Y さん プロフィール

  •  
Yさん: 隣の芝生が青い夜に
ハンドル名Y さん
ブログタイトル隣の芝生が青い夜に
ブログURLhttp://porlanocheazul.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文積極的な不妊治療を辞めた後の心の整理。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/05/04 22:06

Y さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • これまで散々無理をしてがんばったんだし、少しずつでいいでしょう
  • 半年以上のご無沙汰となってしまったこのブログ。久しぶりに書いてみたいと思います。特に何があった訳ではないですが、不妊治療を辞めた人の話、ってあんまり聞く機会ないので、色々思い悩んで、私のブログにたどり着いちゃう人もいるのかもなぁ、と思うと更新が滞りぎみでも、チマチマ思うことを記しておこうと感じた次第。まずシンプルに、「その後、どう?」ってことですが、だいぶ、落ち着いたと思います。さすがに辞めてから [続きを読む]
  • 短めの心模様
  • こんばんは。もう何ヵ月ぶりだ?という更新です。お目に留まることがあれば、幸いです。近況は、特に大きな変化もなく楽しい毎日を過ごしております。子供がいないからこその自由を謳歌している、と言っても過言ではない。やはり、何かと誘われることがあったとして、何の制約もなく…いや、夫の制約はあるかも…でも、そこそこ制約もなく自由に行動できるのはやはり子供がいないからだろうなぁと思う。それは凄く楽し [続きを読む]
  • どうせわかりっこないからって、何も話さないというのは違うのかなと。
  • また、更新間隔が空いてしまいました。お目に留まりましたらお付き合いください。>>>>>先日、友人と友人の赤ちゃんに会いに行ってきた。小さく生まれて心配された赤ちゃんだったが、だいぶ順調に大きくなっているようですっかり母の顔となった友人が神々しく見えた。もう1人別の友人と2人で訪問したので、赤ちゃんが寝ている間に3人で色々話した。2人は私が不妊治療をしていたことは知っている。ちなみに、出産した友人も治 [続きを読む]
  • 信じたい気持ちはわかる。
  • 気になった記事。<メルカリ>「妊娠菌」米を削除 医薬品法に抵触の恐れhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00000126-mai-sociうーむ…。最初、こういう出品がある、とニュースで知った時、「効果や真偽のほどはどうあれ、本人たちが納得してやり取りしてるんだったらそれはもう仕方ないんじゃないか?」なんて思ったりした。霊的な力を持つ変な壺とか、お金がたまる金色の財布とか、そういうものと同じだと感じ [続きを読む]
  • 一喜一憂、それから一喜
  • 先日は連続して投稿しておきながら、ネガティブな思考を垂れ流し、お目汚し大変失礼いたしました。黒い気持ちが漏れでてしまい、すみません。心の汚水の水漏れ注意…。そのひどい時からは一先ず脱した(と思う)ので、自分でもホッとしている。さて、友人が出産した。予定日は4月だと聞いていたので、「産休入ったんだっけ?家の近くまで行くし、ランチでもどう」的なLINEをしたところ、先週緊急入院して、昨日生まれた、との報告 [続きを読む]
  • 続くときは続く。
  • 昨日の続きのような内容で。今朝、夫経由でまたもや知り合いの妊娠報告。今の自分の精神状態では「正直聞きたくなかったなぁ」が本音である。いずれは知ることになるのかもしれないけど、気持ちが落ちている時に追い打ちをかけたくはなかった。めでたいねぇ、と口に出して言ったのは本当の気持ちではあるけれど、改めて「なんでうちには赤ちゃんが来なかったのかねぇ」と心の中で思う。色々とモヤモヤした気持ちや夫自身はそういう [続きを読む]
  • 気持ちと気温が反比例する。
  • 春めいてきた。季節は流れる。自分は変わらずにいるつもりだけど、鏡を見ればそれ相応に年を重ねた女性の顔があり、いつまでも若いつもりでもいられない。夫もひとつ年をとり、これからも二人で年老いていくのだろう。友人に二人目の子供が生まれ、また別の友人はもうすぐ出産。友人たちや赤ちゃんに会いたいけど、会いたくないという相反する気持ちが、今は、少し芽生えている。「今は」と書いたのは、多分この気持ちは一時的なも [続きを読む]
  • 生きねば(なるべく長く、贅沢を言えば健康で)。
  • ご無沙汰しております。12月から新しくバイトを始めたこともあり、忙しさにかまけてブログからすっかり遠のいていました。ブログを書きたいと思うことは日常生活では口に出せない何かが溜まっている…ということなのでブログを書かずにいたことは、精神衛生上は穏やかな毎日を過ごしていたのではないか、と思ったりもするのだが、まぁ、そうでもなかったり(笑)。その間も、友人知人の妊娠出産報告は引き続き降り注ぎ、小さ [続きを読む]
  • 逝くのと残るのと、どっちがいいとか決められない。
  • 以前働いていた会社でお世話になった方が亡くなって一年経った。その方は仮にNさんとしておく。年齢は私よりだいぶ上。亡くなった時は確か60歳だったかと思う。Nさんはご主人と二人暮らし。お子さんはいない。亡くなった時は、親御さんも同居して介護をしていたと聞いた。お通夜の席でNさんが学生時代に写真部だったことを知った。Nさんのご主人が「もう少し落ち着いたら写真をまた始めたいみたいなことを言ってたんだよねぇ」 [続きを読む]
  • どこまでも影は。
  • 11月だ。季節の流れが本当にあっという間でビックリする。と言うより、ビックリしている暇もないくらい、薙ぎ倒さんばかりの勢いで過ぎて行く。今夜は友人の結婚式の二次会に参加してきた。その友人は以前お付き合いしていた人を不幸にも亡くした経験もあり悲しみに沈んだこともあったが、今夜の笑顔は素晴らしくキラキラしていて本当に素敵だった。幸せのお裾分けを頂いたと思う。今日は以前ここの日記にも書いた、妊婦となった友 [続きを読む]
  • 負けず嫌いの子供
  • 負けず嫌いな子供だった。運動が得意な子供ではなかったので、運動会は嫌いだった。特に徒競走は苦痛で一番遅いグループの中で、さらに一番遅かった。悔しくて涙ぐんだこともたくさんある。じゃあ、早く走れるようになるために何をしたかというと、何もしなかった。私は負けず嫌いではあったけれど、誰よりも早く走りたいとか一番になりたいとかそう言う風に思ったことはなかった。徒競走でビリから2番目になれれば、それでよかっ [続きを読む]
  • 何はともあれ検診に行きましょう。
  • 久しぶりの更新。私は元気です。小さな浮き沈みはあったりすものの楽しい毎日を過ごしている。今日はちょうどまた知り合いの出産報告を聞いた。一歳年上の人で、結婚は去年したばかりだったかと思う。ちょっと乱暴な言い方ではあるが、あまり女性っぽい方ではなくむしろ少年のような女性で、縁遠そうなイメージを勝手に持っていたので今回、女の子を出産されたということでかなり意外でびっくりした。そう思うと、本当に赤ちゃんは [続きを読む]
  • 健康の尊さばかり考えてしまう。
  • 今日は婦人科へ。子宮頚部の異変についての続きだ。少し前にコルポスコピーで細胞を取って、その検査結果を聞いてきた。結論から言うと、経過観察、である。正常な子宮頚部と、異常つまりは癌である子宮頚部の真ん中の「異形成」という状態でなおかつ、その「異形成」の中でも、軽度・中等度・重度の3段階に分けられるのだが、私はその「中等度」である。真ん中も真ん中。いや、重度じゃなくてよかったんだけどね…。重度の [続きを読む]
  • 羨ましがって諦めて、また憧れて。
  • 友人・知人の妊娠出産報告には敏感な不妊治療経験者ではあるが寝返りをうった、ハイハイをした、立った、1歳になった、2歳になった、3歳になった…とSNSに幸せそうな写真がアップされるたびに「お…おう…」とごくごくわずかながらもモヤり感を抱くのも不妊治療経験者の常なのだろうか?私はやっぱりちょっとモヤってしまう人間。不妊治療経験者の一般的感覚かどうかわからないが、同じような方はいらっしゃるの [続きを読む]
  • そのうちお墓参りという行為自体珍しいことになるのかも。
  • 先日、義両親と話す機会があった。義両親は、元々、さらにその母親、つまりは私たち世代から見たら祖母が存命のうちにその祖母から援助してもらって、お墓をすでに買って持っている。元々先祖代々の菩提寺は近所にあるのだが、その両親たちが持っている墓は電車で30分くらいといったところか…。まだ墓石は立ててないが、土地だけ持っている、という状態なのだった。その墓について。「元々墓は持ってたけど、お寺へ帰してし [続きを読む]
  • 過去の記事 …