あのまり さん プロフィール

  •  
あのまりさん: アノ映画日和
ハンドル名あのまり さん
ブログタイトルアノ映画日和
ブログURLhttp://www.anomaly3-movie.com/
サイト紹介文年間500本以上鑑賞、あらゆるジャンルの映画をイラスト付きで紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/04/29 13:54

あのまり さんのブログ記事

  • 「君の膵臓をたべたい」感想 100回観れば100回泣けます
  • この映画の記事を書くつもりは1ミリもなかった僕は見え透いた泣かせ映画が大嫌い。「君の膵臓をたべたい」なんて見え透いたタイトルなんだそんな涙の押し付けのような映画で僕は絶対泣かない。日本中が涙に包まれても、全米が泣いても僕は泣かない。でも今僕はこの記事を書いている。つまり、そういうことです...2017年/日本監督:月川翔出演:浜辺美波、北村匠海、小栗旬、北川景子、上地雄輔、ほか上映時間:115分88点ざっくりあ [続きを読む]
  • 隠れた傑作 泣ける邦画ランキング
  • (とっくに)あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。さて、今年はじめの記事は記念回恒例のランキングです。今回の記念は読者様500名記念です。いやぁ、有難い武道館ならスカスカですが近所の市民会館ならいっぱいになる人数です。そんな沢山の方々に応援して貰ってるのかと思うと涙が出そうです。ということで今回のランキングは泣ける映画(ちと強引?)そして新年らしく邦画限定でいきましょう。と言って [続きを読む]
  • PIXAR/ピクサー映画全18作を5段階評価してみた
  • 好きな監督や俳優の映画を追いかけるこれは誰でもあるんじゃないでしょうか1人や2人推しの俳優や監督さんがいるでしょう、しかし好きな会社を追いかけるこれはあまりない気がします。例外的に存在するとすれば、それはピクサーじゃないですか?意識してないけど気が付いたら結構観て...え?あ、ジブリ?そうですね、ジブリも結構…マーベル?うん、マーベルも...ディズニーうるせぇ!今回はピクサーなの!命なきモノに命を与え、言 [続きを読む]
  • 「ダイ・ハード」感想 ハンス目線で観るダイハードも超面白い
  • クリスマスです。クリスマス映画と言えばダイハード。これは映画好きの常識ですね。とは言え、何回、いや何十回も観たからもういいよ…という方がほとんどだろう。そこで何十回も観た好きな映画を新たに楽しむ方法を教えましょう。それはズバリ『主人公以外の目線で観る』です。今作は幸いにも魅力的な登場人物が沢山います。中でもジョンマクレーンにヒケをとらない程の魅力の持ち主ハンス・グルーバー今回は徹底的に彼目線で紹 [続きを読む]
  • 2017年ヒット作の陰に隠れた傑作映画ランキング
  • 今年も残すところあと僅か。この時期、映画好きさんの最後のお仕事といえば、今年のMy Bestの発表。僕も毎年あげています。振り返ると今年も話題作、ヒット作が多かった。邦画では例年以上に漫画原作映画の実写化が多く、原作ファンから賛否の声があげられた。またSF超大作映画の続編のヒットも目立ちました。2017年は実写化映画とSF映画の年だったと言えるかもしれません。しかしそんな話題作、ヒット作の陰にそれらの面白さにヒ [続きを読む]
  • 「ライフ/LIFE (2017)」感想 目的地、絶望。
  • 皆さんは映画のタイトルやジャケ写でこんな映画だろうなと勝手に思いこみ、いざ鑑賞してみたら全然違った…なんて経験ありませんか?僕はしょっちゅうです。今作もそうでした。タイトルがLIFEで宇宙服の3人てっきり宇宙で危機に陥り、なんとか助かり命の尊さを知るみたいな感動系?かと。アポロ13とかゼログラビティとか...でも実際は感動とはほど遠い映画でして、まさかアレがああなるとは2017年/アメリカ監督:レット・リース、ポ [続きを読む]
  • 「ケンとカズ」感想 見逃し厳禁、哀しくも熱きクズどもに泣け
  • 2017年も終わりに近づいたこの時期に言うのも何なんだが、2016年の映画は熱かった昨年に比べると今年は少し弱い気がするいやいやこれが普通で2016年が異常だったのだ特に邦画社会現象にまでなった大作やアニメ映画をはじめサスペンスから泣ける映画まで全てのジャンルで傑作揃い。ワインではないが、2016年は邦画の超当たり年だ観る映画に悩んだらとりあえず2016年産の邦画から選ぶことをお勧めするなどと、偉そうに語る資格は僕に [続きを読む]
  • 「ゲットアウト」感想 テイクアウト系ホラー、恐怖は遅れてやってくる
  • 刺激が後から来るってあるじゃないですか?辛さとか食べた瞬間はそうでもないのに後から辛い辛い辛いって。それは映画でもあって観賞中はそうでもなかったのに、後から思い出して笑ったり泣いたりってのはしょっちゅうです。でも怖いという感情、すなわちホラー映画ではなかなかありません。怖さのピークは観賞中で、それを後から越える事はまず無いです。でも稀にあるんですよ、後から怖さがどんどん湧いて膨らむ作品が。今回はそ [続きを読む]
  • 「もののけ姫」感想 女性はみんなアシタカに騙されている
  • ジブリのイケメンランキングなるモノがあるのをご存知だろうか?僕は野郎になど興味がないのでつい最近知ったのだが、あちこちで開催されている。そしてどこのランキングを覗いてもハクハウルアシタカこの3人が断トツ人気だハク、ハウルはまだ分かるでもアシタカ?気に入らない!世の女性は全く男を見る目がない!これ以上、女性被害者を増やしてはいけない今回は文春砲のごとくアシタカの本当の顔を赤裸々に公表してやる事にしま [続きを読む]
  • 「ピンポン」感想 漫画原作の実写化最強映画はコレ!
  • 今年は例年にも増して漫画の実写映画化が多いでもピンポンを超えることはないだろう。今ミックスという卓球映画が好調らしいでもピンポンを超えることはないだろう。ピンポンは漫画原作実写映画、卓球映画、両方で最強なのだから。色んな異論がありそうですねだからいかにピンポンが最強かを語ります。2002年/日本監督:曽利文彦脚本:宮藤官九郎出演:窪塚洋介、ARATA(現、井浦新)、中村獅童、大倉孝二、竹中直人、夏木マリ、ほ [続きを読む]
  • Netflixでしか観れない傑作Netflixオリジナル作品ランキング
  • 当ブログは動画配信サイトの広告塔ではないだから・Amazonプライム厳選◯作・huluお勧め◯選的記事は他サイトさんにお任せするつもりでいましたが、Netflixまとめ記事に関してはひとこと言いたいレオン?ショーシャンク?いや傑作なのは分かるけど、そういうのは紹介しなくても観る機会多くない?Netflix加入者にアドバイスするのに未加入者の背中押すのにTVでしょっちゅう放送してる、他でも観れる、レンタル出来る映画より、ほら [続きを読む]
  • 「22年目の告白 私が殺人犯です」感想 時効では許されぬ憤り
  • 最初に凄く矛盾したことを言いますこのリメイク映画は面白かったので減点だ面白かったので失敗だ面白かったので面白くなかった貶しながら逆に褒めるそういうトンチみたいな事じゃありません言葉どおり捉えて下さい。僕はこのリメイク映画を否定しているのです???意味が分からないでしょうですからじっくり説明させてもらいます2017年/日本監督:入江悠出演:藤原竜也、伊藤英明、仲村トオル、夏帆、ほか上映時間:116 分65点ざっく [続きを読む]
  • 隠れた傑作 アニメ映画ランキング
  • ??祝連載150回(1人くらい手を叩いてくれてることを期待してます)ということで今回は記念回恒例のランキングでございます題材はアニメ映画アニメ映画と言えば、ジブリ、ディズニー、それから?はいはい新海誠、押井守、大友克洋…バカヤロー!!!誰がそんな当たり前ランキング読みたいんだウチはそんなのやってねえんだ!そう、当ブログランキングと言えばお馴染み「隠れた傑作シリーズ」でございますアニオタをも満足させると [続きを読む]
  • 喫煙シーンのイケてる映画とスターたち
  • 禁煙 禁煙 禁煙何処もかしこも禁煙が当たり前の昨今喫煙者は肩身のせまい存在になってしまいましたタバコなんて百害あって一利ナシいや、ま、そうなんですけどねちょっと前まで一利ぐらいはあったじゃないですか?カッコ良いって…それが今じゃカッコ良いなんてとんでもない普通を通り越してダサいまでちょちょちょ、ちょ待ってよ聞いてた話と違うタバコはモテアイテムと聞いてましたが?ということで、すっかり非モテと化してしま [続きを読む]
  • 「スマグラー おまえの未来を運べ」感想 背骨と拷問、人間の全部
  • タイトルで誤解されると困るので先に言っときますが僕は背骨フェチでもドMでもドSでもありません背骨はキャラクター名、拷問はあくまで映画や漫画、フィクションの中での拷問シーンが好きなだけですん?…うん、それでもなかなかの悪趣味ド変態を感じさせますね否定はしませんで、今作は背骨と悪趣味ド変態な拷問シーンが堪能できる映画な訳です、はい…2011年/日本監督:石井克人出演:妻夫木聡、永瀬正敏、満島ひかり、安藤政信 [続きを読む]