inner peace さん プロフィール

  •  
inner peaceさん: inner peace
ハンドル名inner peace さん
ブログタイトルinner peace
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nonbelievable
サイト紹介文ミラクルな日常に、穏やかな時間をつなぐために。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/04/28 09:24

inner peace さんのブログ記事

  • 親々のはなし
  • 「ご両親はお元気?」「はい、隣に住んでいます。」「まぁ、何よりね。ご安心でしょう。」最近よく経験する会話パターン。あながち間違いではないのだと思う。あまり深く考えずに挨拶のように交わす言葉なのはわかっているのだけど…まず「お元気」の度合いによる。そして「ご両親」の性格や「ご両親」との関係や、他の家族の状況や彼らとの関係…人からしたらどうでもいいことだろう。でも。気安く「ご安心ね」なんて言わないでほ [続きを読む]
  • そんな季節
  • 秋も深まりつつある今日この頃。大したことない私の人生もそれなりに熟しつつあるのだろうか。。。結婚する前に同棲する人がいる、ていうのは知っている。私的には抵抗があるけれど、自分と同年代でも籍を入れずに一緒に住んでるカップルもいるしそういう人はお互いを「パートナー」なんて呼んでいてカッコいいなと思うこともある。だがしかし。自分の娘が…となると何故こうも心がざわつくのだろう。「結婚する前に同棲期間を持ち [続きを読む]
  • ラストホープ その後
  • 息子重病説(?)を本人があまりにも心配するので。。。近所の内科やら大きな病院やらであれこれ検査をすることになり。。。結果は、私の予想通り、異常なし。では今までにない不調はどこから?こちらも私の予想通り、ちょっとだけ鬱になりかかっているらしい。ということで必要な薬ももらって飲み始めたらコロッと落ち着いて、昨日から完全に社会復帰。先月から今月にかけて、家庭内でも不穏なことがあったり体調を少し崩していた [続きを読む]
  • ラストホープ
  • 高卒で働き始めた息子は社会人3年目。幼少期から小、中、高と、何かと気の休まることのない子育てだった。軽度ではあるが自閉君。彼の感じ方や習性を学び、困り感を一つずつ解決しながら。。。就職も決まり、この2年半くらい寡黙に働き続ける彼を見て、社会に居場所ができたことを嬉しく思っていた。健康だし。面倒なことは考えないし。ところが…数日前に体調を崩して初めて有給を取って仕事を休み。息子曰く、喉がおかしい、息切 [続きを読む]
  • 重い親
  • 母が転んで入院したワケで。幸か不幸か(?)骨折もなく不死身で無敵な彼女はゆっくり静養してパワーアップ中。忙しい中見舞いに行ったり父のご飯を作ることになった私の方が我ながら心配である。80を越えた両親だが、健康も経済面も余裕な人たち。もともと余裕な上に生活苦の我が家からの家賃収入もあるし何より隣に娘が住んでいることを「心強い」なんて思ったこともないらしい。よく色んな人から「ご両親もご安心ね」なんて言わ [続きを読む]
  • Mr. 肉
  • 自病があるので時々通院している病院がある。定期的に採血をしてお薬をもらう。もう何年もお世話になっているのだけど…。初めは親切で食生活の指導もしてくれたりちょっと喋りすぎるところ以外は有難い先生だなと思っていた。ある時期からかなり極端な食事制限を提案されるようになり…待合室で聞き耳を立てていると、どの患者にも同じことを繰り返し言われている模様。その内容は要約すると…ご飯を食べるな、肉を食え。これを毎 [続きを読む]
  • 宅配のチャラ男
  • 毎年恒例のこの世に自分が現れた記念日が来た。できた娘は朝起きるなり「おめでとう」と言ってくれて。不出来な息子は…「何か言うことない?」の問いの後しばらく考え「おめ。」と言わされ。不在の夫は。。。どうせ忘れてるだろうな〜と思ったけれど寂しいので電話をかけてみると「どうした。」(←案の定)しばらく世間話をしているうちに気づかせることに成功。「あ、ごめん、時計のカレンダーが1日ずれててなんちゃらかんちゃ [続きを読む]
  • NGワード
  • こちら娘が買って来てくれた謎に美味しいお菓子、「カヌレ」。さて。。。(ここから前回記事の続き)果てしない不毛な喧嘩は深夜に及び…怒りと情けなさと傷心をエネルギーに1人朝までリビングを掃除した。いつになくピカピカに片付いた部屋。。。外泊していた娘が帰り、散髪に行った息子も帰り昼頃家族でおニューのお隣家族に挨拶をするにあたり、リセットボタンをオン。まるで仲の良い穏やかな家族のように、挨拶は無事に終わっ [続きを読む]
  • 脆い家族
  • 隣の新築物件におニューのお隣家族も引っ越して来た。まばゆいばかりの豪邸の隣の家畜小屋のような家に暮らしていることにジワリジワリと神経が蝕まれる今日この頃。。。そんな気持ちになる自分サイドに問題があるのはわかっているけど。引っ越しの当日は例によって夫が不在で。お隣が挨拶に来られた時は私しか居なかった。だから夫が帰ったら一応挨拶に行ったほうがいいよね、ということになっていた。ただそれだけの話なのだが何 [続きを読む]
  • 幸せの予感
  • ずっと新調したいと思っていたお財布を漸く買った。気分的には白にしたかったのだが白は汚れるし、黄色いお財布は金運がアップするんだって という娘の囁きに乗せられ、ポチり。台風の影響で少し時間がかかったけれど無事に届いて早速使い始めた。この数年、使い辛いと思いながらずっと付き合ってきたお財布には悪いけどお金もカードも入れやすく出しやすくニンマリしてしまう。しかも金運アップ。。。(ホントか?)でも、黄色も [続きを読む]
  • 束の間トリップ
  • 行って来た。取りあえず、娘から出された宿題(?)を無事に消化。遅ればせの銀婚式祝い一泊旅行。カタログギフトから行き先を選んで予約して。。。なんだかんだと面倒な手続きもあったけれどとにかくミッションコンプリート。今回一番思った事は。。。(娘には悪いけれど)カタログギフトで旅行を選ぶとあまり良いことないということ。◯◯クーポンで対応、ていうことで、そもそもなかなか行きたい時に予約できない。祝日の前日は [続きを読む]
  • 一人打ち上げそして…
  • ここ数ヶ月準備して来たイベントを無事に終えた。ド猛暑+台風+お盆という最高に整った(?)諸条件の中孤軍奮闘の甲斐あってかまずまずの成果に。最終日は怒涛の片付け作業の後、大きなトランクを持ったまま近くのスタバで一休み。気になっていたピーチなんちゃらかんちゃらフラペチーノを注文して一人静かに打ち上げ。まだ喧騒が耳元に残っているような不思議な気分で無事に乗り切れたことも、夢のようだったけれど。駅までの道 [続きを読む]
  • パソコン事件
  • 久々に帰宅した遠距離夫が大きな箱を抱えて来て職場でお古になったパソコンを貰ったとかで。我が家のネット環境が時代の流れから落ちこぼれそうになっているのだけれど買うと高いし。。。今使っているのも、同じようにして入手したものだった(笑)お古になるくらいだから最先端ではないけど少しはマシだろうということで。。。でも少し前に新しいパソコンを買うという選択肢も聞いていた。何やら夫にプランがあるとかで。あの話は [続きを読む]
  • 検体X
  • 昨日は年に一度の自治体の検診を受けに。毎年この時期。暑い。バックに忍ばせた検体Xはこんな高温で大丈夫なのかしらと思いながら会場へ向かう。。。 数年前までは夫婦で行ってた。夫も夏休みで帰っていることが多く、何しろバリウムが苦手なので1人で行くのは心細く。(ここまでの流れでわかると思うけれど、大腸がん検診+胃がん検診。)バリウムはやはり苦手で、最初の発泡剤を飲み込むところで既につまづく。その後は言われるま [続きを読む]
  • ブレイクタイム
  • 娘からの差し入れ。このメチャくそ暑い中、もうすぐ始まるお仕事のイベントを控えてあれやこれやの準備に追われる毎日を気遣ってくれたようで。「お仕事」とは言え、結果が出せる保証もなくこんなにいろいろと準備をして毎日通ってもマイナスだったりしたら…と考えると空恐ろしくもなるのだけれど。なぜ私のようなか細き女性(?)がこんなヤクザなイバラの道を突き進んでいるのか時々不思議になるけれど時既に遅く。。。受けたお [続きを読む]
  • 心配しないコツ
  • 娘の韓国旅行のお土産。ハニーテイストの甘いアーモンドです。そしてリクエストに応えてくれて現地スーパーで買ったというキムチも。韓国、私はまだ行ったことがないのだけれど彼女はもう10回目くらい。それもそのはず、元カレが韓国人だったし。今回は初韓国のイギリス人と。韓国人と一緒でなく行くのが初めてだったので少し不安だったようだがすっかり旅行を堪能して、自信もつけて帰って来た。お肉とかスイーツとかたくさん食べ [続きを読む]
  • 要らないということ
  • 要らない物を貰いたくないというのも人として切実な願いだと思う。ましてや身近な相手から何度も似たようなことをされるのはコマッてしてしまう。自分の趣味に合わない衣類など。これまでに何度かははっきりと伝えて返したこともあるのだけどそれも角が立ってしまうようだし。事もあろうにそんな身内が自分の母。実の母なのに、何故わかってくれないの?と思ってしまう。世の中には色んなタイプの人がいるというのは私もこれまでの [続きを読む]
  • 妻と楊枝
  • 慣れというのはコワいもので食事中に夫が不機嫌になって席を立つのもまたか、ぐらいになってしまった。以前はかなり心外なことだったのだがそこで心のボルテージをあげるのも限りある資源の無駄と思うようになった。先日も夫が帰宅していた時(例の父の日)ちょっとした地雷らしきものを踏んだらしく朝食の途中でハンストを決め込んで別室へ。勤務地に帰る日だというのに、また何か私が余計なことを言ったのかな、あーあ。と、いつ [続きを読む]
  • 父の日案件
  • とってつけたようにやってくる父の日。母もそうだが父にも色々な父がいるだろうからやはり複雑な思いで過ごす人も中にはいるのだろうなと思う。と言いつつも行事(?)として親のための日があるというのは普段なかなかできない「親孝行」を世の中の流れに乗ってちゃちゃっと行える利点もある。形だけだけれど。私個人で言うと、母の日よりは悩まない。毎年父の好きなコーヒーを選んでプレゼントする。そして、my family の父の日は [続きを読む]
  • 3年ぶり
  • つい最近ド派手に転んだ。平坦な道を普通に歩いていただけなのに。。。こともあろうに顔面から地面に激突。(痛)アゴをしこたま打って腫れて青アザになっているしムチウチで体があちこち痛くて。湿布のありがたさが骨身に沁みている。。。この歳で酷い転び方をすると心身ともにかなりのダメージを受けるみたいだ。昨日くらいからやっと立ち直りつつある。で、何が3年ぶりかと言うと。。。整骨院に行ったこと。以前に通っていた時 [続きを読む]
  • 母の日案件
  • いつからか悩ましい行事となった母の日が今年も終わった。以前家族で地方に住んでいた頃は遠くにいる母に毎年気持ちを込めて贈り物と感謝の言葉を送っていたように思う。でも今は…物理的な距離が縮まったことが私には向いていなかったのかそしてこの何年かの間にあったあれこれで気持ちの距離はとても離れてしまった。そのことに母が気づいているのかは不明だけれど私は大きなモヤモヤをどうすることもできずにいる。母の日だから [続きを読む]
  • ひとりGW
  • そういえば御朱印集めが流行っていたような。去年の今頃の写真を見ていたら、娘と行った神社仏閣の画像が何枚も…あの頃は娘も今よりヒマだったのかハンドメイドで御朱印帳などを作り週末になると私などを誘って神社やお寺に行くのが好きだったようだ。かなり歩くことになるので疲れやすい私はあまりハマれずいつのまにか途絶えてしまったけれど。。。夏が来て娘におニューの彼氏ができてからは御朱印帳も私も用済みになった模様。 [続きを読む]
  • ブルーマンデー
  • 週末は大工さんもお休みなのか久々の静寂とカーテンを開けた窓から差し込む明るい光を味わった。何だか気が付かないうちにとても疲れていたようでたくさん惰眠をむさぼった。。。それから夫に電話をして何を話そうと思ったのか忘れたけれど何がどうなって噛み合なかったのかも忘れたけれど心ない事を言い合うというよくある最悪の会話になってしまった。内容はさっぱり思い出せない。そして今日は月曜日。仕事関係で明日までに終わ [続きを読む]
  • 日陰の女・その後
  • 今朝も隣の工事の音が朝早くから聞こえている。組まれた足場より一回り小さい家のようで(当たり前か)、ちょっと安心しているところ。あっという間に木造の家が立ち上がり、屋根も思ったよりは低いので、日当りも確保できそう。さすがに家を設計をする人というのはそういうことも考えてくれるものなんだなぁと思ったりしている。しかも工事の進みが早い。騒音は私的にはそんなに気にならない。だって仕方ないし。自分も毎日仕事を [続きを読む]
  • 日陰の女
  • この家に住み始めて8年だか9年だか。その間ずっと空き地だった隣の土地に、新築工事が始まって2ヶ月ほどになる。今朝も早くから、ガンガン建てている様子。さすがに洗濯物をベランダに干すのは諦めカーテンも閉めてひっそりと暮らす。でも外がうるさいから、今日はこっちもラジコのタイムフリーで福山のラジオとかガンガンかけて作業に没頭する予定。 ガンガンにはガンガンで返すしかない。。。かなり、相当、めっちゃ大きい家 [続きを読む]