NAGAURA さん プロフィール

  •  
NAGAURAさん: CHRONO GATE 不定期日記
ハンドル名NAGAURA さん
ブログタイトルCHRONO GATE 不定期日記
ブログURLhttp://blog.chrono-gate.com/
サイト紹介文護るべき無垢な美しさと神秘性を感じていただけるような絵を目指して日々筆を握っています。
自由文色鉛筆と油彩で制作。単身女性像と空の風景をメインモチーフとした作品を年数回東京・横浜のギャラリーで展示しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/05/06 07:19

NAGAURA さんのブログ記事

  • カルチャーセンター 秋の新規講座
  • 秋からの講座4箇所のご案内です。講座名はまちまちですが、基本的に同じスタイルの授業ですので、お住まいとご都合でお選びいただければと思います。お申し込みは、各カルチャーセンターまでお願いします。「月一回の色鉛筆画教室」(11月開講)ヨークカルチャーセンター小杉 第2・月曜日 13:00〜15:00神奈川県川崎市中原区小杉町3-420 イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店5FTEL: 044-711-8322無料駐車場完備 東急東 [続きを読む]
  • 2人展終了
  • 一昨日をもって、北海道旭川での展覧会「いつまでも、これからも」祖母と孫の二人展II、無事終了しました。会期初日に北海道新聞の取材を受け、6/28日朝刊に記事を載せていただけたことで、「新聞見て来ました」という方もとても多く、悪天候が続いたにもかかわらず、総入場者数は前回を上回る333人。多くの方々のお力添えをいただき、思い出に残る素敵な展覧会になりました。どうもありがとうございました。 [続きを読む]
  • 2人展in北海道
  • 展覧会のお知らせです。「いつまでも、これからも」祖母と孫の2人展II 2018年6月26日(火)〜7月1日(日) 10:00〜18:00(最終日17:00) 旭川デザインギャラリー  〒070-0030 北海道旭川市宮下通11丁目蔵囲夢  TEL 0166-23-3000旭川在住の祖母(和紙絵画を20年以上にわたり制作)の米寿を記念して、5年ぶりに再び2人展をおこなうこととなりました。和紙絵画・油彩画・色鉛筆画、計30〜40点の展 [続きを読む]
  • カルチャーセンター開講
  • 本日、綱島カルチャーセンターでの色鉛筆画講座がはじまりました。初回ということで、最低限の基礎くらい触れておこうと思い、色相環と幾何形体を。思えば、大学生時代に初めて通ったカルチャーセンターのデッサン講座も最初は幾何形体でした。ただ、そのときは、毎週講座で一ヶ月間幾何形体だったのもあってか、同期の2人は、すぐに辞めてしまいました。同じ轍を踏むわけにはいかないので、次回の後半からさっそく静物→動物→風 [続きを読む]
  • カルチャーチラシ 小杉
  • ヨークカルチャーセンター小杉のチラシが届きました。これで今期募集の3箇所のチラシが揃ったことに。そして、いよいよ25日(金)は綱島の体験会です。昨年夏に開いた色鉛筆画無料体験会の経験を活かして、「ちょっとおもしろそうかも」と思ってもらえるような会に出来るよう、しっかり準備して臨みたいと思います。ネットで見かける色鉛筆画の投稿には芸能人の似顔絵が相当数あるので、やっぱり伝わりやすい作例なんだろうなとい [続きを読む]
  • 宇宙を思う
  • 大好物だったNHK「モーガン・フリーマン 時空を超えて」が終わってしまい、喪失感を紛らわすべく、同NHK「コズミックフロント☆NEXT」を見始める。以前から放送自体は知っていたけど、1時間番組(CM無し!)ってなかなか重くて、きっかけが無かったこともあり手を出さずにいたのですが、「あーーー 宇宙の話が聞きたい!!」と。実際は、制作中に音だけ聞いてるので、見てるわけではないのですが、十分知的好奇心を満たしてくれ [続きを読む]
  • カルチャーチラシ 本牧
  • 本牧店のチラシが昨日の朝刊に入ってました。自宅が配布エリアに入っていたみたいです。「ああ、こうやってたくさんの人の元に届けられているんだなぁ」と、ちょっと感慨深いものがありました。ぱど(フリーペーパー)5/17号にも掲載されるとのことなので、1人でも多く、興味をお持ちの方の目にとまるといいです。しばらく作例的な絵ばかり描いていたので、たまには本来の作風のものを。横浜美術館の「ヌード展」で、敬愛する [続きを読む]
  • DIY
  • 経費削減とオーダーの手間を考えて、もう何年も前からマットは自分でカットしています。ただ全判で買ってくるため、絵に合わせたカラーマットまではさすがに用意出来ないなあと思っていたのですが、「考えてみれば、自分で塗ればいいんじゃない」ってわけで、ちょうどいつもの白ダブルでは、どうにも格好の付かない絵を描いてしまったので、Let's DIY!端材が大量に余ってるのをいいことに、欲張りなトリプルマット。厚くなりすぎて [続きを読む]
  • 新聞折り込みチラシ
  • 綱島カルチャーセンターのチラシが出来上がってきました。こちらからは反響がまったくわからないので、ドキドキです。そして、ここ数年展示発表の拠点とさせていただいている横浜のギャラリーダダさんに講座の案内を貼らせていただきました。こちらでは、ちょうど今日25日から来月1日まで、現代色鉛筆協会の展示が行われており、昨年亡くなられた原田シンジさんの遺作3点も展示されていました。今回が最後の展示になるだろうとの [続きを読む]
  • カルチャーセンター新講座
  • この5月から、カルチャーセンター3箇所で色鉛筆画の講座を始めることとなりました。お好きな写真を元に絵を作っていくので、 デッサンの苦手な初心者でも楽しく始められます。「こんな絵を描いてみたい」を叶えましょう。絵を描くのなんて高校以来という方から、経験者の方まで、皆様の進度とご要望に合わせて講座を進めていきたいと思っています。色鉛筆画、ちょっと気になるなあと思われたら、ぜひ無料体験会へのご参加を。お [続きを読む]
  • 第13回 緑樹会・絵画展
  • 第13回 緑樹会・絵画展<会期>2018年4月4日(水)〜 4月9日(月)10:30〜17:30(最終日17:00まで)<場所>杉田劇場ギャラリー(らびすた新杉田4階)在廊日:5日(木)14:00〜 7日(土)14:00〜高校OBの美術同好会による展覧会です。油彩画1点・色鉛筆画3点出品いたします。お時間有りましたら、ぜひお越しください。 [続きを読む]
  • ホームページお手入れ
  • 少しだけ、人目に触れる機会が増えそうなので、気になっていたところをちょいちょい手直し。開設当時からほぼ手つかずだったリンク集も、久しぶりに見直してみると、既に閉鎖していたり、移転していたりするところも。昔は、気になる人の情報はまずホームページでチェックして、という流れだったと思うけど、今はtwitterやfacebookで検索する人のほうが圧倒的に多いような気がします。ブログですら、すっかり下火ですよね。若い人 [続きを読む]
  • 楷書体フォント
  • 上:HGP楷書体 筆王シリーズ付属下:ARP楷書体M 筆まめシリーズ付属筆王ユーザーなので、ずっと上のHGP楷書体を使っていたのですが、「彩」のツが爪になっているのが、イヤでイヤで。仕方なく、古い筆まめをヤフオクで1010(送料込み)で購入。これで楷書の悩みからは解放されるものと思っていたら、なんか「画」とかちょっとバランス悪い。HGP楷書体に見慣れていたせいか、他の字も総じてHGP楷書体のほうがしっくり来る感じ。使う [続きを読む]
  • 町の画材屋さん
  • 横浜の老舗画材店といえば、絵具屋三吉。岩絵の具の量り売りをしているところは、ここしか知らないので、たまーーーに行くのですが、久しぶり(ポイントカードが失効してたから一年以上経ってる)に行ってみると、内装がやたらきれいになっていて、なんと店員さんが全員黒のスーツ。その佇まいたるや、まるで銀座のブランドショップ(入ったこと無いけど)。やっぱり町の画材屋は、絵の具のこびりついたエプロンしたオヤジさんがい [続きを読む]
  • 化学のお勉強
  • PP(ポリプロピレン)PET(ポリエチレンテレフタレート≒ポリエステル)PE(ポリエチレン)熱膨張率 PET<PP<PEポリエチレンテレフタレート(PET)はポリエステルの一種で、ポリエチレン(PE)とは全く別の物質。だったら、ポリエステルテレフタレートって名前にしてくれよ><・・・合成紙について調べているうちに、どんどん深みにはまってきました。 [続きを読む]
  • 新たな一歩!?
  • 昨日をもって、色えんぴつ5人展、無事終了しました。ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。1月末開催ということで、一応年賀状に案内を載せておいたものの、その時点では在廊日を未定としていたので、結果的に作者不在時にお越しくださった方も多々おられ、本当に申し訳なかったです。芳名帳に書かれたお名前を見て、「ああ、来てくださったんだ」と、大いに励ましをいただいています。改めて、ありがとうござい [続きを読む]
  • 色えんぴつ5人展
  • 水曜日からはじまってます。初日に写真を取り忘れてしまったため、ちょっと遅い更新。あと廊下側に2点の計6点出展しています。今日4日の13:00〜17:00最終日6日の13:00〜16:00は、在廊いたします。外には出してませんが、近作の原画もファイルにいれて持参しているので、在廊中は、話の流れでそちらも見ていただいたりもしています。昨日は、高校の同級生や、ずっと名古屋に住んでいてなかなか招待するチャ [続きを読む]
  • マットは手切り
  • デッサン額には欠かせないマット。輸入購入したマットカッターがあるので、いつも自分で窓抜きしているのですが、全判のマットが世界堂で定価購入出来なくなってしまいました。とりあえずネット通販で一件見つけたのと、神田のミューズ直営店なら、さすがに買えるだろうけど、4/6判を電車で1時間かけて持ってくるのはちょっと抵抗が。宅急便も折れたりしないか不安だし、これからは余裕を持って早めに手配しないと。今月31日 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 今年もより一層画業に励んでいきたいと思っています皆様実りある一年となりますように「色えんぴつ5人展」 ギャラリーダダ(横浜そごう9F) 1/31〜2/6 10:00〜20:00 ※最終日16:00まで 在廊日:未定初回から参加させていただいている色鉛筆画展も3年目となりました。今回も4、5点の出展になると思います。日が迫ってきたら、改めて告知いたしますが、ひとまず。今年もよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 色鉛筆画 作例
  • 風景画を描くなら、とにかく木!木が描けないことにははじまらない!!・・・これで描けたことにしていいのか、不本意な点は多々あるけど、ある程度時間かけたらもう「定着吹いて、スキャンして、アップして、おしまいっ」にしないと、キリがないので。まだまだ、書きながら考えて試して「あーー、こうすればいいのか」と気づくことがあるのは、うれしい半面、それだけ身についてないことがあるということでもあり、複雑な心境です [続きを読む]
  • 色鉛筆画 作例
  • フンボルトペンギンアミメキリンコツメカワウソ動物画家を目指すわけではないのですが、多少なりとも「描ける」手応えが得られるまでは、定期的に描いていこうかと。フンボルトペンギンとアミメキリンは、地元の野毛山動物園で撮ってきた写真からおこしています。今、フンボルトペンギンというと、東武動物公園のあのお方に結ぶ付くのは必然なのだけど、この絵を描き始めたのは、訃報の前日だったのです。さすがに、そのタイミング [続きを読む]
  • 色鉛筆画 作例
  • サーバルキャットReference Photo:Becker1999(CC BY)コツメカワウソアルパカReference Photo:foilman(CC BY)今回はクリエティブ・コモンズで著作権の取り扱いが明確になっている参考写真を使いましたが、「表示(Attribution, BY 著作権者の表示を要求する)」になっているものは、作者名を載せておけばいいのかな。この前、弁護士の先生による「アーティストのための著作権講座」という公開講座を受けてきましたが、一応の判断基 [続きを読む]
  • 色鉛筆画 作例
  • モーガン・フリーマンチーチ・マリンこの暑い中、暑苦しい絵ですいません。専門学校時代、美大出身の友人が「影を黒くすれば写真っぽくはなる」とさらっと言っていたのが、今になってようやく分かってきました。こういう基礎っぽい絵は、学生時代にクリアしておくべきものなのでしょうが、やってきてないものは仕方ない。今更ですが、地道に引き出しを増やしていきます。 [続きを読む]
  • 色鉛筆画・無料体験会 終了
  • 1回目・2回目はゆりの絵でしたが、せっかく教える経験を積めるチャンスなのだから違う絵にしようと、今回は、白クマにしました。ここのところ暑い日が続いてるし、少しでも涼しい題材の方がいいかなあ、というのもあります。全3回の体験会、計25名の方にご参加いただきましたが、水彩やパステルなど何らかの絵の教室に通っている(いた)方がほとんどでした。もちろん、個人差はありますが、作例を用意して同じように描くのは [続きを読む]
  • 白い紙が欲しい
  • 色鉛筆画で、明るいところを残していく描き方の場合、紙の色は重要です(水彩もですよね)。アルシュにブライトホワイトという、従来品より白さのアップしたものがあると知り、1枚買ってみました。アルシュはバニーコルアートが日本国内独占販売とホームページで大々的にうたってますが、ミューズでもとれます。(つまり世界堂でも^^)で、せっかくなので、手持ちの色鉛筆向きの紙をまとめてスキャンし、色を比較してみました。 [続きを読む]