みやQ さん プロフィール

  •  
みやQさん: 「くすりや」の「現場」
ハンドル名みやQ さん
ブログタイトル「くすりや」の「現場」
ブログURLhttp://miyaq.hatenablog.com/
サイト紹介文薬屋が見た、聞いた、考えた、さまざまなことを書いていくブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/05/01 21:56

みやQ さんのブログ記事

  • 企業の論理 対 医療の倫理
  •  たとえ営利企業であっても、持たねばならないモラルはある。 今回は、営利企業であっても矜持は必要というテーマで書きます。 薬局を運営する企業の不正請求や、ドラッグストアでのタバコの販売、科学的根拠のない医療情報を提供する出版社やインターネットコンテンツ企業。 「利益を上げなければいけないので、仕方なかった。」 「企業は、利益を上げなければならない。」このように経営者は言います。 しかし、 [続きを読む]
  • 血圧の配合剤多すぎワロタ
  • 単剤の用量を考えると、ミカムロAP=アイミクスLD=ユニシアHD=エックスフォージ=ザクラスHD=レザルタスHD=アテディオというところ?これでも、配合剤では調整できない用量になるようで・・・さらには、3種類の薬が混ざった配合剤がありましてミカトリオ配合錠 テルミサルタン80mg+アムロジピン5mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg(ミカルディス80mg+アムロジン/ノルバスク5mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg)(ミ [続きを読む]
  • 在宅専門薬剤師+常駐専門薬剤師=薬局企業との契約???
  •  在宅療養支援をする薬剤師と、薬局で相談応需をする薬剤師は別にした方が内部外部両方にメリットが大きいと考えます。 1.外部からみて メリット ・在宅担当者は外来をやらないので、緊急対応をする場合でも動けない要因が減る  (ゼロにはなりません。他の患者さんの家に行っている場合や地域ケア会議やサービス提供者会議に出席していたり、日常生活を送っていたりしますので)・常駐専門者はずっと薬局内にいることにな [続きを読む]
  • 一包化調剤鑑査機「PROFIT 1D」見学体験レポート
  • 日本薬剤師会学術大会の機器展示ブースで話題になっていた、一包化監査支援システムの紹介をします!最初に言っておこう!「監査」「監査」「監査」漢字ちゃうねん!鑑査やねん!デジタル大辞泉によるとそのものの優劣・適否・真偽などを鑑定し審査すること。「応募作品を鑑査する」やねん!まず最初に突っ込んでおいたところで、本題に入ろう。<特徴>一包化した薬の画像を撮影しその情報から薬を鑑別します。既存の同じよう [続きを読む]
  • 非常にシンプルな「健康本」の否定
  •  「○○をすれば(やめれば 病気は治る」という健康本に対して、非常に簡潔に否定をしたいと思います。 「○○をしたら一気に健康になるのならば。その方法を止めれば一気に病気になるのではないか」 健康本や怪しげな健康食品などは人間の恒常性を完全に否定しています。ひとつ血圧が上がるにしても、非常に多くのしくみが働いています。そのようにして、ひとつのルートが止められてもそう簡単に人が死なないようにできて [続きを読む]
  • 研究倫理審査ってなんだ(非常にざっくり)
  •  来年の日本薬剤師会学術大会より義務化される「研究倫理審査」。これはどんなものでしょう? 非常にざっくり説明すると「人を対象とする研究をする場合は、研究対象となる人に不利益にならないような研究計画書を書いて、倫理審査委員会を通してから研究しましょう」というものです。 例えば 臨床試験 はもちろんですが、 薬の使用状況についてのアンケート や 意識調査 も当てはまります。 キーワードは「研究対象者 [続きを読む]
  • 【立てよ薬剤師】ブログやSNSでの発信、その目的とその先にあるもの
  • 薬剤師が情報発信をする有効性については「立てよ薬剤師プロジェクト」のポスター発表で説明したと思いますので、ここでは自身が情報発信をする目的と注意点を紹介します。1.備忘録、自身の学習内容の共有2.薬や医療について知られていないことをなるべく簡単な言葉で解説するに大きく分かれます。SNSでの投稿は、「なるべく少ない文字数で、確実に伝える」訓練になっています。ブログやSNSの発信で気をつけること1.わかり易い [続きを読む]
  • 機能性表示食品の科学的根拠って?
  •  機能性表示食品を販売する時は、消費者庁に安全性や機能性について検証した結果について届け出をしてからになります。科学的根拠に基づいて効果や安全性について検証されたデータや論文に基づいています。研究のしかたもしっかりしていて、このデータについては客観的といえます。機能性食品の機能性の評価方法最終製品を用いた臨床試験(人を対象とした試験)により、機能性を評価している。最終製品に関する研究レビュー(一 [続きを読む]
  • 思考を言語に。言葉が不特定多数に福音を与える「実践薬歴」
  •  こんばんは!多分、最も早い書評ブログになると思います!今回は、参考となる書籍と薬歴の書き方の活用方法もお伝えします。誰も教えてくれなかった実践薬歴|株式会社 じほう 「実践薬学」と比べると薄くて小さいですねー。前回が「鈍器」だったので、今回は「薄い本」にしましょうかw(といっても174ページは同人誌としては薄くない) 今回は「薬歴の書き方」について書かれています。レイアウトもまとまっていて、見や [続きを読む]
  • ヤーズフレックス服用スケジュール表
  • 月経困難症、子宮内膜症の痛みの軽減に使う女性ホルモン剤ヤーズの新しい剤形「ヤーズフレックス錠」を正確に飲むための情報を記事にしました。(患者さん向け)ヤーズフレックスの薬のしおりwww.rad-ar.or.jp こちらの薬、既存のヤーズが24日薬を飲んで4日休んだらまた24錠飲むサイクルだったものを、120日まで連続して飲んでいいとたものです。 120日飲んだら、4日間薬を中止 4日間薬をやめたら、120日間連続薬を飲むの繰り [続きを読む]
  • 説明を嫌がる医師、説明に納得出来ない患者
  • 納得とはdictionary.goo.ne.jpということらしい。 患者が納得しない理由1.情報量の非対称性 明らかに医療に関する知識量が違います。それを学習しようと思ったら相当に時間と手間がかかります。さらに言えば、医師は集めた情報(情報を集めるのもうまいです。診断に必要な情報の見分け方も学びます。情報の精度も鑑別します)を選別し、知識をもって思考して判断するのが仕事です。一般の人より頭の回転が早くないとなれませ [続きを読む]
  • メンテナンスと明細
  •  先日、ガス給湯器の買い替えをしました。車を持っていない我が家で一番お金のかかる器具です。こういうのは故障すると我が家の機能が停止してしまうので、前もって交換するのがベターな商品です。 何社か見積もりを出してもらいました。今回の選定基準見積もりがはっきりしているメンテナンスがしっかりしている商品知識が豊富一番値引きしてくれなかったところです(汗)しかし、どの工事をしてそれに対する費用が詳細に書 [続きを読む]
  • OS-1は健康な人の水分補給に有効?
  •  これから暑くなります。脱水対策にOS-1を買おうとする人が結構いるので、OS-1の正しい使い方と暑さ対策についての記事を書きます。1.OS-1は軽い脱水症状を起こしているときの飲み物2.OS-1の塩分で血圧が上がる場合がある3.室内では冷房を積極的に入れよう 室外での作業はほどほどに そもそも、OS-1のサイトでも「普段から飲む栄養分」という記載はしていません。www.os-1.jp 脱水対策、高齢者の脱水症状のサインについて [続きを読む]
  • そら薬剤師足らんわ
  •  多くの薬局が、「薬剤師が足りなくて在宅など手を出せない」「薬剤師が辞めてしまって、求人を出しても来ない」と嘆いている状況ですが、これを浮き彫りにした資料が発表されました。薬局・薬剤師に関する情報 |厚生労働省の中の・平成29年度かかりつけ薬剤師・薬局機能調査・検討事業かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書(pdfファイル)http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/ [続きを読む]
  • 目の治療だから飲み薬は関係ない・・・ということはありません
  •  今回のブログで覚えること 眼科の手術を行う時にも飲んでいる薬をすべて正確に伝えましょう。 お薬手帳を眼科でも見せましょう。 眼科の先生へ:緑内障の種類をお薬手帳などに記載お願いします。 目の手術が、手術内容によって飲むのを調節する薬が異なってきます。その中でも、白内障の手術は日帰りでも行うことができ、目の表面のみの処置で済みます。局所麻酔なので手術しているところが見えるので人によっては怖いよう [続きを読む]
  • ちょっと待たれよ、健康食品の被害は健康だけではない 
  • yomidr.yomiuri.co.jp 企業の届け出・機能をうたう資料の提供を必要とする「機能性食品」現品を用いた検証を必要とする「特定保健用食品」の枠に入らない、いわゆる健康食品については食品衛生法の管轄になるが、食品としての規制しかない状態です。そこで、特定の成分に関しては健康被害があった場合に報告を義務付けるよう食品衛生法を平成30年通常国会で改正する予定です。 健康食品の害はもう一つあります。金銭トラブルで [続きを読む]
  • 糖尿病の配合剤
  • これだけあっても。あまり合剤が使われている印象がないのは、配合剤は微調整がし辛いのが過大なんでしょうねえ。もしよろしければバナーの お願いしますm(_ _)mにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 命果てても、伝えたことは生き続ける
  •  半年以上前、関西の薬剤師ブロガー諸氏とソクラテス兄さんと飲み会を開催しました。 これが非常に有意義でした。 「やはり、ネットの交流だけでなく直接対面する効果は大きい」 これに尽きます。ICTツールが普及しても、実際に対面しないと出てこない会話が存在します。(それは、たとえスカイプなどでのテレビ電話であったとしてもです。) ネット上の言動では伝わらない、多くの情報とそれぞれの人となりが伝わるいい [続きを読む]
  • ぶっちゃけた研究
  •  先日、このような研究結果が論文化され、世界に向けて発表されました。jech.bmj.com 健康意識の低い男性に対し健康診断を受けてもらうべく パチンコ店にて 若い女性従業員にセクシーな白衣(通常看護師が着るのとは違う)を着てもらい受付いやー、女性の人権問題を考えると炎上しますねこの研究。 しかし、世の中はきれいごとではすみません。そう、食事の内容について虚偽の報告をして森田医師を疑い深い人間にして [続きを読む]