ビックマック大好き さん プロフィール

  •  
ビックマック大好きさん: 海外株中心の長期投資日記
ハンドル名ビックマック大好き さん
ブログタイトル海外株中心の長期投資日記
ブログURLhttp://kaigaikabujibunnenkin.blogspot.jp/
サイト紹介文米国株、アジア株投資によるフィナンシャルインディペンデンス獲得の為の株式投資日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/05/05 11:28

ビックマック大好き さんのブログ記事

  • バックカントリースキー@赤面山
  • 週末はバックカントリースキーに行ってきました。今回は福島県と栃木県の境にある赤面山です。麓にある白河高原スキー場跡地から入り、リフトに沿って登高。そして2本目のリフト降り場から赤面山に入山。ここからが本番で、途中、樹林帯があり行く手を阻みますが、めげずに先に進むと、赤面山の山頂が視界に入ってきます。麓の天気は晴れでしたが、山頂付近は立っているのも大変な位の強風でした。他の方のブログ等を拝見してみても、冬は強風の日が多 [続きを読む]
  • 米マクドナルド(MCD)、2016年度第4Q決算発表
  • 米マクドナルド(MCD)が2016年度第4Q決算を発表。第4Qについては、既存店売上高はイギリス、中国などが伸長した他、日本の業績も改善したことなどから、前年同期比+2.7%の増収となるも、世界中で進めているフランチャイズ化の影響により売上高全体は同△5%の減収。利益面は、フランチャイズ化に伴う経費削減により経常利益は同+5%の増益、最終利益は同△1%の減益。EPSは同+12%の増益。2016年度通期については、既存店売上高は前年比+3.8%の増収、全体で [続きを読む]
  • 日経ヴェリタス「出遅れREIT 膠着の出口は」を読んで
  • 今週も日経ヴェリタスを読みました。気になった記事はフォーカス「出遅れREIT 膠着の出口は」(日経ヴェリタス第463号)です。需給は引き締まっているが新規供給が多いことから賃料上昇も鈍いことなどが、REIT相場の停滞に繋がっているとのこと。新規供給が18年度以降本格化することから賃料上昇が鈍いとのことであるが、既存ビルを取り壊すことによる供給面積の削減要因も織り込む必要があるかと思った。しかし、REIT分配金利回りをみると、3%台 [続きを読む]
  • バックカントリースキー
  • 先週は仕事で忙しく、ブログ更新ができずでした。今週は頑張っていきたいと思います。今週末もバックカントリースキーに行ってきました。場所は新潟県神楽峰です。神楽峰は「かぐらスキー場」のリフトを乗り継ぎ、山頂近くにあるリフト(かぐら第5ロマンスリフト)を降りてから入山するのですが、風、雪ともに強く、リフトの運転は休止。そのため入山できない状況でした。せっかく行ったのに。仕方ないのでスキー場のゲレンデを滑ってきましたが、非圧雪の林間部分など結 [続きを読む]
  • 米国株:ラスベガスサンズ(LVS)より配当金
  • ラスベガスサンズ(LVS)より配当金をいただきました。1株あたりの配当金は0.72ドルなので、現状の株価水準での利回りは約5%の水準です。一時期60ドル台にまで上昇していた株価も足元は55ドル台に低迷中。中国当局による銀聯カードの引き出し額の上限を半額にするとの報道を受け、株価が下落した経緯あり。(SBI証券チャート図より)日本でのカジノ法案可決に期待し購入した経緯があるものの、期待外れな状況です。長期的な株価の低迷は、中国の腐敗取 [続きを読む]
  • 日経ヴェリタス「ネクストパラダイム」を読んで
  • 今週も日経ヴェリタスを読みました。今週の巻頭特集は「ネクストパラダイム 金利・物価・成長・・・さらば「3低」時代」(第462号)です。世界経済は現在、低金利や低インフレ、低成長という3低から脱却するパラダイムシフトの局面にあるかもしれないとの内容。個人的な感想としてはそうあって欲しいと思う。でも、サマーズが提唱していた先進国低成長論はどこへ行ってしまったのかとも思う。悲観論一色であったが、トランプ次期大統領の出現により市場の景色が [続きを読む]
  • バックカントリースキーデビュー戦
  • 今週末非常に天気が悪いのですが、バックカントリースキーに行ってきました。最初ということで入門コースである根子岳をチョイス。菅平スキーの奥ダボスコースからリフトを1本乗ってアタック開始。しかし、天候が非常に悪く大苦戦。50cmにもなる新雪が行く手を阻む。また、雪、風共に強く、過酷な状況。我々含めて3組しか出会わなかった。最終的には山頂手前の尾根の付近で天候悪く、雪も深いことから滑り降りることとした。しかし、登ってきたトレースが消えてしまう [続きを読む]
  • トランプ次期大統領記者会見
  • 久方振りの記者会見ですが、見るに堪えない悲惨な会見でした。記者からの質問に答えず、経済、外交政策への特段の言及もなし。大統領選挙期間中の素行と変わらぬ対応。一方、会見中にはトランプ次期大統領の支持者、支援者達からの拍手が起きるなど異様な雰囲気であった。大統領就任後の展開が不透明であり、市場も先行きをどう考えるのか読み切れない状況。大きな混乱からの相場の長期低迷を考える必要があるかもしれない。もしくは [続きを読む]
  • トランプ砲
  • トランプ次期大統領のツイッター上の発言による企業の困惑が大きく伝えられている。米系の企業のみならず、日本のトヨタもその対象となった。個人のツイッターの発言はそもそも米政府の見解ではないので、切り離して考えるべきとの意見があるが、その発言の対象となった企業は相手は世界一力のある米大統領であるので無視する訳にもいかない。また、悪いイメージを持たれると損することはあっても得をすることはないと考えるのが自然なので、何もしな [続きを読む]
  • 日経ヴェリタス「薄れる「長期金利0%」の意義」を読んで
  • 今週の日経ヴェリタスで気になったのは、「薄れる「長期金利10%」の意義」(日経ヴェリタス第461号)です。執筆者は学習院大学に異動された伊藤元重元東大教授。本筋の議論からは外れてしまうのですが、為替のオーバーシューティングに関する説明が上手くまとまっていると思いました。日米金利差が開いた場合、為替は円安になることが予想されるが、永遠に円安となったままではなく、いずれ長期的な均衡点に収斂するというもの。具体的には、金利差が [続きを読む]
  • ファンドロボ
  • 新聞や雑誌等で取り上げられることの多いファンドロボ。最近、どんなものかと思い体験してみた。すぐに使う資金か、どの程度のリターンを許容できるか、地域はどこがいいかなど5、6個の質問に答えると自分にあった投信を紹介してくれる。いくら手軽とはいえ、推奨された投信を購入する気にはなれなかったのが個人的な感想。証券会社の人に勧められ損失を被った話は世の中事欠かないが、ファンドロボも似たようなものだと思う。評価損が大きくな [続きを読む]
  • ユニリーバインドネシア(UNVR)より配当金
  • ユニリーバインドネシア(UNVR)より配当金をいただきました。配当利回りは約2%の水準です。2016年12月期の業績(9か月累計)については、売上高は前年同期比+9%の増収、最終利益は同+14%の増益と堅調推移。株価は業績伸長のペースが株主の期待を下回っているからか昨年の後半から下落。割高と判断するか、押目買いのチャンスと考えるか。迷うところであるが、米新政権の誕生等によるインドネシアルピアの今後の動きも気にならなくはない。辛抱の時かもしれま [続きを読む]
  • テレコムニカシインドネシア(TLKM)から中間配当金
  • インドネシア株:テレコムニカシインドネシア(TLKM)から配当金をいただきました。1株あたり配当金は19.379ルピーで、今の株価水準での利回りは約2.9%です。2016年度の株価上昇を受けて利回りは低下している状況。2016年第3Qの業績(累計)については、売上高は音声通信が前年同期比+4.6%増加した他、インターネットなどのデータ通信が同+37.2%と大きく伸長したことから同+13.8%の増収、利益面は人件費や運営経費も抑えたことから、最終利益は同+27.6%の増益。(当 [続きを読む]
  • H28年12月の運用実績
  • 年が変わって早いものです。もうあっという間に仕事始めです。さて、12月の運用実績です。H28年12月の運用実績は前月比+15.3ポイントの311.7ポイントです。前月同様、トランプ効果による米国及び日本株の上昇、円安の進行が寄与した結果、過去最高の300ポイント台に増加。 H25年12月 221.5 H26年 3月 228.4 H26年 6月 240.7 H26年 9月 248.0 H26年12月 272.8 H27年 3月 271.7 H27年 6月 276.8 H2 [続きを読む]
  • 日経ヴェリタス「2030年の主役を追え」を読んで
  • 今年最初の日経ヴェリタスは元日に届きました。今年も情報収集の一環として購読を続けるつもりです。さて、今年最初の巻頭特集は「2030年の主役を追え ニッポンの難題 勝機に変える」(日経ヴェリタス第460号)です。ウエアラブル脳波計、脳の血流量の変化で脳活動データを測る装置、AIを交えた職場会議、アルツハイマー発症を抑える新薬、セルロースナノファイバーの開発、グラフェンに着目した新素材、宇宙旅行、宇宙エレーベータなど数多くの有望技術、それを開発している企業が [続きを読む]
  • 12月のブログページビュー
  • あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。12月のブログページビューは2,510件でした。11月比+924件の増加。単月としては最高のページビュー数です。11月が初めての前月比マイナスだったのでとても嬉しいの一言です。ただし、何故増加したのかはよく分かりません。1日当たりの件数は80件と11月の52件に比べ+28件の増加。当面は100件を目標に頑張りたいと思います。 5月  267件 6月  692件 [続きを読む]
  • 2016年を振り返って
  • 今年も残すところあとわずかです。今週は何かにつけて飲む機会が多く、ブログの更新もままならない1週間でした。昨日も仕事納めをした後、行きつけの魚系居酒屋で食事+飲み。メニューもお任せで新鮮な魚を次から次へと出してくれるので、お酒も自然と進んでしまい、お会計も高めとなった。非常にリラックスしたいい時間であったので、まあ、仕方がない。仕事の方では一定の結果を出すことができた1年でした。事前の準備や狙った取り組みがと [続きを読む]
  • 仕事納め
  • 朝の電車も昨日あたりから大分すいてきました。世間では仕事納めになっていますが、明日まで仕事です。2016年も残すところあとわずかですが、仕事は引き続き忙しい状況。空いた電車に乗っていくのも非常にブルーですがあと1日頑張りたいと思います。気になる株価ですが、日米とも年内の2万越えは難しそうな状況です。一筋縄ではいかないところにマーケットの不透明感を感じます。利益確定による手元現金確保についても考える必要があるの [続きを読む]
  • 米マクドナルド(MCD)より配当金
  • 米マクドナルド(MCD)から配当金をいただきました。1株あたりの配当金は0.94ドル、現状の株価水準での利回りは約3.0%です。当社は1976年から連続配当かつ連続増配中。その期間なんと40年。安定した事業基盤の裏返しといえる。5年前の2011年12月の第4四半期の配当金は0.70ドル。これと今回の配当金を比較すると配当金は+34.2%増加。当社の株価は割高だとよく言われるが、増配企業への投資の重要性がよく分かる。足元の株価はトランプ相場の影 [続きを読む]
  • ホンダ(7267)が米アルファベット(GOOG)と共同研究
  • ホンダ(7267)が米アルファベット(GOOG)傘下のWaymo社と完全自動運転技術に関する共同研究を実施する旨発表。ホンダは共同研究を行うことにより、自ら従来より行っている自動運転技術研究に加え、完全自動運転の領域を広げるべく異なる技術アプローチを探求するとしている。具体的にはWaymo社の自動運転技術であるセンサーやソフトウェア、車載コンピュータなどをホンダの提供する車両へ搭載し、共同で米国での公道実証実験を行うという。ホンダとしては自前主義で全 [続きを読む]
  • 今シーズン、初滑り!
  • 週末、初滑りに行ってきた。まだ、雪は全然少ない状況。昨年は雪不足であったが、今年こそは平年並みに戻って欲しい。今回行ったのは福島県会津のグランデコスキー場。格安で泊まれる施設が近くにあるのでシーズン始めや春先などにとてもお世話になっている。この週末は寒波が東北まで届くとのことであったが、雪が少なく滑れる斜面もかなり限定されており、午前中は滑走可能なコースも午後には閉鎖されてしまうなどとても寂しい状況であった。 [続きを読む]
  • 祝10,000ページビュー突破
  • 少し前の話ですが10,000ページビューを突破しました。ようやく突破することができたといったところです。今週は飲み会続きでブログの更新も渋りがちだったので励みになります。5月から本ブログを始め、12月の達成なので約7か月かかりました。もっと早く達成される方も多いとは思いますが一つの区切りとして嬉しいのが正直な気持ちです。自分で期待した記事が読まれず、あまりそうでない記事が読まれたりすることも多いですが、ブログの改 [続きを読む]
  • 内部監査
  • 会社の内部監査が終了した。1年に1度定例監査がやってくる。今回は総勢20名。監査期間中は監査官にあれ出せこれ出せと内線がひっきりなしに鳴る。また、向こうが要求する書類の提出が遅いと結果に響くのではないかとやきもきする。監査は減点方式。◎、〇、△と不備の程度に応じて減点ポイントが決まっており、◎が一つでるとかなりのダメージとなる。監査期間中は指摘事項に対する弁明に追われる。すべてが教科書通りには進まないこと [続きを読む]