容子 さん プロフィール

  •  
容子さん: 群れない猫
ハンドル名容子 さん
ブログタイトル群れない猫
ブログURLhttp://rei-tsuchiya.hatenablog.com/
サイト紹介文おひとりさま歴18年の詩書き猫好き酒好き主婦の生活。人生、楽しく、面白く生きなきゃソン!
自由文3人目の子供を生んでから、元来の放浪癖が開花し、ふらふらとひとり旅やらをちまちまと繰り返しています。やっと、時代は「おひとりさま」に追い付いてきた予感。
5月3日。詩集「群れない猫」を出版!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/04/26 12:03

容子 さんのブログ記事

  • 向き合う
  • 生きてゆく、生きてきたことへの違和感。それと向き合い、考え、思索し、たくさん学んで、行動を起こし、確かめ、よりよい生きやすさを目指していくその対極に、我は一番、悪いのは世間や他人と向き合いを避け、逃げ続けるどれも同じ一生なら、たとえ勝てなくても、負けないで向かい続ける、生き方を選びたい....しあわせになる方法と、信じて。18.6.30 [続きを読む]
  • ダメージ
  • 脳の機能が弱まると外界のあらゆるところの普通のモノに嫌な刺激を感じる太陽光、これからの強い紫外線は最悪色、雑多の大型商業施設の色の反乱音、テレビから流れる情報が詰め込まれた、押し付けの騒音文字、好きな作家のエッセイさえ読めない猫の写真集や淡い絵画しか受け付けない人、人、人、.....食堂でランチを待つ人の数におののくかくして昼でも薄暗い部屋にこもりひとり、カリカリと日記を綴るダメージをうけた脳に [続きを読む]
  • 限界を過ぎたから涙があふれる
  • 朝ドラの母親役のキレイな女優さんの一言一言に、涙があふれるあぁ、あの時あんな優しい言葉をかけてもらいたかったいつだって一生懸命走り続けてきた良い結果が出るのは当たり前しくじって休んでいると家に居るのが苦しかった私だって生身の人間ですご褒美やほめ言葉が必要なのですほんとの自分に生まれ変わるために今は、胎児のようにただ、ただ眠る限界を越えてしまうと他人のちょっとした共感のうなずきだけでも涙があ [続きを読む]
  • 癒えない傷
  • 猫と遊んだ後の小さな傷消えるまでに三日はかかる深くなると膿んでしまうこともあるたとえ小さな傷でも、毎日毎日繰り返しされたら癒える事なく痛みは続く可愛いはずの猫が目の前からいなくならない限り...猫には悪意などない悪意など微塵(みじん)も、ない [続きを読む]
  • セルフケア
  • 家から、そう遠くもない衣食住のそろっている空間で一人になるそれは、私にとってとてもとても必要なことなのだと感じるずっと長い間、私の精神は、日常的に傷つけられてきていたそのことに気づくことなしにきた他人からは理解されずなまじ真面目な性格なため、更に上手くできない原因は自分にあると責めたウツの波の繰り返しで 日常生活も困難になる体調改善のために通院を続けたそして、やっと、やっと、少しずつ元の生活に戻れ [続きを読む]
  • ほぐしテトラ(MUJI)でむくみスッキリ♪
  • このGW 中のお隠れ先で、無印の「ほぐしテトラ」なる、マッサージグッズを購入した。3~4月とうつ気味でおこもり状態だったので、大きな荷物を持っての地下鉄乗り換えの長い階段の移動は、腰や股関節を中心に、体の至るところが痛くなってきた。日頃から、左側の膝下がパンパンに張りやすい。足首、膝裏もグリグリ、。リンパが滞り、老廃物が溜まっているのは気づいていた。そんなわけで、今回は愛用のアロママッサージオイルを持参 [続きを読む]
  • 女子会第2ラウンド
  • 女子会の流れでKの母上に会いに行くKの結婚式以来約三十年ぶりの再会だ 齢(よわい)八十を超えた母上 アラ還(かん)の二人と母上の夕食は、女子会第2ラウンドとなった あたしはね、木登りしておにぎりを食べていたのよ 千葉の田舎に疎開(そかい)していたから、東京大空襲はまぬかれたわ下町は、渦巻きみたいにグルグルと爆撃されたそうよ お米がなくて、トウモロコシばかり食べてたわね…母上は、そう終戦前後の話を何度も語った [続きを読む]
  • 腫れ物の膿が一気に出たような如月
  • 2/24の夜、左足の小指を思い切りオットマンの脚にぶつけて悲鳴を上げた。痛みは、数時間続き、赤紫色に腫れて足の甲までアザができていた。こんなにひどいぶつけ方をしたのは初めてだ。1日何回か冷シップを貼りかえ固定して、安静につとめた。腫れがひいてきたので、2/27買い物へ。いつもように、両手にスーパーの袋とエコバックを持ち、最寄りのバス停で降りようと、1段高い席から降りた時、両膝をついて転んだ。二人のご婦人が、 [続きを読む]
  • 地下鉄の乗り換えは疲れる
  • 地下鉄の乗り換えは疲れる!、と年明けの外出でつくづくと思っていたら、toyokeizai.net↑こ〜んなサイトを見つけた。なぁ〜るほどである。私は、ここにある駅のひとつ、浅草駅、大江戸線の蔵前駅を利用していた。以前より、大江戸線は深く下らなくてはならないので、きついなぁ、と感じていた。やっぱりなぁ、最寄が地下鉄駅しかない場合もある。出来るだけ駅から歩きたくない日もある。地下鉄を悠々と乗り継いでいる人を見ると [続きを読む]
  • 2017年、年末
  • 今年も、後1週間。この1年まぁ、色々あった。いいこと悪い事。でも、確実に良い方に進んでいると感じる。以前にも書いた気がするが、年末のこの締め付け感が嫌いだ。25日まではクリスマスムードの売らんかな商戦。それを過ぎると、生鮮食品売り場はお正月食品1色になり、大好きな蒲鉾は、高級品ばかりに。売り場はどこも人でごった返し、何故か殺気だっているように感じるのは、私だけだろうか。12月になると交通事故も増えるから [続きを読む]
  • 生きている。
  • いろんな波風があったけれど今、生きている難病の息子、生きている大うつだった私、生きている不登校の娘、生きている誰が命を落としていても不思議ではない状況だったきっと全て意味のあることだったあと何年かたちそう思える日が来るに違いない人として生まれることは砂漠の砂をすくったとき爪の上にのるくらいの確率だと聞いたことがあるだから、生きる余生などとは考えず、いのち尽きるまで。 [続きを読む]
  • 胃袋の事
  • ここ数年、1回に食べられる量が減ってきている。加えて、お酒の量も。お酒は、10年位前の半分以下だ。うつが酷かった頃、夕食作りが嫌で、それにはずみをつける為に夕方4時頃から酎ハイの缶をあおっていた。さらに、食事中も飲むので、日に350mlを3本は空けていた。今の体重より、10キロ以上あり明らかに動く量に対して、飲酒・食事の量が多かった。医師から、コレステロール値を減らし減量するように言われ、やっと食事制限をやる [続きを読む]
  • 旧友のように
  • ほんとうに、大切だと思える人と関わってゆきたい損得など考えず、その人のためにすっと、手をさしのべたり時には、長い手紙を書いたり急に会いたくなって電車に乗り、小さな花束だけ持って、ドアをたたいたり...そんな、キセキのような友がいたら人生おそれるものはないだから、全力で祈る君の健闘を健康を。☆「蘭の会」17.11"自由詩” [続きを読む]
  • 「詩とファンタジー」36号と「赤いゾンビ、青いゾンビ」
  • 「詩とファンタジー」36号に、35号で入選した「女になっても」の感想が、読者コーナーのページに掲載されていた。驚きと感動で、書店を出た私は、雑誌を抱きしめて、涙した。ある意味、初めての入選より嬉しかった。それは、2回目に入選した時の次なる目標だったからだ。(今月の特集が、「猫とポエジー」なのも偶然だろうか)願いは、ある時は岩のように固く叶わず、そしてある時は、豆腐みたいにかなう。最近、生活の中ですごく感 [続きを読む]
  • 山の中で感じたこと。
  • 【↑払沢の滝への道にあった可愛い*森のささやき、ひのはらゆうびん館】都内唯一(本土)の村に泊まり、つくづく私は、緑にあふれた場所が好きなのだと実感した。虫に刺されやすいので、虫よけのスプレーを持参することも考えたが、あえて虫刺されようの塗り薬のみにした。が、それも使うことはなかった。聞こえてくるのは、自然の音だけ。沢の流れ、鳥の声、雨の音、セミの音。午後5時半に聞こえる、お寺の鐘の音。夜になる [続きを読む]
  • キター‼世界の終わり?SEKAI NO OWARI?
  • かつて、俳優の豊川悦司の追っかけまがいの事をしていた。HNでファンサイトに書き込みしたり。その後は、映画「トワイライト」シリーズにはまり、メンバーを募って、映画のロケ地を巡り、シアトルへ行ったり。その、ミーハーなアンテナにここ数日で、SEKAI NO OWARI 、キターー‼いきなり!数年前に聴いた覚えのある「RPG」をyoutube で何回も再生。更に、情熱大陸出演の動画も視聴。ボーカル、Fukaseの歌詞が胸に痛くて、清らか [続きを読む]
  • 森林浴の旅
  • 今日から、東京の村のゲストハウスへ。いつもながら、旅の予定や準備をしている時が一番楽しい。空梅雨が明けて、しばらく晴天が続く予定だったのに、何だか家を出たらポツポツと降ってきた。宿付近は、山の中なので少し心配。宿の人からは、朝晩は冷え込むので温かくして来て下さいとあったが、どんなものだろう?今回は、家から離れてぼーっとするのが最大の目的なので、ひとつ二つのスポットしかチェックしていない。荷物も少な [続きを読む]
  • 浮く、快感!
  • 予約していたヨガの時間に起きられなくて、キャンセルした。このところ、寝つきが悪い。家事もそこそこやっているのだが、家での動きには、限度がある。梅雨明けしたかのような暑さと湿度なので、エアコンをつけっぱなしに近い状態にしていると、冷えてだるくなる。そこで、市営のプールに行ってみた!10年ほど前、スポーツクラブでヨガの後泳いでいたが、あの頃は、今よりも体が固くて、肩もよく回らなかった。昨年あたりから [続きを読む]
  • どうも、SNSには向いてないようだ
  • 格安スマホ切り替え前、突然に前のスマホの充電が切れてしまう事態が頻発し、その対策として、常にログイン状態にしていたFace bookをその都度ログインにした。5月から6月初旬までは、参加したイベントの関係で気になってチェックしていたFace book も、スマホ切り替えと同時期くらいから、あまり見なくなった。結果、平らかな精神状態を保っている。7年ほど前、必死にしがみついていた詩の投稿サイトもSNS 機能満載だった。少し慣 [続きを読む]
  • 前橋ポエトリー・フェスティバル2017
  • 広瀬川遊歩道↑この広瀬川沿いに、萩原朔太郎像があり、5/28ポエトリーリーディングが開催された、前橋文学館がある。館長は、パワフルな萩原朔美氏。水テーマの詩と写真*写真・高橋加代子↑詩と写真は、このようなポスターになり、前橋中央商店街のそれぞれの店舗に数点ずつ展示されている。焙煎館の店内↑土屋の詩のポスターを展示していただいている、焙煎館さんの店内。コーヒーとシナモントーストを食べた。お土産に、アイ [続きを読む]
  • 変化の時期、誕生日の考察
  • 5月の連休前後から、体調を崩し家に引きこもっていた。5月末の前橋行きは、調整してなんとかこなしたが、帰宅後倒れていた。処方された漢方の用量の1/3しか服用していなかったせいだった。(勘違いで)昨日は、4か月ぶりに痛くない整体に行った。腰痛持ちなので、色んなところで、整体・接骨院・針灸などなど施術経験があるが、このAさんの整体は合っているようだ。だいたいは、その時だけ楽になるのだがすぐ戻ってしまう。だが、 [続きを読む]
  • 水辺にて
  • 花の頃も過ぎた桜しべの濃い紅の色も愛らしく風にゆれる番(つがい)の鴨が毛繕いをすませ並んで水に輪をなして泳いでゆく平安の昔からなる満々たる池疲れ萎えた心、安らぎがひろがる水の辺(ほとり)★前橋ポエトリーフェステバル参加詩テーマ「水」★関連サイトはこちら↓poefes2017 of ポエフェス2017 [続きを読む]
  • 安倍公房と読書会
  • 4/28(Fri)、町田市民文学館(ことばらんど)の流動的読書会に参加した。こちらの読書会は、「ピッピのくつした」というグループが主催している。4月の西荻窪の朗読会でこちらの代表をしている、武田さんのことを知り、とても興味を覚えてしまい検索したら、同じHatena Blog ということにも縁を感じて、思いきって参加することにした。(本音は、武田さんが「ユリイカの新人」であり、小説も書き、文芸誌の最優秀賞を取っている多 [続きを読む]
  • 連休は嫌いだ
  • 連休(GW)に入って、ずっと家にいる。人混みが苦手で、普段からふらりと1泊の旅も平日にでかける。いや、投稿しようとしている詩の期限が連休明けなので、新作を書こうと試みるもイライラしていることも否めないのだが...まだ、キリン(夫)は定年前なので、会社通いだが、かつて連休と言えば、遥か富山まで子供たちを連ねてマイカーで帰省していたが、子供たちも成人し、それもない。結果、家にいる。夫婦同室である。さして、リビ [続きを読む]