Motherland さん プロフィール

  •  
Motherlandさん: Motherland〜ADHD☆処世術
ハンドル名Motherland さん
ブログタイトルMotherland〜ADHD☆処世術
ブログURLhttp://motherland000.blog54.fc2.com/
サイト紹介文現在中学生、ADHD・広汎性発達障害の子供のために何が出来るか&成人発達障害、処世術
自由文発達障害と付き合いながら快適な生活を送る!

・支援を活用する情報集
・快適生活を送るためのADHD処世術、手帳術、整頓術
・学習、運動、検査などの側面から発達障害について考えたりしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/04/27 14:28

Motherland さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不登校の場合、将来☆
  • 不登校の子どもの親の会をするにあたり、どんなサポートができるかということをよく話します。1人きりだったら切り開いていく力がなくなっていっちゃうので、周りの人が支援して一緒に考えていくことがいいと前の投稿で書いたけれど、本当に必要な支援って?不登校だった頃の私が本当に欲しかった支援ってなんだろうな〜って考えて浮かんだもの。まず私が不登校になって周りの大人から与えられた言葉。「不登校になった時点で将来 [続きを読む]
  • 不登校の子ども支援
  • 去年、知り合いのお母さんに声を掛けてもらい、不登校や育てにくい子どもの支援をする親の会のお手伝いをすることになりました。これまで、公共の施設を借りて不登校のお子さんを持つお母さんたちとのお茶会を開いたり、心理の先生や、作業所を経営されている先生を招いて講演会をして頂きました半年前からは塾のスペースをお借りして、月1のキッズスペースを開いたり、クリスマス会、上映会などのお楽しみ会もありましたさて、か [続きを読む]
  • 発達障害と語彙力
  • 発達障害の場合、言語の遅れ・語彙の少なさにより人とのコミュニケーションが阻まれることがある。うちの子はそう。語彙が少ないために、人に自分の気持ちや要求が伝えることができずに他害や自傷を起こすことがあったり、今でも電話を取って話すことができないし、友達の誘いに気が乗らなくても断ることができなかったり、そして家に帰ってから「ワー!」っと声を荒げてパニックになることもあります。四字熟語や慣用句なども、学 [続きを読む]
  • 中学に入って必要な力は「自分で把握する力」みたい
  • ついに春から中学生になったうちの子。カッチリとした制服姿とうっすらと生えてきた唇の上の産毛、声変わりをした声。こんな姿を見ると、「あーもう子どもじゃないんだな。頼もしくなったな」と感じる。これから数年後には、彼は一人の男性として社会に出て行くことになるんだろう。色んな問題を起こす息子を追い掛け回しながら、ワーギャー言いながらアタフタしていたあの頃はどこ行っちゃったんだ毎年、桜の最前線なんてまったく [続きを読む]
  • 兄弟ゲンカから話飛び〜の
  • 最近はいろいろと用事があり、まだ子ども達の学校が始まっていないのにてんやわんやです。大変だなー。なんかもう、私の頭の中がパニック!こういう時は絶対やらかす時…加えて、小学校入学前の子がなんだか反抗期みたいでしょっちゅう私に食ってかかってきて、しまいには息子に喧嘩売る…息子はどんなに下らないからかいにもすぐ反応して、顔を真っ赤にして怒る。下の子に「やめなさい、今のはあなたが悪いよね」と注意すると、余 [続きを読む]
  • 問題が起こったらどう解決してる?②
  • 問題点や物事の本質を見極め、思考を整理して解決する問題の本質を見極めたら次は、思考を整理して解決する。この思考を整理ってところ。実はここがADHDの人間にとってむずかしいこと…ADHDとは、脳機能の障害で、定型発達の人に比べて入ってくる情報が多すぎる。だから、片付けをするにも整理ができない。片付けと同じで情報も整理できない。この、脳の中でも整理できないことが、他の苦手なところにも大きく関係してくる [続きを読む]
  • 問題が起こったらどう解決してる?①
  • ADHDの人の苦手なこと・仕事などでケアレスミスをする・忘れ物、なくし物が多い・約束を守れない、間に合わない・時間管理が苦手・仕事や作業を順序だてて行うことが苦手・片付けるのが苦手これは朝起きて仕事に行って、仕事をこなして帰ってくる。そして家事ややるべきことを終えて眠りについて、また朝起きて→繰り返しという生活の中でかなりの致命的欠陥ですこのひとつでも何かうまくいかないことが起こると、自己管理の [続きを読む]
  • ニュース見てて考えた社会的弱者について
  • 社会的弱者の生き方について考える。障害者。お年寄り。子供。ワーキングプア。非正規雇用者。シングルマザー。シングルファザー。低所得者。最近も、障害者や障害者を助ける盲導犬に対しての心無い嫌がらせの報道があったばかり。しかも嫌がらせというレベルではない。暴力だ。孤独感の中でひっそりと暮らしている高齢者。遊ぶ場所も減り、今の世代よりも大きな絶望を背負わされているはずなのになぜか目の敵にされる子供。定職 [続きを読む]
  • 過去の記事 …