かどやん さん プロフィール

  •  
かどやんさん: 70年80年代ヒット曲動画
ハンドル名かどやん さん
ブログタイトル70年80年代ヒット曲動画
ブログURLhttp://70and80hit.sblo.jp/
サイト紹介文懐かしい1970年代と1980年代にヒットした曲(洋楽)の動画を掲載します。
自由文現在記事数600以上、あなたが知っている曲が必ずあります。懐かしの曲を楽しんでください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/04/28 18:15

かどやん さんのブログ記事

  • バーケイズ(ホーリー・ゴースト)
  • ホーリー・ゴーストHoly Ghostは、1978年バーケイズのアルバム「Money Talks(マネー・トークス)」に収録されているヒット曲アルバムは、72~75年に録音された未発表曲を78年にまとめてリリースしたものである。この曲は、mimi(宮本典子)がカバーしているので知りました。バリバリのファンクです。その当時のディスコで人気の曲だったのではないでしょうか良い曲だと思った人は〓カッチとお願いしますmimi(宮本典子)音楽動画ブロ [続きを読む]
  • ザ・フーターズ(サテライト)
  • ザ・フーターズThe Hootersは、アメリカ・フィラデルフィア出身のロックバンドである。フォーク、ケイジャン、ザディコ、レゲエ、スカなど北中米の民俗音楽を大胆に採り入れたサウンドで一世を風靡した。また主要メンバーのうちの一人ロブ・ハイマンは、マイルス・デイヴィスやタック&パティらにカヴァーされたシンディ・ローパーのスタンダード「タイム・アフター・タイム」の作曲者としても知られている。バンド名はメロディカの [続きを読む]
  • ベラミー・ブラザーズ(愛はそよかぜ)
  • ベラミー・ブラザーズBellamy Brothersは、デヴィッド・ベラミーとハワード・ベラミーによる兄弟カントリー・ポップ・デュオ1970年代と1980年代にかなりのミュージカルの成功を収めた1970年代後半からカントリーミュージックでも成功を収め、ナンバーワンのシングルと20以上のヒット曲をチャートインさせている。愛はそよかぜLet Your Love Flow(邦題、愛はそよかぜ)は1976年の大ヒット曲全米1位獲得曲この曲はカナダ、ヨーロッ [続きを読む]
  • ドーン(ノックは3回)
  • ノックは3回Knock Three Timesは、1971年の大ヒット曲ビルボード誌で、1971年1月23日から3週間週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1971年年間ランキングでは第10位だった。wikipediaドーンは、1973年にトニー・オーランド&ドーンに名を変え「幸せの黄色いリボン」を大ヒットさせます。「ノックは3回」は日本でも大ヒットしたのを覚えています。良い曲だと思った人は〓カッチとお願いします音楽動画ブログランキング下記に [続きを読む]
  • イヴリン・キング(ラブ・カム・ダウン)
  • イヴリン・キングEvelyn Kingは、アフリカ系アメリカ人の女性歌手。ニューヨーク・ブロンクス区出身。「"Shame"」や「"I Don't Know If It's Right"」などの1970年代のヒット曲がある。ラブ・カム・ダウンLove Come Downは、イヴリン・キングが1982年7月にリリースしたシングルアルバム『ゲット・ルース』からシングルカット全英7位 全米17位獲得曲wikipediaイヴリン・キングの曲を数曲聴いてみましたが、ディスコですね、その当 [続きを読む]
  • デフ・レパード(アニマル)
  • デフ・レパードDef Leppardは、イギリスのロックバンド1980年代初頭にアイアン・メイデン、サクソンなどと並んで、NWOBHM (New Wave Of British Heavy Metal) ムーヴメントの中心的存在となった(ただし、彼ら自身はNWOBHMバンドに括られることを嫌っていると言われる)イギリスのトップバンドのひとつで、アルバム総売上は6500万枚を超える(3500万枚は全米での売り上げ)アルバム『炎のターゲット』と『ヒステリア』が空前の大ヒ [続きを読む]
  • アイザック・ヘイズ(黒いジャガーのテーマ)
  • アイザック・ヘイズアイザック・リー・ヘイズ・ジュニア(Isaac Lee Hayes, Jr.)は、アメリカテネシー州出身のミュージシャン、俳優。1960年代において、スタックス・レコードにてパートナーのデイヴィッド・ポーターと数々の楽曲を提供・プロデュースし、サザン・ソウルの発展に寄与した。地元の教会にて5歳の時より歌い始め、間も無く、自己流にてピアノ、ハモンド・オルガン、フルート、サックスも学ぶようになった。1962年に [続きを読む]
  • グレン・キャンベル(恋はフェニックス)
  • 恋はフェニックスBy the Time I Get to Phoenixは、グレン・キャンベルが1967年にカバーしてヒットしたシングル。その他、多数のアーティストにカバーされた。オリジナルはジョニー・リヴァースが1965年に歌ったバージョンである。作詞・作曲はジミー・ウェッブ。グレン・キャンベルのバージョンは1967年10月23日に発売された。同年12月16日付のビルボード・Hot 100で26位を記録し、ビルボード・カントリー・チャートで2位を記録し [続きを読む]
  • トレイシー・チャップマン(ファスト・カー)
  • トレイシー・チャップマンTracy Chapmanは、アフリカ系アメリカ人 の女性のシンガーソングライター。アコースティック・ギター一本での弾き語りが特色で、ギヴ・ミー・ワン・リーズン(Give Me One Reason)やファスト・カー(Fast Car)などのヒット曲で知られる。歌詞は、愛・孤独・人種・階級・貧困・家庭内暴力などの社会問題を、強いメッセージ性で取り上げる。労働者階級の多いオハイオ州クリーブランドで生まれた。歌手の母 [続きを読む]
  • サム・ブラウン(ストップ)
  • サム・ブラウンサマンサ・ブラウンは、シンガーソングライター、作曲家、マルチプレイヤー、アレンジャーやレコードプロデューサー。イギリス東部のストラットフォードで生まれました。彼女はミュージシャンのジョー・ブラウンとセッションシンガーのヴィッキー・ブラウンの娘です。ブラウンは1980年代後半にソロアーティストとして注目を集め、1980年代と1990年代に英国シングルチャートに入った6枚のシングルをリリースしました [続きを読む]
  • ビリー・オーシャン(カリビアン・クイーン)
  • カリビアン・クイーン「Caribbean Queen(No More Love on the Run)」は、ビリー・オーシャンの1984年アルバム「サドンリー」に収録されている大ヒット曲全米1位獲得曲この曲は1985年グラミー賞最優秀男性R&Bヴォーカル賞をOceanに授与され、その部門で優勝した最初の英国のアーティストになった。サックスのソロはバーノンジェフリー・スミスが演じています。wikipediaこの曲はマイケルジャクソンを意識して制作されているとい [続きを読む]
  • ポコ(コール・イット・ラヴ)
  • ポコPocoは、1969年に結成されたアメリカのカントリー・ロックバンド。曲にスティール・ギターを多く使うなど、カントリー・ロックにポップフィーリングを加えた音楽が特徴。1968年にバッファロー・スプリングフィールドが解散し、メンバーのリッチー・フューレイとジム・メッシーナが、ランディ・マイズナー、ラスティー・ヤング、ジョージ・グランサムを加えてPogo(ポゴ)を結成するが、ウォルト・ケリー作の有名コミックにポゴ [続きを読む]
  • アウトフィールド(ユア・ラヴ)
  • アウトフィールドThe Outfieldは、イギリスのロンドンに本拠を置く英国のロックバンドでした。バンドは1980年代半ばに成功を収め、ヒットシングル " Your Love "が最もよく記憶されている。バンドのラインナップは、ギタリストのジョン・スピンクス、ボーカリスト、ベーシスト、トニー・ルイス、ドラマー、アラン・ジャックマンから構成されています。彼らは米国で商業的成功を収めましたが、故郷では決して成功しませんでした。バ [続きを読む]
  • ダン・ハートマン(あなたを夢見て)
  • ダン・ハートマンDan Hartmanは、アメリカのミュージシャン、歌手、ソングライター、レコードプロデューサー。1972年にエドガー・ウィンター・グループに参加、多くの曲を作曲した。1976年にソロ活動を開始する。あなたを夢見て1984年映画『ストリ−ト・オブ・ファイア』の挿入曲全米6位の大ヒット曲映画では黒人4人組ドゥーワップバンドThe Sorelsが歌っているが吹き替えである。良い曲だと思った人は〓カッチとお願いします音楽 [続きを読む]
  • ティミー・トーマス(かなわぬ想い)
  • ティミー・トーマスTimmy Thomasは1960年代、メンフィスのゴールド・ワックス・レコードでソロ作品を発表するかたわら、他のアーティストのキーボード・プレイヤーとして活動を行っていた。1970年に入るとトーマスはジャマイカのミュージシャン、キング・スポーティーに誘われ、マイアミを拠点とするレーベル、TKレコードのスタジオ・ミュージシャンとして働くようになった。やがて彼は、音楽稼業から足を洗い学校の教師になるため [続きを読む]