キッチン・トランスレーターつれづれ日記 さん プロフィール

  •  
キッチン・トランスレーターつれづれ日記さん: キッチン・トランスレーターつれづれ日記
ハンドル名キッチン・トランスレーターつれづれ日記 さん
ブログタイトルキッチン・トランスレーターつれづれ日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/micchi17_001
サイト紹介文つれづれなるままに日々のよしなしごとを綴ります。本、風景や花や料理、愛犬の写真などをご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/04/26 09:42

キッチン・トランスレーターつれづれ日記 さんのブログ記事

  • 秋の絵本
  •                           花水木の実が赤くなってきれいです。春には白やピンクの             花、もう少し秋が深まると、真っ赤な紅葉と、一年中目を             楽しませてくれる木です。家の近所の小さな図書館の駐車             場に数本の花水木があります。その図書館へ小学校の読み             聞かせで使う絵本を捜しに行きました。 [続きを読む]
  • 秋の空気
  •                           暑い暑い夏も、ついに退散しようとしています。散歩に行っても、             秋の気配がそこここに。なっちゃんとエノコログサ。                          なっちゃんと黄花コスモス。                            なっちゃんと大きな里芋の葉っぱ。                         [続きを読む]
  • 奈良天川村-面白い秘境
  •                         市町村合併で少なくなったとはいえ、日本全国非常に数多くの村            がありますが、その中でも天川村は、隣の日本一面積の広い十津            川村ほどの大きさはありませんが、歴史的にも、地形的にも、と            ても面白い村です。霊場大峰山への登山口で、良い温泉がある。            すごい鍾乳洞がいくつもあ [続きを読む]
  • 大和葛城ノスタルジック街道
  •                           日本中あまたある道の中で、私がいま一番気に入っているのが、奈良             県の御所市から五條市に至る、葛城山金剛山沿いの街道です。葛城古道             と呼ばれる太古の道です。ノスタルジック街道なんて呼ばれてい             ます。葛城山金剛山を片方に、もう一方に開けた田園地帯を望む             ほ [続きを読む]
  • 近江八幡
  •                               琵琶湖東岸の近江八幡市は魅力的な町です。近江商人発祥の地               でもあり、今に続く大企業が多く生まれた土地です。その名の               由来となった八幡神社。この境内や八幡堀沿いの街並みは、と               ても良い雰囲気です。                                [続きを読む]
  • 近江の海
  •                                 近江の海夕波千鳥汝が泣けば心もしほに古思ほゆ                                   万葉集巻三−二六六              柿本人麻呂が壬申の乱後、都が明日香に戻った後で荒廃した近江の都              を訪れて詠んだ歌だそうです。 悲しみが切々と胸に迫ってくるような             [続きを読む]
  • 彦根城
  •                               先の高取城址とは異なり、彦根城は創建当時のまま残り、しかも               国宝に指定されています。代々徳川の譜代だった井伊家の居城で               す。すんなりと今に残っているかと言うと、そうでもなく、明治               時代に取り壊し寸前まで行ったのですが、明治天皇が彦根を巡幸          [続きを読む]
  • 高取城址
  •                             奈良高取町にある高取城址は、備中松山城、美濃岩村城と並んで              日本三大山城の一つです。明治に廃城になって、建物は残ってい              ませんが、高取山全体に残っているその石垣の壮大さ堅固さから              難攻不落の大城であったことがうかがえます。1332年に地方の豪               [続きを読む]
  • なっちゃん、合掌造りの里を行く2
  •                           昨日とは打って変わり雨に煙る合掌造りの里。ここは飛騨             白川郷です。昨日訪れた五箇山菅沼集落より数倍規模が大             きく、観光客、それも外国人客が土砂降りの中をぞろぞろ             歩いていました。                                                  [続きを読む]
  • なっちゃん、合掌造りの里を行く1
  •                                     八月末の暑い日、なっちゃんは川崎から関越道、上信越道、北陸道            を行く長い旅に出ました。途中のサービスエリアでは、紺碧の空に            もくもく入道雲。夕立が来るかも。                        午後四時ごろ、最初の合掌造りの里、富山五箇山の菅沼集落に到着。          [続きを読む]
  • 甘樫丘
  •                           その麓に蘇我蝦夷、入鹿親子が大邸宅を構えていたという奈良県高市郡             明日香村の甘樫丘は、標高148メートルの緩やかな丘です。畝傍山、耳             成山、香具山の大和三山をはじめ、大津皇子の眠る二上山などを遥か             に見晴らすことができます。上の写真は畝傍山越しに二上山が青く霞          [続きを読む]
  • 一言で願い事をすればなんでも叶う
  •                         奈良葛城にある一言主神社は、一言で言えばなんでも願いを叶えて            くれる有難い神様です。全国にある一言主神社の総本山だそうです。                                                          悪いことも良いことも、一言で断じる葛城の一言主の神が、雄略天皇            の前 [続きを読む]
  • 石見銀山
  •                           2007年に世界遺産に登録された石見銀山は島根県の山の中にあります。             1300年代から掘られてきたとのこと。日本は最盛期には世界の銀の三             分の一を産出し、その殆どが石見銀山から出たものだったとのこと。             間歩と呼ばれる坑道をガイドのおじさんと見学することができます。           [続きを読む]
  • 出雲大社
  •                         もう大分前に亡くなった叔母は、童謡が好きな人でした。その            レパートリーのうちの一つが「大黒様と因幡の白兎」の歌。            「おおきな袋を肩にかけ、大黒様が来かかると、ここに因幡            の白兎、皮をむかれてあかはだか、、、」妙に心に残る短調            のメロディーなんです。         [続きを読む]
  • 八重垣神社
  •                                     「八雲立つ 出雲八重垣 妻込めに 八重垣造る その八重垣を」            素戔嗚尊は八岐大蛇を退治して、稲田姫を助けました。その時大き            な杉の木で八重垣を造り、稲田姫を隠した場所が、この八重垣神社            のある場所だそうす。その後二人はめでたく結婚したというのは、         [続きを読む]
  • 大山
  •                       一見富士山?伯耆富士とも呼ばれる大山(だいせん)は美しい           姿の山です。標高1700メートル強、中国地方では一番高い、出           雲神話にも出てくる信仰の山です。そういえば同じく「大山」           と書いて「おおやま」と読む神奈川県丹沢の大山も江戸時代か           ら庶民が「大山詣で」に繰り出す信仰の山でした [続きを読む]
  • 松江城
  •                                       国宝の松江城は千鳥城とも呼ばれ、きれいな天守閣のあるお城です。             堀尾氏が建立し、その後京極氏、そして松平氏に引き継がれました。             松平氏の七代目が大名茶人として有名な不昧公です。松江市の文化             的なイメージはこの人に負うところが大きいようです。       [続きを読む]
  • 足立美術館
  •                         米国の日本庭園専門誌で15年連続第一位に選ばれているという            壮麗な庭園を持つ美術館です。この地で生まれた実業家足立全            康が、大好きだった横山大観の作品やその他名だたる日本画を            心血を注いで買い集め、その上、死に至るまで美しい庭園を造            り続けた結果、日本中にその名のと [続きを読む]
  • 長篠設楽原
  •                           伊勢湾岸道路ができ、新東名高速道路が名古屋の豊田まで延びて、奈良に             車で帰省するのがどんどん楽になってきました。新しいパーキングエリア             やサービスエリアもできています。どこも趣向を凝らしていてなかなかお             もしろいのですが、ここ長篠設楽原パーキングのコンセプトは、もちろん    [続きを読む]
  • なっちゃんとふゆくん
  •                           猛暑の中でさるすべりが満開です。                          漢字では「百日紅」と書くように、赤い色の花が多く見られますが                          白い花も清楚できれいです。               ふるふると白さるすべり咲き出でし        伊能 洋                     [続きを読む]
  • ほおずきの季節
  •                          台風が近づいていますが、今はまだ小康状態。どれほどの風雨            になるでしょうか。「来るぞ、来るぞ」と内心身構えています。            絵画教室でご一緒のおじさまからいただいたほおずきが良い色            になってきました。                        茎の下の方についているのが赤く、上に行くほ [続きを読む]
  • 向日葵
  •                           暑い夏です。テレビをつければ、日本列島、どこもかしこも猛暑日             で真っ赤っか!向日葵は元気です。                          ぱっと開いて太陽を見つめるさまが陽気過ぎて、かえってその底に             暗さを感じるような。              一瞬の自死向日葵の午後続く  岡本紗矢句集「 [続きを読む]
  • 梅雨が明けて雨
  •                           梅雨明け宣言があり、紫陽花もそろそろ終わりと思ったら、                          台風が来て、うっとうしい天気が続いています。アガパン             サスが見頃です。アガパンサスはラテン語の「愛らしい花」             という言葉から来た名前だそうです。                          [続きを読む]
  • 色々
  • ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃったDavid Shannon,清水 奈緒子セーラー出版          カミラはリマ豆が好きなんです。でも食べません。他の子たちが          みんなリマ豆が嫌いだからです。今日は新学期の第一日目ですが、          どの服を着ていくか決まりません。そう、カミラは他の人に自分          がどう見えるか、どう思われるか、そればかり気にして、自分の   [続きを読む]
  • 六月を見つけた
  •                         雨が続いて、なっちゃんの散歩が厄介です。おしっこさせる            ために、連れ出そうとするのですが「ご辞退申し上げます」            とテーブルの下に引きこもります。                        でも、雨が止んだすきに連れ出すと、この時期らしい花々に            であえます。              [続きを読む]