puppetmouth さん プロフィール

  •  
puppetmouthさん: puppetmouth's blog
ハンドル名puppetmouth さん
ブログタイトルpuppetmouth's blog
ブログURLhttp://puppetmouth.hatenadiary.com/
サイト紹介文清水エスパルスについての雑感。基本応援スタンス。遠方なので情報難民。素人なのでまったり更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/05/04 20:42

puppetmouth さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 雑感。
  • 最近はあまりエスパルス関係の意見やブログを目にできていないのですが、試合は全試合見ているので、そこからの個人的雑感をまとめていきたいと思います。総合的にヨンソンエスパルスを見て、その特徴と、シーズンが進んだことによる変化をまとめてみたいと思います。まずはポジティブな面からです。①守備の球際への意識小林監督時代から、4-4-2でしっかりラインを敷いていいポジションを取って守る、FWがボランチをけん制す [続きを読む]
  • 第11節 vs柏レイソル
  • なかなか勝ち試合のときに書けないので、次の試合の前にちょっとおさらいで書きたいと思います。今回は短縮版です。苦しいゲームでしたが、テセのインタビューは清水サポの心に迫るものがありました。そして、遠方ぼっちとしては、ホーム勝利の光景を見るのはとても感動的なものがあります。??フォーメーション短縮版のため柏は省略。・スタートは  北川テセ白崎竹内河井金子二見フレソコ飯田   六反・終盤は    [続きを読む]
  • 第8節 vs浦和レッズ
  • 前半は浦和、後半は清水の流れと対照的なゲームになりました。去年までだったら大差で負けているゲームとも、1点取ってからもう1点を取りきれなかったゲームとも言えると思います。??浦和の攻め方浦和は最近全然見ていなくて、てっきり前監督の印象で4-4-2だと思っていたんですが、監督が変わって今のやり方はミシャの時と似たような感じになってましたね。登録上は興梠と武藤の2トップということでしたが、攻撃時はこの二 [続きを読む]
  • 第6節 vsジュビロ磐田
  • いやー見応えのある試合でしたね。??ジュビロのスタメン     川又   山田  中村ギレ 上原  田口 櫻内  新里 大井 高橋     カミエスパルスは、デュークが前節に続きFWに。また石毛はSHでスタメン。ギレルメが起用された意図としては、アダイウトンの代わりに推進力を出したい、立田のサイドを狙いたいというのがあったと思うのですが、エスパルスはWBをSHが見ることが多く、ビッチ上では山田に立田 [続きを読む]
  • 第3節 vsコンサドーレ札幌
  • ??札幌のポジション    ジェイ   チャナ 三好菅  兵藤  深井 駒井 福森 ミンテ 進藤     クいわゆるミシャ式3-4-2-1です。対する清水はデュークがケガの石毛の代わりに入っています。??前半まず札幌の攻撃の特徴としては、菅と駒井が高いポジションを取るということ。後ろ3枚で回す時に、幾つかのバリエーションが感じられました。1つは、3バックの両サイドバックが自由に持てた時に、対角線のフ [続きを読む]
  • 第1節 vs鹿島アントラーズ
  • 注目の開幕戦ということで、忙しさを振り切って記事アップしたいと思います!!??スタメン清水のスタメンは概ね報道の通りで、  北川クリス石毛    金子  竹内河井松原フレファン立田   六反鹿島のスタメンは  金崎鈴木安部    遠藤  レオ三竿安西昌子植田内田   クォン??前半前半は清水が飛ばしていました。特に石毛と金子は運動量豊富に相手のSBに対して下がらずに距離を詰めて守備していま [続きを読む]
  • AFC U23 Championship グループステージ 日本 vs パレスチナ(と雑感)
  • お久しぶりです。ひっそりと更新します。このゲーム、日本が守備意識高く、堅くものにしたという印象。日本は森保流サンフレッチェ式フォーメーションの3バック。これがミシャ式なら3バックの左右2人がもっと攻めるんでしょうけど、この試合では後ろはあまりポジションを崩さずにじっくり攻める場面が目立ちました。先制点は3バックの左に入った板倉の持ち出しなのですが、ゴールの後はそういった場面はほぼない、というか監 [続きを読む]
  • 第10節 vsG大阪
  • まず、ジュニアユースの関係者の皆さんおめでとうございます!!さてトップですが、勝てた試合だった、負けなくて良かった、どちらとも言える評価の難しいゲーム。いずれにしても、難しいコンディションの中両チームが力を出し合って見応えがあり良い試合でした。??前半両チームとも同じようなフォーメーションで、前後半通じてミラーに近い戦いだったと思います。(ガンバはトップのうち前半アデミウソン、後半倉田は下り目 [続きを読む]
  • 第9節 vsベガルタ仙台
  • ??ルヴァンおさらいルヴァンでの仙台はショートパスをあまり使わずに対角線のミドル〜ロングパスで3バックから一度前のトップか2シャドーに楔を入れて、サイドのウィングや2シャドーに渡して勝負、というサッカーでした。清水は最初引きすぎて前のプレスがかからなかったりセカンドを取れなかったりでプレスが後手後手になり苦戦しましたが、全体を少しずつ押し上げてボランチが相手ボランチを見られるぐらいの距離感にする [続きを読む]
  • 第8節 vs川崎フロンターレ
  • ??フロンターレの攻めこの試合の基調は、フロンターレの攻め方にあったと思います。フロンターレのビルドアップは、ボランチが一枚落ちて清水の2トップに対して数的有利を作って回すというもの。これ自体はそれほど珍しいやり方ではありません。ただ、狙い所が前後半で違っていました。前半はサイドにフリーになっている選手をあまり使わずに、執拗に中の楔を通すという狙いでした。清水側からすると、いい奪い方をするとカウン [続きを読む]
  • 第6節 vs柏レイソル
  • デュークううぅううわああああああああぁぁぁかっけえええええええぇえええ失礼しました。取り乱しました。以下努めて冷静にお伝えさせていただきます。??試合展開とレイソルのサッカーだいぶ持たれて苦労しましたね。ルヴァンで対戦した時もボール回しが上手いチームだなーと思って見てたんですが、柏のストロングは2CBのビルドアップ技術ですね。短いパスや判断の速さだけでなくフィードも上手かったです。(もっともこの [続きを読む]
  • 第4節 vs鹿島アントラーズ
  • やはり実際に見ると鹿島は強かったですが、勝てるチャンスがあっただけにとても悔しいです。??勝負の分かれ目観ていて思ったのは、「先制点の時間が早すぎる!」「2点目来た!行けるか?」「1失点目の時間が早すぎる!」「疲れて動けてないなー」ということでした。前半の時点からまじめに守備をしていて相手にかなり振り回されていたので、運動量的にかなりキツいだろうなと思いました。今のチームは流れが悪い時は引いて守 [続きを読む]
  • 第3節 vsアルビレックス新潟
  • ??前半新潟は中盤で奪ったら松原の後ろのスペースにホニが流れてキープ→矢野や加藤が上がる時間を作ってクロス、という展開が多かったです。ポゼッションにはあまりこだわらず、奪ったら早くという展開が目立ちました。逆に清水は新潟よりもボランチがボール回しに積極的に加わり、SBを上げて地上戦で回すという狙いがはっきりしていました。特に右サイドで鎌田が高く上がり、六平と野津田のうち1枚が相手2トップの間に位置 [続きを読む]
  • 第2節 vsサンフレッチェ広島
  • 祝初勝利!!序盤の勝利は、チームやサポーターの自信になるので、本当に大きいと思います!!??前半序盤。まず広島の森島が積極的で入りが良かった。常に己のポジションを動かしながらボランチの間や最終ラインで受けていいところに出していました。また、六平やフレイレが前に釣り出されたり、2シャドーが周囲の選手と連携してポジションをローテーションし清水の選手を動かしてその空いたスペースのフリーの選手にに入れた [続きを読む]
  • 第1節 vsヴィッセル神戸
  • 残念!勝ちたかった!とはいえ今年もサッカーの季節になりましたね。待ちましたよ楽しみに。というわけでいつもと違い仕事の合間に慌ただしく見たのであまり細かく見れていません。特に神戸側がどうかをあまり見れていない状態なんですが、開幕戦のテンションそのままに更新しちゃいます。??ゲームの印象最初に「勝ちたかった」と書きました。始まる前は「ヴィッセル強敵だし普通にやれば勝てるわけねえだろ」とか思ってまし [続きを読む]
  • 補強について
  • 気がつくと随分間隔が空いて。補強について。ボランチ。竹内河井が初めて組んだ試合のエントリでも示唆した通り、今の二人では守備力が低くて怖いのは事実。ここが一番のポイントですね。噂では、増田来てくれとか、チョンウヨン来てくれとか、ハングギョン来てくれとか言われていますが、この中だったら誰が来てもチーム力はアップすると思います。なお、移籍金や契約を度外視すると、個人的な希望としては新潟の小泉慶なんか最 [続きを読む]
  • J2第39節 vs京都サンガF.C.
  • この試合はキーポイントが幾つもあり、色んな角度から見ることができそうな試合でした。総括するとしたら、、、と考えましたが、「自信で上回ったゲーム」と言えるのではないでしょうか。??前半ビルドアップについて。清水は左(竹内松原白崎)、京都は右(石櫃ロビーニョアンドレイ)中心の組み立て。エスパルスは竹内が左サイドで落ち(攻撃時3バック)ぎみの時間が多く、松原と共にタッチの多い展開でした。枝村は攻撃時か [続きを読む]
  • J2第34節 vsセレッソ大阪
  • ついに鬼門アウェイで勝利!水沼さん解説試合が劇的すぎる!!??清水のメンバーまさかの右SB3人故障という悪夢。去年と今年のケガ人の多さはマジで呪われてるとしか思えません。選手の人数が多いので何とかなっているように見えますが、相手が「ケガ人続出」とか言っているのを見て調べると大体こっちの方がケガ人多いというのにも慣れました…。笑えない…。ということで右SBは三浦という緊急事態。しかしコバさんは策士です [続きを読む]
  • J2第33節 vs松本山雅
  • 非常に悔しい敗戦です。なかなか切り替えられないというのが本音ですが、守備力の差が勝敗を分けたゲームのような気がします。??全体の流れ入りは清水の方が良かったと思います。ただし、石原の切り込んでのシュートぐらいから清水のミスが見え始め、しばらく松本のペースになりました。終盤は押し込む時間もありましたが、大きなチャンスをあまり作れないまま試合終了となりました。??ポイント??芝触れずにいられないの [続きを読む]
  • J2第31節 vsモンテディオ山形
  • 山形が前半からかなり飛ばしてきたので、前半から「前半耐えれば勝てるんじゃないか」って思って見てました。そんな中前半ATに取れた先制点が大きかったと思います。??山形のスタメン    11ディエゴ 8林17鈴木 7松岡 5アルセウ 10伊東6山田  2田代  3渡辺  4宇佐美??前半素晴らしかった山形一番目立ったのは清水のビルドアップ潰しで、・前から潰す・連動して追う、特にサイドから出させない4- [続きを読む]
  • 過去の記事 …