ズボラ母 さん プロフィール

  •  
ズボラ母さん: 悩める子育て〜中学受験→難関校から大学受験
ハンドル名ズボラ母 さん
ブログタイトル悩める子育て〜中学受験→難関校から大学受験
ブログURLhttp://vt-maguna.hatenablog.com/
サイト紹介文中学受験を経て難関校在学中。大学受験からその先まで。 子育て・教育について考えたいろいろ…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/04/26 17:28

ズボラ母 さんのブログ記事

  • 読書の秋! 読書の効果・読書法から読書が苦手な人まで
  • いよいよ気温も下がって秋が深まりつつあるのを感じます。芸術の秋、食欲の秋などと楽しげな枕詞がつき、実際イベントも盛りだくさんですね。先日日比谷で野外映画鑑賞をしてきました。www.hibiya.tokyo-midtown.comこちらは東京国際映画祭日比谷会場として、東京ミッドタウン日比谷の建物前の広場で無料で映画を見ることができます。夜からスパークリングワイン片手に仕事終わりの友人と映画鑑賞を楽しみました。イベントは今 [続きを読む]
  • 電車好きは知育にいい?〜成長に合わせて様々な要素が認識力を高める
  • 先日息子の学校の保護者の方たち四人での会話で、ふとある人の旅行の話になった。そこで、岡山駅から特急に乗ったという話が出たので「岡山駅って結構いろいろな電車が見られていいのよね。」と話したら、二人が頷いた。「知ってるよー。うちの子も鉄道好きだもん。」息子の学校には鉄道研究会があり、文化祭でも小学生に大人気だが、部員も多ければ、部員にならなくとも鉄道好きな少年は多い。「鉄ちゃん」と呼ばれる電車大好き [続きを読む]
  • 遺伝子で得意は決まっている? 早期教育は効果があるか?
  • こんな記事を読んだ。dot.asahi.com「早期教育は意味がない」と言っている慶応医学部教授の話。最近別の新聞で読んだのだが、こちらの記事が詳しかった。早期に質の高い教育を施すことが子どもの運命を左右すると考えている親御さんは多いものですが、基本的にはそうではないと思います。特定の勉強、科目が得意か苦手かは、教育効果よりも生まれつき決められていることのほうが大きい。これは運動能力にも同じことが言えます [続きを読む]
  • 常にギリギリで生きている男
  • 以前にも書いたが、中学受験時、初めて息子が今の学校の過去問をやったちょうど今頃。苦手の算数で9点をとった。あと数ヶ月後には受験をするかもしれない学校の過去問だ。vt-maguna.hatenablog.comしばらくぶりに過去記事を読んでみたが、やはり息子は相変わらずだ。今回、あることでも、前々から備えるようにとアドバイスしたけれども、本人は目の前のことで忙しなく、結局私が予想した通り、〆切前の怒涛の展開が繰り広げら [続きを読む]
  • 中学受験ってどんなもの?(3)大学受験、そのさきを考えて
  • 前回、前々回の続きです。中学受験を考えるにあたり、参考になる書籍をご紹介しています。する?しない?中学受験 迷ったときに―大学受験 就活に大成功する子どもに育てる! (Como子育てBOOKS)posted with ヨメレバ藍 ひろ子 主婦の友社 2012-08-31vt-maguna.hatenablog.comvt-maguna.hatenablog.comブログのサブタイトルだけ変えてみた。今回は中高生にも役に立つ内容。第六章は難関大学に合格できる学力について。 [続きを読む]
  • 中学受験ってどんなもの? 受験を少しでも考える方へ。(2)
  • 前回の続きです。vt-maguna.hatenablog.comする?しない?中学受験 迷ったときに―大学受験 就活に大成功する子どもに育てる! (Como子育てBOOKS)posted with ヨメレバ藍 ひろ子 主婦の友社 2012-08-31子どもを中学受験させた母親である著者が、編集者として子育てに詳しい先生方に話を聞きながら中学受験はたまたそのさきを考えるこの本。こちらの本をもとに印象的だったこと、わが家でのことを。志望校選びは子どもをよく [続きを読む]
  • 中学受験ってどんなもの? 受験を少しでも考える方へ。(1)
  • 子どもの進路を考えるときに避けて考えられなくなった中学受験少子高齢化、先の見えない日本。これから子どもをどう育てていけばいいのか迷う親は多いと思う。しっかり考えれば考えるほど、今たまたま住んでいる地域で、そこにある学校へ通わせる(義務教育で9年間ー子育ての要の時期)ということに疑問を持つことも多いと思う。東京の都区部では、子どもを持ったら一度は中学受験のことを耳にし、考える機会は多い様に思う。子ど [続きを読む]
  • 子どもの不用品を必要とするところへ
  • 一年くらい前に子どものものを整理した話を書きました。vt-maguna.hatenablog.comその時もう少ししたらと言っていた文房具などを処分しました。それと一緒に、かさばっていたぬいぐるみも一緒に。ワールドギフト寄付:病児支援でぬいぐるみ等を寄付結局ぬいぐるみなどを引き取ってくれるところ、レポートがたくさん載っていて活動内容がうかがえる所としてワールドギフトさんへ寄付させていただきました。以前洋服などを寄 [続きを読む]
  • 正しさを信じることに対する違和感
  • 少し前の話だが、オウム真理教の死刑囚たちの死刑がまとめて執行された。死刑制度の是非や、まとめての執行についても思うところがないわけではないが、何と言っても気になるのは、なぜ信者たちは、麻原彰晃を信奉したのかということ。死刑囚となった信者たちは、高学歴の若者が多かった。なんとなく、わからなくないのだ。以下は私の勝手な考えに過ぎない。彼らは色々なことに興味関心を持ち、読書や勉強で得た知識も多いだろう [続きを読む]
  • 作る人の集い。Maker Faire Tokyo 2018
  • 「つくる」ことのお祭り、[Maker Faire Tokyo 2018]を訪れました。makezine.jpMaker Faireの楽しみ方をパンフレットから引用。展示を見る!プレゼンを見る!体験する!来年は出展!個人、企業問わず様々な展示があり、ブースで作者と話しながら体験したり、ワークショップに参加したり。コーナーの一つがキッズ&エデュケーションゾーンと銘打っている通り、子どもが見ても楽しめる作品もとても多く、そこそこ子ども [続きを読む]
  • 2020年度からの大学入試の英語について詳しく
  • 2020年度から、大学受験において、センター試験から「大学入学共通テスト」という新テストが導入されることは多くの方にも知られていますね。国語・数学に記述式問題が導入されること。さらに大きく変わるのは英語で、主に民間試験を取り入れる、どの大学がどういった採用をするかといったことが話題となっています。バラバラとこの辺の情報をその場その場で概要をちょろっと仕入れてはいても、なんだか漠然としていました。さら [続きを読む]
  • 文理選択を真剣に考える
  • 文理選択、うちでも真剣に考えねばならない時期になりました。少し前に校長先生のお話を聞く機会があり、「文系か理系か迷っているなら、理系の受験できる科目を取っておきなさい」と言われました。それでも、できればきちんと将来について考えて決めたいものです。先送りにしたとしても一度はきちんと考えなくてはならないことなので。さて、うちの息子は特に成績が良い方ではないのですが、国語は秀でていて、課外活動などでもそ [続きを読む]
  • 小学生、塾に行く前にやっておくといいこと
  • 夏休みがやってきますね。母としてはストレスが多い夏休み。でもうまく使えば、他の時期にはできないことにもチャレンジできる。ぜひ有効に使ってほしいです。中学受験を目指す子もそうでない子も。中学受験を目指す子は、夏期講習もあることでしょう。中学受験塾に入れた動機はそれぞれでしょうが、小学校と違っていきなり順位の出るテスト、クラス分けのある日常に放り込まれて、一喜一憂が始まったりもします。今は小学三年生く [続きを読む]
  • 素敵な先輩ママ
  • さて、実は3月くらいからどっぷりと二つの学校関係のお仕事をしていました。子どもが入学してすぐ、初めてこの学校のPTA的なものに参加した時は、ザ・私立校ママの大集団におののいたものです。自分だってその一人になっているわけですが、なにせ、少人数のほとんど知り合いの環境からの千人を優に超える大集団のPTA。しかもなんか凄そう(何が?)ママ友というか保護者同士って面白いですね。子どもの年がそのまま自分の学年みた [続きを読む]
  • 学校は偏差値で選ぶものではない〜中学・高校・大学
  • 気づけば二ヶ月ほど記事を書かなかった。学校関係の仕事が重なってそちらに神経を使っていたので、記事作成のために時間を作るのをやめた。そこまで忙しいのもどうかと思うが、やはり、他の保護者と時間を共にすることは、子どもの学校について多くを知る貴重な機会でもある。記事更新がなくても中学受験についての検索で来られる方が一定数いらっしゃるので、少しそちら関係について。先日今年入学した新入生のお母さんと少しだけ [続きを読む]
  • 大学受験に向けた英語〜英単語ターゲット1900
  • 息子は塾に行っていません。大学受験向けの英語勉強を知るために、情報収拾は欠かせません。英単語帳は様々なものがありますが、人気の高い旺文社の『英単語ターゲット1900』の紹介です。犬の表紙が目印ですが、選べるモダンなカバーデザインのものもあります。持ち物のデザインでモチベーションが上がるならそれもありかと。うちは割とデザインにうるさいので、別のカバー版があることを知って悔やんでいました。英単語ターゲッ [続きを読む]
  • 本番に強いのは、褒めて伸びる子ではない?
  • 4月新学期のバタバタ、今年は私の保護者活動が重なって、毎週末忙しい。そんな折に仕事で使っているパソコンが不調を訴えた。治るまでは気が気でなかったがようやく落ち着く。一人で仕事をしていると、こう言う時頼りになる人がいないのが辛かったりする。一段落して、こんな記事を読んだ。president.jp褒めて伸ばすブームは息子が小さい頃からあった。ただ、実際には褒めてばかりいられないよ、と思って、随分と叱ってもきた。 [続きを読む]
  • シブヤ大学の学生になってみた
  • 学生の頃よく訪れた渋谷。散々見慣れたスクランブル交差点が見渡せる駅の通路には、外国人観光客が人種も様々、交差点を行き交う人の写真を撮るべくずらっと並んでいた。駅の近くには高層ビルも増えつつあり、時の流れを感じる。平日の夜から開講される講義に参加すべく、家族で渋谷駅で待ち合わせた。息子は学校から、夫は会社から。シブヤ大学は渋谷の街をキャンパスとした入学試験のない誰でも学びたい時に入れる「大学」。シ [続きを読む]
  • 中高6年間をどう過ごすか
  • 前回記事から我が家を振り返って考える。vt-maguna.hatenablog.com中高一貫校に在籍し、高校受験のない6年間を過ごしているが、それも半ばを過ぎ、受験まではきっとあっという間。学校での様々な仕事を請け負う息子。この分量で仕事をしていると、ゲームをして遊んでいる暇さえない状態。仕事を少し減らしなさいと話した。ただ、部活も仕事もやめろとまでは言えないでいる。なぜか。やはり、得たものが大きかった。入学当 [続きを読む]
  • これから求められる人材とは〜大学入試改革から考える
  • 息子にも大学受験が年々近づいてくるが、残りの学校生活をどう過ごすかはなかなか悩ましい。こんな記事があった。『「エリートの条件」が2年後のセンター試験廃止で大きく変わる』(ダイヤモンドオンライン)』diamond.jp「文部科学省(以下、文科省)では、『学力の三要素を大学入試で評価する』という方針を掲げています。『知識・理論』、『思考力・判断力・表現力』、そして『主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度 [続きを読む]
  • 子どもに読書力をつける指南本
  • たまたま読む機会があって手に取った本。読書についての指南書で、幼児をお持ちの親御さんには読んで損はないかと思います。すぐに読み終えることができるので。将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!posted with ヨメレバ松永 暢史 すばる舎 2014-12-16読書が学力に大きく影響してくることは想像できるでしょう。小さい時に本に興味を持たせられれば、その後の勉強へすんなり入っていける気がします。でも、個人的には [続きを読む]
  • 大学全入時代の考え方〜中学受験をすることに意味はない?
  • こんな記事があった。gendai.ismedia.jp大学「全入」時代に難関私立中学を目指してどうするの?(週刊現代)要点は、もはや大学はそう苦労しなくても入れるのに、なぜ大変な努力をして小学生の子に中学受験をさせるのか。勉強漬けに意味はない。そこで、中学受験の極端な例だけを全面的に出して、「むしろデメリットになる」と言う。そして、入試で問われる能力も変わってきているから、その学歴はこれから役立たなくなり、 [続きを読む]
  • 進路を考える〜大学受験学部選び
  • 先日、息子に誘われて、憲法学者の木村草太さんのブックトークを聞きに行きました。テレビでお見かけすることもあり、今は毎日小学生新聞に連載もされている木村氏。生で見ても端正なお顔立ちでした。憲法学は、息子が少し前に興味を持っていたのですが、まだまだいろいろな進路を知らないなか、視点を広げてみようと、いまだ法学部受験に決めているというわけではありません。ただ、実際の人の話を聞くことはなんらか刺激になる [続きを読む]
  • 中学生よ、無料で美術館・博物館へ行こう
  • 小学生ではまだちょっと興味のある人は少ないでしょうか。いろいろな美術館へ行ってもあまり中高生以下の若い人はいない印象です。ですが、美術館などの多くに中学生無料のところがあるのです。高校生になると一気に料金がかかるけれど、中学生のうちは見放題。ぜひ、中学生の間に美術館を訪れましょう。東京駅周辺美術館学生無料ウィークまずは、期間限定無料イベントから。東京駅周辺美術館学生無料ウィーク 2018.3.3-3.18東 [続きを読む]