にとーへー さん プロフィール

  •  
にとーへーさん: 世界で孤軍奮走
ハンドル名にとーへー さん
ブログタイトル世界で孤軍奮走
ブログURLhttp://bicycleman71.hatenablog.com/
サイト紹介文H28年4月20日に日本出発 アメリカからスタートして 南米、ヨーロッパ、アフリカまで行きます
自由文自転車は自分の足で動かす、つまり自転車で

世界を周れば、自分の足で踏破したも同じ。

そんな魅了があると思いませんか。

その魅了を伝えたくて、拙い文ですが書いております。

興味を持たれたら、ご観覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/04/28 02:47

にとーへー さんのブログ記事

  • 【港の変態いそうろう】PuertoMontt-チリ
  • 2018年3月21日いま走っている5号線は,高速道路のようになっていてチャリダーの聖地「アウストラル街道」に続く、200kmほどの間隔でシャワー付きのパーキングエリアがある。そこで昨日は熱いシャワーが浴びられたので、リフレッシュできた。そして今日はアウストラル街道のチャイテンに向かう港、プエルトモントに付くのでワクワクしている。1時間ほど走ったところで休憩ついでにシェルに寄り道をする。そこで [続きを読む]
  • 【もし海外でクレジットカード紛失したら?!】Gorbea−チリ
  • 2018年3月18日昨日の犬は朝は現れなかった。特に問題もなく曇り空のスッキリしない空気の中で出発する。15kmほど走ってからおなじみのガソスタCopecを見つけてWi-Fiをしながら、ふと残金を確認しようと財布をみると「あれ、クレジットカードがない!!」いつも入れている場所に見当たらなかった。他の場所に入れているのではないかと思い、探してみるも見つからず、どこで失くしたか自問自答した。買い物をすると [続きを読む]
  • 【犬とたわむれる】Ercilla〜Gorbea−チリ
  • 2018年3月17日チリの首都のサンティアゴを出発してから4日ほど経った。相変わらずの高速道だったが首都もまだ近かった為、買い物やガソスタなどの施設には困らなかった。レストランの横でテントを張らせてもらって、ツナサンドとかもご馳走になりながら(なぜかレストランで買い物をしない時にツナサンドが貰えるのが恒例となってきたw)一夜が明けたが昨日の夜から雨は降り続き、朝になっても弱まるところを知らなか [続きを読む]
  • 【サンティアゴまでの道のり】〜Santiago−チリ
  • 2018年 〜3月7日サンティアゴまで特に出来事はなかったけれど、道のりをぶつ切りで書いてきます。チリに入ってからの昼食。ET(エッグトマト)サンド。トマトは栄養価が高く、旅先では積極的に食べるようにしている。トマトは実は嫌いです。やっと工場と荒野が少なくなってきた中央部に感動を覚える。周囲の観光スポットがハイライトされている。特に行くことはしなかったw大きなソフトクリーム1000ペ [続きを読む]
  • 【ひとつぽっちのレストラン】LaNegra〜ElPosadaRosalio
  • 2018年2月23日壊れた車さえそのまんまにされるひったすらの…荒野ばっかしやん!!!800mlの保温ボトルのコーヒーを飲む、昨日作っておいたのにホカホカ。bicycleman71.hatenablog.com自転車での旅でのコーヒーの重要性を再認識した。それは飲んだ時と飲まないときの坂の踏ん張りの限界値が底上げされていると感じるのだ。それは気持ちの問題ではあるがそれが大きいのだ。私は体が素直すぎてコーヒーを三杯連続で [続きを読む]
  • 【荒野をひた走る】Calama〜SierraGorda−チリ
  • 2018年2月21日やさしいチリの人に泊めてもらって朝にモスバーガーのロゴと瓜二つのニュース番組を見ていた。ああ、平和だ。「この町では食べ物とかの補給をしなきゃいけないんだ」「それなら連れて行ってあげるよ!」ということで車でオススメのお店を周って食べ物や物資を補給することもできた。それにしても優しすぎる。「日本に来たら絶対に連絡ちょうだい!」「ああ、そのときはお願いするよ」と言って出発したの [続きを読む]
  • 【やさしいチリ人】Ollaue〜Calama−チリ
  • 2018年2月20日暗いうちから起きてまずはストーブに火をつけて料理の為に水を沸かす。そんな習慣ができつつある。外の景色は相変わらずに景色が良かった。どんな景色が待ってるのかワクワクしながら走り出す。わりとキレイな景色が続く。「この道いろんな人に走ってほしいぐらいにけっこう綺麗だ!」と思いながら走っていた。リャマス、ステーキニシテ、タベタイ。ボリビアやチリで売っており、知り合いに [続きを読む]
  • 【オープンワールド】SanJuan〜Ollague−チリ
  • 2018年2月19日強風の一夜が明けてテントからでて周りを見渡してみる相変わらずの道路状況、いや道とすら呼べずただただ広い大地が広がっていた。オープンワールドゲーをやっているようだ。出発の荷造りをしているとタイヤが一つないことに気がついた。シートは夜中に風にはがされていたようでその上に重石のように置いていたが、風で飛んでいったと思われる。 ひとりでにコロコロと転がっていったタイヤを想像してみ [続きを読む]
  • 【泥濘み】RioGrande〜SanJuan−ボリビア
  • 2018年2月18日夜中が凍死すんぜんに寒く、いままでで一番テントがカチンコチンに凍っていた。ストーブでカフェモカを作ってパンと一緒に食べるが、質素すぎる!自転車のカバーも氷漬けになっていた。今日も今日とてなにもない道を走り出す。ここから小石やら小さなデコボコ道で状況はさらに悪くなっていった。ここいらは赤土が多く、赤土の泥は半端なくタチが悪くくっつくと取れにくい。リャマの家族。お母 [続きを読む]
  • 【無】Uyuni〜?−ボリビア
  • 2018年2月17日朝起きるとウユニの雨季の時期には珍しく早朝からの雲一つない快晴が広がっていた。仲間たちに見守られながら出発!快晴でペダルも軽快に回り出す。しかしこのあたりからなんとなく気づき始めていたが道が完全に舗装路ではなくなってしまった。なんっっっっっっっっもない!!!最初こそ気持ち良く走っていたものの、ここまでなにもないと飽きてくる。こんな道端でもギリ鏡張りで空が見える。2 [続きを読む]
  • 【太陽の力】ソーラーチャージャー【Anker PowerPort Solar】
  • 野宿がつづくとどうしても電源の供給問題がでてきてしまう。野宿場所に電源があるとも限らないし、走っている途中に止まって2時間ほど充電するわけにもいかない。そこで日中なら自転車に取り付けて走ることによって走りながら充電ができてしまうAnker PowerPort Solar (21W 2ポート USB ソーラーチャージャー) iPhone 6 / 6 Plus / iPad Air 2 / mini 3 / Xperia / Galaxy S6 / S6 Edge / Android各種他対応 【PowerIQ搭載】を導入 [続きを読む]
  • 【ウユニの光景】Uyuni-ボリビア
  • 私もウユニでぞんぶんに楽しみウユニでの日々の切り抜き画像を載せていきます。宿のワラデルサラールがWi-Fiが死んでいるのでコーヒー一杯でいつまでも粘っていた。宿の前の韓国料理屋でのキムチチャーハン。50ボリ(770円)!ボリビアで3回飯が食える値段。通称5ボリパフェ(77円)はボリューミーな上に美味い!!ワンちゃんのねだるような目線についシャッターをきった。私の訪れた時期に他の町で [続きを読む]
  • 【持っていくには多すぎた】変換アダプタ二種
  • 1セットで大体網羅できるヤザワ 海外旅行用変換プラグ 世界主要国対応 定格入力250V-6A(A・B・C・O)、250V-13A(BF) 変換プラグA・B・BF・C・Oタイプセット HPS5と変形してどんなプラグにも対応できるサンワサプライ 海外電源変換アダプタ 全世界9種類対応 ホワイト TR-AD1Wを持っていきましたが持て余してる感が半端ないです。こんなに多く持っていく必要はありませんでした。行く国が少ないならそこに合った物を選べるヤザ [続きを読む]
  • 【ゆっくりたのしもう】Callapampa〜RioMulato-ペルー
  • 2018年2月8日無人の家にテントを張り、一夜過ごした。雨は毎回夜だけ降るみたいで、日の出頃には雨はあがっている。最近は先を急いでおり今日も150km走らなければならない。そうすれば明日は100kmだけで済む。日々の疲れが溜まっているのか思ったよりもペダルが重い。 周りの景色はキレイなものの、楽しみきれない自分もいた。丁度よいところに村があり、売店を見かけたので聞いてみるとレストランもやっている [続きを読む]
  • 【穴の町の日々】LaPaz−ボリビア
  • 2018年2月1日昨日は頑張って漕いだもののラパスには着ききらず、手前の丘で野宿していた。10kmほど走ったところで街に入る。人!人!人!!!人が多すぎてまともに走れない!バスもギリギリを通り過ぎていって危ない。噂には聞いていたモノレールも見える。ゲバラっぽい。エル・アルトという場所からラパスまでは500mほどいきなり下る、とても長い坂を下った。ラパスに到着!こっちのほうがまだ [続きを読む]
  • 【器用貧乏】Ibera PakRak自転車用ツーリングキャリア プラス
  • 自転車のキャリアはIbera(イベラ)PakRak自転車用ツーリングキャリア プラス +より重いものをトップへ&サイドへの荷物のためのIB-RA4フレーム搭載を使っています。が、活かせてないだけかもしれませんが多機能そうに見えてそうでもない商品な気がします。サイドバッグが二段目に掛けられるような構造をしてますが私のオルトリーブをそこにつけると、下側の固定位置が下過ぎてできなくなってしまう。そこについている謎のネジの使 [続きを読む]
  • 【オーバーステイinペルー】Desaguadero-ペルー
  • 2018年1月28日一日走り続けて、ついにボリビアとの国境の町「デサグアデーロ」に到着!余裕を持って頑張って到着したので、ボリビアに入国したらもうちょっと走るつもりだ。そうすればラパスまでは明日到着できるだろう。そして実は10日以上のオーバーステイをしており、してしまっても罰金を払うだけだが少しドキドキしながらペルー側のイミグレに向かう。町の入り口こそ人っけが無くガランとしていたが、国境 [続きを読む]
  • 【不審者】Pucara〜Chucuito-ペルー
  • 2018年1月27日0時に起きてしまい、そこから寝れなくなってしまった。5時になり飛び起き、急ぐ必要はないけど支度をする。まだ時間が早いのでマテオさんに挨拶できずに行くことは申し訳ないが、折り紙を置いていくことにした。 朝は寒すぎて手や足が凍死するかと思い、急いで厚手の手袋などで防寒をしっかりする。天気も良く雲の上を走っている感じ。アヒルが魚を探そうと潜ってい姿はシュールだった。フ [続きを読む]
  • 【めぐりあわせ】AguasCaliente〜Pucara-ペルー
  • 2018年1月26日テントから出てみると近くで犬が座っていた。人に慣れているのだろうか、吠えてくる様子もなく只々こちらを伺っていた。とりあえず、放っておこうと出発の準備をはじめようと動き出すとおもむろに近づいてきて匂いをかいで、満足するとまた近くに座った。いつも犬に追いかけられていたので、こういう懐っこい姿を見てしまうと悪いヤツでもないし、可愛くすら感じてしまう。カバンからおもむろにビスケッ [続きを読む]
  • 【アヤワスカ】安心安全にシャーマン体験をする方法
  • 「アヤワスカ?シャーマン体験てなに?」という方も多いだろう。そこはウィキペディアを見てもらうのが早いだろう。アヤワスカ - Wikipediaアヤワスカ(ケチュア語: Ayahuasca、Ayawaska)は、アマゾン北西部で伝統的に用いられている幻覚剤。ペルーの国家文化遺産。服飲すると、嘔吐を伴う強力な幻覚作用をもたらす。主に先住民族がシャーマニズムの儀式や民間療法、宗教儀式などに用いる。これだけ読むととても怪しいもの [続きを読む]
  • リマ沈没者が教える完全ガイド【新市街編】
  • リマ観光での一日かけて周りたい、もう一つは新市街です。沈没者の独断と偏見にて新市街の見どころと穴場を紹介します。オススメのルートはネコ公園→ショッピングセンター→恋人公園です。※絶対に晴れの日行ってください、それじゃないと面白さ半減です。 ネコ公園「Parque John F. Kennedy」 ショッピングセンター「Larcomar」 恋人の公園「Parque de Amor」 番外編ネコ公園「Parque John F. Kennedy」新 [続きを読む]
  • 【山の上の温泉】Tinto〜AguasCaliente-ペルー
  • 現状で更新していくと、更新速度とモチベが追いつかなくなるのでわりと最近の出来事を書いていこうと思います。マチュピチュの話やナスカの地上絵の話は別の機会に書きたいと思います。2018年1月25日マチュピチュを堪能して、拠点のクスコを出発して2日目。今日はチャリダーのショウさんから聞いていた温泉に到着する日だ。当然、日本人ならば温泉と聞いてテンションが上がらない訳がない!私がいる地域は現在雨季 [続きを読む]
  • 【最強最悪の下り】Carabamba〜Viru-ペルー
  • いやあー気持ちのよい朝だなあー!まあ、ここが…。トイレじゃなかったらwwww朝から暴れん坊のチビっ子軍団ww朝食もご馳走になることになって、キッチンで待ちながらミルクと硬いコーンをポリポリしていた。硬いコーンを手渡しで渡してくれるwジャガイモのスープ、美味い!今日もネコちゃん可愛い。出発するときにみんなで送ってくれることに、とてつもなく嬉しい。ただの飲んだくれだったのにwww [続きを読む]
  • 【ペルーの家庭】Quiruvilca〜Carabamba-ペルー
  • 2017年11月4日昨日は3000mの高所のガソスタにテントを張らしてもらって朝を迎えた。仏頂面だがいい人、ガソリンスタンドの主のフーニョにお礼を言うと餞別としてスナックを3つくれて見送ってくれた。まだ高所ということと早朝ということも手伝って息が白くなるほど寒い。寒さからにげるようにレストランに逃げ込み、温かいスープをハフハフ食べる。トルヒーヨという場所から上にはチャリダー狙いの泥 [続きを読む]