GON さん プロフィール

  •  
GONさん: I love Thai night
ハンドル名GON さん
ブログタイトルI love Thai night
ブログURLhttps://ameblo.jp/ilovethainight/
サイト紹介文バンコク、パタヤのカラオケ、ゴーゴーバー、マッサージ等の思い出を仕事と共に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/05/07 18:47

GON さんのブログ記事

  • 仲間と一杯(その10)
  • とうとう日本の会社の社員研修旅行の第1班が来る朝。その前日の昨夜。某社社長のお客様と、弊社社長と小職にて一杯。場所は居酒屋。本来はタイ料理をと考えてお店も何処が良いかまで決めていた。しかしお昼のチムチュムが効いた。特にその時に一緒に食べたカオニャオ。それ以降全くお腹が空かない。3人共同じ症状を呈し、居酒屋で焼酎になる始末。経営者2名に小職では出る幕無し。平和である。色々なお話の中で記憶に残ったフレー [続きを読む]
  • 仲間と一杯(その9)
  • いよいよ本日の夜便にて日本の会社の社員研修旅行第1班が出発する。こちらも準備を万全に整え、出迎える体制が整ってきた。そんな中、先陣を切ってお客様と弊社社長が訪タイ。旅行ついでに仕事もこなすとは何ともエグゼクティブは大変だと思えた。そして昨日の夜。此方はお客様、社長と私の3人が参加し、現地ローカル企業の方と会食となった。現地ローカル企業と言ってもタイの大企業。この会社の売上も異常な数字を叩きだす。タイ [続きを読む]
  • 仲間と一杯(その8)
  • 昨日はお客様が訪タイした。私が空港に到着する手前からスコール。空港へお迎えに上がり、ホテルへチェックイン。空港を出る頃にも雨は残り、モーターウェイが川の様になり始めていた。バンコク市内はパラツク程度で助かったが。その後は一緒に晩御飯の流れである。ホテル近くの居酒屋へ。シンハービールで乾杯しスタート。ここから熱い語らいが始まった。このお客様とはお酒の度に熱い語らいとなる。日本ではこのお客様とサシで飲 [続きを読む]
  • 仲間と一杯(その7)
  • 昨日も雨が降った。そして我らがサービスアパート前の道路が軽く冠水。時間は21時近くからであったか。雷を伴いスコール。気が付けば上記の通り道路が冠水した。流石に13日の夜の様な事態にはならなかったが。ただ今週末はいよいよ日本の会社の研修旅行の第1班がタイ工場にやって来る。13日のバンコクの洪水は日本でもニュースになった様で電話で数々の問い合わせが入った。日本でバンコクの洪水のニュースが流れれば思い出される [続きを読む]
  • 仲間と一杯(その6)
  • 昨日は忘れてはいけない15日。丁度日曜日と重なった事も有り、折角なのでお寺へ向かった。道中、道端で売っている花輪も購入。商売っ気の薄い売り子でいくら手を振っても気が付いて貰えず購入に一苦労・・・お寺に到着すると人が多いのなんの。昨日の15日は何やら日取りが良かった様でタンブンに来ている方が非常に多かった。そんな中、日本人夫婦1組を見掛けたのは驚きであった。明らかにタンブンをするためにお寺に来ている・・ [続きを読む]
  • 仲間と一杯(その5)
  • いよいよ雨季の終わりも近づき雨が凄い。昨日もテレビニュースでバンコクの洪水をバンバン流していた。スクンビットSoi63だったか。コンドミニアムがテレビに映っていた。そこには1階?半地下?の駐車場が映し出され、完全に沈没していた。駐車場にはベンツ、アルファードやアコード等々の高級車がボンネットまで水に浸かっていた。それを呆然と眺めるオーナーと思しき若い方。昨今のバンコクの洪水のお陰で車の任意保険も沈没には [続きを読む]
  • 仲間と一杯(その4)
  • 昨日はプミポン前国王様の命日。その為、仕事も休みとなった。テレビでもお坊さんがお経を読む姿等々が放送されていた。そんな中、タニヤのお店も休みとなった様だ。タニヤの尾根遺産からアユタヤへ行くから運転宜しくとご丁寧なご連絡を頂いた。そしてその夕方である。タイニヤへ行った日本人のお客様から尾根遺産にご連絡が入る。お店がやって無いけどと。尾根遺産は意に介して居なかったが、日本人として非常に恥ずかしいと思っ [続きを読む]
  • 仲間と一杯(その3)
  • 今日は10月13日。プミポン前国王様が崩御されてから丸1年が経過した。あっと言う間の1年であった。あの日は完全に何も分から無い外国人であった。営業兼通訳のタイ人スタッフが、御免なさいの一言を断った後に私の腕を掴んだ。その手はハッキリと震えていた。分かりますかと言われるまでも無かった。そしてその営業兼通訳のタイ人スタッフはFB等々で情報を集めながら事のなり行きを見守るだけと言っていた。そして夜の発表を待つだ [続きを読む]
  • 仲間と一杯(その2)
  • お腹の調子が悪い。怪しいモノばかり食べているから何が原因だか良く分から無い。ナニが原因では無いと思うのだが・・・そう言えば最近ご無沙汰・・・きっと仕事のストレスであろう。そう言う事にしておいた方が都合が良い。お陰様でここの所やや肥え気味であったがソレが多少なりと回復出来た。それにしても余計な仕事が多い。お客様やお友達から頼まれる余計なお仕事は大歓迎で有る。しかし社内、ソレも日本からのトンデモナイ仕 [続きを読む]
  • 仲間と一杯
  • 出安居のオークパンサーも過ぎ、仏教上は雨期明けになっている。しかし実際の天気は雨雨雨。昨日も工業団地周りは昼頃に雷雨。あっという間に水が上がり道路が冠水する事態に。工場隣のお堀も一杯一杯の状況となった。このお堀も不思議なモノで、まず溢れかえる事が無い。どうにかこうにか何時も首の皮1枚の所で水位が止まる。誰かが監視しているのかと思うほどにピッタピタである。洪水対策でこのお堀に土手を設けたが、実質活躍 [続きを読む]
  • この週末思った事(その3)
  • 月曜から夜更かしで有る。某テレビ番組では無い。お客様が訪タイなさり、その接待で有る。サービスアパートに帰着したのはAM2時頃か。丁度ナナプラザが閉まる頃である。前国王様の葬儀に向けてなのか。ナナプラザ入り口の警備が厳しくなっている。今まではナナプラザで働く尾根遺産と思しき方のIDカードをリーダーを使ってタブレット端末に保存していた。今では一般客の飲み物も入り口警備で取り上げられ、場合に寄ってはIDカード [続きを読む]
  • この週末思った事(その2)
  • 金曜日の6日。タイの車の運転免許証の更新が思ったよりも早く終了し余った時間で銀行へ。目的は新たな銀行口座の開設。運転免許証の更新で必要書類は一通り所持していた為、急遽銀行へ駆け込んだ。窓口に必要書類を提出し、出来上がるまで約30分。思ったよりも時間が掛った。そしてこの時に事件が。私のパスポート情報をPCへ入力中の窓口の尾根遺産を通り過ぎるかどうかの際どい年齢の方。私のパスポート情報を打ち込み中に急に「 [続きを読む]
  • この週末思った事
  • 金曜日の午前中は車の運転免許の更新へ。場所はバンチャックの陸運局へ。ネット上で色々と調べられるが、結局下記の物が必要で有った。・タイの運転免許証・パスポート原本(別途コピー&サインで顔写真ページ、VISAページ、最新の入国スタンプページ、イミグレーションカード)・労働許可証(別途コピー&サインで顔写真ページ、自分の住所ページ、会社名と会社住所のページ、????)・免許証更新用健康診断書労働許可証にはタイの現 [続きを読む]
  • ふと思った思い出話(その6)
  • この間のロータス。昼食と所用で寄った時である。色々な銀行が小さなブースを出し、銀行カードの説明や申し込みを受け付けていた。前々から狙っていた事。citiバンクのカード。プラチナムかと思っていたらプレステージとやらになっている。年会費はともかく以前より申し込みのハードルが下がっていた。記憶の中で有るが、以前調べた限りではB12万以上のサラリーが必要と言っていた様な。そんな天文学的数字をタイのサラリーで頂き [続きを読む]
  • ふと思った思い出話(その5)
  • 昨日は出安居のオークパンサー。仕事等々は休みでは無く普通の日。イサーン地方等々ではこれに合わせてお祭りが有るとか。バンコクは静かなモノであるが。その昨日。アマタナコーンでも結構お店が閉まっていた。たまにであるが行く美味しい鳥専門の道端レストランの上等なヤツ。日本語メニューも写真付きで有る。そのお店も閉まっていた。所用も有りお昼はアマタナコーンのロータスのフードコートへ。ブラウンスープのラーメンと言 [続きを読む]
  • ふと思った思い出話(その4)
  • 今日のバンコクは朝から雨。工場について目が覚めると雨は上がっていた。久し振りに太陽を見た気がする・・・夜行性な訳では無いのだが。昨日は中秋の名月。本日は出安居のオークパンサー。タイの仏教的には雨期明けに当たるとか。某日系のスーパーでもお酒を売ってくれない本日。入安居のカオパンサーは仏教の休日だが出安居のオークパンサーは休みでは無い。なのにお酒はダメ・・・居酒屋や夜街がどうなのかは分から無い。行けば [続きを読む]
  • ふと思った思い出話(その3)
  • ここの所ずっと天気が良く無い。そして高速の渋滞も中々素敵ある。昨日も空港近くで渋滞し、帰宅に2時間強を要した。BKK空港からバンコク市内方面へ行った所に有るアユタヤ方面へのジャンクションで渋滞。この渋滞が空港よりもパタヤ方面へ伸びている今週。流石に仕事が終わり体力が削られていても車中で2時間は寝られない今日この頃。何と無く歳を取った事を感じてしまう。そしてこの渋滞の最中である。カラオケの尾根遺産からお [続きを読む]
  • ふと思った思い出話(その2)
  • 昨日は午前からアマタナコーン工業団地でも雨。そのまま降ったり止んだりのままお仕事が終了する。月初めと雨で高速に乗るまでは大渋滞。その後も雨は降り続き、サービスアパートまで2.5時間を要する渋滞振り。結局雨が止むのは22時頃となり、昨夜の出撃は断念した。一時中々の降りを見せ、近くの居酒屋に行くのも面倒になる始末。1人寂しく冷蔵庫に万が一の為にストックしてあるビールの栓を抜く。それにしても仕事が地獄の様に忙 [続きを読む]
  • ふと思った思い出話
  • 本日よりタイ工場へ出社である。日本で上期締めの全体会議の為の一時帰国。中国や台湾の工場からも人が集まった。懐かしい顔ぶれも有る。3月末日に日本の新年度に向けての会議で会って以来になるので約半年振りの者も居た。中国赴任の技術とも会ったが、お互い海外での遣り取りとなると顔を合わせるのがやたらと懐かしく感じる。それにしてもこの中国へ赴任した技術の者と何度か一緒に仕事をしたが一度もまともな結果が出ていない [続きを読む]
  • 余談(その10)
  • タイへ帰って来た。本当は釣りにでも行って、本日日曜日フライトでタイ行きが良かったのだが。何故かこの10月1日のフライトのお値段が高い。私が今回一時帰国した様に、日本の上期が終了し会議等々が多く開催されるで有ろう9月。そして、新たなスタートの1つとしての下期の10月。上期の状況で下期赴任者を入れ替える様な会社は少ないと思う。しかし、日本側が下期のスタートとなるこの10月は前半に訪タイしておくしか無いのも事実 [続きを読む]
  • 余談(その9)
  • やっとタイに帰る事が出来る。誰かに「いつタイに帰るの?」と問われれても全く違和感が無い。今回の日本出張で日本へ着いてから余り落ち着いた感が無い。何処かよその地へ来た違和感。日本がしっくり来ない。家に居ても「ホッ」とした感じが少ない様な気がした。家でその調子であれば、会社何ぞは推して知るべしである。完全にお客様...そもそもとして「あいつ誰よ?」的な扱いである。本社に工場等々と顔を出した。懐かしいとは [続きを読む]
  • 余談(その8)
  • 今回の日本出張。日本の到着空港は成田であった。成田空港から京成線にて日本の自宅へ。その京成線の車内であった事。私の斜向かいに座った外国人3名。どうも雰囲気から電車に乗る前の待っている間に知り合った様だ。そして車内。3人の内訳はシンガポーリアンと思われる方1名の欧米系の方2名。シンガポーリアンは50歳程度か。欧米系の方は2名共20代と見た。シンガポーリアンは何度も東京に来ていると。欧米系の方は初の日本。欧米 [続きを読む]
  • 余談(その7)
  • 今日の朝、東京は雨。寒い...夕方には雨は上がる様で有るが。昨日は技術や工場で打ち合わせ。営業に技術に工場にと日本へ来ると打ち合わせが多い。その打ち合わせの多くがトラブル絡みで心が痛い。タイでトラブル絡みと言えば異性関係であろう。枚挙にいとまが無い。1番良く聞くパターン。タイに赴任しているお父さんと夜街のタイ人尾根遺産。お父さんかどうかの実態は本当のところは不明で有るが...日本からの出張者と2次会の夜街 [続きを読む]
  • 余談(その6)
  • 昼間はやはりそこそこの暑さの日本。陽が落ちると一気に寒くなる。タイでも陽が落ちると一気に涼しくなるので同じか。昼間の真っ当なお仕事である。昨日は10年以上前にタイで一緒にお仕事をさせて頂いお客様との再会を果たした。タイから日本へ帰任になり、さらに地球の裏側の方へ赴任なさって行ったお客様。地球の裏側へ赴任した当初はタイが良いと繰り返していた。私も当時その地球の裏側まで出張した。会社で出張を想定していな [続きを読む]
  • 余談(その5)
  • 暑いかと思った日本。陽が沈むと一気に寒くなる。日本の会社へ出社するにネクタイと上着を羽織ってもちょうど良い感じである。昼間は暑いのかも知れないが。タイも決してイケイケな経済状況では無い。ソレでも日本よりは良いのであろう。そう感じた原因。会社に活気が無い。タイにいると人の陽気さが当たり前になって来る。良くも悪くもマイペンライの精神なのかも知れない。そして懐かしくなって来た営業部に顔を出すと、朝であっ [続きを読む]