subaru-eco さん プロフィール

  •  
subaru-ecoさん: スバル|エコモーターズブログ
ハンドル名subaru-eco さん
ブログタイトルスバル|エコモーターズブログ
ブログURLhttp://eco-motors-co.net/subaru/
サイト紹介文美女・海外CM・STI・ニュルブリンクなどスバリストが見逃せないトピックを余すことなく紹介。
自由文美女・日本/海外CM・STI・ニュルブリンクなどスバリストが見逃せないトピックを余すことなく紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/05/05 11:46

subaru-eco さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • BRZ Yellow Editionは男なら乗りたい衝動に駆られる
  • さて、以前から本ブログに「BRZの記事が無いので書いて下さい〜〜」と社員の松崎君からせっつかれていました。そうは言っても他のスバル車種と勝手が違うので書きにくいよな〜と個人的には思っていたもんですからちょっと敬遠していた次第です。ご存じのようにBRZはFRスポーツカーということで、アウトドアやハードな4WDセダンスポーツを主とするスバルラインナップの中でも異色の存在。 これをどうブログ的に料理するかは腕 [続きを読む]
  • スバル車の車体の大きさを比較してみる
  • こんにちは、牧野です。最近は自動車メーカー各社ともユーザーの嗜好に合わせてさまざまな車種を開発していますよね。トヨタにいたっては59種類の乗用車がラインナップされています。それも乗用車・国内販売のみですよ。ちなみに軽自動車やトラック・商用バンは除外してます。日産は24車種の展開、ホンダは38種類(軽自動車含む)となっています。ちなみにマツダは8車種、我らがスバルは13種類となります。各社のラインナ [続きを読む]
  • SGPと新型インプレッサからスバルの未来を分析してみる
  • こんにちは、牧野です。梅雨に入りすっかり蒸し暑くなってきました。ちまたでは傘や扇子の売り場が広がっています。多くの傘や扇子は同じ形ですが、いったい世の中にはどれくらいの傘や扇子の種類があるのでしょう?元エンジニアの私としては、設計上の共通点や流用しているパーツ類が気になります。多くのバリエーションを製造すると言うことはそれだけイニシャルの型代などに費用が掛かるからです。さて、スバルブログにしては変 [続きを読む]
  • 【速報】レヴォーグSTi 7月21日発売決定 価格は348万円から
  • さて、先日のブログでも書かせていただきましたが待望のレヴォーグSTi Sportsがついに発売となります。ついに発売されたレヴォーグSTi Sports! かっこい〜〜今日のスバル新着情報にて発売日がアナウンスがされ、専用のホームページも公開されました。レヴォーグSTi Sports発売を決定レヴォーグSTi Sports 詳細発売日は7月21日(木曜日)事前予約は以前から開始されていますが、発売日は2016年7月21日となりました。世の中のボーナス [続きを読む]
  • 【Instagram】スバル車種の画像検索ツール作った
  • スバル車種の画像をInstagramから検索できるツール作りました。[作成経緯]土日は朝からInstagram(インスタグラムという画像共有アプリ)でスバル画像を漁ってます。ただ、Instagramを立ち上げて、タグを打ち込んで検索するのが面倒。ダラダラ長時間見たいのに、この面倒臭さは致命的。ということで、サイト内で車種を押すとズラズラっと画像が表示されるツール作りました。車種は、アウトバック、B4、インプレッサ、WRX STI、WRX S4 [続きを読む]
  • 過去のレースからスバルの歴史を振り返ってみた
  • 松崎 スバルと言ったらラリー。ラリーと言ったらスバル。・・・とこんなことは僕が改めていうことではないのかもしれません。WRCをスバルが撤退してから早8年。随分寂しくなったなと思っていたら、飛び込んできましたニュースが。2016年のBTCCのレヴォーグ優勝。またティーザーサイトが公開されていますが「レヴォーグ x STi」も本格化することで、今後大きな動きがありそうなのがス [続きを読む]
  • Levorg STi はスバルの国内人気を頂点に押し上げる
  • スバルラインナップの中で日本特化モデル、また、レガシィの実質国内後継機種とのことでLevorgの人気が納まりません。スバルの思い通り、レガシィの後を継いでスバルの人気ステーションワゴンとなっています。日本の狭い道にとってはインプレッサベースのレヴォーグの車体が近年巨大化していたレガシィよりも使い勝手も良いことでしょう。さて、今日はタイトルの通り、そのレヴォーグに新たなプレミアムラインナップとしてSTiが登 [続きを読む]
  • 準スバリスト認定
  • 松崎 今日はスバルのワッペン紹介させてもらいます。お楽しみに。 おはようございます。松崎です。みなさんスバリストですか?あぁ・・・はいそうですか。私はスバリストではありません。普段はTOYOTA使い。「S4乗りたい」「最新レガシィはダメだ」とか言いながらもスバル乗ってないということなのです。ひぇ。スバル向けのエンジンオイル添加剤という商品を販売しながら、スバ [続きを読む]
  • スバリストクイズの回答と解説
  • 松崎 先日リリースさせていただきましたスバリストクイズ。いよいよ回答と解説の日がやってきました。思っていた通り!?全体を通しての正答率はなんと…79.43%でした!さて、早速以下から各問題を見ていきましょう! 第1問 スバルの名前の由来は?回答は以下でした* 旧中島飛行機等6社を「統(す)べる」=統合するという意味* 国鉄が東京〜大阪間で運行していた夜行急行 [続きを読む]
  • WRX S4 CM 「牧野君、海いかない?」・・それって俺のことかww
  • どうも、最近ブログをサボっていた牧野です。唐突ですが、2016/05/31 に公開されたスバルWRX S4の最新CMご覧になりましたか?いや〜素晴らしいCM。まずはこちらをご覧下さい。↓大滝詠一の「カナリア諸島にて」なんて懐かしい楽曲に乗せてドライブを楽しむシーンが綴られています。CMに出てWRX S4を運転する男性がなんと「牧野君」ということで、思わず !!!!(゚Д゚)!!! だったのです。私(牧野)も12年前までインプレッサWRX STi [続きを読む]
  • 車メーカーはまだマッドマックスをCMに使わないの?
  • ヒャッハー!みなさん、こんにちは!松崎です。昨日の夜改めてマッドマックス見ていてテンションあがってます。え!?マッドマックスを知らない?それはいけません。車と本当に結びつきが深い映画ですから。是非マッドマックスと日本自動車メーカーがコラボCMを作ってくれることを願い。マッドマックスと狂った車という内容で書いていこうと思います。メーカーの企画、マーケティング、広報のお友達もいたら教えてあげてください。 [続きを読む]
  • スバリストと目指したい場所
  • 牧野社長にだいぶ車の知識が遅れている(この記事なんか本当に面白いですよ)エクシーガ・クロスオーバー7に乗ってどこに行く?昔からのスバリストの経験もない。むしろ、今でさえスバリストではないのです。これは、ブログを書く資質すら問われかねない!ということで、色々なスバルの勉強をしています。スバ勉です。みんカラはいいとこだった今までは、「の全て」シリーズを全巻かったり、YouTubeみたり、2ちゃんねるの「スバル板 [続きを読む]
  • スバリストと目指したい場所
  • 牧野社長にだいぶ車の知識が遅れている(この記事なんか本当に面白いですよ)エクシーガ・クロスオーバー7に乗ってどこに行く?昔からのスバリストの経験もない。むしろ、今でさえスバリストではないのです。これは、ブログを書く資質すら問われかねない!ということで、色々なスバルの勉強をしています。スバ勉です。みんカラはいいとこだった今までは、「の全て」シリーズを全巻かったり、YouTubeみたり、2ちゃんねるの「スバル板 [続きを読む]
  • SUBARU水平対向エンジン半世紀の歴史
  • どうも、牧野です。さて、昨日はビッグニュースが飛び込んできました。なんと我らが富士重工が社名をSUBARUに変更するとのこと。戦中の中島飛行機・ゼロ戦伝説から血脈の続く富士重工の看板を英語名に統一するという大英断が下されました。ついに社名はSUBARUに変更は2017年4月からとのこと、慣れ親しんだ富士重工の名もあと1年弱となりました。ネット市民の反応は若干否定的です。航空機事業や宇宙事業もかかえる重工業もメイン [続きを読む]
  • スバルの燃費。お客様に燃費を聞かれたら?
  • レヴォーグは欧米にも進出。スバルには燃費よりもこだわるものがある。引用元:https://www.youtube.com/watch?v=kOrhN1eX7ks自動車関連の仕事をしていると、お客から「スバルって燃費どうなんですか(悪いですよねの意味)?」って質問をうける、みなさま。こんばんは。ただ、乗り方や環境(雪だとか気温とか)によって全く燃費は変わってくるものなので、条件を揃えたカタログ燃費は比較のために必要ということなのかもしれません [続きを読む]
  • 新型インプレッサは欧州に向かう
  • 欧州で苦戦する日本車の歴史さて今日はスバルとヨーロッパの関係を書いてみたいと思います。欧州は昔から日本企業にとっては鬼門でした。世界のトヨタでもシェア5%程度と日本企業にとっては難攻不落の地域。日本車にとって欧州は鬼門しかし欧州市場は高級セダンの聖地であり、メルセデスを始め、BMW、Audiのドイツ高級車御三家を始め多くのプレミアムカー市場が存在する地域です。アメリカがいわゆるT型フォードから続くビッグス [続きを読む]
  • 女性のスバルに対するイメージを変えたい
  • 女性も乗れるスバル車が欲しい。ただ家内をどうしようかと・・・。聞いてください。私がスバルを勉強中で非常に興味があることはご存知かと思うのですが(私の記事一覧 ※見てね!)嫁はTOYOTA・HONDA党です。私がSUBARUを表立って口に出したことは未だないのですが、どうやら旗色が悪い。あまりスバルがスバルが好かれていないことがヒシヒシと感じられます。もちろん家内も常用することが大前提なので、合意をとらないといけな [続きを読む]
  • 社用車としてのスバルのおすすめ車種
  • 今日は東京大手町にお散歩にきました。写真撮ってなかったので、500pxから借用。こんな緑が多いところなんで、気分が落ち着きます。GW中なんですが、飲食・美容・運送の方々は終始働いている様子。頭が下がります。ありがたいですね。 そんなことを考えながら、みんなの仕事について考えているときに、ふと頭によぎったのが・・・。「スバルって社用車に使えるの?」だったわけです。2つの用途とこれまでの社用車種まず社 [続きを読む]
  • 過去の記事 …