T さん プロフィール

  •  
Tさん: のんびりブレイク
ハンドル名T さん
ブログタイトルのんびりブレイク
ブログURLhttp://inemugi.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文蓼科山麓で、生活を通した哲学・歴史・文学を学びながら、旅行、ガーデニングを楽しんでいます
自由文一日暮らしとは、今日一日を一生懸命生きて、満足することです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供466回 / 365日(平均8.9回/週) - 参加 2016/05/07 16:25

T さんのブログ記事

  • 終活年賀状を作ってみたけれど
  • 新聞に終活年賀状が、 広がりつつあるという記事が載っていました。 年賀状を数年前から交友のある数人と親戚関係にしようと、 考えていました。 長年にわたり、温かい年賀状を賜り、 ありがとうございました。 来年から後期高齢者になり、 最後の平成の年を機会に新年の年賀状も、 今年限りで失礼させていただきたいと思います。 おわびや感謝の気持ちをこめて、 1時間ほどで文章を書き上げました。 ある男性の意見、 70歳を過 [続きを読む]
  • 信号機のない横断歩道で車は止まる日本一長野県
  • 県外の人に言わせると、 長野県内の運転マナーは悪いと言われています。 ・ 対向車のきれる寸前の強引な右折は、(松本走り)といわれ、   後続車の事を考えると、いつも、やっています。 ・ ウィンカーを出さないと言う酷評もありますが、   市街地ではほとんどありません。   田舎の遅い車は、超高齢者で注意が必要です。 日本自動車連盟(JAF)の調査結果で、 信号機のない横断歩道で車の一時停止を調べました。 1位  [続きを読む]
  • カントの教え 生きる価値
  • 柿の木の葉がすべて落ちました。 鳥の為に2個残した柿の1個が落ち、 一つだけ残っています。 カントの哲学は、難しいですが、 理解しがたい中に、 突然のヒラメキがあります。 人生の目的は何かを問いかけ続けています。 そこにカントが現れました。 「価値がないと思われる生を生きることは尊い、 生きることは義務である。 生きると言う行為には、人間の純粋な善い意志が存在する」 老いや病気や大きな不幸によって、 生きるこ [続きを読む]
  • 外国人労働者の増加はどうですか
  • 今朝、温度計を見ると昨日に続き、−4℃でした。 温度計が壊れてしまったかと、別の温度計を見ましたが、 間違いありません。 氷も張っていて、 厳しいです。 ストーブにスイッチを入れ、 コタツにあたり、 コーヒーを飲みながら、 クラッシック音楽を聞いています。 やっと、人心地です。 外国人の受け入れの法案が審議されています。 近くに大学がある自宅周辺のコンビニでは、 店員さんとして中国の留学生が働いています。 一 [続きを読む]
  • 流行語「カメ止め」と冬将軍
  • 北海道は、約1カ月遅れの初雪でした。 昨晩は、月があまりにきれいなので、 庭で一杯飲んでいると、 寒くなって、温度計を見ると4℃でした。 身体が冷えて、慌てて室内に入りました。 今朝は、外気温は−4℃です。 一気に冬将軍の到来です。 ストーブを2台点けました。 「カメ止め」は、知りませんでした。 「カメラを止めるな」という映画でポスターには、 最後まで席を立つな・この映画は二度始まる。 上田慎一郎監督作品。 映 [続きを読む]
  • 「ご飯論法」流行語知りませんでした
  • 刑務所から逃走した人が、 日本一周旅行をし、 途中、県庁でプレートを作ってもらったニュースを見て、 社会人は、常識的にいろいろの社会現象を知っていないと、 まずいなと思いました。 今年の流行語の「ご飯論法」知りませんでした。 盛りソバ(森友)やかけそば(加計)の時は、 国会中継を見ましたが、 この頃は、「やっているな」と思いますが、 別の番組にチャンネルを変えてしまいます。 質問「朝ごはんは、食べなかった [続きを読む]
  • 86歳三浦雄一郎さん南米最高峰に挑戦へ
  • 冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さんが、 来年1月に、 南米大陸最高峰のアコンカグア(標高6962m)の登頂と、 スキー滑降に挑戦します。 86歳だそうです。 次男豪太さんによると、 10月に富士山に2回出かけ、 「筋力は強く、肺機能には衰えがあるが、 冒険心のモチベーションが高く、 大丈夫」と話しています。 雄一郎さんは、 一時、燃え尽きの状態から不摂生な生活をしたことが、 あったそうですが奮起し、 70歳、75歳、80 [続きを読む]
  • PTA強制は駄目です
  • 昔、PTAの副会長をさせられたことが、 ありました。 講堂での総会で開会の辞をのべただけですが、 会長は後、市会議員になりました。 大津市の教育委員会は、校長向けの手引きとして、 ・ 全員を自動的に会員にする「強制加入」はしない。   入会したい人に届けを出してもらうことが望ましい。 ・ 役員の決め方について、出席していない人に割り当てるのは駄目、   免除してほしい人に家庭の事情や病気などの説明をさせるこ [続きを読む]
  • パーキンソン病にiPS細胞移植
  • パーキンソン病とは、 ドーパミンという物質を作る脳の神経細胞が減少し、 手足の震えや身体が動きにくくなる症状が出て、 全国で16万人の患者がいます。 隣組のおじさんがパーキンソン病で、 懇親会などでビールを注ぐとき、 手が震えていました。 ノーベル賞を受賞した「iPS細胞」は、 いろいろな細胞に変化させることができます。 京都大学では、  iPS細胞から作ったドーパミンを作ることのできる神経細胞を、 500万個脳に注 [続きを読む]
  • 暖かい日が続いています
  • パソコンから、 「あなたのバッテリーは、古くなり交換してください」と、 表示が出たためか、パソコンの調子が良くありません。 昨日は、1日ブログを休みました。 この所、11月にしては、暖かいですね! 朝焼けのつるし雲です。 つるし雲は、天気が悪化の前兆です。 過去に富士山の山頂からの御来光で、 つるし雲を見ました。 暖かい日が続いているせいか、 自宅の裏の若いモミジが、 ようやく色づいてきました。 今年の付近の紅 [続きを読む]
  • お医者さんとの接し方
  • 晩秋になると、モズの大軍がやってきます。 電線に止まってうるさいですね。 70歳を過ぎると、身体のあちこちに支障が生じ、 医者通いが大変です。 お医者さんにも、いろいろな性格の人がいます。 せっかちな人、穏やかな人、 結論が早い人、何を言っているか内容がつかめない人などなど。 患者の方は、診られる立場ですので、 一般には、低姿勢で対応しますが、 医者と口論になったという人も多いですね。 トラブルを生じないた [続きを読む]
  • 明治150年静かに過ぎてゆきます
  • 今年が明治150年にあたります。 明治150周年に関連する自治体行事は、 2900件を超えるそうです。 薩長土肥の4県(鹿児島・山口・高知・佐賀)が際立って多く、 維新の誇りがなせる祝賀のためでしょう。 これに対し、福島県会津地方では、 戊辰戦争の悲劇を語り継ぐ、 幕や幟が立ち、明治維新は祝うものではなく、 辛酸の始まりだった思いが強そうです。 幕府に忠義を尽くした各藩は、 函館五稜郭で戦いが終わりました。 (函館の [続きを読む]
  • 明日は立冬です
  • この時期としては、しばらく暖かい日が続いていますが、 明日は、立冬です。 北アルプスは、もう雪で真っ白です。 次の24節季は、15日後の「小雪」で、 初氷の次は、初雪かもしれません! 毎日、畑で働いていると、 紅葉が日に日に変化し、 寂しく感じられるようになりました。 今日は雨降りなので、 日帰り温泉にでも行こうかな! おうい雲よ ゆうゆうと 馬鹿にのんきそうじゃないか どこまでゆくんだ ずつと磐城平の方までゆく [続きを読む]
  • 江波杏子さん死去する
  • 女優江波杏子さんが亡くなりました。 76歳、肺気腫の急性増悪のためでした。 若尾文子さんの代役で出た「女の賭場」の女賭博師役で人気がでて、 その後、テレビや映画で活躍しました。 個性的な風貌で、その美しさに憧れたものです。 昨日は、親戚の女性の100歳のお別れ会に行ってきました。 亡くなる1週間前まで、草取りをし、 自分の事は、すべて自分で出来、大往生だったそうです。 羨ましい限りです。 花 無心にして蝶を招き [続きを読む]
  • 益子陶器市へ行ってきました
  • 陶器市は、11月2日から5日まで開かれています。 インターネットで事前に調べていたので、 朝7時に益子へ到着しました。 すでに、駐車場の前は、混雑し、 8時過ぎには、一部の駐車場は満車の表示がでていました。 2日の金曜日は、4万人だったようで、 土曜日は、その倍はいたと思われます。 約5時間、あちこちのお店やテントを回りました。 いろいろな陶器があって、楽しい時間でした。 帰りは、益子の駐車場まで4〜5Km渋滞で、 午 [続きを読む]
  • 益子の陶器市へ
  • 宇都宮に住んでいたことがあったので、 益子へは、何度も行っていました。 今日は、秋の陶器市が開かれるので、 行楽を兼ねて行ってきます。 高速道路の夜間割引が30%ですので、 4時前にインターを通過します。 今日は、天気がよさそうで、 関東の紅葉が楽しみです。 [続きを読む]
  • 今 何をしたいのか
  • 昨日の初氷の日、 畑に残した1本のケヤキの木から、 風が無いのにひらひらと葉が舞い落ちました。 しばらく、たたずんでいました。 空は、真っ青です。 自分の過去の境遇は、 ・ 0代 みんなが貧しかった ・ 10代 中学から剣道を始め、楽しかった ・ 20代 良き先輩に恵まれ、仕事を学びました ・ 30代 やみくもに働きました 里山のモミジを毎日、見に行っています。 50代 管理職の時代 苦しいこともありました。 60代  [続きを読む]
  • 初氷が張りました
  • 今朝の最低気温は、 長野県の野辺山や菅平は、−6℃近くまで下がりました。 外に出ると、風景は霜で真っ白です。 そして、水溜りに初氷です。 「おー、寒いです」! 紅葉の写真は、蓼科山麓の周辺の紅葉です。 里に紅葉が降りてきたのに、 今日の寒さで、紅葉の葉は、枯れてしまいそうです。 晩秋は短く、もう、冬将軍が待ち構えています。 朝、寒いと暖かい布団からでるのが、大変です。 個人によって、寒さを感じる程度が違いま [続きを読む]
  • 人間は考える葦です
  • 平成18年の4月から「のんびりブレイク」のブログを始め、 今回は2290回となりました。 ココログの管理ページで回数が記載されています。 約12年間、頑張ったり、ぼつぼつと書いたり、 2日に一度書いたことになります。 花時計は、善光寺の隣の公園です。 ブログを書くことの良い点として、 ・ 脳トレーニングになります。 ・ 何処へ行っても、写真を撮る習慣ができました。 タイトルに「哲学・歴史・文学を学びながら」とありま [続きを読む]
  • 中山道笠取峠のモミジの紅葉真っ盛りです
  • 朝の最低気温が8度以下になると、 紅葉がすすむと言われています。 昨日と今朝は、約4度でした。 もう、電気毛布を使ったり、 朝は、お湯で洗顔しています。 中山道は69次、 長野県内をウォーキングの計画はしていますが、 のびのびになっています。 佐久平から瓜生坂を越えると、 望月宿です。 浮世絵は、峠の風景です。 そして、次が芦田宿、 皇女和宮の行列も、通ったことでしょう。 笠取峠を越えて、 長門宿から和田峠と道は [続きを読む]
  • 美ヶ原テレビ塔から360度の風景
  • 朝は曇っていましたが、 次第に快晴になったので、 美ヶ原テレビ塔に行くことにしました。 長野県の最も中心で、 12本の電波塔が立っています。 美ヶ原自然保護センターまで、 車で行き、テレビ塔まで30分歩きました。 テレビ塔周辺から360度の大パノラマが広がっています。 次の写真は、 左側後方が八ヶ岳連峰、右奥は山梨県の山々です。 中央の後方に富士山が見えましたが、 この写真では見えません。残念です。 北アルプス連山 [続きを読む]
  • 善光寺は紅葉が始まりました
  • 善光寺さんへ行ってきました。 土曜日で、 参道は沢山の善男善女の皆さんで溢れています。 高村光雲作の仁王像が出迎えてくれます お地蔵さんもにこやかです。 健康と心安らかに暮らせるようにお願いしました。 隣の公園の桜が紅葉を始めました。 モミジは、少し早いでしょうか。 善光寺さんの裏手にサザンカが咲いていて、 驚きました! 暑からず、寒からずの季節を楽しみました。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 善光寺に参拝に行きます
  • 『善光寺縁起』によると、 本尊阿弥陀如来様は、 仏教伝来(538年)の折に百済から日本へ 伝わってきました。 当初、仏教を受け入れるか蘇我氏と物部氏の間で、 論争が起こり、廃仏派の物部氏によって、打ち捨てられました。 後、信濃の国司の従者本田善光によって、 長野市に遷座しました。 善光さんの名前を取り、善光寺と呼ばれています。 上田市から須坂市まで何十年も電車で通勤していましたので、 途中にある善光寺さんには年 [続きを読む]
  • ノーベル賞受賞での妻の会見のこと
  • 京都大学の本庶特別教授の談話では、 亭主関白として研究にまい進し、 家族や妻に感謝したいと述べました。 妻は、私としても嬉しく、 家庭を支えたこともしょうがなかったかな、 と述べています。 2年前の東工大大隈名誉教授の場合、 妻が会見に同席し、 あまりの正式な場で驚いたそうです。 出ないとマスコミの追求が続くので、 一度だけ、出て欲しいと大学から言われ、 何で妻がでないといけないのと思いました。 ノーベル賞受 [続きを読む]
  • せんぜ畑のケヤキを伐採する
  • 小さい頃、 祖母に「せんぜ畑に行って、大根抜いてきて」など、 「せんぜ畑」は、日時用語でした。 50年以上使うことがなく、 タブレットで調べると、 せんぜ畑は、屋敷近くにある野菜畑、自家用の野菜畑と、 ありました。 転じて、「先祖畑」としている地域もあるそうです。 大切な宝物でした。 もう、20年以上になりますが、 野菜を作ることも少なくなり、 せんぜ畑にケヤキの木を植えました。 余りに大きくなって、日陰ができす [続きを読む]