T さん プロフィール

  •  
Tさん: のんびりブレイク
ハンドル名T さん
ブログタイトルのんびりブレイク
ブログURLhttp://inemugi.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文蓼科山麓で、生活を通した哲学・歴史・文学を学びながら、旅行、ガーデニングを楽しんでいます
自由文一日暮らしとは、今日一日を一生懸命生きて、満足することです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供467回 / 365日(平均9.0回/週) - 参加 2016/05/07 16:25

T さんのブログ記事

  • 美の彫刻愛の神ヴィーナスたち
  • ギリシャ神話には、 12人の神様が出てきます。 ギリシャ名の「アフロディテ」は、 英語名でヴィーナスと呼び、 美の神様、愛の神様とされています。 その他知られているギリシャ神話の神様は、 ・ ゼウス 主神 ・ ポセイドン 海の神 ・ アテナ 知恵の神 ・ アポロン 太陽の神などがいます。 美ヶ原高原美術館には、 ミロのヴィーナスの他に美しい女神が、 物静かに語りかけてきます。 ギリシャ神話には、 星座で有名な「ペ [続きを読む]
  • 秋の夜は、モナリザを鑑賞をする
  • 芸術の秋ですね。 2000年に大英博物館とルーヴル美術館へ、 写真を撮りに行きました。 当時、世界の四大文明に興味があり、 主目的は、考古学的美術品でしたが、 今思うと、沢山の絵画の写真も、 撮っておけば良かったと思います。 『モナリザ』は、 世界で最も知られた、最も見られた、 最も書かれた絵画です。 イタリア語で、「私の貴婦人」を意味しています。 1911年にモナリザは、盗難にあい2年間行方不明でした。 ピカソが疑 [続きを読む]
  • キノコ採りの喜び
  • 小諸高原美術館は、 市街の近く高台にあります。 右側が浅間山です。 山麓では、 ほとんど稲刈りが終わろうとしています。 ベンチに腰かけて、 360度のパノラマを楽しみました。 一本の松は、 人生そのものです。 今年は、キノコが豊作で、 全国では、20人以上が亡くなっています。 いずれも高齢者で、 マツタケやナメコなど、 高級なキノコ取りで、危険な個所へ行くためでしょう。 今年、2回目のキノコ取りに行きました。 左がジ [続きを読む]
  • ミロのヴィーナスに感動する
  • ミロのヴィーナスは、 ギリシア神話に出てくる女神の像です。 紀元前130年頃に作製され、 1820年に小作農により発見され、 しばらく隠されていました。 発見されたときから両腕が欠けていて、 左手には、林檎を持っていたという説があります。 美ヶ原美術館の展示室で、 思いもよらず複製に出合いました。 1900年ころ、一度だけルーヴルで型とりされたものが、 世界中に広がっています。 高さは、203cmで本物は大理石です。 知的 [続きを読む]
  • 嫌なこと運転手にどなられる
  • 先日、左右確認し、 少しカーブしている道路を出ようとすると、 すごいスピードで走って来た黒い車に、 クラクションを2度鳴らされました。 カーブしているので制限速度は、40Kmです。 相手の車は60Km以上出ていました。 「一瞬、スピードの出し過ぎだろうと、 いらっとしました」 黒い車は、その道の人物のようでしたので、 「さわらぬ神にたたりなし」と、 思い直しました。 友人が一時停止で見誤り、 相手の車にぶつかりそうに [続きを読む]
  • 太陽光発電の立地を規制すべきです
  • 九州電力は、 涼しくなって冷房の電力需要が減ったため、 小さな家庭の太陽光発電を除いて、 業者による太陽光発電の一部を停止させました。 全体の発電利用が多すぎると、 バランスが崩れ、停電してしまうことが理由です。 数年前に自宅に隣接する裏の土地に、 業者による太陽光発電の計画が出されました。 自治会で業者による説明会をもち、 住民のほとんどが、反対の意見をだしました。 ・ 住みよい住宅地への設置は、自然環 [続きを読む]
  • 沢ガニが畑に棲んでいます
  • 先日の台風で、 畑にある小屋に水が入り、 地面が湿気っていました。 畑を起こそうと、鍬を取りに行くと、 小さなものが動いています。 よくよく見ると、1匹の沢ガニでした。 驚きました。 数年前に近くの水路で見つけ、 そのままにしておいたカニさんでしょうか。 元気に立ち去るのを見ていました。 「がんばれ」カニさん! 去年の秋の夜8時過ぎ、 庭で焚火をしていると、 「ホー、ホー、ホー」と何度か不思議な声がしました。 6 [続きを読む]
  • サマータイムは必要ないですね
  • 東京オリンピックに向けて、 サマータイムの是非が議論されました。 提案する側は、オリンピックと言えば、 水戸黄門様の印籠のように何でも通ると言う風に見えて、 納得がいきませんでした。 当面は、見送る結果になったようです。 賛成者の理由は、 ・ 涼しい時間に有効に使える。 ・ 生活習慣を見直すきっかけになる。 反対者は、 ・ 現状では、問題を感じない。 ・ 結果的に労働時間が長くなる。 昔と違って、IT機器やソ [続きを読む]
  • プロ野球高橋監督・金本監督辞任
  • 王さんや長島さんの頃は、 巨人ひいきでした。 その後は、あまり強すぎて、 阪神ファンになったこともありました。 プロ野球は、結果を残さなければ、 なりません。 現役の頃の巨人軍高橋監督は、 フレッシュで人気がありました。 監督に就任して、期待しましたが、 残念ながらテレビで見る顔に笑顔はありませんでした。 結果を残せずに退任ですが、 まだ、43歳です。 これからの前途に期待したいです。 阪神の金本監督も、 今年の [続きを読む]
  • フレッシュに生きる
  • 朝起きてから、 今日は着物を着て見ようと思いました。 祖父が着ていた紋付きと袴を押入れからだしました。 父が着物を着たのを見たことはありませんでしたが、 祖父は、日常は着物で、 冠婚葬祭の時は、紋付きと袴の写真が残っています。 今は正月以外紋付き袴を着ることは、ありません。 来年は、中学校の同級会へ着ていきたいですね! 現役時代から今も、主要な行事など日誌をつけています。 1時間ほどかけて、今年を振り返っ [続きを読む]
  • 悪徳商法から身を守る
  • 悪徳業者が後を絶ちません。 「だましのテクニック」の原型は、豊田商事事件です。 「純金ファミリー契約証券」を見せて、 全国約3万人から約2000億円を出させました。 電話担当者が「純金にご関心はありませんか」と聞きだし、 情報が得られると営業担当者が、自宅に出向き、 仏壇にお線香をあげて、 「お父さん、お母さん」と呼び、 掃除、洗濯、買い物まで親切のかぎりをつくされると、 だまされてしまいます。 豊田商事の当 [続きを読む]
  • 宝くじで1億円当たったらどうしますか
  • 佐久長聖高校出身の大迫選手が、 シカゴマラソンで2時間5分50秒の日本新記録で3位となりました。 高校駅伝での活躍から注目し、 早稲田大学時代は、箱根駅伝でも大活躍し、 素晴らしい選手です。 日本実業団陸上競技連盟では、 マラソンで日本記録を出した選手に、 賞金1億円を出すとしていました。 大迫選手は、何に使うのでしょうか! 将来の自分への投資に当て、 東京オリンピックでの活躍を期待しています。 1億円があった [続きを読む]
  • 本庶さんの基礎研究への更なる期待
  • 生物学者フレミングは、 実験材料を片づけないまま実験室を離れ、 夏休みに入り、戻ってみると、 ブドウ球菌の培養皿にアオカビが侵入し、 皮膚を化膿させる菌を殺していました。 ペニシリンは、肺炎や結核菌などを治す「奇跡の薬」として、 1928年に発見されました。 偶然からの出来事です。 数か月前に免疫の力を利用して、 がん細胞を退治できる情報をブログに書こうと思っていました。 本庶さんの「オプジーボ」の発見は、 当 [続きを読む]
  • 運動会親子で昼食を食べますか
  • 地元の運動会に誘われて、行ってきました。 さわやかな秋晴れで、 空にはトンボが飛んでいます。 子ども達は、楽しそうで元気をもらいます。 今年から、親子で昼食を食べないことになりました。 開会の時、保護者の席を見ると、今までに比較して、 ガラガラです。 今までは、シートを敷いたり、席取りが大変でしたが、 とても楽になりました。 その後も、保護者の数は増えず、 例年の6割程度でした。 午前の部が終わると、 ぞろぞ [続きを読む]
  • 芸術の秋 美ヶ原美術館で彫刻を鑑賞しました
  • 美ヶ原美術館は、道の駅を兼ねて、 美ヶ原の標高2000メートルの台上にあります。 天気が良ければ、北アルプスが望める絶景の地です。 この日は、霧が立ち込めて、 光は足りませんでしたが、 幾つかの彫刻を撮影しました。 作品の題名は、 覚えることはできませんが、 それぞれに共感するものがあります。 現代アートは、沢山あり、 首を傾げるだけです。 地球儀の上で万歳をしている人々は、 地球の鼓動を感じさせます。 夢に向か [続きを読む]
  • 白樺湖から美ヶ原高原をドライブ
  • 春の新緑の季節と秋の紅葉の時期に、 白樺湖から美ヶ原高原まで年2回ドライブをします。 走行距離は、約100Kmでした。 白樺湖は、黄金アカシアとナナカマドが、 紅葉していました。 本格的な紅葉は、2週間後くらいです。 霧ヶ峰高原では、 ハイキングを楽しむ人たちが、楽しそうですね! 七島八島湿原は、 必ず立ち寄ります。 広々とした湿原は、穏やかな気持ちになります。 山には山の愁いあり、 海には海の悲しみや まして心の [続きを読む]
  • 田舎暮らしの醍醐味キノコ採り
  • ここ数年キノコは、雨が少なく不作でした。 今年は、雨が多く期待し、 念のため、クマよけの鈴を鳴らしながら歩き始めました。 今年は、高齢者の一人でのキノコ採りで、 崖を滑り落ち、亡くなる方が多いそうです。 山道を歩きながら、 沢山採れるドキドキ感が、何とも言えません。 「ありました!」 イグチ科の仲間で、 りこぼうとか、じこぼうと呼ばれる一般的なキノコです。 3か所に集団的に生えていて、約40本取りました。 今年 [続きを読む]
  • 平成の大横綱を判官びいきする
  • 源義経は、兄頼朝の挙兵に伴い、 一の谷、屋島、壇ノ浦と快進撃し、 平家を滅ぼし、大きな手柄をあげました。 しかし、強すぎる身内は、身の破滅になると、 頼朝は義経討伐をだし、平泉で亡くなりました。 「判官びいき」という言葉がありますが、 不遇な英雄に同情し、ひいきする。 素晴らしい働きをしたのにいじめられて可哀そうという心理です。 判官は、義経の職責からきているそうです。 日大のアメフト部の試合中の暴挙に始 [続きを読む]
  • 沖縄知事選弱いものへの応援に変更します
  • 今から50年も前の事です。 アメリカの統治下にあった沖縄へ、 鹿児島から船に乗って、テント旅をしました。 偶然、名護市辺野古に泊まり、 買い出しに行った折、 西部劇に出てくるようなアメリカの街並みに出くわし、 ショックを受けました。 嘉手納基地を見たり、 沖縄は至る所アメリカ軍の基地でした。 米軍普天間飛行場は、 街中にあり世界一の危険な基地であり、 誰もが移転が望ましいと思います。 一時民主党政権の時、 普 [続きを読む]
  • 災害は、忘れた頃にやってきます
  • 台風24号が速度を速めて、 日本列島を駆け抜け、 あちこちで被害がでました。 長時間の雨ではありませんでしたが、 近くの川は、轟々と水嵩を増していました。 田んぼの水があふれて、 堤防を越えて、川に流れ込んでいました。 地震・雷・火事・親父さん、 平穏であった日常に突然に災害は、やってきます。 先日、非常用の飲料水を購入し、 2年間は持ちそうです。 これから、防災のための用具を準備しようと考えています。 にほん [続きを読む]
  • 娯楽施設でスポーツを楽しむ
  • 秋になると、新そばが食べたくなります。 戸隠村のそばは、「細くながく」が特徴です。 残念ながら、雨降りで予定を変更して、 長野市の娯楽施設「ラウンドワン」へ、行きました。 ・ 野球のバッティングマシーンがあり、   一番遅い70Kmで打ちました。 ・ テニスやバトミントンのコートがあり、   怪我をしないように楽しみました。 ・ 一人で遊べる卓球、ビリヤード、射撃、バスケットボール、   アーチェリーは、初め [続きを読む]
  • イオンモールでウォーキング
  • 雨が降っている日が多く、 運動不足になりがちです。 最近は、あちこちの大きなショッピングで、 ウオーキングの案内が出ています。 ゆっくり歩いても、健康に役立ちそうです。 この日は、4カ月に一度の総合病院での診察がありました。 終わってから、気分転換にソバと煮カツの定食を食べ、 お腹いっぱいになりました。 ふるさとは遠きにありて思ふもの、 そして悲しくうたふもの 『小景異情』  室生犀星 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 栗食めば、まして偲はゆ
  • [長歌] 瓜はめば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ いづくより来りしものそ 目交に  もとなかかりて安眠しなさぬ [反歌] 銀(しろがね)も金(くがね)も玉も なにせむに 優れる宝 子にしかめやも 『万葉集』 山上憶良 [現代語訳] 私の子ども達は、どのような縁でやってきたのだろうか。 銀や金や宝石より、子供は宝です。 約20年前に植えた栗の木が、 6本大きくなりました。 栗は、約15分煮た後、 長く保存するために天日に [続きを読む]
  • 三丁目の夕陽の頃を思い出す
  • 昭和20年代は、食料不足でした。 田舎では、都会に比較し食べ物はありましたが、 甘いものなどほとんど食べたことがありません。 小学校に出る前、 友達と二人でキノコ採りに行きました。 残念ながら、一つも取れず、 がっかりして山を下る途中でアケビのトンネルに偶然出会いました。 何十個とアケビがたわわに垂れていて、 腹いっぱい食べたことが昨日の事のようです。 次の写真の実は、ご存知でしょうか? 自宅の裏庭に大きなカ [続きを読む]
  • 深まりゆく秋 一つのメルヘン(中原中也)
  • 秋の日の ヴィオロンのためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し 鐘の音に 胸ふさぎ 色かえて 涙ぐむ 過ぎし日の おもひでや げにわれは うらぶれて ここかしこ さだめなく とび散らう落ち葉かな 『落葉』 ヴェルレーヌ 上田敏訳 モミジがうっすらと、 紅色に変わり、 秋が深まりていきます。 秋の夜は、はるかのかなたに、小石ばかりの、河原があって、 それに陽は、さらさらと さらさらと射しているのでありま [続きを読む]