海堂紫 さん プロフィール

  •  
海堂紫さん: にっちもさっちもポメラニアン
ハンドル名海堂紫 さん
ブログタイトルにっちもさっちもポメラニアン
ブログURLhttp://blog500blog500.blogspot.jp/
サイト紹介文オリジナル小説を掲載中です。ヤクルトの原樹理選手のファンです。
自由文オリジナル小説です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1169回 / 365日(平均22.4回/週) - 参加 2016/04/28 12:59

海堂紫 さんのブログ記事

  • 高級娼婦<ダッグアウト> 四十六話目
  •  朝、早くに起きて、実家の周りをジョギングした。 冬の空気は冷えてキンとする。 見慣れた景色。 取り壊されて新しい家が建ってる場所や空き地に何かの事務所なんかが出来ているけど……子供の頃から住んでいた懐かしい町。 家に帰ったら父がグローブをはめていて「キャッチボールしよう」と言った。「取れるの?」「緩く投げてくれれば」「じゃあ、河原に行こう」 父と河川敷でキャッチボール。「練習になる?」「まあ多少 [続きを読む]
  • 漫画「シュウ君に首ったけ」
  •  卒業を前に誠一は言った。「大学、別々だし、別れようか?」 突然の別れ話。 何が不満だったの?「……神宮では会うだろうけどね」「ああ、大輔も野球続けるんだよな。お前、もしかして、プロになる気なの?」 高校三年生の夏の甲子園、誠一はキャッチャーで俺はピッチャー。 バッテリーを組んで甲子園は優勝した。 ずっと、一緒だと思ってた。 大学は別れるけど、きっと、プロになったら同じ球団に入って……そう思ってた [続きを読む]
  • 絶対的彼氏2 七話目
  •  庭に出て太陽の光を浴びて背伸びした。 隣に立つ啓二は笑ってる。「優禅寺安元だけど」「はい?」「あいつ、優禅寺の二代目なんだ」「そうそう、見た目は高校生くらいだけど、本当は、お爺さんなんですよね」「うん」「で、優禅寺が?」「色々と、ちょっかい出してくる」「ええ、前からですね」「やられっぱなしもあれなんで、こっちも攻撃したらどうかと思う」「ええ?」「向こうの企業に、苑葉等と懇意にしてる企業が打撃を与 [続きを読む]
  • 漫画「やめて先生それだけは」
  •  卒業を前に誠一は言った。「大学、別々だし、別れようか?」 突然の別れ話。 何が不満だったの?「……神宮では会うだろうけどね」「ああ、大輔も野球続けるんだよな。お前、もしかして、プロになる気なの?」 高校三年生の夏の甲子園、誠一はキャッチャーで俺はピッチャー。 バッテリーを組んで甲子園は優勝した。 ずっと、一緒だと思ってた。 大学は別れるけど、きっと、プロになったら同じ球団に入って……そう思ってた [続きを読む]
  • 高級娼婦<ダッグアウト> 四十四話目
  •  十一月末。 契約の更改があった。 俺は五十万上がった。 引退される選手もいるし、戦力外になった選手もいる。 そういう方の背中を見送って十二月に岡山に帰ることになった。 誠一と一緒の新幹線で。 誠一は新聞を頭から被って寝てる。「野球の話とかしないの?」「今は敵同士だろ? 来年はゴーレムズが優勝するから」 ……起きてるんじゃあないか。「ねえ」「なに?」 新聞を取って誠一が言った。 ハンサムな顔。「な [続きを読む]
  • 引っ越しマニア
  • もう引っ越しマニアかいな八回目の引っ越しをします。密な付き合いの人でないともう私がどこに住んでるかわからんのでは??ってくらい引っ越し……実家もないしな。ああ、問題起こしてるんとかではないんですけど。しっくりこんのでしょうね。(他人事??)もう二ケタになりそう、引っ越し〜。 [続きを読む]
  • インスタ
  • 晩御飯の一品を展開中ですが友人が良くyukarikaidouで検索しても見つからないとか別のでも海堂紫で検索しても出てこない(クリスタ)とか言われるんですが自分で検索するとすぐ見つかるので私、検索については全然ヒットしない理由わからないです。なんで出てこないの??多分、yukari kaidouで検索したからでyukarikaidouなら出て来るかと……。それで駄目なら、もうわからんちん……。とんちんかんちん一休さん!はい!!(楽し [続きを読む]
  • 高級娼婦<ダッグアウト> 四十三話目
  •  そのままの足で琴ちゃんに会いに幻夢館に来た。「大輔さん!」「これ……」 白い薔薇の花束は花屋さんで買ってきた。「……綺麗」「うん」「僕に?」「ごめん、他に思いつかなくて」「ううん、嬉しい」 琴ちゃんは花束を抱えて泣いた。「僕の部屋に行きましょう」「うん」 琴ちゃんに紅茶を出されて飲んだ。「身請けしてくれる人は、どんな人?」「大輔さんみたいに若くて綺麗な人ではないですけど、優しい人です」「年上?」 [続きを読む]