solar24 さん プロフィール

  •  
solar24さん: 売電価格24円で野立て太陽光発電を始めます
ハンドル名solar24 さん
ブログタイトル売電価格24円で野立て太陽光発電を始めます
ブログURLhttp://solar24.blog.fc2.com/
サイト紹介文売電価格24円で野立て太陽光発電を始めます。これまで検討した事や発電所の状況などを記録していきます。
自由文諸事情により、野立ての太陽光発電(低圧)を行うことを決めました。売電価格24円です。太陽光も投資としては微妙な時代になったと思いますが、上手くやっていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2016/04/30 13:00

solar24 さんのブログ記事

  • 年明けの1月、2月は関東平野部でも積雪リスクが高まる
  • 年明けの1月、2月は関東平野部でも積雪リスクが高まるようです。ウェザーニューズ、今シーズン(12月〜3月)の降雪傾向を発表12月は、山間部で次第に雪の日が増え、年末年始には一時的に強い寒気が南下して、山間部では積雪が増加しそうです。1月〜2月は寒気が強弱を繰り返し、山間部の積雪も増減を繰り返す予想です。また、今シーズンは黒潮大蛇行の影響で、南岸低気圧が首都圏に寒気を引き込みやすいコースをとることが多くなる可 [続きを読む]
  • 売電価格20円以下で儲かるのか?
  • ぼちぼち、太陽光発電の2号機を考えています。普通にネットで探しても、なかなか、「これ!」という物件は見つからないのですが、焦らず探していこうと思っています。21円/kWhの物件が見つかることも期待しつつ、来年度のFIT価格での検討も始めました。来年度のFIT価格はまだ決まっていませんが、今までの推移から考えて、おそらく18〜20円/kWhのどこかだと予想しています。私は24円/kWhでも様々なリスクなどを考えると、 [続きを読む]
  • 太陽の活動と円高は関係あるのか?
  • 先日のブログ太陽の活動と景気の不気味な関係の続編です。太陽の黒点数の変化と、為替相場(ドル円)の動きを重ねてみると、これも関連がありそうな気がしてきます。青線がドル円レートで左の縦軸、茶色線が太陽の黒点数で右の縦軸です。2つのグラフは縦軸を調整して比較しやすいようにしてあります。バブル景気が崩壊した1990年以降、太陽の黒点数の減少とともに、円高が進行しています。この円高トレンドでは、1ドルが約9 [続きを読む]
  • 太陽の活動と景気の不気味な関係
  • 太陽の活動に関して、まことしやかに語られていることに、「太陽の活動と景気の関係」 があります。具体的には、太陽の黒点の数が多い時は好景気で、黒点の数が少ない時は経済危機が起こると言われています。確かに、太陽の黒点数の変化と過去の出来事を重ねてみると、単なる偶然とは思えないほど関連しています。1980年代後半のバブル景気2000年前後のITバブル2012年末から始まったアベノミクス景気これらは、太陽の [続きを読む]
  • 過積載で天気がいいのに発電電力がピークカットされない理由
  • 前回のブログの続編です。快晴なのに発電電力がピークカットされないのは、日射量が不足しているためか、設備(パワコン等)がおかしいかのどちらかだと思いますが、設備を確認するには現地に行く必要があるので、とりあえず、日射量の可能性を探ってみることにしました。ソーラーパネルを設置する場合は、地面に対して傾斜角をつけて設置するのが一般的です。ソーラーパネルは、日光がパネルに垂直に入射する時に最大の電力を発電 [続きを読む]
  • 快晴なのに発電電力がピークカットにならない
  • 今日はとても良い天気でした。14時すぎに少し雲があったようですが、それ以外は、発電電力の曲線もきれいな山になっています。このような天気の良い日は、正午前後に発電電力のピークカットが発生するのが普通なのですが、今日は発生しませんでした。秋もこの時期になると太陽の高さが低いので、パワコンの最大電力まで発電できないのでしょうか。それならいいのですが、、、ちょっと気になるのは、今日の発電電力の最大値が、ピ [続きを読む]
  • 仮想通貨の税金に注意
  • 1ビットコインが100万円を超えるなど話題に事欠かない仮想通貨ですが、仮想通貨を売却や使用する時は税金にも注意した方がいいかもしれません。仮想通貨の税金に関して、国税庁から正式に出ている説明はこれぐらいだと思いますが、ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります [続きを読む]
  • 急いで21円物件を買うか、じっくり検討して来年度にするか
  • 売電価格21円の申請期限が発表されて慌てているわけではありませんが、そろそろ2号機をどうしようか、考え始めています。まだ土地も何もない状態なので、今から21円でやろうとすると、すでに「21円物件」として販売されているものを購入するのが現実的だと思っています。ただ、21円物件もだんだん選択肢が限られてくるので、希望に合う物件を見つけるのが難しいかもしれません。21円の物件が買えない場合は来年度の物件 [続きを読む]
  • もう千葉、茨城は系統の空き容量がほとんどない?
  • 何となく気になったので、東京電力の系統の空容量を見てみたのですが、千葉や茨城の系統の空き容量がほとんど0になっています。確か、去年はもう少し空きがあったような気がするのですが、かなり厳しくなってきたということでしょうか?一応、「空容量は目安であるため、接続検討(要申込み)による詳細検討が必要となります」と書いてあるので、空き容量が0でも連系できる場合はあるようですが、連系に時間や費用がかかる可能性 [続きを読む]
  • 実際の発電量がシミュレーションより多い理由(その2)
  • 実際の発電量がシミュレーションより多い理由(その1)では、日射量の年平均のデータを用いて、シミュレーション値との比較を行いました。今回は、日射量の傾向をもう少し細かく検討するため、月別のデータを見てみることにしました。気象庁の2008年から2017年の各年の月別の全天日射量のデータのグラフに、NEDOの年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)の各月のデータを入れると、以下のようになりました。前回と同様、 [続きを読む]
  • 実際の発電量がシミュレーションより多い理由(その1)
  • 太陽光発電の実際の発電量がシミュレーションより多かったという話をよく聞きます。私は今まで、「太陽光は天気次第なので、ばらつきを考慮してシミュレーションは少し低めに出しているんだろう。」くらいにしか考えていなかったのですが、最近、日射量についていろいろ考えるようになって、何となく理由が分かってきました。理由はいくつか考えられますが、1.諸々のばらつきを考慮して、シミュレーション結果を若干低めにしてあ [続きを読む]
  • 原発も地球温暖化の一因ではないか?
  • 原発はCO2を出さないから温暖化対策になる。と、よく言われていますが、そうでもないかもしれません。確かに原発はCO2の排出がない発電方法ですが、「熱」は出します。原子力委員会のサイトの「原子力のすべて」にある、第1章 原子力エネルギーに、原子力発電の効率は33%と書かれています。資源エネルギー庁の「総合エネルギー調査会」のサイトの「発電コスト検証ワーキンググループ」の資料(参考資料2)「各電源の諸元一覧」 [続きを読む]
  • 日射量の長期トレンドは今後どうなる? (5)
  • 東京の湿度が急上昇している。気候に異変か?<続き>で、東京の水蒸気量がここ数年、急上昇していることを書いたのですが、水蒸気が増えると、雲が増えて日射量に影響があるかもしれません。大気中の水蒸気量とかなり関係がありそうなものは、「海」ではないかと思います。そこで、海水の温度に関するデータを探してみると、怪しそうなデータがありました。太平洋十年規模振動(PDO)指数の変動です。これは、北太平洋の主要な海 [続きを読む]
  • 東京の湿度が急上昇している。気候に異変か?<続き>
  • 昨日のブログ東京の湿度が急上昇している。気候に異変か?の続きです。ここ数年の東京の湿度の上昇ですが、原因は気温だけではなさそうです。「蒸気圧」のデータを見て分かりました。1931年から2017年の東京の湿度のグラフに、蒸気圧のデータを追加すると、こうなりました。赤線が湿度、ピンク線が蒸気圧です。2000年より前は、蒸気圧がほぼ一定でも湿度が低下していたので、これは気温の上昇が原因と考えられます。一 [続きを読む]
  • 東京の湿度が急上昇している。気候に異変か?
  • 気象庁の過去データをいろいろ見ていて気付いたのですが、ここ数年、東京の湿度が急上昇しています。これは、東京の2000年から2017年までの相対湿度の推移です。(2017年の11,12月は、2016年のデータを使っています)年平均の推移をみると、60%位で安定していた湿度が2015年に急上昇して、そのまま現在になっています。もっと長期の推移は、次のグラフです。東京の1931年から2017年までのデータです。赤線が相対湿度の年平 [続きを読む]
  • 2017年の雑草対策を総括
  • 秋になって雑草もだいぶ落ち着いてきたので、今年1年の雑草対策の総括をしたいと思います。今年は除草剤を3回散布しました。★除草剤散布1回目(5月上旬)まだ雑草はそれほど大きくなっていないので、もう少し待ってもよかったのですが、大量発生した毛虫を退治するために除草剤を散布しました。除草剤はカインズの格安品(500ml)を1本、希釈倍率約50倍で使用。★除草剤散布2回目(7月上旬)6月後半から雑草の成長 [続きを読む]
  • 地面師に注意
  • 最近、地面師に関連したニュースをよく見る気がします。アパ、土地売買で12億円被害 「地面師」数人を逮捕積水ハウス「地面師」被害で刑事告訴 55億円被害この2つは最近ニュースでかなり取り上げられましたが、都内でこの3年間に少なくとも20ヶ所で被害の訴えがあるそうです。「地面師」 再び暗躍 その手口とは地面師に狙われやすい物件は、・空き地または空き家・所有者が遠方にいる・立地が良い・抵当等が付いていな [続きを読む]
  • 車の住所変更をインターネットでやりました
  • 先日のブログ「自動車保有関係手続のワンストップサービス」は、まだ使えないのか?の続編です。何度か電話で問い合わせをしましたが、無事、自家用車の住所変更(ナンバー変更を含む)を完了することができました。今回、はじめて 「自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)」 を使ったのですが、手続きを普通に紙でやるよりは、簡単にできたのではと思います。(今まで車の住所変更を自分でやったことはないので、半 [続きを読む]
  • 日射量の長期トレンドは今後どうなる? (4)
  • 前回までのブログ日射量の長期トレンドは今後どうなる? (1)日射量の長期トレンドは今後どうなる? (2)日射量の長期トレンドは今後どうなる? (3)の続きです。太陽や日射量に関して調べていると、いろいろ気になる事が出てくるのですが、その1つは、太陽の黒点の数との関係です。太陽の黒点の数は、11年前後の周期で増減していて、黒点の数が多い時=太陽の活動が活発な時黒点の数が少ない時=太陽の活動が活発でな [続きを読む]
  • 日射量の長期トレンドは今後どうなる? (3)
  • 前回までのブログ日射量の長期トレンドは今後どうなる? (1)日射量の長期トレンドは今後どうなる? (2)の続きです。日本の日射量が長期的に増加傾向なのは、大気中の浮遊粒子状物質(SPM)が年々減少しているのが原因だとすると、この増加傾向がいつまで続くのか、ある程度予測できるかもしれません。環境展望台のサイトの、「日本の大気環境」のページで、過去の大気中のSPMの経年変化を見ることができます。1994年か [続きを読む]
  • 日射量の長期トレンドは今後どうなる? (2)
  • 前回のブログ日射量の長期トレンドは今後どうなる? (1)の続きです。日射量が長期的に増加傾向である理由について、ネット上でいろいろ調べていたところ、有用と思われる資料を見つけました。日本太陽エネルギー学会の学会誌に掲載された「国内の日射量変化について」という研究論文です。この論文では、日本国内の日射量が近年増加している事象について、いろいろ検証した結果が書かれています。ポイントを順に書くと、1.太 [続きを読む]
  • 日射量の長期トレンドは今後どうなる? (1)
  • 太陽光発電にとって日射量は非常に重要だと思います。天気の良い日と悪い日で、発電量が10倍も違う時もあります。今年は8月以降、悪天候で日射量の少ない日が多く、発電量は厳しい状況になっています。これが短期的な現象ならあまり気にする必要はないと思いますが、もし長期的に日射量が低下していくような傾向であれば、大きな問題になるかもしれません。そこで、日射量の長期的なトレンドについて、少し検討してみることにし [続きを読む]
  • 今年の10月の日射量は過去20年で最低かもしれない
  • 今月は、日経平均が16連騰するなど、株価は絶好調のようですが、発電量は絶不調でした。今月の発電結果はこんな感じです。月の中盤の悪天候の連続が発電量を低下させました。過去10年の東京の月別日射量のグラフに今月のデータを追加すると、こうなりました。気象庁の「過去の気象データ検索」のデータを使用しています。今月は昨日(10/30)までのデータです。赤線が今年ですが、8月に続き、10月も過去10年で最低の日射 [続きを読む]