west 1 さん プロフィール

  •  
west 1さん: syoutosyouto
ハンドル名west 1 さん
ブログタイトルsyoutosyouto
ブログURLhttp://tanpensyousetusyouto.seesaa.net/
サイト紹介文想像の世界から描いたショートストーリーの短編小説
自由文SFの世界感を創造したりこんな世界があると思えることを面白おかしく描いたものです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/05/05 23:25

west 1 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 短編小説ストーリーランド 謎の5つの薬 8(END)
  • 謎の5つの薬 8その時、部屋のドアが開き母親が入ってきた。「今、何か音がしたようだけど気のせいかしら・・・」「今、武はどこにいるんだるう」「どうか無事でいておくれ」・・・・(涙、涙、涙)母親の隣にいる武は、「本当に見えないんだ、これは最高だぜ!」心配する母親を後目に武は、映画、コンサート、プロ野球観戦、など自由に出入りして楽しんだ。何日過ぎただろう、そのうち武の捜索も打ち切られ、家では武の葬式を始 [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 謎の5つの薬 7
  • 謎の5つの薬 7どれぐらい飛んだだろうか、まだ海岸は見えてこない、疲労も溜まりだんだんとお腹も減ってきた。「そうだ! 次は不死身人間の薬だ」これを飲めば空腹が満たされるかもしれない。そう思って不死身人間の薬を飲んだ。すると、さっきまでお腹が減っていたのに心地よい体調になり、疲労もなくなり、生まれ変わった気がするぐらいに快調になった。しばらくすると海岸が見え、自分の家に帰る事が出来た。その頃、ボート [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 謎の5つの薬 6
  • 謎の5つの薬 6「マジかよ、嘘だろう、これが本当ならすごいなぁ、何だってできるじゃないか」武は、半信半疑ではあったが一つ目の怪力人間の薬を飲んだ。すると、力がみなぎり大きな大木も簡単にへし折り、海岸にあった大きな岩をも持ち上げることができた。「すげーな」「しかし元には戻れるんだろうか?」少し不安の中、白いビンの中和剤の薬を飲んだ。すると、たちまち元の姿に戻った。「ばんざいだ〜、こんなことが本当にあ [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 謎の5つの薬 5
  • 謎の5つの薬 5ビンを手に取って、張ってあるラベルをみると、一つ目の黒いビンには、怪力人間の薬。二つ目の黒いビンには、魚人間の薬三つ目の黒いビンには、鳥人間の薬四つ目の黒いビンには、不死身人間の薬五つ目の黒いビンには、透明人間の薬一つの白いビンには、中和剤の薬と書いてあった。一つ一つのビンの裏には説明が書かれていたので、その説明を読んでみた。怪力人間の薬には、どんな物でも壊したり持ち上げたりできる [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 謎の5つの薬 4
  • 謎の5つの薬 4「この家には誰か住んでいるのだろうか?」ドアをノックしてみたが返事がないのでそっと開けてみた。誰かが住んでいる気配はあるものの姿が見えない。何か研究でもしていたかのように色々な設備が置いてあった。「誰かいますか〜・・・、いたら返事をしてください」「やはり誰もいないのだろうか?」「しばらく待ったが誰も帰ってこない」武は家に入り室内を見渡した。奥の部屋に入ると机の上に写真が入った額が立 [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 謎の5つの薬 3
  • 謎の5つの薬 3どれぐらいの時が流れたのだろう・・・。これは奇跡なのか、こんなことが本当にあるのか、武は鳥のさえずりと波打ち際の音で意識を取り戻した。「ここは、どこだ」「どこなんだ」おそらく地図にも載っていないであろう無人島に流れついていた。海岸には壊れたボートも流れついていた。「俺は、あれにつかまりたどり着いたのか?」「助かったのは俺だけなのか・・・」武は友人達がどうなったのか知るすべはなかった [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 謎の5つの薬 2
  • 謎の5つの薬 2少し不安になってきたので「そろそろ戻ろうぜ」と言うと「そうだな、そろそろ戻るとするか、よし全速力だ」そう言って海岸を目指して走りだしたが、彼らの目に映るのは水平線だけだった。「どうなってるんだ、海岸はまだなのか?」「海の上で、迷っちまったのか」「そうみたいだな、しかしまだ海岸からはそう遠く離れていないと思うから無駄に走るよりエンジンを切って助けを待とう」そして波に流されながらもひた [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 謎の5つの薬
  • 謎の5つの薬 1この話は、ある夏に起こった出来事である。彼の名は、清水 武 25歳 友人2人と3人で海に遊びに行った時のことです。お金持ちの友人が言った事から始まった。「親父がボート買ったから、乗りに行く」「それに乗って思い切り突っ走ろうぜ!」「最高に気持ちいいぜ!」いいのか勝手に乗ったりして?「大丈夫だよ、元に戻しておけばわからないよ!」「そうだな、だったら乗りに行こうぜ」「そう言って、彼ら3人は [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 願いが叶うペンダント 7
  • 願いが叶うペンダント 7この話は、まだ終わってはいなかった。半年が過ぎ、奈美が医師に呼ばれ今夜がとうげになりますと告げられている時だった、病室にまぶしく輝く光がさしこみ、その中から、誠二さん誠二さん、大丈夫ですか、とかすかに声が聞こえてきた。誠二は、お迎えが来たのかと思いそっと目を開いてみた。するとそこには、精悍な青年が立っていた。君は、だれだと声を振り絞って聞いた。私は空間移動警備隊の者です、私 [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 願いが叶うペンダント 6
  • 願いが叶うペンダント 6最後の願いを叶えてください、お金も富も何もいらないから、元の平凡で幸せだったあの頃に戻してください・・・時がたっても何も起こらない、なぜ何も起こらないのか?すると、そこに再び未来人が現れ、こう告げた。竹原誠二さん、もうこれ以上願いを叶えることはできません。できないんです。なぜですか、あれだけ何でも叶えてくれたじゃありませんか。それは、あなたの願いと引き換えになるものが無くな [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 願いが叶うペンダント 5
  • 願いが叶うペンダント 5願いが叶うごとに無くなる代償とは、このことだったのか・・・この数年、自分勝手にやりたい放題で家にも帰らず女遊びや、酒を浴びるように飲んだ毎日に、妻や友達は俺の事を嫌な人間になったと軽蔑しているだろうな。誠二はこれまでの数年を悔み、反省をし以前の自分自身を段々と取り戻していった。そして、何が本当の幸せなのかが分かったのだった。今後ペンダントは使わない絶対に使わない。そう誓った [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 願いが叶うペンダント 4
  • 願いが叶うペンダント 4いい物をもらったぜ!このときから次々に願を叶えていった。学生時代の彼女に会いたい、ゴルフでホールインワン、会社の昇給、と次々に願いを叶えていった。ある時、未来人が言った言葉を思い出していた。未来人が願いを叶えるごとに無くなるものがあると言っていたが、いったい何が無くなるんだろうか・・・?でも今まで何事も起こってないし、何も無くなっていないので、別に気にしなくてもいいかと思っ [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 願いが叶うペンダント
  • 願いが叶うペンダント 1彼の名は、竹原誠二30歳。サラリーマンで、平凡を絵に描いたような人生を送っていた。気立てのいい妻(奈美)、幼い息子(雅也)、そしてたくさんの友人や知人にかこまれての毎日。それが、幸せな事だという事に気が付かず・・・。俺も今年でもう30歳か。毎日毎日仕事場の往復、休みには家庭サービス、楽しみは少ない小遣いでパチンコ、麻雀、年数回のゴルフに行くぐらい。これで人生終わるのかと思う [続きを読む]
  • 短編小説ストーリーランド 知られざる世界
  • 知られざる世界彼は、堀健次 30歳。小さい頃から自身で造ったヨットで太平洋を横断することが夢であり、そして遂に今その冒険が始まろうとしていた。                               「母さん、母さん!テレビのニュースが始まったよ、僕が紹介されるからこっちに来てよ!」『たった今大変な知らせが入ってまいりました。日本が核を所有する準備をすすめていることが明らかになり、国会内は騒然 [続きを読む]
  • 過去の記事 …