aiko さん プロフィール

  •  
aikoさん: 不倫・・・そう呼ばれたくない。私の純愛。
ハンドル名aiko さん
ブログタイトル不倫・・・そう呼ばれたくない。私の純愛。
ブログURLhttp://aiko-0914.seesaa.net/
サイト紹介文どこにでもある事なのかも?。。 でも、私の大切な『心』の1ページ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/05/08 10:32

aiko さんのブログ記事

  • 40話【涙。。涙。。】
  • ママ!ただいまぁ〜♪お帰り、今日は早かったね!ねぇ、ママ、こないだ、ばあちゃんにもらったゼリー食べていい?いいけど、着替えて手を洗ってからね。息子が帰ってきた。また、ダンナも帰ってくる。彼からの電話は出ないままLINEさえしていない。心の中ですごい重い物が圧し掛かってるままでいる。今は、どうしていいか分かんない。。今までも彼への想いの大きさは十分過ぎるほど感じてた。でも今の感情はまた違う物だ。最悪の場 [続きを読む]
  • 39話【嫉妬】
  • ケイタイを握り締め彼の電話番号を画面に表示させた。でも・・・手が止まった。恐かった。彼がどんな反応をするのか?慌てた彼の声を聞いたら私の方が動揺する。ザワつく心と頭の中がグルグルまわった。それくらい衝撃的な光景だった。いっぱい考えて出た答え。電話はやめて何気なくLINEを送ってみよう。『お仕事お疲れ様』『上司の方と一緒の行動は  自由なトシノリくんには   ツライよね』『私は二人の部屋のカーテンを   [続きを読む]
  • 38話【街の風景??。。】
  • 思い切って玄関のドアを開けた。私が留守の間に何か起こってるんじゃ・・ダンナの態度が・・息子の感じが・・そんな気持ちで恐る恐る部屋に入るといつもと変わらない光景。息子も機嫌よく動物園の話を色々してくれた。重い気持ち心にかかってた雲が晴れた。『良かったぁ。。』不思議な事にそんな罪の意識はないんだけどやっぱり母親としての気持ちと家で何か起こってたりしたら彼と過ごしてた時間を後悔しそうな気がして。。でもホ [続きを読む]
  • 37話【重いドア】
  • 茜色の空からもうしっかり夜の空になっている。彼の車の中いつものホームセンターの駐車場まで向かっている。さっきまでの時間がウソのよう。このままずっと一緒にいたい。胸が苦しくなる。。彼は車の中でずっと手をつないでくれた。? 今日、   逢いに来てくれてありがとう ?? アイコさんとの時間は   ホントあっという間に過ぎる ?? 早く、二人の部屋に       入れたらいいのに ?? そうね。 ?? でも逢った [続きを読む]
  • 36話【悲しいキス】
  • 肌をくっつけ大好きな彼とベッドの中。彼との時間は激しく熱いものだった。? 今日はなんか・・・  すごく激しかった ?? トシノリくん、どうかしたの? ?? うん。。。 ?? 僕は・・・・・ ?? アイコさんの事、信じてる ?? でも昨日みたいに  いつもと違う環境で  ダンナさんと過ごしたと思うと  なんか気持ちがザワザワして。。 ?? いつものように家にいるのとでは  なんか・・・。。。 ?? でも、ごめんね [続きを読む]
  • 35話【大人の場所】
  • 彼と車に戻った。彼と二人で街を歩くのは新鮮で嬉しいけどやっぱり人目が気になる全然知らない街だったらなぁ〜。。いつか彼と旅行とか行きたいなぁ。今、こうやって一緒にいられるだけでも十分なのに贅沢な事、考えてる。彼と一緒なら色んな事したい。色んな所へ行きたい。少しだけでも何か食べようかとファミレスに行く事にした。彼はドリア、私はピザを食べた。? う〜ん、お腹いっぱい ?? ホントだねぇ〜 ?? でもなんか落 [続きを読む]
  • 34話【・・彼女。。】
  • おはようございます。天気で良かったですね。お姑さんは、もういそいそと動物園に持っていくお弁当を作っている息子もご機嫌だ。私も気持ちが高ぶってる。昨日、彼から・・『ほんとに?マジで?』『アイコさんに逢えるなら    僕はいつでもOK!!』・・そう言ってLINEが来てた。浮かれてるのをみんなに気付かれないようにしないと。『気をつけていってらっしゃい』『ちゃんといい子にしてるのよ』みんなが出発するのを見送って [続きを読む]
  • 33話【主婦・・妻である私の役目】
  • 土曜日になった。ため息の出る週末。でもしょうがない。『イヤなのはアイコさんだけじゃない』『僕ももっとイヤだよ』『逢えないだけじゃなく  ダンナさんとずっと一緒にいる  アイコさんを思い浮かべると・・』彼はそう言っていた。確かにそうだ。逆の立場でも私も気になる。もしかしたら耐えられないかも。それなのに彼は・・。。彼も頑張ってくれてるんだ。私もどうにかやり過ごさないと。。何年経ってもお姑さんには気を遣 [続きを読む]
  • 32話【弱さを見せない彼】
  • 週末の事を考えて昨日は眠れなかった。。彼と会うまでは週末という物にそんな意識はなかった。のに・・今は・・・週末がこんな大事だなんて。。彼に逢える週末と逢えない週末では白と黒くらい全く違う日になる。こういう関係の人たちはみんな週末で苦悩してるのかな。。『不倫』。。そうは呼びたくないけど制約のある関係では自由が利かない。そもそも、今の家庭を壊さないで好きな人との時間を持つそれが間違ってるんだろうね。。 [続きを読む]
  • 31話【グレーの絵の具】
  • 今日は木曜日。考えてみれば結局、毎日彼と逢ってる。こんな事してていいのかなぁ。。普通ぅ〜に考えて常識的に良くないとは分かってる。どんな環境であれ『主婦』という立場には違いない。息子には良い母親でいっぱい愛情を与えたいと思う。でも、ダンナに対しての罪悪感は全くない。ちゃんと家の事して誰にも迷惑をかけなければ彼との時間を持つ事がそんなに悪い事なのかな。。でも今の私はきっと自己中な考え方に   なってる [続きを読む]
  • 30話【夢の中。そして・・・】
  • 今朝は早起きした。夕食の準備だとかしなきゃいけない事をダンナに気付かれないようにやった。これで準備は万端!!みんなを送り出し、自分の準備をした。でもやっぱ気になって違う下着に着け変えた。『私・・何を気にしてるんだろ。。』彼との待ち合わせはいつものホームセンターに10時。また彼の方が先に来て待っててくれた。? んじゃ、行こうか! ?? 3つの物件を見に行く予定 ?? あ、出発の前に・・・ ?ふいをついてキ [続きを読む]
  • 29話【幸せに進んで行く二人】
  • 【僕たちの部屋を借りよう】【アイコじゃなきゃダメなんだ!】彼はそう言ってくれた。私も強い想いで彼を思ってるけど彼はそれ以上・・・っていうか、気持ちを行動にしてそして、その想いはすごく誠実だ。こんな私のどこがいいんだろ?。。こんな私でいいのかな。そんな事を考えながら朝の支度をしてみんなを送り出し一息ついた。『今日も彼に逢えるかなぁ。。』出来る事を今のうちにやっておこう!買い物も昨日、    二日分の [続きを読む]
  • 28話【彼の大きさ】
  • 『僕たちの部屋、借りようと思ってる』? えっ? 何? ?? どういう事? ?私はびっくりして彼に聞いた。? だから、部屋、借りるんだよ ?? こうやって逢うのも気を遣う ?? もし、部屋があったら   お互い良い時にその部屋にいて ?? 相手を待つ事もできるし   好きなだけ一緒にいられる ?? ちゃんと逢える日だって   部屋があれば何も気にせず   二人だけの時間をつくれる ?? ま、二人の秘密基地さ! ?そ [続きを読む]
  • 27話【彼の思いがけない言葉】
  • .。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.『トシノリくん、おはよう』『今日も元気かな?』『私はよく眠れなかった・・。』『でも元気よ』『今日はナツミと会うつもり』『また報せるね』『トシノリくんも夕方の感じ   分かったらまた教えてね』『じゃ、お仕事頑張ってね』『・・あなたの事、昨日より好きよ』家のみんなを送り出してから彼にLINEした。昨日、想いを伝え合って『逢えるなら少しでも逢おう』そう決めたけど [続きを読む]
  • 26話【不慣れな二人】
  • .。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.え?どうして?そう思いながら彼の車の隣に車を止めたら彼が笑いながら手を上げて助手席の方を指さした。私が車をおりて彼の車の助手席に座って・・? どうして? ?? なんでここにいるの? ?彼にそう聞いたら? 僕はただ、いつものように   ここにサボりに来ただけだよ ?そう言ってまた『やんちゃ顔』した。そして? アイコさんこそなんでここに? ?そういうから? 私もた [続きを読む]
  • 25話【愛おしい彼との会話】
  • .。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.いってらっしゃい!忘れ物ない?子供は元気に出かけた。昨日、じいちゃんにもらった帽子がとても気に入ったみたいで今日もかぶって学校に行った。息子は本当にかわいい。ダンナは私が外泊した事にも彼からもらったネックレスの事も全く気にしてない様子だ。それよりゴルフの新しいパターが欲しいと言ってた。もちろん私が誕生日だった事など全く覚えてないみたい。でも私にとっては [続きを読む]
  • 24話 【違和感のある日常】
  • .。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.ホームセンターの駐車場でいっぱい泣いて『強くならなきゃ』『強くならなきゃ』そう思ってもう一度ネックレスを握り心を落ち着けてから実家に向かった。実家に着いたら息子が飛んでくるかと思ってたら? ママ〜! 僕まだ帰らないよ! ?・・そう言って実家の庭で遊んでる。『それならもう少し』『もう少し彼と・・』そう思ってしまった。父と母も普通で? アイコ、ご飯はぁ? ?・ [続きを読む]
  • 23話【想い合う二人】
  • .。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.朝がきた。少し手がしびれている。横からもたれるようにずっと彼にくっついたまま寝てたみたい。誰かがいると眠れないのに彼の横だとやっぱり安心して眠れた。人は相手によって変わるのね。昨日は彼とおしゃべりをしながらいつの間にか寝ていたみたい。ホント幸せだった。夢のような時間だっだ。彼はまだ静かな寝息で子供のような穏やかな顔で寝てる。ずっとこのまま彼を見ていたい [続きを読む]
  • 22話【月に願いを。。】
  • .。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.きゃぁぁ〜〜〜っっ!!?もう!電気つけないって言ったのに!??こんな明るかったら??恥ずかしいじゃない!?私のその口をふさぐように彼はキスをした。?ねぇ・・いいでしょ??僕だけのアイコさんを見たいんだ??誰も見たことない??そのまんまのアイコさんを。。??だって??僕は特別でしょ?『それは・・そうだけど。。』『でも二人でお風呂なんて。。』そう言ってもも [続きを読む]
  • 21話【贅沢な夜】
  • .。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.彼の腕枕。。夢のような時間。そして今日は帰らなくていい。朝まで一緒にいられる。さっきお母さんに電話して今日はナツミの所に泊めてもらうそう『ウソ』をついた。子供はご機嫌でもう寝てるらしい。少しホッとした。彼との熱い時間のあと今、すごく贅沢な時間を過ごしてる。彼の色んな話を聞いた。おばあちゃん子で育った事。両親は再婚同士だけどすごく仲が良い事。ワンちゃんの [続きを読む]
  • 20話【熱い夜・・そして決意】
  • 彼との1年半、振り返って記しているこの記事いつも読んでくださってありがとうございます。今はこうやって彼との思い出を記す事で穴の開いた心を少しでも埋めている日々です。また記事の内容が濃くなるかもしれないので倫理的に理解できない方、不愉快に思う方は読まないでくださいねm(__)m。。.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.?ホントに私、今日は帰らない??朝まで一緒にいてくれる?。。??えっ???アイコ [続きを読む]
  • 19話【彼の大きな想い】
  • .。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.【9月14日】?アイコさん??お誕生日おめでとう?えっ?えっ???なんで????なんで今日が??私の誕生日だって知ってたの???彼は黙ったまま私を強く抱きしめて優しく髪をなでてくれて・・?もう一度・・??お誕生日おめでとう?もう感動しすぎて溢れる涙が止まらなかった。?もうそんな泣かないで??僕はアイコさんを  喜ばせたかっただけなんだから?そう言って彼 [続きを読む]
  • 18話【意外な・・夜】
  • .。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.いつもとは違う豪華な部屋に入り扉をしめた。今日は私から彼に抱きついてしまった。それは、欲求とかそういう事ではなく【彼は私の物だ】【私だけの彼だ!】そんな気持ちをぶつけるかの様に彼にしがみつき強く抱きしめた。彼もそれに応えてくれるように肩幅の広い、長い腕で私を包み込んでくれた。?どうしたの?・・っと彼。?なんか・・・  なんか今日はあなたが遠くて・・?? [続きを読む]
  • 17話【今日、やっと彼に逢える!!】
  • .。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.今日は昨日とは違ってすごくいい天気!!留守の間の家事を済まし出掛ける準備も出来た!やっとやっと今日が来た。やっと彼に逢える☆・・とは言っても離れてたのは、たった一日。それでも長く感じた。今日はナツミの事も含めて色々と話さなきゃ!彼はちゃんと聞いてくれるだろうか?子供を連れ実家まで行き父・母に、帰るのは遅くなるからそれまでお願い!・・と頼み子供にもじいち [続きを読む]
  • 16話【親友の言葉と存在】
  • .。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.☆.。.:*・゚゚・*:.。.今日は朝から雨。。昨日の夜中から降ってたみたい。今日は彼に逢えない日なのに雨だと余計に恋しくなる。。昨日あんなに一緒に過ごしたのに今はまぼろし・・夢でも見てた感じ。彼は頑張って仕事してるのかな。『昨日はよく眠れましたか?』『お仕事頑張ってください』せめてLINEしてみた。あ、そうそう!あの日、彼と初めて結ばれた日ナツミとのランチの約束をすっぽかしたまんまだ [続きを読む]