T さん プロフィール

  •  
Tさん: のんびりブレイク
ハンドル名T さん
ブログタイトルのんびりブレイク
ブログURLhttp://inemugi.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文蓼科山麓で、生活を通した哲学・歴史・文学を学びながら、旅行、ガーデニングを楽しんでいます
自由文一日暮らしとは、今日一日を一生懸命生きて、満足することです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2016/05/07 16:25

T さんのブログ記事

  • 町内会長OB会の忘年会の話題
  • 10年ほど前に町内会長をやった仲間と、忘年会をしました。 「認知症予備軍」にとっては、 活力の出る忘年会です。 話は、 北朝鮮の暴走の話から始まり、 アメリカのトランプ大統領の評判も、 良くありません。 仲間は、70歳から80歳の6人で、 健康の話題は、話がつきません。 先日、NHKテレビのスペシャルで、 「脂肪と筋肉が生命を守る」を放送したそうです。 人間の身体には、400種類もの筋肉があるそうです。 筋肉の細胞の長 [続きを読む]
  • 「年の瀬」を使いたくなる頃
  • ぼつぼつ「年の瀬」という言葉を使いたくなる時期になりました。 調べて見ると、 年の瀬の「瀬」とは、川の浅い個所、流れの速い場所と言う意味です。 船で通る際に急流や激流が行く手を阻む困難な場所で、 支払いがたまって困っているなどの状態です。 単に年末というより、 鬼気迫る状況の年の瀬ですね。 12月に入ると使われますが、 中旬を過ぎた頃からでしょうか。 年の瀬の大掃除は、最近はしませんので、 ぼつぼつと整理整 [続きを読む]
  • 節約することの自問
  • 畑に植えてある「イチイ」の木の枝が伸びすぎたので、 脚立を高くし、一日、枝おろしをしました。 高い枝を無理して、切っている最中に、 目にゴミが入ってしまいました。 一晩、ゴロゴロする目で辛抱し、 眼医者へ行きました。 「ああ、良かった!」 健康であることの有難さを、 再認識しました。 その後、10年以上使っていない労働金庫の通帳を解約し、 その2万円を持って、電気店「エディオン」へ行き、 ストーブと髭剃り器を買 [続きを読む]
  • ピンコロ地蔵さん参拝
  • 寒い日が続いています。 日本海側は、大雪のようですね。 この時期になると、 30Km離れた長野の天気予報より、 遠い東京や甲府の天気予報の方が参考になります。 買い物のついでに、足を延ばし、 今年、三度目のピンコロ地蔵さんを参拝してきました。 縁日には、人が出るそうですが、 平日は、閑散としています。 お詣りをしてから、頭をなでると良いそうです。 ピンピンコロリとゆくには、 日頃の養生が大事ですね。 今日も快晴 [続きを読む]
  • 糖尿病予備軍の工夫
  • 先日の「特定健診」で血糖値が、 ギリギリセーフでした。 日本人の4人に1人が糖尿病の疑いがあり、 4割が治療をしていないといいます。 血糖値が高くなるのは、 インスリンが足らないか、効かない→ 血管に糖が増える→ 糖により血管の内側から活性酸素が大量に発生する→ 活性酸素が血管を損傷する→ 酸素と栄養が運びづらくなる→ 腎臓・目・諸内蔵の合併症が生じる。 長野市では、糖尿病の患者が多く、 ながのベジライフ宣言1 [続きを読む]
  • 年末の囲炉裏と餅つき
  • 田舎暮らしの家は、 ほとんど改修していない古い家です。 台所の入り口は、 10畳位の土間になっています。 昔の正月の餅つきは、12月28日でしたが、 恒例の餅つきをしました。 お餅をついた後、あんこ、ゴマ、黄粉、 そして、大根おろしの4種類を作りました。 歳を取ったので、 大根おろしの餅が最高でした。 台所は、10畳で板張りでしたが、 その後、畳を敷きました。 昭和20年代まで使っていた囲炉裏が、 そのまま残してありま [続きを読む]
  • あおり運転は、恐いです。
  • 現役を止めてからの趣味は、車旅行で、 日本中を旅しました。 自分の部屋に日本地図を貼り、 たどったコースを記してあります。 大半は、道の駅などの車中泊です。 先日の京都旅行が56回目の車旅で、 北海道から九州まで、 車中泊が110泊となりました。 怖い思いをしたのは、 伊豆山中の道の駅で、 夜中に太鼓をたたく集団に出合ったことです。 それ以外は、問題も無く、 日本の治安は、良いですね! これまでの走行距離は、ちょ [続きを読む]
  • 75歳以上の車の免許更新
  • 75歳以上の車の免許更新で、 「認知機能検査」が義務付けられました。 約半年で110万人が検査を受け、 約3万人(約2.7%)の人が、 「記憶力・判断力が低下している」という第一分類で、 医師の検査を受けたそうです。 70歳以上で「高齢者講習」を受けますが、 その前に「認知機能検査」を受けなければなりません。 検査は、約30分で650円です。 ・ 検査日の年月日、曜日、時間を聞かれます。 ・ 16種類の絵を記憶し、何が描か [続きを読む]
  • 師走の候の脳トレ
  • 今日は、「大雪」です。 山だけでなく、里にも雪が降る季節です。 北海道や日本海側は、大雪でしょうか? 北海道では、最低気温−23.1℃だそうです。 当地も、−9℃まで下がっていますが、 空は、真っ青の快晴です。 先日、テレビを見ていたら都会の話ですが、 落ち葉を規定の袋に詰めていくと、 腐葉土がもらえると報道していました。 それにヒントを得て、 里山まで100m余で、落ち葉が山のように積もっています。 2m×2mの [続きを読む]
  • 特定健診が済みました
  • 特定健診が終わりました。 血液検査の血糖値がぎりぎりセーフで、 後は、問題なく、安心しました。 糖尿病は、3人に1人が気が付いていないと言われます。 物が見えずらい・疲れていないのに足がつる・ 手足がむくむなどが出たら気にしたほうが良いそうです。 血糖値が高くなるのは、 すい臓のインスリンの分泌低下などで、 加齢なども影響しそうです。 がんにかかる日本人は、約2人に1人、 とても身近な病気です。 医学が進歩し、 [続きを読む]
  • 脳トレに暗記を始めましよう
  • いよいよ冬将軍がやって来ています。 朝は、ストーブ2台で部屋を暖めます。 まだ、厳寒ではないので、 16℃に設定し、節約です。 脳トレに「暗記」は、最高です。 ちょっと、大変ですが、 一緒にやってみませんか! 短い文学の冒頭文を覚えます。 昨日、練習にある文章を覚えました。 しかし、2時間後には、忘れました。 ポイントは、覚えてから、 忘れることを気にしないことです。 中高年のある調査では、 30分後には、40%を [続きを読む]
  • 明治元勲三条実美と梨の木神社
  • 元勲(げんくん)とは、国政に大きな功績があったものをさします。 三条実美(さねとみ)の父親は、 「安政の大獄」で処刑されましたが、 実美は、尊王攘夷の思想を受け継ぎ、 朝廷側の重要人物として、明治天皇を補佐しました。 京都御所の隣に「梨木神社」があります。 この神社は、三条実美が神様となっています。 天皇が東京に移るとき、 京都御所を無くすと言う意見がありましたが、 実美の尽力で残りました。 梨木神社は、 [続きを読む]
  • 流行語いろいろ
  • 満月が綺麗でした。 2か月ほど前の中秋の名月を見ていた時に、 「今が一番幸せかも」と気が付き、 生活習慣を改め、 何とか、そんな日々が続いています。 ・ 「睡眠負債」  日本人の約4割が、睡眠時間6時間未満だそうです。  年寄りは、早く寝てしまうので関係ないのですが、  日本の国旗を壁にかけて、  「にっぽん 頑張れ!」と、エールを送っています。 ・ 「フェイクニュース」  昨年のアメリカ大統領選で、「ローマ法 [続きを読む]
  • 大政奉還が行われた二条城
  • 京都のほぼ中央に二条城があります。 二条城は、関ヶ原の戦いの3年後、 1603年に徳川家康の上洛した時の宿泊所として築城されました。 家康が征夷代将軍を任命された時、 二の丸御殿で祝宴の儀が行われました。 唐門を入って、二条城を観光してきました。 奥の二の丸御殿でのこと、 徳川家康と豊臣秀頼が会見した時、 家康は、秀頼があまりに立派に成長しているのを見て、 豊臣家を滅ぼすことを決意したそうです。 二の丸御殿は、 [続きを読む]
  • 外出・旅は、脳トレの効果あり
  • いよいよ12月が始まりました。 元気に頑張りましよう。 11月に一人で車を運転し、三保の松原へいきました。 先週は、片道360Kmを運転し、京都へ行きました。 旅は、新鮮で全ての行程を思い浮かべられます。 日常生活をぼんやり送っていると、 その一週間の事を思い出せないことがあります。 人間の脳は、知らない場所に行くと、 積極的に活動し、情報収集をはかるようです。 感受性も高まり、精神的に高揚し、 日常では無視して [続きを読む]
  • 老いる生活習慣の見直し
  • 11月が最後の日になりました。 明日から師走で、気持ちが忙しくなります。 11月から生活習慣を改め、 雑用(=仕事)を優先し、 脳トレ・筋トレ・伝統芸能の練習を三本柱としました。 起床前にすること ・ ストレッチをする。 ・ 自己宣言をする。 ・ 神棚拝しの言葉、真言宗の十三仏声明を覚える。   残念ながら「般若心経」は、まだ覚えられません。   難しいです。 ・ 能 「高砂」、「羽衣」、「鶴亀」、「西王母」を [続きを読む]
  • 紫式部の育ったお寺
  • 京都御苑(=京都御所)へ散歩に出ました。 モミジの紅葉が、見事でした。 御苑の近くに「廬山(ろざん)寺」があります。 このお寺で、紫式部は育ちました。 式部は、小さい頃から頭が良く、 父親は、この子が男だったら、 「すごいことになっただろう」と、 嘆かれたそうです。 朝、早かったので、綺麗な庭園がありましたが、 中は見れませんでした。 式部の時代は、藤原道長の全盛の時代で、 道長の長女である一条天皇の奥さん [続きを読む]
  • 紅葉の銀閣寺
  • 金閣寺へ行こうか、 銀閣寺に行こうか、迷いましたが、 日本庭園の美しい銀閣寺に決めました。 道の途中の紅葉がきれいです。 銀閣寺は、 室町幕府第8代将軍足利義政が建てたお寺です。 建物には入りませんでしたが、 庭園が良いですね。 紅葉は、まさに、見ごろでした。 「侘び寂び」とは、 物静かで、どことなく寂しげな世界、 枯れ、淡い、静寂で、 澄んだ清らかな境地です。 庭園は、散策路となっていて、 たくさんの観光客で [続きを読む]
  • 広隆寺の紅葉
  • 2泊3日で京都・大阪の旅を楽しんできました。 自家用車で片道360Km、約6時間かかりました。 運転は疲れますが、 旅への期待で、 活力は十分です。 最初に、広隆寺の「弥勒菩薩」に会いに行きました。 バスを降りると、 「東映太秦の映画村」があり、 残念ながら今回は、パスしました。 楽しみにしていた紅葉が、まだ、見ごろでした。 広隆寺は、聖徳太子の時代に、 中国から渡来した秦河勝によって建てられました。 秦氏は、日本に [続きを読む]
  • 冬季うつ病にならないために
  • 付近の山は白く、日が短くなりました。 今日は、雨で、 気分は沈みがちです。 「冬季うつ病」は、秋から冬になってあらわれ、 春先から初夏に消えていきます。 ・ 過食で体重が増え、過眠となります。 ・ 日中、身体が重く、眠気を覚えます。 ・ 寒い日には、家の中でごろごろします。 ・ やる気が起こりません。 短期間では、良くあることです。 朝ドラ『わろてんか』の今日の回想場面、 てんの父が亡くなり、 ぱらぱらと、 [続きを読む]
  • 高齢者はがん予備軍か
  • 高齢になって、 一番怖いものは、認知症です。 二番目に怖いものは、がんでしょうか! 日本人の2人に1人ががんにかかり、 3人に1人ががんで死亡している現状を考えると、 高齢になれば、「がん予備軍」と言えるような気がします。 身体の細胞は、分裂し、新しく生まれ変わります。 このとき、正しい設計図の通り、複製されれば良いのですが、 コピーミスにより、がんが始まります。 毎年、胃カメラの検診をしています。 初めて [続きを読む]
  • 車のタイヤを自分で替える
  • 各地で雪の便りがありますが、 当地では、「里山に3回以上雪が降ると、 平地にも、やってくると言います」。 新聞の一面に、 青森県深浦町の「北金ケ沢の大イチョウ」は、日本一大きく 黄金色に輝くライトアップの写真が載っていました。 青森県を車旅行中に偶然出会い、 懐かしく思い出します。 今日の朝日新聞には、 比叡山の麓「瑠璃光院」の紅葉の写真が載っています。 まだ、紅葉が見られるのでしょうか? 昔は、自分で車 [続きを読む]
  • 現代美術館の現代アートを見る
  • 軽井沢に現代美術館があります。 何十年も前から知っていましたが、 現代アートは、分からない。 面白くないと、 興味がわきませんでした。 最近、芸術に興味をもちましたので、 行ってみることにしました。 入場料は、千円と高めですが、 紅茶かジュースがつきます。 写真撮影は、人物が映っていれば、 可能でした。 蛍光灯が作品です。 球が切れてチカチカしていましたが、 それも作品かもしれません。 全くわけが分からないもの [続きを読む]
  • 自治会の班会の話題
  • 昨晩は、自治会の次期役員を決める班会がありました。 役員は、大変です。 次回は、班長と副会長が持ち回りで、 スムーズに決まり、 懇親会になりました。 60代後半から70代の会員が多く、 話題は、どうしても健康問題です。 隣に座った人は、 この四月に大腸がんで一か月入院したと自分で話されました。 今は、がんは治る確率が高く、 昔なら深刻でしたが、医学は進歩しましたね。 前に座った方は、今年、軽い脳梗塞になったそう [続きを読む]
  • 旧軽銀座は冬景色
  • 冬将軍が到来していますが、 軽井沢に行ってきました。 途中、浅間山がどっしりと、 青空のもとに鎮座しています。 急激に朝、冷え込んだので、 木々に、白い花のように氷が一杯、 着いていました。 寒いけれど、外出すると、 思わぬ自然現象に出会い、 心が躍ります。 軽井沢の観光地、雲場池です。 残念ながら工事中で、 入れませんでしたが、 上流まで散歩しました。 途中の別荘には、 散り残したモミジが、 陽に輝いています。 [続きを読む]