あのまり さん プロフィール

  •  
あのまりさん: アノ映画日和
ハンドル名あのまり さん
ブログタイトルアノ映画日和
ブログURLhttp://www.anomaly3-movie.com/
サイト紹介文年間500本以上鑑賞、あらゆるジャンルの映画をイラスト付きで紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/04/29 13:54

あのまり さんのブログ記事

  • 隠れた傑作 女が怖い映画ランキング
  • どうも、記念回はランキングでお馴染みのアノ映画日和でございます。今回の記念はブログ2周年記念です。2年やってみて分かったのですが、当ブログの読者様は男性の方が多い。ま、書いてる本人が女性に人気がないので当たり前と言えば当たり前ですが。…という訳ではないですが、今回のランキングは女性が怖い映画です。と言っても、ミザリー、エスター、ゴーンガールなどメジャーな作品は並びません。当ブログお馴染みの隠れたシリ [続きを読む]
  • 「ユリゴコロ」感想 汚らわしくも哀しい悪の華、その運命を考える
  • 殺人や犯罪に関する映画が好きです。邦画で言うと「冷たい熱帯魚」「凶悪」「怒り」など人間の弱さと残酷さを描いた映画たちです。今作「ユリゴコロ」「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか」予告でこのセリフを聞いた瞬間に先の映画と同種の匂いを感じました。そして悪趣味である僕はその匂いに誘われました。また、闇が観れるな…しかしその期待はある意味満たされ、ある意味裏切られまし [続きを読む]
  • 隠れた傑作 韓国映画ランキング
  • こんにちは or こんばんは記念回はランキングでお馴染みのアノ映画日和でございます。今回の記念は読者様600名記念パチパチパチ(セルフ) 有難うございます。2年近くやってると読んでくれる方も増えるもんだなぁ...と感謝の気持ちで一杯です。さて今回のランキングは以前からやりたかった韓国映画です。傑作映画が沢山あるのにどこのレンタル店でも棚1つか2つの扱い。(韓国ドラマの棚は通り2列分ぐらいある癖に)これではイカン [続きを読む]
  • 「IT それが見えたら、終わり」感想 1990 vs 2017 新旧の優劣と違い
  • 27年ぶりにスティーブンキング原作「IT」がリメイクされ大ヒットしました。DVDも販売、レンタル開始されたので既に鑑賞済みの方も多いでしょう。そしてその中には、これ旧作も観といた方が良いのかな?旧作はやっぱり色々違うのかな?なんてモヤモヤしてる方もいるのでは?逆に旧作は観たけど新作はまだ、なんて方もいるでしょう。はい、今回はそんな方々の為に観るべきか否かのご参考に新旧の違いを紹介します。ついでに優劣まで [続きを読む]
  • 「君の膵臓をたべたい」感想 100回観れば100回泣けます
  • この映画の記事を書くつもりは1ミリもなかった僕は見え透いた泣かせ映画が大嫌い。「君の膵臓をたべたい」なんて見え透いたタイトルなんだそんな涙の押し付けのような映画で僕は絶対泣かない。日本中が涙に包まれても、全米が泣いても僕は泣かない。でも今僕はこの記事を書いている。つまり、そういうことです...2017年/日本監督:月川翔出演:浜辺美波、北村匠海、小栗旬、北川景子、上地雄輔、ほか上映時間:115分88点ざっくりあ [続きを読む]
  • 隠れた傑作 泣ける邦画ランキング
  • (とっくに)あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。さて、今年はじめの記事は記念回恒例のランキングです。今回の記念は読者様500名記念です。いやぁ、有難い武道館ならスカスカですが近所の市民会館ならいっぱいになる人数です。そんな沢山の方々に応援して貰ってるのかと思うと涙が出そうです。ということで今回のランキングは泣ける映画(ちと強引?)そして新年らしく邦画限定でいきましょう。と言って [続きを読む]
  • PIXAR/ピクサー映画全19作を5段階評価してみた
  • 好きな監督や俳優の映画を追いかけるこれは誰でもあるんじゃないでしょうか1人や2人推しの俳優や監督さんがいるでしょう、しかし好きな会社を追いかけるこれはあまりない気がします。例外的に存在するとすれば、それはピクサーじゃないですか?意識してないけど気が付いたら結構観て...え?あ、ジブリ?そうですね、ジブリも結構…マーベル?うん、マーベルも...ディズニーうるせぇ!今回はピクサーなの!命なきモノに命を与え、言 [続きを読む]
  • 「ダイ・ハード」感想 ハンス目線で観るダイハードも超面白い
  • クリスマスです。クリスマス映画と言えばダイハード。これは映画好きの常識ですね。とは言え、何回、いや何十回も観たからもういいよ…という方がほとんどだろう。そこで何十回も観た好きな映画を新たに楽しむ方法を教えましょう。それはズバリ『主人公以外の目線で観る』です。今作は幸いにも魅力的な登場人物が沢山います。中でもジョンマクレーンにヒケをとらない程の魅力の持ち主ハンス・グルーバー今回は徹底的に彼目線で紹 [続きを読む]
  • 2017年ヒット作の陰に隠れた傑作映画ランキング
  • 今年も残すところあと僅か。この時期、映画好きさんの最後のお仕事といえば、今年のMy Bestの発表。僕も毎年あげています。振り返ると今年も話題作、ヒット作が多かった。邦画では例年以上に漫画原作映画の実写化が多く、原作ファンから賛否の声があげられた。またSF超大作映画の続編のヒットも目立ちました。2017年は実写化映画とSF映画の年だったと言えるかもしれません。しかしそんな話題作、ヒット作の陰にそれらの面白さにヒ [続きを読む]
  • 「ライフ/LIFE (2017)」感想 目的地、絶望。
  • 皆さんは映画のタイトルやジャケ写でこんな映画だろうなと勝手に思いこみ、いざ鑑賞してみたら全然違った…なんて経験ありませんか?僕はしょっちゅうです。今作もそうでした。タイトルがLIFEで宇宙服の3人てっきり宇宙で危機に陥り、なんとか助かり命の尊さを知るみたいな感動系?かと。アポロ13とかゼログラビティとか...でも実際は感動とはほど遠い映画でして、まさかアレがああなるとは2017年/アメリカ監督:レット・リース、ポ [続きを読む]
  • 「ケンとカズ」感想 見逃し厳禁、哀しくも熱きクズどもに泣け
  • 2017年も終わりに近づいたこの時期に言うのも何なんだが、2016年の映画は熱かった昨年に比べると今年は少し弱い気がするいやいやこれが普通で2016年が異常だったのだ特に邦画社会現象にまでなった大作やアニメ映画をはじめサスペンスから泣ける映画まで全てのジャンルで傑作揃い。ワインではないが、2016年は邦画の超当たり年だ観る映画に悩んだらとりあえず2016年産の邦画から選ぶことをお勧めするなどと、偉そうに語る資格は僕に [続きを読む]
  • 「ゲットアウト」感想 テイクアウト系ホラー、恐怖は遅れてやってくる
  • 刺激が後から来るってあるじゃないですか?辛さとか食べた瞬間はそうでもないのに後から辛い辛い辛いって。それは映画でもあって観賞中はそうでもなかったのに、後から思い出して笑ったり泣いたりってのはしょっちゅうです。でも怖いという感情、すなわちホラー映画ではなかなかありません。怖さのピークは観賞中で、それを後から越える事はまず無いです。でも稀にあるんですよ、後から怖さがどんどん湧いて膨らむ作品が。今回はそ [続きを読む]