にゃん太 さん プロフィール

  •  
にゃん太さん: 乙女雑記帳
ハンドル名にゃん太 さん
ブログタイトル乙女雑記帳
ブログURLhttps://ameblo.jp/nyaaata0530/
サイト紹介文備忘録も兼ねた主に乙女ゲームのぐだぐだ感想ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/04/30 10:39

にゃん太 さんのブログ記事

  • 【PC】神凪ノ杜 龍神奇譚 *全体感想*
  • 物語目を覚ますと主人公は見慣れない部屋のベッドに寝ていた。ここはどこだろう……そう考えかけて気付く。自分が、自分の家も、名前も、何もかも忘れてしまっていることに。記憶を失った彼女は、しばらくの間高校を休んで、家業だという『よろず妖屋』の仕事をすることになる。屋敷に住む妖や神様に助けられながら、懸命に仕事に取り組む主人公。しかし、村で行われた灯篭流しの祭りの日を境に、彼女は自分の両親の死の謎、そして [続きを読む]
  • 乙女ゲームの好きなOP
  • こんばんは、にゃん太ですブラコン思ったより早く終わったので、ちょっと乙女ゲーム休憩してます。明日くらいから神凪ノ杜入れたらな〜と計画中休憩はしてるけど乙女ゲームからは全く離れられてないので、中古で『double score』三本見つけたので買いましたよ、巫女JKのやつです。プレイするのは来年になりそうですが… で本題ですが。ブログ書いてる時の作業BGMにしたり、暇ですることないなーって時によく乙女ゲームのOP観たりし [続きを読む]
  • BROTHERS CONFLICT BRILLIANT BLUE *全体感想*
  • 物語ある日父の再婚で相手方の家に住むことになった主人公。そこで出会った新しい家族、新しい兄弟13人。今まで父親と二人で暮らしてきて、寂しい思いをしてきた主人公は大勢の兄弟に囲まれる生活に戸惑いながらも、とても楽しく、充実した日々を過ごしていた。ところが一緒に過ごすうちに主人公に妹としてではなく『女性』として想いを寄せてしまう兄弟たち。兄弟内で起こる「衝突」の行方はーー。キャスト(敬称略):PP攻略可 [続きを読む]
  • 【10月】乙女ゲーム情報+プレイ計画
  • こんばんは、にゃん太です 『Cendrillon palikA (サンドリヨンパリカ)』発売おめでとうございます〜!!?私はもうちょっと後にって思ってたんですが、プレイしてる方結構多くて・・・しかも何だか面白そうじゃないですか。特に鏡界の白雪が好きな人に刺さりそう・ダメンズが沢山・シナリオがいいっていう感想見てあ、これ早いうちに買わねばと決心しました。テレビと一緒に買おうと思ってたんですが、先にゲーム買っちゃおうかな [続きを読む]
  • BROTHERS CONFLICT PASSION PINK *全体感想*
  • 物語ある日父の再婚で相手方の家に住むことになった主人公。そこで出会った新しい家族、新しい兄弟13人。今まで父親と二人で暮らしてきて、寂しい思いをしてきた主人公は大勢の兄弟に囲まれる生活に戸惑いながらも、とても楽しく、充実した日々を過ごしていた。ところが一緒に過ごすうちに主人公に妹としてではなく『女性』として想いを寄せてしまう兄弟たち。兄弟内で起こる「衝突」の行方はーー。キャスト(敬称略):PP攻略可 [続きを読む]
  • 【PC】軍靴をはいた猫*キャラ別感想*
  • ※※ネタバレ含みます※※フルコンプした後に書いてます。ご注意を。 帝国が貿易交渉のため和国に来航していた時期に起こった和国国王の暗殺事件。そんな時、和国側がやるべきこと、結論を出さなければならないのがこの二つ・暗殺事件の犯猫を見つける・帝国との貿易交渉の返答 相手側がバタバタしているとはいえ帝国も命懸けで交渉に来ているので、おいそれと何の成果もあげず国に帰ることはできません。なので、帝国側の要求は [続きを読む]
  • 【PC】軍靴をはいた猫 *全体感想*
  • 物語ここは“獣の耳”と“尾”を持つ「猫族」が住む世界。猫たちは「ニンゲン」と呼ばれる神様を「試練を与える代わりに猫たちの願いを叶えてくれる」存在として崇め奉っていた。廃墟と自然が調和した豊かな国「和国」。その姫であるタマは従兄コタロウとの結婚を間近に控え、「ニンゲン」に結婚を報告する「婚礼の儀」の日を迎えた。儀式は厳粛に執り行われ、何事もなく終わるかと思われたその瞬間、まばゆい光とともに一人の青年 [続きを読む]
  • カスタムキャストで乙女ゲームヒロイン作ってみた(ㆁωㆁ*)
  • こんばんは〜にゃん太です。夏も終わって肌寒くなってきましたね、つーか寒い!!!!!気付けばもう10月も終わりそう。最近仕事ばかりしてるので日が経つのがあっという間な気がします・・・・・・夏よりも秋・冬の方が好きだし元気なんですけど、起きれないんですよね…目覚まし何重にかけても起きれません(涙;;)  そういえば今日ね、会社の健康診断だったのだけどなんと高校時代より身長が1?縮んでいる、という;;;; [続きを読む]
  • カエル畑DEつかまえて・夏 千木良参戦! *キャラ別感想*
  • ※※ネタバレ含みます※※ ・空閑正臣(cv.岸尾だいすけ)そういえば本編でも空気無視してテレビ見る子ではあったけど、それが超のつくマイペースだったからなんだと得心しました(笑)FDでもそれは健在で、男が大半を占める夕飯時にラブシーンの濃い恋愛ドラマを見だします。気まずすぎるやろ… ■アナザーストーリー恋人になった夏のある日、道端に干乾びた一陽(記憶喪失)を発見し、保護することに。一陽の現状に自分を重ねた空 [続きを読む]
  • カエル畑DEつかまえて・夏 千木良参戦! *全体感想*
  • 物語■アナザーストーリー友情は徐々に深まれど、誰かと特別な関係になることもなく日々浄化に励む、お馴染み月蛙寮のメンバー達。振り返れば暦の上では、早七月も末の夏休み。なのに誰一人として遊びに出掛ける計画の一つもない。・・・・・・が、ふとしたことで半強制的に出掛けることになった彼らが何故か友達の友達まで交えて、向かった先は海。そこで起こる様々な出来事に、遂に動き出す彼らの関係。そして始まる彼と彼女のもう一つ [続きを読む]
  • カエル畑DEつかまえて☆彡*キャラ別感想*
  • ※※ネタバレ含みます※※ 【ざっくり概要】かつては宿場町として栄えた「月宿市」。数多くの不思議な言い伝えがあるこの土地で、地名の由来となった伝承に"雨女之月宿姫"の話がある。その身を犠牲にして土地の浄化を行ったと言い伝えがあるが、神か人か定かではない。その彼女を祀った月宿神社と神使の蛙、土地の浄化というのがストーリーの肝になっています。 事の発端は土地の浄化を行っていた月宿の主が人間界にお隠れになっ [続きを読む]
  • カエル畑DEつかまえて☆彡*全体感想*
  • 物語『――全ては社を壊したところから始まりました』菅野風羽(すがのふう)は月宿(つきやど)高校に通う一年生。その日は先輩の 『法月(のりづき)』 、同級生の 『広瀬(ひろせ)』 らと共に、部活の一環で何故か “月宿の七不思議” についての聞き込みをしていました。特に面白そうなネタを拾える訳でもなく、刻一刻と無駄に流れていく時間。「あー、そーいやうちの学校に変な社あったねー。あれでも調べてみるー?」 [続きを読む]
  • 【IOS体験版】KISS→MISSをプレイしてみた感想
  • こんばんは、にゃん太です。カエル畑絶賛お楽しみ中ですが、ちょっと息抜きに1時間程度で遊べるという『KISS→MISS』をプレイしてみたのでその感想をば。以下雑感です。 PCだったらDLするの億劫で手を出しにくかったんだけど、スマホで出来るとなるとプレイしやすいなーって思いましたね。勿論完全版だと容量の問題でスマホは難しいですが・・・。 物語は記憶をなくしたヒロインが母の母校である紅玉学院に転入することになると [続きを読む]
  • 【9月】乙女ゲーム情報+近況
  • こんばんは、にゃん太です最近涼しくなってきたな〜って思ってハッとしたんだけど、もう今年終わるのね…!!(気付くの遅い)秋はいいですよね〜服も可愛いし、メイクも可愛いし…秋のファッション大好きです。食欲はいつも通り。 私はもう喉痛いですが(笑)風邪ひきやすくなる時期でもあるのでお互いね、気を付けようね では早速本題に。 B’s-LOG 2018年11月号980円Amazon 気になったところだけ書いてます。 ■オトメイト新作関 [続きを読む]
  • 二世の契り-にせのちぎり-*全体感想*
  • 物語主人公である白羽真奈は、弓道部に所属する普通の高校生。変化の少ない日常生活の中、真奈は突然の出来事に巻き込まれ、戦国の世に飛ばされることとなる。戦国と呼ばれる時代。いつ終わるとも知れぬ乱世。上杉政虎──後の上杉謙信の前に突如姿を現した主人公。不思議な衣装を纏い、奇妙なことを語る主人公に興味を持った政虎は春日山城に連れて帰るのみならず直属の忍び【軒猿衆】に警護を命じる。平穏をただ当たり前に享受し [続きを読む]
  • ピオフィオーレの晩鐘*FINALE感想*
  • ※※ネタバレ含みます※ 隠しキャラが立花さんキャラだと知って、もう歓喜でした…本当にありがとうございました…;;;;;;;;;;;;;;;;;というかこの方の声で罪とか罰とか言われると否応なしにコロッといっちゃうのです。あまりにも似合いすぎる。 宿命に巻き込まれた先代の『鍵の乙女』の末路がどうなったか、この√で明らかになるのですが生き残った弟が復讐に生きる意味を見出すのも仕方ないなって思います。鍵 [続きを読む]
  • ピオフィオーレの晩鐘*ギルバート・レッドフォード感想*
  • ※※ネタバレ含みます※FINALE√までのネタバレを含むので、まだ見たくないって方は注意してください。 ギルバート・レッドフォード(cv.森久保祥太郎) ギル以外のエンド見ないと開かない攻略制限が付いたキャラです。安心感が凄かったです。リリィが感じそうな不安を感じる前に排除してくれるので、人柄に惹かれます。俺の隣にいれば安全だと、保護してくれただけじゃなく身の回りのものをそろえてくれたり…太っ腹でした…。女 [続きを読む]
  • ピオフィオーレの晩鐘*オルロック感想*
  • ※※ネタバレ含みます※FINALE√までのネタバレを含むので、まだ見たくないって方は注意してください。 オルロック(cv.豊永利行) オルロック含めた教国の使徒は、ファルツォーネがちゃんと守護者としての役割を果たしているか監視するという役目があります。(本当はファルツォーネの後継者に正しく伝承を伝える役目もある)けれど、今のファルツォーネにはその権利がないと判断したオルロックの上司、ヨゼフは独断で動き、オル [続きを読む]
  • ピオフィオーレの晩鐘*ニコラ・フランチェスカ感想*
  • ※※ネタバレ含みます※FINALE√までのネタバレを含むので、まだ見たくないって方は注意してください。 ニコラ・フランチェスカ(cv.木村良平) 女性の扱いに長けた典型的なイタリア男。ダンテの従兄弟で、ファミリーのアンダーボスを務めています。 ニコラと相性が悪すぎて、√にも中々入れなかったし入ってもBADENDにしか行きつかないという堂々巡りに休日一日費やしました…もうここまで来たら意地でした(笑)ニコラ√のテーマは [続きを読む]
  • ピオフィオーレの晩鐘*楊(やん)感想*
  • ※※ネタバレ含みます※FINALE√までのネタバレを含むので、まだ見たくないって方は注意してください。 楊(cv.岡本信彦) ピオフィで一番楽しみにしていた√です。危険な男って惹かれますよねぇ…ドキドキこの√は初っ端から楊の部下に誘拐され、起きたら老鼠にいたところから始まるのでこの先を思うと絶望しかないなって思いました(笑)だって開始5分でゲームオーバーだからねww初対面でいきなりキスされたり、生き延びたいなら [続きを読む]
  • ピオフィオーレの晩鐘*ダンテ・ファルツォーネ感想*
  • ※※ネタバレ含みます※FINALE√までのネタバレを含むので、まだ見たくないって方は注意してください。 ダンテ・ファルツォーネ(cv.石川界人) これぞロマンでした。 教国の後ろ盾ありきで治外法権が許されている街の秘密が明かされる√。初回から真相だったけど、あらかじめ知ってた方が話を飲み込みやすいのでダンテからして良かったかな。(まぁニコラ√入れなかったからなんですけど…) ダンテが組するファルツォーネは街の [続きを読む]
  • オトメイトパーティー2018
  • こんばんは、にゃん太です。今年もオトパお疲れさまでした〜〜!どうでしたか?欲しいタイトルor気になるタイトルは見つけられましたか?(私も来年こそは…笑)Switch参入で今年の発表タイトルはどうなるんだろう、と情報待ちの私もドキドキでした。 ?去年の発表タイトル オトメイト特設サイトはコチラ ■新作タイトル・オランピアソワレニルアドスタッフの新作で神話の物語。生まれ持った色で全てが決まる島で、唯一【白】を持つ [続きを読む]
  • ピオフィオーレの晩鐘*全体感想*
  • 物語 すべての秘密はその街に眠っている─時は、20世紀初頭。舞台は、第一次世界大戦直後の南イタリア『ブルローネ』。この街を支配するのは、ブルローネ・マフィアと呼ばれる3つの組織。ブルローネで静かに暮らす主人公『リリアーナ』は、とある事件をきっかけにいずれかの組織へと身を寄せることとなる。なぜ彼女が狙われるのか。なぜ彼女は求められるのか。期せずして鍵を握る存在となった『リリアーナ』は非日常へと巻き込ま [続きを読む]
  • 【8月】乙女ゲーム情報+近況
  • こんばんは、にゃん太です毎日毎日暑すぎますね。早く秋になってくれ…。(日焼け絶対したくないので毎朝日焼け止め塗りたくって1日1トマト目標で食べてます)乙女ゲーム情報でブログ書きに来るのは久しぶりですね。7月は確か書いてなかったはず。8月も書きに来たはいいものの、あまりないのでサラッと終わります(笑) B’s-LOG 2018年10月号1,033円Amazon ■発売日決定・白と黒のアリス-Twilight line-11月15日発売予定 [続きを読む]
  • 【PC】楠屋敷の物語〜秘密のお帳面〜*全体感想+キャラ別感想*
  • 物語 「あの、ビクンビクンってなんですの?」主人公は世間知らずの超箱入り天然お嬢様・万里小路かやの(19)。異性や恋愛、性にまつわる情報から一切遮断した環境で育てられるのが、万里小路家の跡取りの宿命。次期当主である彼女は若い男性に近付くことすら許されず、それでも学生時代に小耳に挟んだ同級生たちの「恋バナ」に、いつか自分も……と、心ときめかせていた。8世紀から脈々と続く由緒正しい名家である万里小路家は、 [続きを読む]