train-study さん プロフィール

  •  
train-studyさん: 鉄道と勉強 親子で学ぶ
ハンドル名train-study さん
ブログタイトル鉄道と勉強 親子で学ぶ
ブログURLhttps://ameblo.jp/train-study/
サイト紹介文鉄道大好きで少しユニークな息子が、2020年公立中高一貫校合格を目指して奮闘中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2016/04/25 17:21

train-study さんのブログ記事

  • 応援を追い風に
  • 剣道は元来武道であり、個人の鍛錬です。礼を重んじるので、普通の試合では自分が勝っても相手に敬意を表す意味でうれしさをあらわしてはいけないことになっていますし、応援も拍手のみと決められています。 所属している剣友会では、年に一度の内部大会があり、ここでの紅白戦がはっちゃけるのです。 年長さんからシニアまで平等に紅白に分かれて一人ずつ皆の前で対戦します。赤・白・それぞれ大きな声と大拍手で自分のチームを全 [続きを読む]
  • 適性検査対策、その先へ
  • ブログのトップを鉄道大好き息子と公立中高一貫校受検を通して親子で頭と心を鍛える記録。に変えました。 学校歴が大事でなくなり「何を習得してきたか?」が問われる時代になっていると言います。 息子がより選択肢の多い人生を送る助けとなるために身につけて欲しいなぁと思っているチカラは、何だろう?と先入観を捨てて考えてみました。 私の場合 【学習面】・英語力・数学的論理力・プログラミング・(息子が興味を持っている [続きを読む]
  • 息子の自信とヤル気スイッチ探し中
  • 受検する、と目標設定をして1年。塾も辞めて日々の勉強量が減った上、相変わらず計算ミスやなぐり書きが目立ちます。「都立は倍率が大変」という焦りも相まってもっと深い学習に取り組んで欲しい・・と焦り命令口調でコントロールしようと思うこと、たびたび。 私も自分を変えなくては・・と読んでみた1冊。「親が読む 子どものための一生折れない自信の作り方」(青木仁志 アチーブメント出版) 選択理論心理学に基づいていて「 [続きを読む]
  • 英検・模試を繰り返し
  • 2017年第2回英検受験までラストスパート。本来、自分の到達度を計る試験なのでギリギリで合格してもあまり意味がないのは承知の上です。2年間放置していた英語なのでリスニングが得点源の頼みの綱・・・。ライティングの正答率が心配ですがやるからにはめざせ合格。 10日あまり、ひたすら過去問に取り組んでいます。同じ問題を2回繰り返すことで正答率がぐっと上がるので本人に安心と達成感をもたらしてくれています。同じ問題を繰 [続きを読む]
  • しじまかシックス
  • 学校で月の観察が宿題に出ているのですが曇りや雨で観察できない日が続きます。 そんな折、塾に行っている同学年の従姉弟と月の話をした際「しじまかシックス」と、呪文のような言葉が。学校と塾の学習内容のギャップは大きいです。 新月三日月上弦小望月十五夜十六夜寝待月下弦三十日(みそか)・・・・・日本語は月の満ち欠けにも情緒があってそれでいて形や出入りの時間もちゃんと表現されていて素敵です。しじまかシックスで自 [続きを読む]
  • 福井県式漢字学習
  • トメやハネ、突き出るか出ないか…など、漢字を書く際に細かいところに気を遣ってもらいたくてこの本を購入しました。 白川静博士の出身県である福井県は全国学力テストで好成績県なのだそうで、小学校の授業で取り入れられている副教材なんだそうです。 小学校必修漢字が学年別にまとまっており、それぞれに象形文字やなりたちが解説されているのが調べやすく重宝しています。漢字ドリルの宿題を面倒がっていた子鉄が書く前に漢 [続きを読む]
  • 資料を正しく読みとるには…
  • 適性検査に必ずと言ってよいほど出てくるグラフや資料の読み取り。学校の社会科のテストで水が家庭に届く仕組みを資料を見て答える問題にダムと答えるところを貯水池と書き×をもらいました。 資料の表現が「ダム」なので内容的に合っていても×。難易度の低い問題でもなかなか満点をとれずにいます。 できたところを褒めましょうとよく教育情報誌には書いてあるけれどやっぱりできなかった1問がひっかかります。毎回痛い目に合っ [続きを読む]
  • 英検&腹筋運動
  • 三連休はお天気に振り回されながらも2校の文化祭見学をさせてもらいました。実際に電車を使って学校まで歩くことや学生さんの雰囲気を感じることで「自分が心地よくいられそうな学校はこっちだと思う」と偏差値の数字に惑わされず息子自身で感じることができ、良かったです。 5年生の秋にも、もう一度回ってまっすぐに志望校を決定したいです。現実的に目指せるよう、塾を再検討し日々是学習。 さて。英検まであと3週間を切ってい [続きを読む]
  • 放っておくガマン
  • 見守りつつ、細かい口出しをしないこと。が、今の私にはもどかしく、難しいです。 「どうせ無理」と思っている君へ 本当の自信の増やしかた Amazon夏休み前に、この本を購入し是非とも読んで欲しいと思っていたのだけれどあえて何も言わずに本棚に並べておきました。夏休み中は触れようともしなかったのですが突如昨夜から読み始めています。 いつも楽しみに拝読するブログの「本には『読むとき』がある」という一文になるほどな、 [続きを読む]
  • 観葉植物と酸素
  • そろそろ子鉄に自室をと少しずつ環境を整えているところです。 部屋に観葉植物が置きっぱなしなので場所を移動しようとしたところ「それは酸素発生してくれるから置いておいて」とのこと。前日、Z会の適性検査対策問題にあった温暖化と二酸化炭素排出量のグラフに歯が立たなかったことが影響しているのかな。 いい機会なので植物は光合成で酸素を出すこと、夜間は人間と同じように呼吸することを簡単に説明しました。 「じゃあ、 [続きを読む]
  • 椅子&座椅子
  • リビング学習だと私がついつい口を出してしまい最後にケンカというか泣かれるパターンが日常化していたので私の短気を直す、という課題もあるのですが、子鉄が10歳になるのを機に自室学習に切り替えることになりました。これまでおもちゃや災害備蓄品を置いていた一部屋を子鉄に明け渡します。 机は結婚時に購入したものの、現在はすっかり物置き場と化していたシンプルな長机を譲ることにして子どもの体にあった椅子と、本棚、 [続きを読む]
  • 深海2017
  • 国立科学博物館の「深海2017」。午前授業の平日に行ってきました。 それでも激混みで、華やかな発光生物CGのコーナーは通り過ぎただけとなってしまいました。深海生物はもちろんのこと、探査船なども大きくとりあげていて、深海探査って地震研究、エネルギー開発など多岐にわたっていることを実感できた企画展でした。 今回は時間的に地球館しか見られませんでしたが常設展をゆっくりと楽しめたことは収穫でした。 子鉄は生物学 [続きを読む]
  • 英検4級申し込み
  • 10月8日の英検受検申し込みをしました。2年前までは週1でレッスンに通っていたのですがもうすっかり忘れています。 リスニングは雰囲気でこなせているようだけれどスペルを覚えていないので読みが難しい様子。トイレの壁に I my me 〜を貼るところからの再スタートですgrandparentsが読めてもthisとthatを毎回読み間違ってしまいます。何故だろう? 独学で4級の過去形などを覚えるのはなかなか根気が入りますが9月の我が家は [続きを読む]
  • 筑波山登山
  • 土日に塾の予定や剣道が入るようになっていたので、わが家にとって久しぶりの山。夏休みの最後に子鉄の「温泉に寄れる山」リクエストにこたえて4年ぶりに筑波山に行きました。 今回、あまりに久しぶりのトレッキングのため途中の「つつじが丘」からの登山。年長さんだった前回は途中のガレ場で何度か「もう疲れた〜、帰るー」と涙したのももう笑い話。今回も途中で、泣いているお子さんに遭遇しましたが、「がんばれるから大丈夫 [続きを読む]
  • しばしの、塾とお別れ
  • 私が講習開始日程を勘違いしており、初日に「今日からなんですが・・・」と塾から電話をいただき、大汗かいて30分遅刻で始まった4日間の後期講習。 算数では計算の工夫や□を使って解く問題を中心に、国語は作文の基礎を集中して取り組んだ模様です。 計算の工夫はある程度スピード感を持って気づきのリズムに乗れればミス減につながるのかもと今後も繰返し練習させていきたい単元でした。 作文については、考えすぎるのか融通が利 [続きを読む]
  • 科学技術館は穴場で楽しい
  • 夏休み終盤。宿題の一行日記の「予定」欄に律儀に「無し」と書き続けているのも気になって(笑)思い立って北の丸公園・科学技術館に行ってきました。 緑いっぱいの公園で、いくぶん涼を感じられてそれだけでも満足でしたが、実は科学技術館にはさまざまな企業が協力していて日本の産業と科学技術の関わりを学べる展示がとても充実していました。コンクリートブロックが星型なのが印象的です。室内から外を見る風景も不思議でした [続きを読む]
  • 日帰り鉄旅〜NEX
  • PTAを通じて仲良しになったガチ鉄母子とNEXに乗ることが目的のワンデイトリップに行ってきました。 ダブル子鉄が路線図を見ながら計画を立て、千葉方面に行くなら懸垂式の千葉都市モノレールにも乗ってみたいよね、と遠回りして成田空港の往復。 総武線〜千葉都市モノレール〜総武線 成田空港着 空港。展望ロビー見学 帰路成田空港〜NEXにて東京 【NEXの連結切り離し作業】 運賃を改めて調べてみるとけっこう贅沢な遊びな [続きを読む]
  • 読書感想文「二分間の冒険」
  • 学校からの宿題で一番の難所が読書感想文、原稿用紙三枚分。 もともと物語にあまり興味を示さないタイプなので伝記ものが書きやすいかな・・とも思っていたのですが、岡田淳さんの「カメレオンのレオン」シリーズは本人が気に入って何度も読み返していることをふと思い出しました。 カメレオンのレオン、の表紙カバーに載っている既刊作品タイトルを子鉄に見せてどの本読んでみたい?と聞くと 「二分間の冒険」と即答でした。 二分 [続きを読む]
  • 家庭学習の夏です。
  • 夏休みに入ってから勉強の記事をまったくあげておりませんでした。 塾の宿題から解放されて親子ともに以前より深い呼吸ができるようになった感じで一日あたりは40分×3回程度の時間ではありますがコツコツ続けることができています。(私自身が今は短時間の学習時間でも良しと思えるようにもなりました) 自主学習させるのにあたり、やって良かった、と思ったことが夏休み中の学習ノルマ(宿題と自主学習すべて)全部書き出し、 [続きを読む]
  • 退塾手続き
  • 約7カ月間お世話になったEゼミナールですが、悩んだ結果8月末でいったん退塾します。教材が煩雑な塾は子鉄に合わないとわかっただけでも収穫だったと考えることにします。あと半年通ってしまうとますます転塾しにくくなるかもしれませんし、すっきりしました。 それにしても、さようならの意思を伝えるってとてもパワーを使いますね。 塾からは宿題も最近こなせてますよね。がんばっているのになぜ・・・。とたたみかけられました [続きを読む]
  • レオナルド×ミケランジェロ展
  • 招待券をいただいたので三菱一号館美術館のレオナルド×ミケランジェロ展に出かけました。 今回の展覧会のみどころは素描。 レオナルド・ダ・ヴィンチは絵画は三次元を二次元に表現するのだから彫刻よりも絵画が優れている。と主張した一方、ミケランジェロは画家は絵画よりも彫刻をおろそかにしてはいけないし彫刻家は彫刻よりも絵画をおろそかにしてはならない。と考えていた。 ということをふまえて、二人の思考回路をも比較し [続きを読む]
  • 世界は美しい数式である
  • 私。寝る前のちょこっと読書。ここ数日は「世にも美しい数学入門」をお伴にしました。小川洋子さんと藤原正彦さんの対談が収録されています。数式の中にある美と言葉を愛でることができる教養にとても憧れます。 「博士の愛した数式」を読んだのはもうかなり前なので、「ルート君」の設定が今の子鉄と同じく10歳だったんだなぁと思い返したりしています。 自然科学と数学の関係性。歴史的には、信仰心の篤い数学者ほど大発見をして [続きを読む]
  • 3Dモデリング ワークショップ
  • 夏期講習はお休みして自宅でできることをコツコツのんびり進めています。 Scrachに音をつけるところで少し煮詰まって、プログラミングをしばらくお休みしていたのですが3Dモデリングの講習に参加してみました。 建築設計のソフトSketch Upの使い方をレクチャーしてもらいながらPC画面に3Dのイラストを起こしていきました。好きなお家を描いてみようというテーマだったのですが「オレは駅舎&電車で」 2時間ほどの講習会で終了時 [続きを読む]
  • 「どうせ無理」と思っている君へ(おすすめ本)
  • TEDxのスピーチの再生が250万回を超えているという植松努さんの著書を紹介します。 従業員20名の工場でロケットを開発していて今では、日本で唯一、会社内に無重力実験室を備えている北海道の会社社長です。 周りの評価や学歴なんて関係ない。信念を持ち続けてトライしていくことで、出会いがあり道が開けてくる・・。ということがあたたかい言葉で綴られています。 ・苦しいことや失敗も経験してその先の成功を味わってほしい。 [続きを読む]