docoiko さん プロフィール

  •  
docoikoさん: 今日はドコ行こう?
ハンドル名docoiko さん
ブログタイトル今日はドコ行こう?
ブログURLhttps://ameblo.jp/haminor/
サイト紹介文全都道府県制覇を目標に、国内中心ですが、行ったところ、食べたものをスポットで紹介していくブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/04/24 13:02

docoiko さんのブログ記事

  • 【清涼寺】 国宝「生身のお釈迦様」と見ごたえたっぷりのお寺
  • 常寂光寺をあとにし、散策していると突然あらわれた大きな山門。 清涼寺というお寺の山門です。 清涼寺は、987年に創建されたそう。嵯峨釈迦堂とも言います。 ご本尊には、国宝の釈迦如来立像が安置されています。この釈迦如来立像、宋にあった、本物のお釈迦様を模刻したとされる像を、許可を得てさらに模刻したそうで、「生身のお釈迦様」と呼ばれています。お釈迦様からのコピー回数わずか2回!これはありがたいです。 しかも [続きを読む]
  • 【嵯峨とうふ・稲】 嵐山でいただく美味しい豆腐料理
  • 紅葉シーズン到来で、嵐山は朝から賑わっています。 お昼の混雑を避けたかったので、開店すぐに、豆腐料理のお店 「稲」 を訪れました。通常11時からですが、今日は10時半からの開店でした! 京湯葉あんかけ御膳 (1720円) をいただきました。 五穀米にたっぷりの湯葉をのせたあんかけ丼のほか、揚げたての天麩羅、生麩の田楽に胡麻豆腐がセットされた食事です。 汁椀も白味噌、デザートに嵐山名物のわらび餅までついていて、京 [続きを読む]
  • 【嵯峨とうふ・稲】 
  • 紅葉シーズン到来で、にぎわう嵐山は、朝から賑わっています。ブランチに、豆腐料理のお店 「稲」 を訪れました。2回目の訪問です。 京湯葉あんかけ御膳 (1720円) をいただきました。 五穀米にたっぷりの湯葉をのせたあんかけ丼のほか、揚げたての天麩羅、生麩の田楽に胡麻豆腐がセットされた食事です。 汁椀も白味噌、デザートに嵐山名物のわらび餅までついていて、京都らしさを楽しめる内容になっています。 ・・・・・・・ [続きを読む]
  • 【霧ヶ峰高原】 広大で気持ちよい景色と目の前であがるグライダー
  • 霧ヶ峰高原を訪れました。 ドライブイン霧の駅に車をとめて、散策します。まるで北海道のような広大で気持ちのよい景色が広がります。 標高1684M、忘れ路の丘にたたずむアーチ型の霧鐘塔は、霧の時には鐘の音が道しるべとなり、霧ヶ峰高原のシンボルになっています。 まわりの景色はすっかり秋めいていて、ススキの穂が風でそよいでいました。 チョコンと頭をのぞかせる、富士山の姿を拝むこともできました。 霧ヶ峰高原は、 [続きを読む]
  • 【御射鹿池】 東山魁夷の名画のモチーフになった美しい池
  • 御射鹿池 (みしゃがいけ) を訪れました。 白馬が駆け抜ける、東山魁夷の代表作 「緑響く」 のモチーフとなった池です。 青緑色の美しい湖面に映りこむ森の木々、幻想的な風景が広がります。 そんな御射鹿池、実は自然の池ではなく、かんがい用ため池なんです。自然と人間の手がコラボした、美しい景色が楽しめます。 ・・・・・・・・・・ 【滞在時間】 15分程度 近年、シャープの液晶テレビ 「AQUOS」 のCMで起用された [続きを読む]
  • 【穂高神社】 山なのに海の神様をまつった荘厳な神社
  • 穂高神社を訪れました。 凛とした鳥居と杉木立が、参拝客を迎え入れます。 創建時期は不明ですが、この地域にやってきた安曇氏によって、創祀されたといわれているようです。 興味深いのが、山にかこまれた地域なのに、祀られているのが、海の神様である、綿津見命や、子の穂高見命であること。そのわけは、この地域に定着した安曇氏が、福岡県志賀島発祥の海の一族だからなのだとか。 海の神様をまつる神社らしく、船も奉納さ [続きを読む]
  • 【和牛厨ふか尾】 リーズナブルに美味しい飛騨牛をいただく
  • 11時頃、車で走っていて、気になるお店を発見、立ち寄ってみることにしました。「和牛厨ふか尾」 というお店です。 予約なく行ってみると、30分待ちとのことでしたが、順番が近づいたら、携帯に電話していただけるとのことだったので、近くのお店をのぞいたりしながら、ストレスなく待つことができました! 今回、しゃぶしゃぶ付松花堂昼膳 (3000円) を注文しました。きれいなしゃぶしゃぶのお肉とたっぷりのお野菜、これだけで [続きを読む]
  • 紹介スポットをGoogleMapでまとめてみた。
  • これまで、当ブログで紹介した記事を、GoogleMapをつかって、探しやすくなるようにしてみました。 旅先で、「次はドコ行こう?」 と思ったとき、参考にしていただければ幸いです! バー右端の四角マークを すると、GoogleMapのページへリンクし、全画面表示になります。こちらの方が操作しやすいです。 [続きを読む]
  • 「東急ハーヴェストクラブ裏磐梯グランデコ」での夕食
  • 裏磐梯グランデコは、山奥にあり、周辺に食事ができるお店はありません。探すのも面倒だったので、2食付のプランを選びました。 夕食は、ダイニングルーム 「クレール」 にて、オードブルからデザートまで各料理、数種類のメニューから選べる、プリフィックスのコースを利用しました。 ≪オードブル≫ オレンジ風味味噌漬けのフォアグラカナールのコンフィ味噌漬け!のフォアグラが中心にそえられたオードブルです。チーズのよ [続きを読む]
  • 【四季の里】 ジンギスカンとジェラート、食後の散策がちょうどいい。
  • 今日は福島へやってきました。途中、四季の里というスポットに立ち寄ってみました。 四季の里は、福島市が、農業分野の新しい展開を図ることを目的に、整備した約8ヘクタールの広さがある公園です。 小水力発電の水車や、ボール遊びができる全天候型施設のこもれび広場、ガラス工芸体験ができる工芸館などが点在しています。 また、メインで訪れる目的にはなりませんが、ちょっと散策するのにちょうどいい円形花壇やバラ園、 [続きを読む]
  • 【明治生命館】 ギリシャ神殿のような列柱デザインが美しいビル
  • ウルフギャングステーキ で食事をした後、ちょうど上の明治生命館が、無料公開しているとのこと、立ち寄ってみました。 明治生命館は、今も現役の明治安田生命の本社ビルです。ギリシャ神殿のようなコリント式列柱がデザインされた、美しい建造物です。設計は岡田信一郎・捷五郎兄弟、施工は竹中工務店。 驚くのが、戦前の1934(昭和9)年にできた鉄骨鉄筋コンクリートのビルとのこと。東京大空襲をへて、戦後はGHQに接収され [続きを読む]
  • 観光列車「ろくもん」③ もらったお土産買ったお土産
  • 観光列車 「ろくもん」 で、もらったお土産と買ったお土産をご紹介します。 まず、こちら二品はもらったお土産です。上田市 「ゆたかや」 のろくもんオリジナルのハンドタオルと、千曲市 「味噌蔵たかむら」 のお味噌です。美味しかったです! 食事をすると、こんなお土産までついてきます! かわってこちらは、1号車のサービスカウンターで売っているお土産。東御市にある、くるみ菓子の「花岡」 の 「くるきゃら」 という一口 [続きを読む]
  • 観光列車「ろくもん」② 地元銘店がコラボした洋食コースは秀逸
  • 「ろくもん」 での食事は、1号(軽井沢→長野)では洋食、2号(長野→軽井沢)では和食が楽しめるようになっています。 今回は、洋食を食べてみたいと思い、1号を選びました。料理は、ジャムで有名な軽井沢・沢屋の直営レストラン「こどう」と、東御市の手作りチーズの草分け 「アトリエ・ド・フロマージュ」 がコラボです。 まずはドリンクを選びます。ビール2本セット、日本酒、ワイン、シードル、ソフトドリンク3本セット [続きを読む]
  • 【軽井沢〜長野】 観光列車「ろくもん」に乗ってきました! 
  • 今回、長野を訪れた目的はこちら。 観光列車の 「ろくもん」 に乗るためです! ■ 観光列車 「ろくもん」 とは? 「ろくもん」 は、しなの鉄道の軽井沢〜長野間を走る、観光列車です。戦国大名で有名な上田市ゆかりの真田氏の家紋 「六文銭」 にちなんだもの。デザインは、JR九州の豪華列車 「ななつぼし」 を手がけた水戸岡鋭治氏によるもので、全席指定で、乗車のみを楽しむ1号車と、沿線銘店がコラボした食事を楽しむことが [続きを読む]