・姉との関係・・希薄だったこと たった二人きりの姉妹だったのに、実を言うと私は姉のことが苦手だった。両親はこんな不出来な私のことを可愛がって大切に育ててくれた。そんな両親だから姉のことももちろん愛し慈しんでいたことは見ていて知っている。 姉は両親からすると親戚からもご近所からもそして幼い頃より学校関係で先生たちからも誉の高い娘だったに違いない。 だけど [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・3
  •    " Memories 回顧録3 "== 長山都眞子 == ダメ元で取り敢えずtryっていう姿勢はあながち間違いではないことを我が身で私は経験したのだった。 母は後でこう言っていた。 入学してすぐに手渡されたさまざまな大学の資料を読んでいて知っていたことなんだけどね・・ 都眞子に行かせたかった大学からの推薦枠は毎年はなかったしあっても都眞子の苦手な理系しか今までなかったから、だめかなぁ〜だめやろぉ〜、いやいや、願う [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・2
  •    2." Memories 回顧録2 "== 長山都眞子 == 受験に不向きな私の為にたくさんのお金をかけて私立高校に入れてくれた。そんなだったから両親の為にという思いもあって、高校の3年間を私は自分の限りを・・最善を尽くした。 それでも悲しいかな、世の中は厳しい。ちょっと名の知れた大学に入るには、私の実力はお粗末だったのだ。結構頑張ったのにって思ったけど2年の後半から3年の1学期まで担任はかなりレベルの低い学校 [続きを読む]
  • The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・1
  •    1.---" The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・ "--You have to realize the blue bird of happiness is always in front of you.-- 幸せの青い鳥は目の前にあるってことに気づかないと・・。*〜*?〜*?〜?〜*〜*〜*〜*?〜*?〜?〜*〜*〜*〜?〜*?〜?*〜*〜*?〜*?時間軸---都眞子が結婚間近な頃 長山 都眞子(ながやまとまこ)         事務方   32才 長山佐 [続きを読む]
  • もう、こんな時間 ・・新作について 4
  •    散らかるのは一瞬なのに・・片付けにはどうしてこんなに時間と根性と粘りが必要なのでしょう。年々体力が無くなっていることもあってよけいに片付けが負担になってます。 今夜は少し部屋の片づけしてまして、疲れました。(^_^;) 只今コーヒータァ〜イム。あれから5話 912文字    6話 842文字 進んだので夕方食料品の買い出しに行っておりました。 今日は息子が一緒に行ってくれたので(最近、1人だと出掛ける気がし [続きを読む]
  • 新作のこと 3
  •     ひゃあ〜、ずっと部屋にいて(結構さぶいっ--暖房つけずにがむばってる)さきほど少し外に出たのですが・・ぎゃっ、なんという寒さ。防寒着無で出たものだから、震えあがりました。すぐに家の中にGo Go!!足を暖める器具はあるのですが家事で家の中を歩き回らないといけなくて、昨年からはつま先に貼るカイロを重宝していました。どうしても我慢できなくなったら、使おうと思いますが今のところ今年はあるモノを代替品とし [続きを読む]
  • 新作のこと2
  •    昨日の昼間、恐る恐る新作「流浪の旅人」を書いてるサイト(下書き用)を見て、3話まで書いてたのですが(以前書きしたためてた分)、続きをどうやって書き進めようかと悩み、急いでそのページから立ち去りました。。・゚・(ノε`)・゚・。 長らく下書き用として利用していたサイトでしたが 気まぐれにupしていましたら(醒めない夢)熱心な方たちがいらして呟いてくださるのが読んでいて楽しいです〜? 「こんなクズ旦那」とかって、言わ [続きを読む]
  • 新作のこと
  •    The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・--You have to realize the blue bird of happiness is always in front of you.--幸せの青い鳥は目の前にあるってことに気づかないと・・。小説も終盤になって、 はて? これって誰に対してつけたのだったのかな?と あきれた質問を自分にする始末。 忘れてしまったのですが、最初に表題をつけた時は義兄の安倍 義仁に対して付けたのではなかったのかな?と、この考えに [続きを読む]
  • 次回作の予定について
  •    小説の画像が・・・決まっていないこともありまして(大体は目途がつきましたが) 次回作の小説upを25日くらいからに しようかと考えています。 ちょっと小休止って感じですね。「The blue bird of happiness is.. 幸せの青い鳥は・・」という 新作は結局16日に完結させることができました。 111話でなんとか終わらせることが。。。。 書き始めてからずっと突っ走ってきましたので 少しお休みすることにしました。次に [続きを読む]
  • 傲慢じゃない? Goman is an Arrogant Man? 82
  •    82. " 悔恨 Regret 1 "== 天羽冬也 == ゙どうして、妻が俺の行動に強く抵抗せず甘んじるだなんて思えたんだろう。俺は傲慢だった自分に、今になってみて妻から本気の離婚を迫られてみて気がついたのだった。 俺に従順でやさしくて忍耐強く、そして何より俺の事が大好きでいる妻が本気でびくともしない強い意志で俺のことを拒絶する日が来るなんてことは夢にも思ってなかった。 どうしてこんなに鈍感でいられたのだろう。 [続きを読む]
  • 傲慢じゃない? Goman is an Arrogant Man? 81
  •    81."最後の話し合い The Final Discussion 4 "== 天羽冬也 + 天羽 姫苺 == 「人は変わるっていうその人って、誰のことなんだ。 君のこと?」 「私を裏切ったあなたになんて私の大事(な人のこと)を言いたくない。 ただ言えることは良くも悪くも人の変化で幸不幸が決まっていくんだって、何か達観した気分なの今の私はね。私はあなたとの間にできた悲しみをさっぱり捨ててマリリンと人生を歩むことにしたわ」 「考え直して [続きを読む]
  • 傲慢じゃない? Goman is an Arrogant Man? 80
  •    80."最後の話し合い The Final Discussion 3 "== 天羽冬也 + 天羽 姫苺 == 「君は子供が欲しかったのか?  俺には一度も言ってきたことがなかったのに」  「ずっと欲しいって思ってた。 たけどあなたが何も言わないのにって、何だか私のほうからは言い出せなかったわね。でもひとこと、子供が欲しいねってあなたが子供のことを話題に出してくれていたら、私も本音を話したかもしれないわね」 「・・・」 肝心なところで [続きを読む]