たまねぎ さん プロフィール

  •  
たまねぎさん: たまねぎの憂鬱 ー聖地サンティアゴへの巡礼路2016ー
ハンドル名たまねぎ さん
ブログタイトルたまねぎの憂鬱 ー聖地サンティアゴへの巡礼路2016ー
ブログURLhttp://caminodesantiago.hatenablog.jp/
サイト紹介文慶應卒なんちゃってエリートOLが仕事と恋愛をほったらかして800kmスペイン・サンティアゴ巡礼の旅!
自由文スペイン語は単語会話レベル。アラビア語日常会話程度。ロンドン帰国子女。慶應義塾大学OG。東京都港区在住のゆとりOL。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/05/06 05:45

たまねぎ さんのブログ記事

  • Paris 〜 Saint Jean Pied De Port
  • 本日巡礼スタート地点のサンジャンに着きました??現在11PM。バイヨンヌでアミーゴをつくり、初日から飲んだくれでございます。この時間にやっとホテルに戻ってきた。まだ歩き始めてもいないのに、楽しすぎる!wみんなは明日から歩くみたい。わたしはもう1日のんびりと過ごします。ちょっと寂しい。もう楽しすぎて、最高。ワインも最高。 ↑応援よろしくお願いします? [続きを読む]
  • FB, インスタ, ブログ
  • いよいよ明日出発です。 日記書いて・・・ Facebook更新して・・・ インスタでしょ・・・ あ、Instagramは「tamanegi.ojyou」でやってるのでよかったらフォローしてください?? このインスタに、FBは友人が多すぎて連動させてませんw連動させたら旅行中は楽チンなんだけども・・・ プライベートを全部知られたくない相手もいるので。インスタの方がプライベート投稿多いかな。 たまに教えてな [続きを読む]
  • 巡礼持ち物公開 第三弾
  • 最終的な荷物は7キロに収めました。 まぁギリギリ許容範囲かなと思ってます!! まずはシャンプー。 コンディショナーinシャンプー。ジョンマスターのもの。5000円くらい。 詰め替えて、60ml??2 香りが好き。オールインワンタイプにしては、髪がパサつかない。 辛い工程を歩いた後のシャワーくらい好きな香りに癒されたい。髪にも良い成分。 昔の彼氏が愛用していたため、とて [続きを読む]
  • Perfect Humanになりたい君
  • 私の彼はすーぱー嫌な奴。ほんとこういう男、一番嫌いだわってタイプ。とにかく、おっとりしていて、誰とでも分け隔てなく接することができるし、怒ったり声を荒げたりしない。(淡々と理詰めな。私もあんまり感情的にならないから絶対ケンカとかない)いつも笑顔だし、しゃべり方も柔らかで、綺麗な顔してる。でもね、みんな騙されてるのよ。出会った時、正直恋愛対象とかではなかった。話していても、彼は、私に話 [続きを読む]
  • 巡礼持ち物公開 第二弾
  • まず、こちらがバックパック。  35リットルのもの。 2万円くらいだったかな。 いつか南米周遊するときにでもまた使いそう!!  これは寝袋。ベッドバグ対策でサンティアゴ巡礼では必須のアイテムの一つ。 1万9千円。150gで本当に軽くてコンパクト! 同じサイズで次はレインポンチョ。両方ともこんなに小さいよ。  1万ちょっと。 昼間の一番日が高いときに長時間歩 [続きを読む]
  • 箱の中身
  • 先輩の同僚がロンドンから来ていて、一緒に飲んでいたのだけど、7月下旬にバルセロナにいるよーって言ったら、来てくれるって!!彼はイタリア人だけど、パキスタンとのハーフ。(普通にかっこいい。目がハートになっちゃったよ←)イタリア訛りのイギリス英語とか反則。セルジオロッシかミュウミュウのハイヒール持っていきたい・・・あぁ・・・ところで、出発前にしてありとあらゆるカミーノの情報サイト・ブログを読 [続きを読む]
  • 巡礼持ち物公開 第一弾
  • もう大体の装備品は揃っているのだけれど、まだ迷っているものが幾つかある。それは、「妥協するもの」と「こだわるもの」だ。妥協するもの、それは、例えば服である。40数日間を、Tシャツ2着だと・・・?とは、ならない。妥協できないものは、化粧品かな。スキンケア。荷物を減らすためとはいえ、オールインワンとかはありえないので、悩み中・・・。一点豪華主義で、Chanelのサブリマージュのクリーム [続きを読む]
  • 巡礼ブルーな週末
  • ようやく、全てを予約し終わった。往復の航空券、パリのホテル、列車。Saint Jean Pied de Portというフランスの村から歩き始めるのだけれど(フランス人の道)、とても可愛い村、かつ、あくせくしたくないので、そこに2泊していく予定だ。巡礼が終わってからバルセロナへ飛ぶ飛行機、アパートそしてパリへ戻る飛行機、ホテル。旅程は決まった。あー本当に行くのね、と感慨深い。当初75万くらいかなーって思 [続きを読む]
  • 巡礼後の過ごし方
  • サンティアゴ巡礼は6月2日から始めようと思っている。だから、パリに経つのは5月31日。ざっと計算すると、7月の13日か14日にはゴールできるのではないかなと考えている。長く見積もっても43日あれば歩ききれるだろうというプランだ。平均20〜25km歩くと言われても、正直、毎日歩きたくない。笑休養日も欲しいし、10kmくらいしか歩かない日も欲しい。そして必ず金曜日のミサに出たいので、7月15 [続きを読む]
  • 「旅」と「逃げる」こと。
  • GWも終わり、久しぶりに彼にも会って、私はこの人を約2ヶ月日本に置いていくのね・・・浮気されたら・・・浮気なんてされたら・・・殺人犯になってしまうかもしれないから、やめようかしら。なんて一瞬考えたたまねぎです。最近のコナンならこれくらいの動機で十分オーディション通りそう。(だって好きなんだもの。いい男なんだもの。手に入らないなら消しちゃいたい☆的な。)約二ヶ月日本を離れるということは、 [続きを読む]
  • 旅立つ理由
  • 巡礼の道は天国へ通ず中世のキリスト教徒にとって、「巡礼」とはいったいどういう行為だったのだろうか。純粋な信仰心や懺悔の気持ちによるものから、病気平癒のような現実利益、さらに物件遊山を目的にしたものまで、巡礼の動機は実にさまざまである。自発的なものとも限らず、裁判によって巡礼が刑罰として科された例もかなりあったという。例えば殺人犯ならば、犯行に用いた武器を溶解させて作った鎖や首かせをつけ、時 [続きを読む]
  • 巡礼には一度死んで生まれ変わるという意味がある。
  • 巡礼には一度死んで生まれ変わるという意味が宗教的にあるんだって。なんだかとっても深い。私も一度死んで人生リフレッシュしたいってくらい、東京での生活に飽き飽きしている。悲しいのは、特定の不満がないこと。不満があれば、それを払拭するために努力するし、欲しいものがあれば手に入れるために全力で挑むけれど、それもない。(基本的に努力と根性でどうにもならないことなんてないと思っている。)負け惜しみ [続きを読む]
  • 生きている中世を歩く旅路
  • イベリア半島の西のはずれ、サンティアゴ・デ・コンポステラには十二使徒の一人、聖ヤコブの亡骸が眠る。 最盛期には年間50万人もの人々が、ピレネー山脈を越えてはるばるとこの聖地を目指した。 帆立貝の道標に導かれるまま、巡礼者たちとともにこの道を辿れば、今も中世さながらの風景が広がり、教会をロマネスク美術の傑作が飾る。 スペインには、こんな手付かずの魅力的な旅路が残っていたのだ!! &nbs [続きを読む]