あやの さん プロフィール

  •  
あやのさん: DCC館
ハンドル名あやの さん
ブログタイトルDCC館
ブログURLhttp://ayabu.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文NゲージをベースとしたDCCについての日記を書いています。
自由文まとめサイト
http://1st.geocities.jp/dcc_digital/

Desktop Stationホームページ
Arduino用のDCCシールドや、DCCコントローラーのオープンコントローラ、オープンソフトウエアに取り組んでいます。
http://desktopstation.net/index_jp.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/05/07 10:33

あやの さんのブログ記事

  • 次期 Smile Decoder Tester
  • 次ロットのSmile Decoder Testerはこんな感じ。 CPUとCP2102は取っ払って、代わりにArduino NANOを使うことで組み立てやすさを取る予定。OLEDとかスイッチが見えますが、私用の機能です(^^;こんなのあると便利じゃね?というのがありましたら、お願いします。(レイアウト的に、厳しいですけどw)来週から山の修行に行くため、3月中頃まで何もできません。今回はこの前購入した安パソコンを持って行くのでKicadはいじれるように [続きを読む]
  • DF19x4ss 4FX FX専用デコーダを両極性にして使ってみた その4
  • KATO南武線に入っていたライトユニット をDF19x4ssに接続してみます。おー理論通り動きました!。ライトユニット のダイオード2個撤去、ストラップ3本必要なのであれですけど、片極性タイプのデコーダーでも両極性として使えることがわかりました。でも、KATOのライトユニット はヘッドライト、テールライトが別回路でできているので、+12VをLEDのアノードに、 FX0,FX1をそれぞれのLEDに繋ぐだけです(^^;;こんな変な改造は不要で [続きを読む]
  • DF19x4ss 4FX FX専用デコーダを両極性にして使ってみた その3
  • まだ、こだわってやっています。DCC ファンクッションデコーダーを使ってライトユニットに手を加えずに接続方法を工夫して両極性デコーダとして使う方法です。※妄想なのでちゃんと動くか、試していませんのでご注意!実際のライトユニットはテールライト、ヘッドライトそれぞれに抵抗が付いているタイプとテールライトとヘッドライトに対して1つの抵抗が付いているタイプがあります。まずは、KATOのE233系 8000番台 南武線に使わ [続きを読む]
  • DF19x4ss 4FX FX専用デコーダを両極性にして使ってみた その2
  • ライトユニットって以下のように電流制限抵抗であったり、定電流ダイオードが入っています。昨日の回路では、抵抗、定電流ダイオードを撤去しないと成立できませんでした。 ライトユニットを改造しないで、なんか良い方法がないかなと、考えたところ、デジタルトランジスタを使うと簡単にできそうな気がします。 デジタルトランジスタPNPタイプ2個でいけそうな感じです。(信憑度50%w)■FX1をONにした時ベースがLOレベルに引 [続きを読む]
  • DF19x4ss 4FX FX専用デコーダを両極性にして使ってみた
  • 両極性でないデコーダでも接続を工夫することで、ヘッドライト基板を改造しなくても良いという情報をもらったので、試してみました。 永末システムさんのDF19x4ssを使って、上記の様に抵抗、LEDを接続しました。※抵抗値は適当なので、LEDに見合った抵抗値に変更してください。 今回使ったLEDは高輝度タイプなので、ちょっと電流をながしただけでよく光ります。この方式の注意点はFX1をONにした時に、抵抗から12V/4.7k=2.5mA とLE [続きを読む]
  • 安いWindowsノートパソコン買ってきました。
  • 私は主パソコンはMac miniなのですが、別の部屋で作業するときはノートパソコンが必要になります。acer aspire one happyを持っていたのですが、バッテリが完全に使えないのでモバイル性0でした.。(全く充電できず、いつも空っぽの状態)数週間吟味してw ASUS E203NA-464を買ってきました。ヨドバシで3.1万円(ポイント引いた後)回復ディスク作成用に32GBのmicroSDカードも買ってきました。(最初の状態だと16GBで十分でした) [続きを読む]
  • TOMA-RUN With Tantalum
  • ついに禁断のトマランコンデンサの配布を行います。 ↓ショッピングカートTOMA-RUN With Tantalum生基板7枚、100Ω抵抗7個、SS14ダイオード7個の構成です。タンタルコンデンサは在庫を持つ財力がないので(^^;別途ショップでお求めください。禁断だけにあって、ご使用は自己責任でお願いします。すでにタンタルコンデンサをご使用されている方は、そのままご使用できるかと思います。取り付け例は、こちらを参照くだ [続きを読む]
  • Arduinoで 128x32 の OLEDを試してみる
  • 昼間の仕事が忙しくて、趣味に時間がなかなか使えません;さて、aitendoで売っている、128x32 I2CタイプのOLEDを手に入れまして、Arduinoでちょっと動かしてみました。 DSMeister_R5.1_r6bを書き込みます。まぁピクセル数が128x32と違うので崩れますねw ちょっとググって出てきたスケッチを書き込んで、表示できました。 128x64 のOLEDと違って、縦のピクセル数が半分に減って、大きさも半分です。ちょっとした情報の表示に使えそ [続きを読む]
  • 2017年DCC関連振り返り
  • 備忘録をかねて。妄想が増えていきますが、2017年は下期から昼の仕事が忙しくてほとんど何もできませんでした。2018年も6月頃まで同じペースで忙しい・・・2016年dcc関連やり残しプロジェクト■成果はFusionPCB、seeed stuidoさんを使った基板発注を経験Elecrowさんで、アクリルカットサービスを経験■やったこと・Smile Function Decoder 完成品販売 のこり1個です・DCC速度計 基板を作成し、いろいろ遊びました。 液晶との繋 [続きを読む]
  • 信号機の基板化
  • seeedさんを使えば、安価に信号機の基板が作れるんじゃねと思って五灯式信号機を作ってみました。大きさはTOMIXのNゲージのやつと大きは同じ。柱には捨て基板を追加しておかないと強度的にだめかな。なんとなく行けそうな感じ。 裏は白シルクで塗りつぶし。 表は柱だけ白く塗りつぶし。 [続きを読む]
  • PICkit3
  • PIC WriterはSmileWriter5in1で作ってあるのですが、新しいPICとかを使うとなると、自分で定義ファイルを作る必要がありちょっとめんどくさかったので、PICkit3を買ってみました。 まぁ、amazon で買いましたので・・・そっくりさんな奴ですw PIC16F15313-I/SNPIC16F18324-E/SLATtiny85-20SU勢いでたくさん買ってしまいました。Configurable Logic Cells (CLC)が4回路入っているので、ちょっとしたお遊び用に。遊んでみたい方いら [続きを読む]
  • TOMA-RUN With Tantalum
  • DCCデコーダの安定動作に欠かせない、電解コンデンサですが、YaasanがSuperトマラン(妄想)をしていましたね。ちょっと前に私がTOMA-RUN タンタルコンデンサ版を妄想していたのですが、基板が出来上がりましたので、報告します。まずはフォルムをwルビコンの電解コンデンサ 25V 220uF 直径6.5mm 高さ11.7mm (実測)TOMA-RUN With Tantalum 11.1mm x 10.1mm x 3.6mm (実測)※写真では16V 220uFのタンタルコンデンサを2個実装してい [続きを読む]
  • Smile Decoder Tester Boardクリスマスセール
  • クリスマスセールにしては、お買い得感が無かったので、SmieFunctionDecoderキットを1枚足して(^^; クリスマスセット 3000円 +基本セット  +スマイルライタ機能  +USB UART BOARD  +SmileFunctionDecoderキット1枚(Attiny85無し) +ちっちゃいブレッドボード  +送料込み(定形外)  大事なこと(^^; 組み立てはやりません。こんな感じにしました。また、AYAシリーズの基板で部品が無くて配布止めている [続きを読む]
  • Smile Decoder Tester Boardクリスマスセール?!
  • デコーダテスターキット2000円、スマイルライタ500円、USB-UART基板500円合計3000円の所・・・ブレッドボード(写真右下の赤い小さいブロック)と送料無料(定形外)でお値段据え置きの3000円で配布を考えています(^^;昼の仕事が忙しいので、組み立ては、やりません。ブレッドボードの色はランダムですw残り3セットです。(初回に作った基板のストックがなくなります)再販は回路を見直したり、アートワークを始めないといけない [続きを読む]
  • スマイルコネクタZ
  • スマイルコネクタZのコネクタが決まりましたので、コネクタを加工してみました。1mm x 2mm x 12mm 2本1mm x 2mm x 10mm 3本2mm x 2mm x 8mm 1本用意します。 実際に組み上げるとこんな感じです。 Decoder Testerのスマイルライター部は、実はスマイルコネクタが2個実装できる様になっています。 はい、スマイルコネクタZを実装します。 あらかじめ、SmileFunctionDecoderLightは板厚0.8mmのスマイルコネクタZで作ってありますの [続きを読む]
  • TOMA-RUN タンタルコンデンサ版
  • キワモノシリーズのトマランコンデンサのタンタルコンデンサ版を考えています。電解コンデンサって、丸っこいから、Nゲージに入れるときにちょっとアレですよね。セラミックコンデンサはDCバイアス問題により容量が大幅低下しますし・・・そこで、禁断のタンタルコンデンサです!16V耐圧の、100uF、220uFが実装できます。自己責任で使ってくださいという感じです。 また、KiCadで面付けしてみました。 昼間の仕事が忙しくて、工作 [続きを読む]
  • Locoスロットルの薄型化
  • Locoコネクタをよけてる様に裏の白いアクリルパネルをカットしてみました。 アーッ。なんか白いアクリルはニッパー入れた瞬間割れました;チャレンジするときはお気をつけて。 ロータリーエンコーダーも実装方法を変えています。リードを基板から外して、配線でロータリエンコーダ・基板間を接続しています。 薄くなるとスッキリしていていいですね。モジュラーコネクタが邪魔ですね。あ、ケーブルからモジュラーを切断して適当な [続きを読む]
  • KiCadを使った面付けについて
  • Elecrowに面付けを依頼すると、2-5 copies + $8掛かってしまいます。だったら、自分で面付けしたガーバデータを作ってしまえば安く大量に面付けできるのではないかとちょっとやってみました。Pcbnewを単独で起動させて、ファイル→ボード追加で取り込んで、あとは、複製を使って増殖させてみました。 リフロー装置でリフローできる様に捨て基板を付けます。捨て基板は10mm幅で搬送用基準穴とフィディユーシャルマークを付けて [続きを読む]
  • KATO E233系 8000番台 南武線 をDCC化
  • モーター車:EM13 と SmileFunctionDecoderサウンド:MP3サウンドデコーダV5MP3サウンドは、PianoRiseさんのE233データを入れ込みました。キューブスピーカーと、トマランコンデンサを実装。 モニタリング車両?!: SmileFunctionDecoderトマランコンデンサを載せていないので、ちょっと集電不良に弱い・・・赤LEDと白LEDを並列に接続したものを作り、床下に貼ってあります。 室内灯は、例のテープLED3コマを使って、折り曲げ [続きを読む]
  • レール・基板洗浄剤
  • 以前、レールの掃除用ケミカルとして、以下のブログを書きました。レールの掃除用ケミカルで、リモネンをちょいちょい使っていましたが、リモネンがオレンジの香りと言えど、密室wで使っているときついので、イソプロピルアルコールを買ってみました。 結局、レールを磨く割合より、基板洗浄が主なので、IPAでいいかなと。結構安いし。アマゾン危険物なので、どこに保管しておこうか悩みますw [続きを読む]
  • テープLEDの応用
  • 昨日の記事わかりにくいよーというご意見をいただいたので、実際テープLEDをどうしたかを書きます。 テープLEDの剥離紙を剥がして、余計な長さを折り曲げてくっつけちゃっていますw [続きを読む]