RM さん プロフィール

  •  
RMさん: ファースト バージョン
ハンドル名RM さん
ブログタイトルファースト バージョン
ブログURLhttps://silent.muragon.com/
サイト紹介文聖書の創世記、出エジプト記とイエスさまの御言葉を中心に書きたいと思います。
自由文福音書でイエスさまは再臨の時のことを「その日その時は誰も知らない。天使たちも子も知らない。ただ父だけが知っておられる。」といっているのに、新聖歌「聖なる、聖なる、聖なる」では 〜三つにまして 一人の神〜 とイエスさまはすべて知っていることになります。この二つは矛盾しています。どちらかが間違っていることになります。イエスさまの御言葉は絶対正しいです。ということは新聖歌の方がおかしいことになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1760回 / 365日(平均33.8回/週) - 参加 2016/04/30 22:42

RM さんのブログ記事

  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1855話
  •  午後7時、 D君 「それで思い出したんだけど、いつも相手のプライドを傷つけないよう    気を配っている人は、全体の50%の事しか話さないんじゃないかと思うよ。 いつも「私はこう思っています。」で話は終わると思う。それをつい人は相手を 論破して、言い返せないようにしてやろう、と考えがちだが、それは逆効果だと思う。 カルテット1話で皆が一緒に唐揚げを食べるシーンがあるんだけど、そのとき誰かが 他人 [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1854話
  •  午後6時30分、 D君 「最近面白い事を思いついてね。」。。。。。。。。。。 リカ 「なに面白い事って。」。。。。。。。。 D君 「近頃なにかと将棋が話題になるよね。」。。。。。 リカ 「そう、それなのにあんまり将棋のルールを知らないから悔しくて。」 D君 「女の子だから仕方ないよ。それで詰将棋って聞いたことある?」 リカ 「名前だけは聞いた事あるけど、やったこと無い。」。。。。。。。。。 D君 [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1853話
  •  午後6時15分、 D君 「リーナは豆腐が好きだね。僕も好きだよ。じゃあ、お祈りして食べよう。    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////アーメン。」 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 リカ 「ごめんね。手抜きしちゃっ [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1852話
  •  午後5時40分、リーナは冷蔵庫から鶏肉を出した。ボールの中に唐揚げ粉を入れ 鶏肉を入れかき混ぜた。///////////////天ぷら鍋に天ぷら油を注ぎ、ガスレンジの火で 熱し、鶏肉を入れた。////////////////////////////////唐揚げが揚がった。彼女は鍋にお湯を 沸かし、サイコロ状に切った豆腐一丁を入れた。午後6時。彼女はワカメの味噌汁 を作ろうと思い、小さい鍋でお湯 [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1851話
  •  午後5時20分、リーナは会社から帰宅途中にスーパーに立ち寄った。 リカ 「今晩は湯豆腐と唐揚げだから、豆腐とかつお節と、えーと鶏肉は     家にあるからいいし、あっそうだ。卵があと少しだから買わないと。」 彼女は豆腐、かつお節、卵1パックを買って//////////////////////////レジで会計して //////////店を出て//////////////////////車に乗り込 [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1850話
  •  8時、二人は朝食を食べ終えた。D君は食器を台所の流し台に持って、 行き洗い始めた。/////////////////////リーナは自分の鏡台でメイクをし始めた。  8時15分、D君は出勤までまだ時間があるのでコーヒーを作り?〜TVを見ながら 飲んでいた。、、、、、、、、、、、、、、、、、、、  8時30分、二人はアパートの玄関を出て、D君がドアをロックして///////////////// / [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1848話
  •  7時5分、D君は台所に行き////////////////////冷蔵庫から卵2個を出した。小さい鍋の 中に2個の卵を入れ、卵が8割隠れるぐらい水を入れ、ガスレンジの強火の火に 掛けた。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜沸騰したので中火に火を弱め〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜1分経ったので、蓋をして、さらに弱火に火を弱め〜〜〜〜〜 [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1847話
  •  7時、リーナを起こす時間だ。D君は何時ものように寝ているリーナの肩口に ピッタリあぐらをかいて近づき、両手を後頭部と背中に入れ「よいしょ。」と 持ち上げ、座った姿勢のリーナがぐらぐらしないよう、横から強く抱きしめた。 D君 「おはようリーナ、朝だよ。」 リーナ 「うーん、良く寝た。しばらく抱きしめていて。」 D君 「わかった。」彼はリーナの柔らかいからだを抱き続けていた。//////////// [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホットする人(P君)1846話
  •  6時15分、聖書を読む時間だ。今朝読むのは民数記17章。主はモーセに命じた。 「イスラエルの12部族の祖父の家ごとに1本ずつ杖を取って、その杖に祖父の家の かしらの名前を書くよう。レビ族の杖にはアロンの名を書かなければならない。 それを会見の天幕の中の、あかしの箱の前に置くよう。わたしが選ぶ人の杖は 芽を出す。こうしてイスラエル人があなたに向かってつぶやく不平をわたし自身が 静めよう。」それで1 [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1845話
  •  10月12日(水)朝6時、D君は起きた。室温18度。リーナはスヤスヤ寝ている。 彼はリーナを起こさないよう静かに布団から出て、ベッド後にし脱衣室に向かった。 ///////////////////脱衣室で静かに顔を洗い、服を着替えた。それから台所に行き//////// ////////////お湯を沸かし〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜し [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1844話
  •  午後8時20分、D君はバスルームから出て、脱衣室で体を拭き黒い下着に着換え、 髪の毛をバスタオルで髪の毛を拭きながら、薄暗いベッドルームに入って行った。 /////////////////////////////////リーナは黄色いパジャマを着てベッドに横になっていた。 D君はベッドの上のリーナを抱きしめキスをした。 D君 「リーナ、好きだよ。」 リカ 「私もディーンが好き。」 D君 「リーナ [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1843話
  •  D君は大事なことに気がついた。それは1が無ければ2は無い。2が無ければ3は 無い。と言うことだ。どういうことかと言うと、これは独身時代に自炊していて 気がついた。彼は料理を4工程に分けていた。1は食材を集める事。2はそれを 一口大なりに切り刻む事。3はそれを焼く、煮る、炒めるのいずれか料理する事。 4はそれに味付けをする事。ほとんどの料理がこの4工程で作られていることに 気がついた。1を全力で全 [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1842話
  •  D君は思った。人には大きく分けて、自家発電型の人と電力供給型の人がいる と思う。何を意味するかと言うと。自己責任感がある人は自家発電タイプの人 だと思う。彼は周りの環境に関係なく、どこでも電力を作ることができる。周りが どんなに劣悪な環境でも、その中で自分に今あるもので、何とか次のステージに 上ろうと、もがく。また次のステージに上ろうともがく。これは登山と同じで 「あそこまで頑張ろう。」と全力を [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1841話
  •  午後7時50分、リーナが脱衣室からバスタオルで髪の毛を乾かしながら 出て来たので、代わりにD君が脱衣室に入って行った。////////////////////////////////////  午後7時55分、D君は、お風呂に入りながら、まださっきの事が気になっていた。 彼は気になる事があると、つい研究したくなってしまう癖があった。僕は割と 高学歴じゃないから、昔は自分の気持ちに正直だったような [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1839話
  • リカ 「へー、そうだったんだ。それで最初の将棋の話とどう関係するの?」 D君 「ごめん、つい話が脱線しちゃったね。話を元に戻すと、将棋は相手の   打つ手の先を読むゲームなんだ。恋愛でも相手が今自分の事をどう思っているか?   によって、こちらも今どんな手を打てばいいかわかる。自爆男は今はまだ 告白する時期じゃないのに、告白して自滅してしまう。その点、恋愛偏差値が 高い人は告白する時期がよくわかる [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1837話
  •  午後5時20分、リーナがD君より先にアパートに帰って来た。??//////////////////// 階段を上り//////////////////////////2階の一番奥の204号室まで歩き/////////////////////部屋の ドアのロックを解除した。中に入り電気をつけ、冷蔵庫からキャベツ、もやし、 長ネギ、豚バラ肉、小麦粉、かつお節、だしの素、青のり、おたふくソース、 マル [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1836話
  •  8時、 リーナ 「昨日は私の好きなクリームシチューだったから、今日はディーンの      番だけど何がいいの?」 D君 「そうだね。お好み焼きがまた食べたいけどメンドクサイよね。」 リーナ 「そんなことないよ。そんなこともあると思って、この間スーパーで     買っておいたの。」 D君 「じゃあ、今晩はそれでお願い。」 D君は食器を台所の流し台に持って行き洗い始めた。/////////// [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1835話
  •  7時45分、 D君 「まず、その人が救われるように祈るんだ。ここまではクリスチャンだったら    誰でもすると思う。僕が昔、使徒の働き12章を読んだとき、衝撃を受けた。    それはペテロが捕らえられ牢獄に入れられた時、クリスチャンは教会に 集まり、ペテロが解放されるよう熱心に祈っていた。/////////////////それで実際に ペテロが解放され教会に帰って来たのに、女中一人が信じただけで [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1833話
  •  7時5分、D君は台所に行った。//////////////////////////冷蔵庫から卵2個を出し、小さい鍋 に入れ、卵が8割ぐらい隠れるくらい水道の水を入れた。それをガスレンジの火で 熱した。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜しばらくして沸騰した。。。。。彼は思い出していた。 「中1、蓋弱3、止蓋10」これさえ覚えておけば、ゆで卵作りは [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1832話
  •  7時、リーナを起こす時間だ。D君は何時ものように寝ている彼女に、出来るだけ 近づいて、あぐらをかいて座り、両手を彼女の肩と後頭部に入れ、「よいしょ。」 と持ち上げた。彼女が座った姿勢のまま、彼は彼女に横から強く抱きしめた。 D君 「おはよう、リーナ。」 リカ 「うーん。おはようディーン。しばらくこうしてて。」/////////////////////////   「もういいよ。スッキリした [続きを読む]
  • 暖かく無関心なホッとする人(P君)1831話
  •  10月11日(火)朝6時、D君は起きた。室温18度。リーナはいつものように まだ寝ている。彼はリーナを起こさないよう静かに布団から出て、ベッドを 後にし、//////////////////脱衣室で静かに顔を洗い服を着替えた。それから台所に行き //////////////////////お湯を沸かし〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜しばらく [続きを読む]