minako さん プロフィール

  •  
minakoさん: もう悩まない!介護施設の選び方
ハンドル名minako さん
ブログタイトルもう悩まない!介護施設の選び方
ブログURLhttps://kaitekikaigo.com/
サイト紹介文介護施設を探すことは、ある日突然やってきます。
自由文介護施設を探すことは、ある日突然やってきます。

それは、あなた自身のためかもしれませんし、あなたの大切な家族のためかもしれません。

突然のことで介護の専門用語や介護施設の種類やサービスの違いがわからず悩みや不安があるかと思います。このサイトが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/04/28 10:08

minako さんのブログ記事

  • よりよい介護施設の選び方に繋がるポイント
  • 年をとるにつれ、心身の機能が衰えていくのは自然の流れです。そのため、殆どの人は晩年になると、介護が必要になります。世界有数の高齢化社会を迎えた我が国では、殊更深刻な問題です。大切な親を守るために職を辞す、いわゆる介護離職も決して珍しくなくなりました。そうなる前に、家族で抱えることよりも、専門施設に預けることを選ぶのも、賢い選択といえます。介護施設の選び方としては、いくつかのポイントを抑えておくこと [続きを読む]
  • トラブルになりやすい介護施設の選び方
  • 家族を介護施設に預けたり、自分が入りたいと思って探すときには、よく調べないとトラブルになることもあります。そういったトラブルになりやすい介護施設の選び方はというと、次のようなことです。老後の資金を蓄えていたとしても、やはり少しでも出費は抑えたいということで一時入居金や月額料金の安さだけを見て選んでしまうと、サービスの悪さで入居生活が暗いものとなってしまいます。例えば、介護士の仕事が雑で、入居者の話 [続きを読む]
  • 介護施設の選び方と保証人の必要性
  • 高齢者が増え続けている近年では、介護施設の種類も豊富になりました。要介護3以上の方が入居対象で費用もリーズナブルな特別養護老人ホーム、医療的ケアが必要で短期入居が特徴な介護老人保健施設、諸事情により自宅での生活が難しいが自立した日常生活が送れる方の為のケアハウスや軽費老人ホーム、認知症の方々が生活するグループホーム、バリアフリーな設備が充実していて入居者を見守るスタッフが常駐するサービス付高齢者向 [続きを読む]
  • 介護施設の選び方で迷ったときの相談
  • 65歳以上あるいは国が指定する特定疾病患者で40歳以上の場合などにあっては、介護保険の利用が可能になっています。このとき、その介護施設の選び方についてしっかりと知っておかなければ、いざというときに右往左往する元です。したがって、介護施設の種類とその特徴をおおざっぱでも構わないので、あらかじめ知っておくことの重要性は存在します。そもそも公的介護保険制度は、非常に多くの変遷を経てきた公的福祉事業です。公的 [続きを読む]
  • 介護施設の選び方では資金計画も重要な要素です
  • 介護施設の選び方に関しては、いくつかの重要な項目がありますが、資金計画もその内の一つであり、ないがしろにできない項目になります。試しに入居してみるという程度であれば、それほど慎重になる必要はないのですが、入居一時金などがある場合は、纏まったお金も必要になるので、綿密に慎重に選定する必要があります。本格的に入居するときには、その施設の運営母体、運営理念・方針そして体制、さらにはスタッフの姿勢、病院と [続きを読む]
  • 利用者の健康状態で決める介護施設の選び方
  • 介護施設の選び方にはいろいろありますが、利用者の健康状態を考慮しておくと失敗が少ないです。例えば地域に関してですが、認知症が進み、誰と会っても識別できないというのであれば、遠くても専門家がいる施設を選んでも構いません。ところが、そうでないのであれば自宅の近くにしておきたいものです。頻繁に家族が面会に来てくれるなら、精神的にも安定します。おまけに見舞いに行く側にしても、交通費の節約になるなどメリット [続きを読む]
  • 介護施設の選び方〜施設の特徴と自分の状態から選ぶ方法
  • 介護施設の選び方の方法としてひとつ挙げられるのが、介護施設の特徴と施設を利用する人の状態を照らし合わせ、適切な施設を選択すると言う方法です。たとえば比較的、自立度が高い人、あるいは自宅にある程度の介護の担い手がいると言う人の場合は、通所系介護施設の選択が望ましいです。たとえばデイサービスがその筆頭としては挙げられますが、これは食事や入浴と言ったサービスを受けながら、介護の担い手が仕事などで不在であ [続きを読む]
  • 年金収入を考えた上での介護施設の選び方
  • 65歳以上の高齢者になるとその主な収入は老齢年金になって来ます。このとき人によっては介護施設に入居を考える人も出て来ますがその介護施設への入居では、ある程度の資金力が無ければ選択の余地は少なくなります。また、その介護施設の選び方にもポイントがあり、事前によく調べておくことがとても大事です。そもそも介護施設とは厳密に言って、三種類です。介護療養型医療施設、介護老人保健施設そして介護老人福祉施設一般的に [続きを読む]
  • 介護施設の選び方〜料金面で考える
  • 介護施設の選び方で見逃すことができないのが料金についてです。どれくらいの金額を支払うことができるのかと言うのは、個々によってかなり差があります。また、たとえ経済的に余裕があったとしても、できるだけ安価な金額の介護施設を選択したいと言う人は多いかと思われます。まず基本的な知識として、介護施設を利用した際の料金に対しては、介護保険の扶助を一定割合で受けることができます。その上で、あくまで一般的な傾向で [続きを読む]
  • 自分の望む条件や希望を満たした介護施設の選び方とは?
  • 超高齢社会に突入した日本においては、介護が必要な高齢者の日常生活を社会的な機能として支援していくために、平成12年4月に介護保険法が施行されました。この制度が導入されたことにより、行政による措置としての支援から利用者自身がサービスを選択できる立場に変化しました。利用者自身が自分の希望や条件に合ったサービス事業所を比較検討した上で選べるようになったのです。介護状態が重くなったり家庭の事情によっては、在 [続きを読む]
  • 医療機関から介護施設へ移る時の介護施設の選び方
  • 近年、高齢化が進み、癌や心臓疾患、脳疾患などの病気を患う患者さんが増えました。50代までの若い世代でもこのような病気になることはありますが、圧倒的に多いのが高齢者の患者さんです。急な病状で医療機関に搬送され、手術や治療を受け、たいていのケースはそのまま入院となるでしょう。現在、急性期病院(高度急性期・一般急性期・亜急性期)の場合、生命に関わる疾病を治療することを優先としているため、回復に向かうための [続きを読む]
  • 介護施設の選び方〜要介護度はチェックが必要
  • 介護施設の選び方において見ておくべきポイントはいくつかあります。そのひとつが要介護度です。介護施設を利用する際には公的介護保険による要介護認定、あるいは要支援認定を受ける必要があります。その結果、どのような介護サービスを、どの程度の頻度で利用するのが望ましいのかと言うのが数字で明らかにされます。それが要介護度、要支援度と呼ばれる結果です。介護施設の中には、これが限られた数字の人しか利用できない施設 [続きを読む]
  • インターネット検索による介護施設の選び方について考えよう
  • 父親や母親、祖父母、兄弟姉妹、私たちのまわりにいる親族は、いつ介護のお世話になるかまったくわかりません。何らかの兆候があればまだよいのですが、予期せず突然に要介護状態に陥るということもあり得ます。介護施設に入ったほうがよさそうだと回りにいる私たちがいくら思っても介護施設の選び方には一定の決められたルールがあります。まずは居住地を管轄する市町村窓口に出向き介護認定の申請手続きを行うことが必要です。そ [続きを読む]
  • 認知症の親の介護ストレスの解消法
  • 病気や寝た切り、様々なタイプの介護があると思いますが、その中でも特にストレスを感じてしまうのが認知症の親の介護ではないでしょうか。認知症がひどくなってくると今まで普通にできていたコミュニケーションができなくなってしまいます。普通に会話をしていたはずなのに、覚えていなかったり、認知症だけで身体が元気な場合には眼を離したすきにどこかへ行ってしまうということもあります。また急に怒りっぽくなってしまって、 [続きを読む]
  • 認知症ケア専門士とは〜民間資格のひとつ
  • 現在でも社会問題となっており、そして今後もその発症が予想される人も含め、数の増加が確実視されているのが認知症です。これにはいくつかの種類があり、それぞれに原因が異なります。ただほとんどの種類においては完治することが難しいとされています。ですが早期に発見し、適切な治療やケアを受けることで症状の進行を遅らせたり、その悪化を防ぐことはじゅうぶんに可能です。そのために、特にケアの部分を担う存在として注目を [続きを読む]
  • 厚生労働省が打ち出した認知症を取り巻く社会について
  • 厚生労働省が発表している2025年度時点で認知症を患う人の数は700万人に達すると言われています。700万人と言われても今一つ実感がわかない人もいるかもしれませんが、もう少し身近な事では、この年には3人に1人が65歳以上。5人に1人が75歳以上となります。2025年に認知症患者は700万人を突破する可能性が高いその上でこの病気の方の数を考えれば、自分自身の両隣の人がそうである可能性も十分にあるのです。厚生労働省のみならず [続きを読む]
  • 認知症を描いた映画を厳選
  • 認知症を描いた映画作品は2017年にいくつか公開されます。その中の日本の作品「話す犬を、放す」は、2017年3月11日有楽町スバル座ほか全国で公開された認知症をテーマにした母と娘の物語です。つみきみほさん演じる売れない女優の下村レイコは、俳優スクールで演技を教えながら自分も芝居を続けています。ある日レイコは、眞島秀和さん演じる学生時代の劇団仲間で人気俳優となった三田大輔から映画出演の話を持ちかけられます。ビ [続きを読む]
  • あなたも認知症サポーターになろう!
  • 最近、高齢者ドライバーによる交通事故が相次いで起きています。事故を起こしてしまったお年寄りの中には、認知症の診断を受けていたり、発症を疑われる人が多くいます。なんらかの原因によって脳の機能が低下することにより、記憶力や判断能力や低下してしまいます。また周辺症状と呼ばれる症状により、危険な行動や暴言・暴力なども表れます。交通事故に限らず、徘徊して行方不明になったり火事を起こしてしまうなど、病気がもた [続きを読む]
  • 認知症で怒りっぽくなることもあります
  • 現代は高齢化社会になっており、80代、90代まで長生きをする人が増えていますが、脳の血流が悪くなったり、脳梗塞などの持病がある人は認知症に罹る人が増えています。認知症は少し症状が進んでくると、以前は穏やかな性格だった人が急に怒るなどの変化が見られる場合があります。日常生活をしていると健康な人でも怒りを感じることはありますが、理性があるためほとんどの場合は抑えることができます。認知症に罹ると脳の一部 [続きを読む]
  • 認知症の症状の種類と脳の活性化を目指す様々なリハビリ療法
  • 歳を取ると体力が低下したり、肌のハリが無くなってくるようになりますが、身体の中にも衰えが見られるようになります。人にとって重要な器官の一つである脳も同様です。脳の衰え方によっては、認知症を発症してしまうことがあります。脳の細胞が死んでしまう、働きが鈍くなるなどによって、正常な脳の機能が発揮されないのが原因です。主な症状として、記憶障害が有名です。今まで普通に覚えられていたことを思い出せない、忘れて [続きを読む]
  • 認知症の人が利用することが出来る施設や老人ホーム
  • 高齢化社会が進行し認知症高齢者の人口は年々増加している状況です。介護保険制度では出来るだけ在宅での介護をすることが目標となっていますが、家庭における介護力や住宅環境には大きな差があり、自宅で生活を続けることは簡単ではありません。特に認知症高齢者に対する在宅での介護には限界があり、施設や老人ホームへの入所を選ぶことは大切なことといえます。では、認知症の人が入所できる施設や老人ホームにはどのようなとこ [続きを読む]
  • 認知症に特化した医療保険
  • 認知症を患っている高齢者の数は年々増加しています。現代の日本は医療技術が進歩したため、今まで完治することが困難だった病気でも適切な治療を受けることで完治するものも多くなりました。一方、高齢者が多くなり介護を必要とする人も増えています。介護する側の負担も大きく、介護保険などを活用しても介護にかかる費用負担も大きいのが現状です。介護保険は要介護1から5という等級と要支援1、2という等級がある制度です。要介 [続きを読む]
  • 認知症に関する法整備の課題
  • 認知症に関する法整備は、まだ行き届いているとは言えません。課題として、次の点が挙げられます。1、自動車運転で事故を起こしてしまう課題認知症から運転事故につながる原因としては、空間認知能力が低下して接触事故を起こしてしまう、記憶障害で行き先を忘れたりして混乱し慌てて事故を起こしてしまう、信号や進行方向などの意味が認識できなくなり信号無視や逆走などを起こしてしまうなどが挙げられます。認知症がある方で自 [続きを読む]
  • 要介護度における認知症の認定
  • 要介護度は、申請する人がどれだけ介護を必要としていかの状況に応じて、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5という、7つの段階が設けられています。要支援1がもっとも介護を必要としていない段階で、要介護5がもっとも介護を必要としている段階です。そして、認知症と診断されると要介護以上に認定されることが多くなりますが、これは必ずしも症状の重さと比例するものではありません。また、家族から [続きを読む]