裕希 さん プロフィール

  •  
裕希さん: 不倫+こじらせ Story Blog
ハンドル名裕希 さん
ブログタイトル不倫+こじらせ Story Blog
ブログURLhttps://ameblo.jp/penny-precious/
サイト紹介文「不倫の後で」がテーマになります。された側の女性たちを幸せにしてあげたいです。
自由文駄文レベルですが興味の持てるStoryを考えて書いています。よろしければご一読ください。
宜しくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/04/24 10:59

裕希 さんのブログ記事

  • An endless & sweet dream 醒めない夢 1
  • すみません、手違いで1度削除してしまいました。 --------------------------------------------コンビニを始めた頃妻--- 深山果歩 かほ     26才夫--- 深山康文 やすふみ   26才娘--- 深山 碧 あお   2才4ヶ月  果歩を撥ねた?人---溝口啓太   31才深山康文(夫)の不倫相手----モニカ深山正一--康文の父 58才深山妙子--康文の母    [続きを読む]
  • An endless & sweet dream 醒めない夢 2
  • 2.=== 果歩 + 黒田太郎 + 黒田澄江 ===私の父親は相変わらずで、家の中では言いたいほうだいしていて年を重ねても丸くはならず、母はいつも窮屈そうにしていた。私には3つ離れた弟がいる。何故か、いや根っ子には男尊女卑の考えが根強くあるのかもしれなくて、とにかく私は父親からいつも厳しくて情け容赦ない言葉を毎日毎日浴びせられていた。そして不思議なことに同じよう [続きを読む]
  • 新作82話完結しました。
  • ??みなさま、おはようございます。??                     ↓画像のイカツイ顔の花ちゃんは裕希作レス。^^ 「An endless & sweet dream 醒めない夢」いつ終わるかなと、思いおもい書いておりましたが昨日中にギリ、82話で完結できました。 23時〜24時頃までにはup致します。それまでしばらくお待ちください。 引き続き宜しくお願いいたします。(*˘?˘ [続きを読む]
  • マーくんに・・称賛の嵐
  • ??みなさま、こんにちは。??  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171019-00010004-theanswer-base米大リーグのア・リーグ優勝決定シリーズ、ちらっとダルヴィッシュ登板しているの見てたけどマーくんの時の見てないよ。(家族がつけてた)今夜のBS録画設定してみたけど、5戦見れるかな?----抜粋----------------------------米大リーグのア・リーグ優勝決定シ [続きを読む]
  • 新作の完結はまだ遠い (。?v?。)
  • ??みなさま、こんばんは。??  新作ですが10月に入った頃、なんとか間に合うかな?と思っていた矢先、家族が風邪を引き毎日激しく咳き込んでいて、案の定私もきっちり風邪を貰ってしまいまして小説を書けない日が続き、まだ完結までの目処がついておりません。ε(o???o)зまだ咳が残っていて完治していないので、無理のない範囲で完結まで目指そうと思っています。 [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 67 (番外編 3)
  • 67.There ia not an Endless Loope. ループしない=== 大倉将康 ===いや、確かに彼が自分に単身赴任を8年し、帰宅してみたら俺の妻が元妻になって彼の妻になっていたという、あの別ワールドとしか言うことのできない、あのコトについて話しかけてきたのは現実のことだと思う。そっか、やっぱり。あちらの世界も続いているんだ。あっちで寂しい生活を送っている俺のことは気に掛かるがどうしようもない。又日常の忙しさにかまけて [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 66 (番外編2)
  • 66.It Might Be Endless Loope. 終わらないループ ②=== 大倉将康 + 北嶋薫 ===夢なのか何なのか、とにかく単身先の俺の8年は無くなり本来失くしてしまったはずの家族との生活が8年を過ぎていった。とにかくどちらが現実でどちらが夢なのか・・タイムスリップというヤツなのか、いろいろ考えうる思考を働かせてみたが全く見当もつかない。俺自身の気が変になって可能性もあるのかもしれないが俺はこちら側の妻や子供たちと暮ら [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 65 (番外編1)
  • 65.It Might Be Endless Loope. 終わらないループ ①=== 大倉将康 + 元妻 由宇子 ===胸に痛みを感じた俺が涙目で顔を上げると驚いたことに当時の部屋にいて側には由宇子がいた。えっ?俺は夢を見ているのか?脚を抓(つね)ってみた。イタイっ!!元妻が言った。「ねぇ、会社からの強制じゃないなら単身赴任は止めてもらえない?私も子供たちを連れて一緒に行ければいいけれど、こちらで自営(税理士)のお客様もたくさんついてるし、 [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 64 (最終話)
  • 64.元妻と今の夫、そして子供たちの姿を見て・・からその後 ②=== 大倉将康 + 元妻 由宇子 ===それは単身赴任を受ける話をした日の元妻の姿と反応だった。俺は妻の事を知らず知らずのうちに、蔑にしてたのだろう。あの時、由宇子は俺に何かをポソッと呟いてた。俺はソコを華麗にスルーしていた。どうして今になってそのシーンが蘇ってきたのだろう。大事なことだからかもしれない。俺は由宇子の呟きを思い出そうと努力した。何 [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 63
  • 63.元妻と今の夫、そして子供たちの姿を見て・・からその後 ①=== 大倉将康 ===あんなに仕事が好きだった俺。なのに、どうにも意欲が湧かない。独身になったのだから・・身軽になったのだから・・もう子供のことや家庭のことにも時間を割いて欲しいと懇願されることもなくなり、煩わしさから解放され思い切り仕事が出来るというのに全くヤル気が出ない。おかしいじゃないか!単身赴任と同じようなもんじゃないか。この8年間シン [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 62
  • 62.元夫が帰還したその後で ⑥=== 由宇子 + 大倉将康 === 元夫はどうしても単身赴任したかった。私はどうしても行ってほしくはなかった。私たちの元に居て欲しかった。私は好きな夫(ひと)の邪魔もしたくはなかった。どうしようもないじゃないの。だから別れた。異性関係の心配ばかりしているような生活は嫌だった。・・・俺はあっち(単身赴任先)でもやらかして、由宇子はきっと自分の選択は間違ってなかったと改めて思った [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 61
  • 61.元夫が帰還したその後で ⑤=== 大倉将康 === 赴任先から帰り、離婚されていた話を聞いた日から一度も顔を見ること叶わない由宇子をひと目見たいと思い子らの面会で別れた後、そっと薫くんと子らの後をつけた。由宇子は公園で待っていた。由宇子は一番下の子を抱いている。「さぶいねぇ〜、ミ〜キ?〜?」そんな呟きを子に向けて語りかけている由宇子の背中を聞いていた薫くんが背後から抱き込んだ・・のが見てとれた。「あ [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 60
  • 60.元夫が帰還したその後で ④=== 大倉将康 + 北嶋薫 === 「その、由宇子との結婚生活はいろいろあるとは思うけど上手くいってる?」「結婚生活ですか・・・う〜ん」「もう結婚してかれこれ7〜8年になりますけどお陰さまで仲いいですよ。夜のスキンシップもかかさないし。キスは毎日してますし、僕ら手繋いで寝てます。もう僕は由宇子ちゃんラヴですからね、毎日好きって言葉で言ってますし。あっ、すみません惚気過ぎました [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 59
  • 59.元夫が帰還したその後で ③=== 大倉将康 + 北嶋薫 === 「へえ〜、君のお母さん確かに最強だわ。参ったな。そんな最強の後釜候補が待ってるって知ってたら、俺・・」「由宇子ちゃんを置いて行かなかったですか?」「そうだね、怖くて置いて行けなかっただろうね」「知らぬが仏っていうヤツですね。大倉さんが単身赴任で行ってくれてほんとに良かったですよ僕にとってはね。あっ、すみません。でも大倉さんはそんなにダメー [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 58
  • 58.元夫が帰還したその後で ②=== 大倉将康 + 北嶋薫 +北嶋洋子 === 俺は元妻の従姉弟でもあり、今の元妻の夫でもある薫くんからとんでもないことを聞かされた。「君と由宇子は従姉弟同士で子供の頃から親しかったと思うけど、いつ頃から由宇子のこと、好きだったんだい?」「昔からです。ずっと由宇子ちゃんが好きで僕、中学の時に高校生だった由宇子ちゃんに告白してたんです」「へぇ〜、へぇ〜、そりゃまたえらい大昔から [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 57
  • 57.元夫が帰還したその後で ①=== 由宇子 + 北嶋薫 ===所謂面会っていうヤツなんだけど、元夫と子供たちを合わせる時今の夫に子供たちを連れて行ってもらい、迎えに行くのも今の夫に頼み、一切私は関わらないようにした。何度目かの時に薫に聞かれた。「どうして由宇子ちゃんは一緒に行かないの?」「世界中で薫のことが一番好きだからよ」「好きだからって・・うん・・? どうして僕と一緒に行かないの?」「私が一緒に付いて [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 56
  • 56.夫が単身赴任してから1年後〜8年後 ④結婚して1年が過ぎたある夜のこと。 === 由宇子 + 北嶋薫 ===怖い夢でも見たのだろう、美誠が突然私たちの行為の最中に寝室に泣きながら入ってきた。「お、おかあさん、ウェーンウエーンおかあ・さんっ」薫(たい)はどうだったんだろう?私は身体が火照り始めなかなかいい感じになってきていた時のことだった。薫はすぐに側にあった肌掛けを自分達の体が隠れるようにかけてくれた。そし [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 55
  • 55.夫が単身赴任してから1年後〜8年後 ③ 夫が単身赴任してから8年後の現在=== 由宇子 ===今なら薄っすらと判る。当時は想像もつかなかったコト。元夫はモテる男(ひと)だった。だからSEXの経験値については、高い・・と当たり前のようにそう思っていた。おそらくは、私の勝手な思い込みだったのだと思う。彼はモテる人ではあったけれど、性のほうの経験値は多くなかったのだろうと今なら判る。自分の経験値が上がった今だから [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 54
  • 54.  夫が単身赴任してから1年後〜8年後 ②=== 由宇子 ===何とうれしい誤算!結婚生活が始まってすぐに普通に薫(たい)とは夫婦生活があった。初夜から薫とはスムーズに仲良しは始まった。薫の穏やかな雰囲気とやさしい息遣いがゆるりゆるりと私をリードしていく。私はただそれに付いていくだけ。ただ心地よく、そして素直に自分をさらけ出し・・私はおそらく初めてその夜、性の喜びというものを知った。薫の経験値がどんななの [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 53
  • 53.  夫が単身赴任してから1年後〜8年後 ①=== 由宇子 ===大倉将康、元夫との離婚届けを出した後(元夫には知らせず)とんとん拍子で話がまとまり、私は従姉弟の北嶋薫と子連れで再婚した。 薫はやっぱり薫だった。私や子供たちと暮らしていても接し方はほとんど変わらなかった。子供たちは相変わらず今まで同様薫のことを薫(たい)ちゃんと呼び私は薫とか薫くんとか呼んだ。子供たちを抱っこしてくれる私とは違う力強くて大き [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 52
  • すみません、51話が抜けておりました。ε(o???o)з 52.〜 遡ること約7年と数ヶ月前  由宇子が大倉将康との離婚届を出し     新居に移ってから半年程経った頃のこと 〜〜⑪=== 由宇子 + 北嶋薫 + 薫の両親 ===そして更に翌日、伯母と伯父に薫とふたりで結婚の報告をした。大事な薫の嫁入り先が決まり、彼らはとても喜んでくれた。伯母は、しばし・・なんだかまだ信じられないわ、と言っていた。自分がまとめたよう [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 51
  • 51.〜 遡ること約7年と数ヶ月前  由宇子が大倉将康との離婚届を出し     新居に移ってから半年程経った頃のこと 〜〜⑩=== 由宇子の両親 + 由宇子 ===薫くんは由宇子が好き、洋子姉さんもも正樹義兄さんも由宇子に薫くんを託したいって積極的に思ってるんだし・・。実はね、あんたが離婚してからしばらくして洋子姉さんから薫を嫁に貰ってくれないかなぁ〜なんて聞かされてたのよ。薫くんなら引く手あまたなのに何で [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 50
  • 50.〜 遡ること約7年と数ヶ月前  由宇子が大倉将康との離婚届を出し     新居に移ってから半年程経った頃のこと 〜〜⑨=== 由宇子と由宇子の両親 ===なんだか自分の家族を持ってからはほとんど薫(たい)と会話らしい会話をしてこなかったんだけど、今回真面目な話をしてみて思ったのは、薫が思ってた以上に成長してたってこと。思ったほど私や子供たちに無関心ではなかったことがっていうか逆、私のことを好きでいてく [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 49
  • 49.〜 遡ること約7年と数ヶ月前  由宇子が大倉将康との離婚届を出し     新居に移ってから半年程経った頃のこと 〜〜⑧=== 由宇子と北嶋薫 ===「薫(たい)、私のこと好き?」「すごい好き。たぶん子供の頃からずっと好きだったんだと思う。由宇子ちゃんが嫁に行くまで身近にいるのが当たり前でそういう気持ちを認識してなかったと思うけどね。だからさっきも言ったけど、由宇子ちゃんが結婚して落ち込んだ」「薫、私や美 [続きを読む]
  • Separately 夫々 (それぞれ) 48
  • 48.〜 遡ること約7年と数ヶ月前  由宇子が大倉将康との離婚届を出し     新居に移ってから半年程経った頃のこと 〜〜⑦=== 由宇子と北嶋薫 ===コクリとコーヒーを飲む薫(たい)を見上げた。職業柄許される長髪、亜麻色の毛先が小さなほわほわっと頬を撫でるようにして流れてくる風に揺れる。線が細く見えるけれど、つくところにはばっちり筋肉が付いている薫の身体。そんな容貌だから実年齢より若く見える。しかも私よ [続きを読む]