健康を科学する! さん プロフィール

  •  
健康を科学する!さん: 健康を科学する!
ハンドル名健康を科学する! さん
ブログタイトル健康を科学する!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/goto2272
サイト紹介文豊橋創造大学大学院健康科学研究科生体機能学のつぶやき
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供371回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2016/04/25 22:16

健康を科学する! さんのブログ記事

  • 肥満が発がん促進
  • 肥満が発がんを促進する仕組みの一部が解明されたとする論文が、Cell Reportsに掲載されたそうです(YOMIURI ONLINE)。肥満による慢性的な炎症などで、がんを誘発する変異細胞(初期がん細胞)の排出が抑制されるということです。研究では、正常なマウスと、体重が1・5倍の肥満マウスを使い、がんを誘発する初期がん細胞が体外に排出される様子を追究。初期がん細胞は、正常なマウスでは体外に積極的に排出されたが、肥満マウス [続きを読む]
  • 痛くない乳がん検査
  • 微弱な電波を出す発信器で乳房を数回なでるだけで、乳がんを高い精度で発見できる新たな画像検査法が開発されたそうです(YOMIURI ONLINE)。乳がん検診で使われるマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)のような痛みはなく、鮮明な立体画像が得られるそうです。来年度中に臨床試験(治験)を始め、検診での普及を目指すそうです。電波は体内の組織に当たると反射しますが、脂肪は通過。乳房の大半が脂肪であることに着目し、電波 [続きを読む]
  • 子宮を別のサルに移植
  • サルから摘出した子宮を別のサルに移植して妊娠させることに成功したとする研究成果が発表されたそうです(YOMIURI ONLINE)。先天的に子宮がない人への子宮移植の臨床研究を目指しやもので、研究チームは年内をめどに倫理委員会に申請予定とのこと。今回、妊娠したサルは、あらかじめ子宮をとり出したうえで、別のサルから摘出した子宮を昨年1月に移植。体外受精した受精卵を使い、今月3日に妊娠が確認されたそうです。子宮移植 [続きを読む]
  • 世界初クローン牛
  • 成牛の体細胞から複製した世界初のクローン牛として1998年に誕生し、世界的に注目された「のと」が19歳10か月で死んだと発表がありました(YOMIURI ONLINE)。牛の寿命は20歳程度ということで、死因は高齢によるものとみられるそうです。発表によると、のとは今月4日、牛舎でぐったりしていたため栄養剤などを与えたが、14日、呼吸が荒くなり、同日午後3時58分に死んだそうです。のとは、近畿大学と石川県の共同研 [続きを読む]
  • 危険な領域に・・・・・
  • 米国カリフォルニア大スクリプス海洋研究所は、ハワイのマウナロア観測所で測定している大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度が4月、平均で410・31ppmを記録したと発表したそうです(AFPBB NEWS)。月平均で410ppmを超えるのは初めてだそうです。同観測所が継続的な測定を始めた1958年時点では315ppmだったそうですが、60年間で約3割増に。地球温暖化をもたらすCO2の濃度上昇について、領域に近づい [続きを読む]
  • 英国の乳がん検診事業
  • 英国政府は先日(5月2日)、国の乳がん検診プログラムに10年近くにわたって「重大な過失」があり、45万人の女性に対し検診の案内状が届かず、最多で270人の寿命を縮めた恐れがあると明らかにしたそうです(AFPBB NEWS)。問題の原因は「コンピューターアルゴリズムの不具合」にあるとしているそうです。同国イングランド地方の50〜70歳の女性に対しては、国民保健サービス(NHS)から3年おきに乳がん検診の案内状が自動送付される [続きを読む]
  • サウナと脳卒中リスク
  • フィンランドでは、普段からサウナを利用する回数の多い人は、あまり利用しない人に比べて、脳卒中を起こすリスクが著しく低い可能性があるとする研究論文がNeurologyに掲載されたそうです(AFPBB NEWS)。1600人を対象に平均15年の追跡調査によるもので、サウナ利用と脳卒中との関連性を調べた初の研究だそうです。サウナを週に4〜7日利用する人では、週に1日のみ利用する人と比べ、脳卒中を起こす危険性は約61%低かったそうです [続きを読む]
  • 飲食チェーンでカロリー表示義務化
  • 米国で、飲食・食品チェーンに栄養情報の表示を義務付ける規則が発効したそうです(AFPBB NEWS)。バラク・オバマ前大統領が成立させた法律に盛り込まれていたもので、これにより全米の何千ものレストランや食料品店、映画館などで提供される食品にカロリーが表示されるそうです。この規則は、オバマ前大統領が手掛け、ドナルド・トランプ大統領が撤廃を目指している2010年の医療保険制度改革法(通称オバマケア)に含まれて議論を [続きを読む]
  • 火星探査機打ち上げ
  • 米国航空宇宙局(NASA)は5月5日、火星探査機「インサイト」を米バンデンバーグ空軍基地(カリフォルニア州)から打ち上げたそうです(YOMIURI ONLINE)。11月下旬に火星に着陸する見込みで、火星の内部構造を初めて本格的に調べるそうです。NASAの火星探査は、これまでに地表の岩石の分析から過去に水があった可能性などを明らかにしてきましたが、中心部にある「核」の大きさや状態、外側を覆う地殻の厚さなどは、ま [続きを読む]
  • 月の地下
  • 地球上に落下した月の隕石から、月の地下に大量の氷が埋蔵されている可能性を示す鉱物を発見したという発表があったそうです(YOMIURI ONLINE)。その鉱物は「モガナイト」。生成するのに水が必要とされるそうです。研究では、アフリカ北西部に1万7000年前に落下したとされる月の隕石を分析した結果、モガナイトを発見。隕石は、彗星などが月に衝突した際に舞い上がった月の地中深くの岩石を含んでいると考えられ、モガナイト [続きを読む]
  • 「短命県」同士で・・・・・
  • 生活習慣と健康に関する研究を深めようと、和歌山県立医大(和歌山市)は、住民の健康データ収集について先進的に取り組んでいる弘前大(青森県)との連携を始めたそうです(YOMIURI ONLINE)。両地域とも、平均寿命が全国下位に低迷しているそうで、双方のデータを比較するなどして効果的な病気予防法を探り、「短命県」からの脱却を図るということです。弘前大は、2005年から毎年約1000人の大規模な住民合同健康診断を実 [続きを読む]
  • 熟慮の失敗
  • 熟慮して失敗する方が、即断して失敗するよりも学習効率が上がるとする研究論文がPLOS ONEに掲載されたそうです(YOMIURI ONLINE)。実験では、壁に開いた二つの穴に鼻をつっこむとエサがもらえる仕組みをネズミに学習させ、その後、不正解の穴の上に緑色のランプを点灯させ、点灯していない正解の穴を選んだ時だけエサがもらえるルールを学習。22匹のネズミで実験し、選択にかかる時間やルールを覚えるまでの回数を検証。その結 [続きを読む]
  • 1度の注射で血圧下げるワクチン治験
  • 日本で開発された血圧を下げるワクチンの臨床試験(治験)が先月、オーストラリアで始まったそうです(YOMIURI ONLINE)。1度の注射で効果が一定期間続くもので、大阪大発の医療ベンチャー企業が開発し、2020年代前半の実用化を目指しているそうです。高血圧は脳梗塞や心筋梗塞の原因となり、日本の患者は約4300万人とも。治療は毎日の服薬が中心だが、飲み忘れなどで血圧を目標値まで下げられない患者も多い。ワクチンな [続きを読む]
  • 長期的な抗うつ剤と認知症リスク
  • 長期的な抗うつ剤の使用が認知症の発症と関連があるかもしれないと指摘する論文が、BMJに掲載されたそうです(AFPBB NEWS)。ただ、研究者らは抗うつ剤が認知症の原因であるとは結論付けられなかったとも。研究では、英国内で30万人以上を対象に調査を行い、過去4〜20年の間にうつ病やある種のぼうこうの病気を治療するためにいわゆる抗コリン薬を処方されていた人は、そうでない人と比べて認知症と診断される割合が3割強ほど高い [続きを読む]
  • 2023年に月周辺へ有人飛行
  • 米航空宇宙局(NASA)は先月26日、2023年の月周辺への有人飛行を目指して開発中の次世代宇宙船「オリオン」の試験機を、ジョンソン宇宙センターで報道陣に公開したそうです(YOMIURI ONLINE)。オリオンは開発中の大型ロケット「SLS」に搭載され、19〜20年に無人での打ち上げ試験を行い、23年には飛行士を月近くに送り込む予定だそうです。4人乗りで底部の直径は5メートルと、1960年代〜70年代のアポロ [続きを読む]
  • 無限にリサイクル可能なプラスチック
  • リサイクルを「無限に」繰り返すことが可能なタイプのプラスチックの開発に向けて一歩前進したとする研究結果がScienceに掲載されたそうです(AFPBB NEWS)。石油製品を原料とするプラスチックとは異なり、この新タイプのプラスチックは元の小分子の状態に戻すことができ、何度も繰り返して新品のプラスチックに作り直すことができるそうです。ただし、今回の研究はまだ研究室内での実験段階にとどまっており、次の段階に進むには [続きを読む]
  • 米国で大腸菌感染が流行
  • 米国疾病対策センター(CDC)は先月20日、16州で53人が大腸菌に感染した事態を受けて、一般家庭や飲食店などに対し、ロメインレタスを食べないよう呼び掛けたそうです(AFPBB NEWS)。CDCは、アリゾナ州Yumaとその周辺で生産されたあらゆる種類のロメインレタスについて警告しており、公式ウェブサイトで「アリゾナ州Yuma産でないことが確認できない限り、ロメインレタスを食料品店などで買ったり飲食店で食べたりしないように」、 [続きを読む]
  • 「タトゥー」でがん検出
  • がんの初期兆候の可能性がある体内のわずかな変化を検出して、ほくろのように黒ずむ実験的な皮膚移植片を開発したとする研究論文がScience Translational Medicineに発表されたそうです(AFPBB NEWS)。「生物医学的タトゥー」と呼ばれるこの移植片は、実験動物を用いた前臨床試験の段階に達しているそうです。機能は約1年間持続し、前立腺がん、肺がん、大腸がん、乳がんという最も一般的な4種類のがんを認識するそうです。移植片 [続きを読む]
  • 男性長寿1位の地区では、60代の半数が週2回運動
  • 厚生労働省が発表した2015年時点の市区町村別の平均寿命で、横浜市青葉区が男性の全国トップ(83・3歳)に輝いたそうです(YOMIURI ONINE)。同区は女性も全国9位(88・5歳)となったほか、神奈川県内からは同市都筑、緑両区や川崎市麻生、宮前両区なども上位入りしたそうです。東京に近く、高所得者層も比較的多いとされる地域で長寿傾向が顕著に表れた格好で、両市はいずれも緑豊かな地域で、健康への意識の高さも影 [続きを読む]
  • 宇宙成立の謎
  • 光速近くに加速した電子と陽電子を衝突させて宇宙誕生直後の世界を再現し、宇宙の成り立ちの解明を目指す実験で、電子と陽電子の衝突を初めて確認したという発表があったそうです(YOMIURI ONLINE)。宇宙誕生直後は、現在の私たちの世界を構成している物質(粒子)と、電気の性質が逆さまな反物質(反粒子)が同じ量あったそうですが、約138億年後の今は物質だけの世界になっているそうです。その理由は、物質と反物質の性質に [続きを読む]
  • 砂漠に落下した隕石中のダイヤ
  • 2008年、乗用車ほどの大きさの小天体が地球大気圏内で爆発し、ダイヤモンドを含む隕石が雨のように地球に降り注いだそうですが。この小天体について、先日Nature Communicationsに発表された研究論文は、数十億年前に太陽系に存在した惑星の一部だとする説を提示しているそうです(AFPBB NEWS)。論文によると、この小天体の母体となった惑星は火星か水星ほどの大きさで、太陽系の誕生から最初の1000万年の間に形成された後、他の [続きを読む]
  • プラスチックを消化分解する酵素
  • プラスチックを消化分解する酵素を作製したとする研究論文がPNASに掲載されたそうです(AFPBB NEWS)。世界の海に投棄されるプラスチックは毎年800万トンを超えるそうです。そのため、石油に由来するプラスチック製品の有毒な残留物が人の健康や環境に与える影響をめぐり懸念が高まっているとのこと。リサイクルの取り組みも進められてはいますが、大半のプラスチックは長期にわたって環境に残存する恐れがあり、研究者らはプラス [続きを読む]
  • ドライアイ対策
  • 魚油サプリメントは長年、世界に数百万人いるとされるドライアイ患者に推奨されてきたそうですが、その効果に疑問を投げかける論文がNew England Journal of Medicineに掲載されたそうです(AFPBB NEWS)。論文によると、535人を対象とした無作為化比較試験を行った結果、ドライアイの症状軽減において、オメガ3サプリメントにプラセボ以上の効果を確認できなかったというのです。ドライアイは、ヒリヒリ感やかゆみ、刺痛、視覚障 [続きを読む]
  • 妊娠成立前の両親の食生活
  • 子どもの健康は、妊娠中の母親の喫煙や飲酒のみならず、受胎前の両親の肥満や食事の質などにも影響を受けるとする研究論文が、The Lancetに掲載されたそうです(AFPBB NEWS)。また、これは同誌に掲載された3つの研究の論文によるものだそうです。両親の食事の内容や深刻な体重過多は、受胎前から子どもの成長、発育および長期の健康に著しい影響を与える可能性があるということです。この研究は、従来の論文の見直しと新たな研究 [続きを読む]
  • 超薄型太陽電池
  • 100度以上の高温で布地に貼り付けても性能が落ちない超薄型の太陽電池が開発されたそうです(YOMIURI ONLINE)。服と一緒に身に着ける「ウェアラブル電子機器」などの電源として、2020年代前半の商品化を目指すそうです。開発されたのは、シリコンの代わりに有機化合物を使った厚さ0・003ミリ・メートルのフィルム状の太陽電池だそうです。耐熱性に優れた半導体樹脂を使っているため、布地に貼り付けた後に、アイロンを [続きを読む]