たぱぞう さん プロフィール

  •  
たぱぞうさん: たぱぞうの米国株投資
ハンドル名たぱぞう さん
ブログタイトルたぱぞうの米国株投資
ブログURLhttp://www.americakabu.com/
サイト紹介文高配当な米国株や米国ETFへの長期投資中。某投資顧問にてアドバイザーをしています。
自由文米国株、米国ETFのポートフォリオやその他の収入を紹介。アメリカ株、アメリカETFを通した長期的な資産運用を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2016/04/24 13:46

たぱぞう さんのブログ記事

  • 55歳からの老後を見据えた投資運用術
  • 55歳からの老後を見据えた投資運用術 55歳、500万の資金を投資運用して老後に備えたい 55歳から投資をするならば 55歳からのつみたてNISAも考えてみたい55歳からの老後を見据えた投資運用術 一般的な高齢者夫婦世帯における月々の支出は30万円だと言います。実際に高齢者夫婦に入る年金等の収入平均は20万です。今現在、この差額の10万をどのように埋めていくのかが課題になります。 また、年 [続きを読む]
  • 月1万円からの投資の王道
  • 月1万円からの投資方法 投資ブログを見て回っていると資産額「数千万」あるいは「数億」という例が多くあります。ややもすると数千万程度がミニマムのような錯覚に陥ります。ただ、そうした例は一般社会においては稀です。 私たちの生きる社会は年収400万というラインが平均です。その年収の10倍も20倍もある人たちが普通であるはずがないのです。 ある意味では投資界においてある程度成功した人が備忘録的に、あるい [続きを読む]
  • 自営業者の節税投資術
  • 自営業者の節税投資術 自営業というのはかつては商店事業主や士業などが多かったように思います。今はブロガー、アフィリエイター、デザイナー、コンサルタント、ライター、プログラマーなど多岐にわたっており、数十年前に比べると独立は非常にしやすくなっています。 かつては学校で勉強をし、部活をし、学業だけでなく組織で生きていくためのイロハを身に着けていないと社会に出てから大変苦労するという構図でした。多くの人 [続きを読む]
  • 父が契約した毎月分配型ファンドをどうすべきか
  • 絶滅しつつある毎月分配型ファンド 金融庁肝いりのつみたてNISAが始まり、良いファンド、良くないファンドの選別が暗黙のうちに進んでいます。ただ気になるのは、金融情報に関して感受性の高い人は正確な情報をつかんでいますが、そうでない人は依然としておかしな商品をつかまされ続けているということです。 その代表格としては毎月分配型ファンドがあります。多くの毎月分配型ファンドは元本を削って無理くり高分配金を確保 [続きを読む]
  • 資産運用の出口戦略
  • 資産運用の主役である株・債券・不動産・金 資産運用とは、簡単に言うとお金を投資して増やすことです。かつては郵貯や銀行に預けておくだけで高利で運用をしてくれました。ただ、その分インフレでお金だけでなく物価も上昇していました。 また、住宅ローンを組んで自宅を買えばそのまま自宅も値上がりする。経年劣化しているにも関わらず自宅が購入時よりも高値で売れる、そういう時代がありました。昨今の過熱気味の都内不動 [続きを読む]
  • 投資信託の売却の順序と考え方
  • 良い投資をしていると利益が積みあがってくる 売却する投信の決め方は? 投資信託の売却の基本的な考え方良い投資をしていると利益が積みあがってくる 長期投資だと売買をほとんどしません。買ってそのまま、それこそ数年、数十年持ち続けることになります。私の持ち株も古いものが多いです。おそらく今後も持ち続け、10年20年と年月を重ねていくのでしょう。 私の場合はベーシックインカムとしての役割を株式に期待 [続きを読む]
  • 第1回米国株を語る会の事後報告
  • 第1回米国株を語る会のご報告 2018年2月10日(土)に品川にて米国株を語る会を開催してきました。 語る会2時間、その後の懇親会が2時間半でした。最後までなかなか盛り上がり、ご質問も十分に答えられなかったですね。 第2回以降もすでに走り始めていますので、それはまた後日ということでよろしくお願いしますね。私がもっともやりたかったこと 普段、ブログではお金の話ばかりをしています。自分で記事を起こす [続きを読む]
  • 年収360万円からの投資術
  • 年収360万円からの投資術 今の20代、30代の若い人たちにとって、投資は必須のたしなみになりつつあります。ちなみに、私は私たち世代よりもさらに時代が下る子ども世代、孫世代のほうが経済的に厳しい状況になってくると私は予想しています。 社会保障費は増えることはあっても減ることは無く、これはそっくりそのまま給与天引きという形で跳ね返ってきます。増税の流れもそうでしょう。労働人口が減り、高齢化社会を迎 [続きを読む]
  • 株価暴落時こそ千載一遇のチャンス
  • 株価暴落が世界中に波及している NYダウがこのところ一晩で1000ドル以上下げる日があります。ちょこっと反発したのですが、見事に「デッドキャットバウンス」的な跳ね方になっています。つまり、一時的な反発の後、再び大きく下げています。※画像はモーニングスターから 1か月チャートを見るとNYダウだけではなく、上海総合指数も日経平均も下げています。日本人になじみの深い3市場の指数を比べてみると、このようになっ [続きを読む]
  • 一流を目指すということ、二流三流で生きるということ
  • 仕事で一流を目指す 今日は少々閑話休題的につれづれと書いてみたいと思います。 日本人の仕事への情熱、プロ意識というのは素晴らしく、個々の意識の高さが今の日本の繁栄を支えてきたことに疑いの余地はありません。 かくいう私も、仕事において一流になりたい、一流を目指したいと20代30代のころは渇望していました。職場の先輩においては関係が近すぎ、理想を見ることは無かったのですが、自己啓発的なビジネスパー [続きを読む]
  • 暴落相場の対処法
  • 暴落相場の対処法 なぜレバレッジ系・仮想通貨・FXの成功談が多いのか 暴落相場なので全て売ってしまいたい衝動にかられます。 暴落と言えども買っている銘柄に変な銘柄がないので・・・暴落相場の対処法 2018年に入り、相場が久々に下落しましたね。暴落と呼ぶにはいささか迫力がまだまだ足りないのですが金額的には大きいので、まあそういうことですね。今にして思えば仮想通貨の過熱感というのは行き過ぎた余剰資 [続きを読む]
  • 25歳で始めるつみたて投資術
  • 25歳から始めるつみたて投資術 投資信託やETFの充実 米国株投資の特定口座化 金融政策の充実 投資先の多様化 25歳で積み立て投資を始めます。 25歳ならばリスクが取れる。株式全振りでも良いと思います。25歳から始めるつみたて投資術 たぱぞうが現在の仕事に就き、「仕事を長く続けよう」と決意したのが25歳の春でした。私は転職組です。それから [続きを読む]
  • NYダウの調整とその後の対応
  • NYダウの調整がきましたね NYダウの調整についてTwitterでアンケートを取ってみました NYダウ、調整の目安として何を見るか。 5年チャートの200日移動線 NYダウのPER【P/Eレシオ】はどれぐらいか NYダウの調整がきましたね NYダウが調整しました。1週間で見ると1000ドル以上の下げになっています。また、金額の下げ幅で言うと9年2か月ぶり、実にリーマンショック以来の下げ幅というこ [続きを読む]
  • 暦年贈与でジュニアNISAをするには
  • 暦年贈与とは 暦年(1月1日〜12月31日)ごとに贈与 上限は払い出す側が110万円 相続時精算課税制度による贈与と併用できない 暦年贈与で知っておくべきこと 契約書を作成する 「連年贈与」とみられないために 逝去前3年は課税対象になる 本当に効果的な相続をしていくならば 暦年贈与でジュニアNISAを [続きを読む]
  • 米国株・海外株投資に関する講師依頼はこちら
  • 海外投資・米国株投資に関する講師登録をしました スピーカーズさんからお話をいただき、講師登録をしました。 そこで紹介されているのですが、たまたま「たぱぞう」のお隣が橋本徹氏、東国原英夫氏、さらには経済アナリストの森永卓郎氏ということで非常に印象深い絵になりました。ここでご紹介したいと思います。 講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp 多士済々、その世界での一流の方が大勢 [続きを読む]
  • 60歳で月額配当金10万円をつくるには
  • 60歳で月額配当金10万円を作る 60歳で月額配当金10万〜15万を作るか、VTIを買うか 60歳で月額10万円以上の配当金を作るという課題設定60歳で月額配当金10万円を作る 年金額が老後の生活を全てカバーできるわけではありません。そのために私たちは貯金をしたり、資産運用をしたりするわけです。私たちの日々の経済活動はシンプルに3つに分けられます。収入支出投資 ということです。貯蓄も広い意味 [続きを読む]
  • サクソバンク証券と米国株
  • サクソバンク証券とは サクソバンク証券のCFDの特徴 サクソバンク証券で米国株個別株を取り扱う サクソバンク証券が台風の目になるには 5ドル〜20ドルの手数料幅を意識した料金体系 送金の手軽さ 取り扱い銘柄数の多さ AIを用いた優れたチャート描画機能 サクソバンク証券とは サクソバンク証券 とは本社をデンマークに置く外資系の金融取引会社です。FX [続きを読む]
  • 公益資本主義と資産形成の方向性
  • 公益資本主義とは何か 公益資本主義という、原丈二氏の提唱に基づいた資本主義の第三極を目指す流れがあります。 株主重視の資本主義、国家主体の資本主義が今は全盛と言ってよいでしょう。株主重視の資本主義の総本山はアメリカなどの欧米、国家主体の資本主義の総本山が中国と理解するとシンプルかと思います。それに対する第三極ということです。 この公益資本主義は行き過ぎた株主重視の経営を否定するものです。つまり [続きを読む]
  • 米国株はそろそろ調整を意識して良い
  • トランプ政権で株価は32.1%上昇 トランプ政権発足後、株価は32.1%上昇したということです。先日Twitterで話題になりました。この株価というのはNYダウ平均のことです。調べるまでもなく、S&P500やNasdaq総合指数なども高い上昇率を示したことでしょう。 米国株ホルダーとして本当に良い1年だったのが2017年の相場で、それはささやかながら私も感じるところです。ブロガーも増えており、私が米国株ブログを始め [続きを読む]
  • ブリティッシュ・ペトロリアム【BP】に集中投資
  • ブリティッシュ・ペトロリアム【BP】に集中投資 今回は非常に面白い投資方法の方からご質問をいただきました。今の私はちょっと怖くてできません。しかし、かつてはこのような集中投資を平気で行っていましたので、懐かしく思いましたのでご紹介します。 また、合同会社設立をされたということで、こちらの切り口も非常も面白いので、ちょっとお話を付け加えたいと思います。 文章が大変惹きつけますので、ブロガーさんかと [続きを読む]
  • スピンオフ時の米国株の扱い
  • スピンオフとは何か スピンオフに伴う株式の分割 スピンオフだと一般口座扱いになってしまう 米国株スピンオフ銘柄の課題 子会社が一般口座扱いになってしまうこと 取得価格が0円になってしまうこと スピンオフとは何か 米国株では時々、スピンオフが起きます。スピンオフとは一言でいうとこのようにまとめられます。会社の1部門を切り離し、別会社にすること ただ、スピンアウ [続きを読む]
  • 60歳で資産7000万円を達成する方法
  • 60歳時点でどれだけの資産を持っていたいか 60歳で資産7000万円を達成したい 60歳で資産7000万まで増やすには イデコとつみたてNISAをダブルで行う 18年で3500万、倍になる運用をする 元手を活用すればもっと早く達成できる60歳時点でどれだけの資産を持っていたいか よく、億り人と言われますが、資産が1億円というのは投資家にとっては1つの目標にな [続きを読む]