宮崎留美子 さん プロフィール

  •  
宮崎留美子さん: 宮崎留美子 〜美しくなりたい女装の私〜
ハンドル名宮崎留美子 さん
ブログタイトル宮崎留美子 〜美しくなりたい女装の私〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/miyazakirumiko/
サイト紹介文女装しての散歩や旅行。自分らしく生きるライフスタイルやファッションを紹介
自由文「女装して旅行する」というテーマのコンセプトを設定しています。旅行や自分らしく生きるといったことで何かしら役にたつ情報が提供できればいいかなという思いで書いていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/04/27 01:18

宮崎留美子 さんのブログ記事

  • 今が盛りと咲く彼岸花(曼殊沙華)を背景に写真撮りに行きました
  •  今回のテーマは彼岸花(曼珠沙華)。彼岸花は、言葉の通り、お彼岸のころ咲き誇ります。これから1週間もたつと色あせてきれいじゃありません。ということで、この花を背景にした写真撮りに行きました。 彼岸花(曼珠沙華)の有名なところは、関東近辺ではなんといっても、埼玉県日高市にある巾着田の曼珠沙華です。けっこう広いエリアに真っ赤な曼珠沙華が咲き誇る様は絶景の名にふさわしいと思います。 ここには、何年か前に [続きを読む]
  • 40年ほど前からの、私の女装姿の変遷(〜2000年まで)
  •  自分でもちょっと気になって、プリント写真ベースのものはスキャンして、褪色が進んでいる写真はなんとか褪色補正をして、時系列で自分の変遷を振り返ってみました。 当時は若かったのだなあと思う写真もあれば、けっこうメイクが濃くて、そう若くはみえないような写真もあったりします。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−★1枚目・・・(現存するもっとも古い女装は、高校のときの体育祭での女装なのです [続きを読む]
  • 江ノ島を遠望する鎌倉高校前の海岸の風景
  •  江ノ電の鎌倉高校前。ここは、何度となく青春ドラマの舞台となってきました。青春ドラマがとてもにあう場所なのです。 今は千葉県知事になっている森田健作さん。ずーーっと前のドラマですが、「おれは男だ」という青春ドラマがありました。森田健作が部長としての設定で剣道部のトレーニングは、この鎌倉高校前の海岸でのロケでした。この海岸に降りて行くコンクリートのちいさな階段は、その当時のままに今もあります。 ここ [続きを読む]
  • 入園料は不要のおちついた、昔の大名庭園 〜新江戸川公園〜
  •  この日は、朝は雨。でも午後からは晴れるというので、女装外出をすることにしました。 この日は、新江戸川公園というところへ行くのですが、ここは、私の郷里の殿様(江戸時代)である細川家の江戸での屋敷があったところで、その庭園を整備して、区立の公園としているとのこと。 場所は、地下鉄・有楽町線の「江戸川橋」で降りて15分ぐらい歩いたところにあります。隣には椿山荘というホテルの庭園があり、両方の庭園を楽し [続きを読む]
  • お台場海浜公園を散歩する
  •  お台場海浜公園という東京湾に面した公園があります。 少し解説をしておくと、「1853年、ペリー艦隊が来航して幕府に開国要求を迫る。これに脅威を感じた幕府は、江戸の直接防衛のために海防の建議書を提出した伊豆韮山代官の江川英龍に命じて、洋式の海上砲台を建設させた」・・・この海上砲台の遺構が台場で、その周辺を海浜公園にしたところが、お台場海浜公園というところなのです。 JR新橋から、ゆりかもめという自動運 [続きを読む]
  • 東京って、けっこう公園が多いところなんですよ
  •  東京は、ビルが林立する大都会。そういうイメージは強いですよね。確かにそうなのですが、一方で、公園もけっこう多いところなんですよ。 「東京の公園・庭園」というようなガイドブックはけっこう出ていますから、それを見ながら公園・庭園めぐりをやっています。撮影スポットもけっこうあるんです。 今回は、大横川親水公園というところ。下町にあります。 大横川を整備して親水公園にしているので、川にそって縦に長い公園 [続きを読む]
  • 昭和レトロの街へタイムスリップ
  •  昭和30年代って、もはやレトロの域なんですね。 私は、小さい頃、こういう感じの街を見たようなかすかな記憶はあるんですが、はっきりとは覚えていません。 テレビがこんな感じだったような気はしますが、もう少し大きかったような・・・ オート三輪は、実際に走っているところは記憶がないです。 電話ボックスはわかります。今でも電話ボックスはあることはありますが、だいたいはガラス張りですよね。レトロなこんな感じ [続きを読む]
  • 今日は山の日ですが、海の絶景写真です
  •  この5年ぐらいのうちに行った海の色が美しく出ている絶景を集めてみました。 今日は山の日なので、山の写真がいいのでしょうが、私は山を背景にした写真はあまりなくて、海の日からは1ヶ月ぐらい遅れですが、3枚の写真を紹介します。 海の色がきれいに出ているということ、景色が美しく絶景ともいえる場所だということ、それに、人物も黒く陰にならずに撮れた写真を選びました。1枚目は、鹿児島県にある甑島2枚目は、山口 [続きを読む]
  • わきの毛をちゃんと処理していますか?
  •  夏の身だしなみ。わきの毛をちゃんと処理していますか? 夏ともなると、袖が短い服を着ることもありますよね。ノースリーブでなくても、ここの写真のような服だと、ちょっと手を上げると、わきが見えてしまいます。電車などでつり革を握るときは、わきが見えることになります。 メイクアップをきれいにすることも大事ですが、ちゃんと、わきの毛を処理していないと、もじゃもじゃでたいへんです。 日常が男モードである場合、 [続きを読む]
  • 都心とは思えない、高輪プリンスホテルの庭園を散歩
  •  東京は大都会でビルが乱立しているていうイメージはもちろんそうなのですが、一方で、緑豊かな庭園や公園が多いところでもあるという一面もあるのです。庭園は公的な管理のところだけではなく、ホテルなどに併設されている庭園もけっこうあるのです。その庭園のルーツは江戸期の庭園だったりすることもあり、その場所をホテルが購入して庭園として整備しているようです。 今回、訪れた、高輪プリンスホテルの庭園も、東京にいく [続きを読む]
  • 人気のウイスキー、品薄の「山崎」
  •  日本のウイスキーで、シングルモルトウイスキーが品薄状態になっているようですね。そんな記事を雑誌で読んだのです。とくに、サントリーウイスキーの「山崎」が、12年ものはもはや手に入らないぐらいで、ノンエイジの「山崎」でもなかなか手に入れづらいとのことでした。 昨日、近所の酒屋さんを見て回ったところ、ホントに「山崎」は置いてないのです。でも、なんとか数軒目かで、ありました。幻のと言われるほどの麦焼酎で [続きを読む]
  • 花の絶景のひとつ、あじさい屋敷
  •   「あじさい屋敷」・・・ 花の絶景などのガイドブックや、さんぽ旅などのガイドブックで、近頃、とりあげられることが多くなった場所。それがここ、千葉県茂原市にある「服部農園あじさい屋敷」です。 ここにいった日は土曜日でしたから、JR東日本の首都圏に設定されている「休日お出かけパス」というものが使えます。これは、2670円で、首都圏の一定エリアが乗り放題になるパスなのです。茂原は、ちょうどこのパスが利 [続きを読む]
  • またお酒の話ですが オールドパー12年
  •  またまたお酒の話でごめんなさい。 今日、紹介するのは、オールドパー12年。オールドパーの一般的なものです。 今では、サントリーの白州なんかに比べれば、いくらかは安く買えます。でも、スコッチの一般的なもののなかでは、オールドパーはやや高いほうに入るかもしれません。 昭和20年代は、このオールドパーは、もう、庶民は絶対といっていいほど口にできない高級品でした。今の価格でいうと50万円ぐらいでしょうか。 イ [続きを読む]
  • ひとり写真を撮るときのポーズって難しい
  •  ひとり写真を撮るときに、難しいのがポーズ。いつもなんだか平板な撮り方になってしまっています。 でも、たくさん撮っているうちに、ごくわずか、平板ではないポーズを撮ってしまうことがあります。今日は、今までに撮りためた写真のなかで、いくらかは平板ではないポーズを9種類集めてみました。 あまりセクシーすぎるのもおかしいし、でも少しはセクシーでもいいし、また、動きがないのも平板だし・・・・・さて、9枚の中 [続きを読む]
  • トレンカのファッションっていかがですか
  •  トレンカって、男性にはあまり人気がないようですね。とはいえ、人気がないファッションほど、それに萌えるという男性もいますので、ファッションってとても奥が深いものです。 もともとは、UV手袋もそうですが、トレンカは足のUVケアの意味もあるんです。同時に、黒が脚を細く見せる効果もあるようで、そんなことが、数年前は流行になったのでしょう。 私は、前は、トレンカってなんだか変と思っていたときもありましたが [続きを読む]
  • ラインニーハイはもうダサイかな 〜堀切菖蒲園に行ってきました〜
  •  梅雨に入りましたね。とはいえ、関東地方はまだ晴れの日はそこそこあります。昨日も午後からは晴れになりました。 豊島園というところに、あじさいを見に行こうとしたのですが、入口の係の方が、「今はまだ半分も咲いていないです」とのことで、急遽、堀切菖蒲園というところに花菖蒲を見に行くことにしました。ここは広さはそれほどないのですが、アヤメや菖蒲のいろいろな種類のものが所狭しと咲いているんです。花菖蒲といえ [続きを読む]
  • 百年の孤独を手に入れました 美味しい!!
  •  お酒に関心がある方ならばご存知の、幻の、というか、なかなか入手困難な宮崎の麦焼酎「百年の孤独」を、偶然、入手しました。 8000円とか1万円とかプレミア価格で買おうと思えば、ネットでも購入できますが、私はあくまでも定価での購入をめざしています。定価購入だとなかなか手に入らないのです。 新宿にある宮崎の物産館では、そこで1000円以上物を買ったら、「百年の孤独」の購入抽選の権利が与えられるのですが、この倍 [続きを読む]
  • 獺祭(磨き2割3分)を飲んでみました
  •  また、お酒の話で恐縮です。でも、美味しいお酒を飲んで、気持ちが豊かになるって、これは「美しくなる」ことにつながるかもね。 獺祭というお酒は、今、一番、活気があって、売り切れ続出。契約販売店には置いてあるのですが、それ以外のお店ではなかなか見つかりません。あったとしても、定価ではなくプレミア価格がついています。 東京・日本橋に「おいでませ山口館」というところがあって、ここには山口県のお酒もそろって [続きを読む]