かどやん さん プロフィール

  •  
かどやんさん: 70年80年代ヒット曲動画 邦楽
ハンドル名かどやん さん
ブログタイトル70年80年代ヒット曲動画 邦楽
ブログURLhttp://hit70or80hougaku.sblo.jp/
サイト紹介文1970年代、1980年代にヒットした邦楽曲の動画を掲載します
自由文現在100曲掲載、1000曲目指して更新していきます。懐かし歌謡曲・フォーク・ニューミュージックをお楽しみください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/05/08 17:22

かどやん さんのブログ記事

  • 黛ジュン(風の大地の子守り唄)
  • 黛ジュン東京都調布市出身の歌手、女優1960年代後半を中心に、独特のパンチの効いた魅力的な歌声でヒットを飛ばした実兄は作曲家の三木たかし品川区立冨士見台中学校卒業後、本名で各地の米軍キャンプにジャズ歌手として巡る。1964年に「渡辺順子」の名でデビューするもヒットせず、1967年に石原プロモーションへ移籍する。作曲家の黛敏郎のファンだったこととパンチのある意味合いで黛ジュンと改名し、「恋のハレルヤ」で再デビュ [続きを読む]
  • 松坂慶子(愛の水中花)
  • 松坂慶子東京都大田区出身の女優・歌手小学2年に「くるみ児童合唱団」に入団。中野区立第三中学では演劇部に所属。中学3年に「劇団ひまわり」に入団。同年、幼児向けコメディ『忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ』でテレビ初出演。翌年の『ウルトラセブン』の第31話「悪魔の住む花」では、ミクロ怪獣ダリーに寄生された少女・カオリ(香織)役として出演する。日本大学第二高校に進み、同校を卒業。高校2年に、大映からスカウト [続きを読む]
  • BORO(ネグレスコ・ホテル)
  • ネグレスコ・ホテル1983年1月1日に発売されたBOROの7枚目のシングル作詞:BORO、作曲:井上大輔大塚製薬「シンビーノ」CMソングオリコン最高位は31位wikipediaその当時CMでこの曲を聴きましたね、なので31位ではなくもっとヒットしていたような気がしました。良い曲だと思った人は〓カッチとお願いしますレコードブログランキング [続きを読む]
  • アパッチ(怪盗アリババ)
  • アパッチかつて日本で活動した3人組のアイドルグループ。メンバーはアコ(阿部美和子)、ミッチー(太田美知子)、ヤッチン(矢沢泰代)。1976年にデビュー、1981年に解散した。怪盗アリババ1978年12月5日に発売されたシングルヒット曲作詞:ちあき哲也、作曲:実川俊wikipedia曲も面白い、ダンスも面白いそしてちょっとセクシー、本当に面白いグループです。でも可愛いです。面白いと思った人は〓カッチとお願いします [続きを読む]
  • 石川優子(シンデレラ サマー)
  • 石川優子大阪府守口市出身のシンガーソングライター小学校4年生の時に守口市少年少女合唱団に10倍以上の競争率を乗り越え合格。中学3年でギターをはじめ、高校時代は女性デュオの「スリーピー」、高校3年から短大にかけてはバンドの「ファンタスティック」などに参加して活躍した。1978年、ヤマハ第16回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会に、CHAGE and ASKA、円広志、大友裕子、クリスタルキングらとともに出場、「夜の雨」 [続きを読む]
  • 中森明菜(DESIRE)
  • DESIRE1986年2月3日にリリースされた中森明菜14枚目のシングルシングル・レコードのライナーノーツには「このレコードは可能な限り大音量でお聴き下さい。」という注釈がついていた。この楽曲は、中森のシングル作品では初となった阿木燿子が作詞提供し、鈴木キサブローが作曲を担当、編曲は椎名和夫が手掛けた。阿木はこの楽曲以前に、中森のスタジオ・アルバム『NEW AKINA エトランゼ』収録の「ヴィーナス誕生」で作詞を手掛けて [続きを読む]
  • 和田アキ子(古い日記)
  • 和田アキ子大阪市天王寺区出身の歌手、タレント天王寺区にある大阪市立真田山小学校を卒業後、私立城星学園中学校へ入学。そのまま私立城星学園高校に進学するも父親が勝手に退学届けを出したため、在学期間はわずか3日間で中途退学となった。小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始める。174cm(デビュー当時)の長身から発せられるパワフルな歌声は評判を呼び、ホリプロ社長・堀威夫直々に [続きを読む]
  • 工藤静香(抱いてくれたらいいのに)
  • 抱いてくれたらいいのに1988年3月2日に発売された工藤静香通算3枚目のシングル作詞: 松井五郎 、作曲: 後藤次利オリコン3位 ザ・ベストテン6位ファースト・アルバム『ミステリアス』と同時期に録音されており、同アルバムの雑誌インタビュー時に「次のシングルは…」と早々にタイトルを発言していた。当時まだ17歳であり、懐かしの映像で同曲を歌うシーンを見るとよく「この頃は高校の制服を着てスタジオに通っていました」と言う [続きを読む]
  • 本田美奈子(Sosotte)
  • Sosotteソソッテは、1986年5月に発売された本田美奈子のシングル。作詞:秋元康 / 作曲:筒美京平 「東芝 イマージュ」TV-CMソングであるオリコン週間3位 ザ・ベストテン3位『ザ・ベストテン』など当時の民放の歌番組では、本田がセクシーポーズ(腹這い)で当曲を歌唱する姿が放映された。しかしNHKの歌番組では放送上不適切と判断されたのか、カップリング曲の「ハーフムーンはあわてないで」を歌唱していた。wikipediaソソッテ [続きを読む]
  • 斉藤由貴(青空のかけら)
  • 青空のかけら1986年8月21日に発売した斉藤由貴の通算7枚目のシングル作詞:松本隆/作曲:亀井登志夫斉藤由貴にとっては唯一、オリコン週間シングルチャートでの第1位を獲得した。富士フイルムのカセットテープ・「AXIA」のイメージソングであった。振り付けでは、初めて間奏でタップダンスに挑戦している。オリジナルアルバム未収録曲。その後、アルバム『チャイム』のCD盤にのみ収録されているが、イントロ部分、間奏に効果音が挿 [続きを読む]
  • 原田知世(天国にいちばん近い島)
  • 天国にいちばん近い島1984年10月にリリースされた原田知世の6枚目のシングル作詞:康珍化、作曲:林哲司原田知世が主演した同年公開の映画『天国にいちばん近い島』の主題歌東芝「SUGAR」CMソングである。オリコンチャートの登場週数は16週、チャート最高順位は週間1位、累計27.6万枚のセールスを記録した。wikipedia原田知世は可愛かったですね!女優のイメージが強いですが、大ヒット曲が多数あることに驚きました。私は、(時を [続きを読む]
  • 柏原よしえ(あの場所から)
  • あの場所から1982年7月21日に発売された柏原よしえの11枚目のシングル作詞・山上路夫、作曲・筒美京平オリコンチャートで9位、シングル売り上げでも19万枚近くを記録した。『ザ・ベストテン』では8位であった。1970年に発売されたKとブルンネンのシングル(あの場所から)のカバーバージョンである。Kとブルンネンか記憶にないな?Kは日本の男性でブルンネンはアメリカの女性だそうです。でも曲はいいですよね、昭和歌謡曲の感じが [続きを読む]
  • ザ・ヴィーナス(キッスは目にして!)
  • ザ・ヴィーナスTHE VENUSは、1960年代アメリカンポップスのリメイクで1980年代初頭にブレイクした、オールディーズなどを演奏する音楽バンドである。1974年に結成し、1983年に解散している。『イブの匂い』で男性5人編成グループ「ビーナス」としてキャニオンレコードよりデビュー。その後メンバーが入れ替わり1981年に『キッスは目にして!』でブレイクするキッスは目にして!1981年7月25日にリリースされたザ・ヴィーナスのシング [続きを読む]
  • サーカス(アメリカン・フィーリング)
  • アメリカン・フィーリング1979年5月25日にリリースされた、コーラスグループ「サーカス」のシングル。作詞:竜真知子/作曲:小田裕一郎JAL"COME TO AMERICA'79"キャンペーンソングに採用された。 オリコン最高5位を獲得し、47.6万枚のセールスを記録。サーカス自身「Mr.サマータイム」に次ぐ2番目のヒット曲となった。又サーカスは同楽曲で、『第30回NHK紅白歌合戦』に2年連続2回目の出場となった。wikipediaこの曲もヒットしまし [続きを読む]
  • 高田みづえ(私はピアノ)
  • 私はピアノ1980年7月25日に発売された高田みづえの12枚目のシングル作詞・作曲:桑田佳祐当初は弘田三枝子がシングル発売する予定で、アレンジ、歌の仮録音まで済まされていた。しかし高田サイドから「この曲をどうしても歌いたいので」と申し出が入り、弘田側が譲ったいきさつがあるという。この曲で高田は「花しぐれ」以来、8作ぶりにオリコンTOP10入りを果たし、最高位は3位まで上昇した。また、シングル売上も50万枚近い記録と [続きを読む]
  • 河島英五(時代おくれ)
  • 時代おくれ1986年8月27日に発売された河島英五のシングルレコード作詞: 阿久悠、作曲: 森田公一河島英五のCBS・ソニー移籍第1弾として発表されたシングル盤である。オリコン誌でのチャート・アクションは目立った記録を残してはいないが、同年の『日本有線大賞』では「特別賞」を受賞した。その表題曲「時代おくれ」は白鶴酒造のコマーシャルソングに起用された楽曲で、酒場を舞台に、自身の生き様を静かに見つめ考える男性の心情 [続きを読む]
  • シリア・ポール(夢で逢えたら)
  • シリア・ポールCelia Paulは、大阪府出身の女優・歌手。国籍はインド。ポール聖名子、エルザ・ポールは姉妹。子供の頃から、テレビ・映画に子役として出演した。1969年、ニッポン放送「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」初代DJ「モコ・ビーバー・オリーブ」の「オリーブ」として人気があった。1977年、ソロアルバム『夢で逢えたら』で再デビューする。また、1970年代後半から1980年代にかけては、FM東京のDIATONE ポップスベストテンや [続きを読む]
  • フィンガー5(個人授業)
  • 個人授業1973年8月25日に発売されたフィンガー5の2枚目のシングル作詞:阿久悠、作曲・編曲:都倉俊一1972年にグループ名を「ベイビーブラザーズ」から「フィンガー5」と改め、翌1973年キングレコードから日本フォノグラムに移籍、8月25日に移籍第1弾としてこのシングルが発売された。1973年12月3日付のオリコンシングルチャートで第1位を獲得した。累計売上は145万枚超を記録。wikipediaフィンガー5のデビュー曲(キディ・キディ [続きを読む]
  • アリス(今はもうだれも)
  • 今はもうだれも1975年9月5日に発売されたアリスの7枚目のシングルヒット曲作詞・作曲:佐竹俊郎日本のフォークグループウッディ・ウーが1969年7月にリリースしたシングルで、アリスがカヴァーした。ウッディ・ウーによるシングルはオリコン66位を記録している。アリス版のヒットを受けて1975年10月に「オリジナル本命盤」として再発された。作詞・作曲の佐竹俊郎は、ウッディ・ウーのリーダー。アリスとしては初めてオリコンシング [続きを読む]
  • シャネルズ(街角トワイライト)
  • 街角トワイライト1981年2月1日に発売されたシャネルズ(後のラッツ&スター)の3枚目のシングル作詞:湯川れい子、作曲:井上忠夫前作「トゥナイト」から約半年ぶりのリリースとなった、謹慎明けから活動復帰後初のシングル。シングルチャートで見事1位に輝いた。アルバム『Heart&Soul』にも収録されている。冒頭のアカペラ部分は当初予定にはなかったが、鈴木雅之の発案によりレコーディング中に急遽挿入されている。wikipediaこの [続きを読む]