mizutama さん プロフィール

  •  
mizutamaさん: with u love homin 2
ハンドル名mizutama さん
ブログタイトルwith u love homin 2
ブログURLhttps://ameblo.jp/withulove/
サイト紹介文ホミン:LAPIS、ミンホ:déjà-vu、リバ:コーヒー等、ふたりならなんでもOKな雑食向け。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1761回 / 365日(平均33.8回/週) - 参加 2016/05/08 18:17

mizutama さんのブログ記事

  • déjà-vu 199
  • 気持ちよさに、膝から崩れ落ちそうになる。さんざん焦らしてから、スビンさんは。俺をベッドに押し倒した。「私もあなたと同じです、スンホ」じっと見つめると、スビンさんはうれしそうに笑って。「お互い愉しみましょう。せっかく相手がいるんですから」今更変わらない。俺は傷つかない。チャンミンさんは怒るかもしれないけど、そうさせてるのは誰だ。俺だっていつまでも子供じゃないんだよ。あなたにたくさん抱いてもらったか [続きを読む]
  • LAPIS LAZULI 116
  • 気を失うまで、何度も。イカされ続けて。目が覚めるとユノがいない。深いため息とともに、体を起こすと。かすかにシャワーの音が聞こえた気がする。ああ、いるんだ。まだいてくれるんだ。思って。布団に潜り込む。あなたの匂いがする。あなたも、俺の匂いを。幸せだと感じてくれるのかな。シャワーを浴びて下着一枚で部屋に戻ったあなたは。飛び起きた俺を見て呆れたように目を反らす。それでもうれしくて、見つめると。首にかけ [続きを読む]
  • déjà-vu 198
  • なしかあああああ・・・! ←なんでだああああ・・・! コメントにてお知らせいただきありがとうございます出先ですと上げなおしできませんでご不便おかけしました → → → こちら にほんブログ村 この程度で飛ばしてんじゃねえよ・・・と思いますよねえ・・・たまに上をぽちっとしていただけるとうれしいです! [続きを読む]
  • Maybe I 22
  • 「何で、って……何ですか?」「んーと……ここ、は?」「俺んちです」「今……」「ソファで寝てたんですけど、落ちそうだったんで身を呈して守りました」「あー……」「他に、何か?」ううん。と首を横に振ってから。ゆっくりと起き上がる。「ありがとぉ」子供みたいな、無防備な言い方で。誘う唇。やらしい目つき。思わず、近づいた。「ん?」有無を言わさず。キスしてた。ぷにゅっ、と、キスして。唇を離す。ユノは俺をじーっ [続きを読む]
  • LAPIS LAZULI 115
  • 目が覚めても、ユノはまだ眠っていた。ベッドを降りようとしたら。腕を、掴まれる。信じられない思いで、ユノを見ると。俺をじっと見ていた。そのまま体を、引き寄せられて。上に乗られる。いきなり足を拡げられて。あ、と思った瞬間にはもう、挿れられてた。何も言わないまま腰を振るユノを、見て。なんだかとても愛おしく、なって。俺はいつも抱かれている間、あなたを。母のような気持で抱きしめていると思ってる。俺でしか埋 [続きを読む]
  • Maybe I 21
  • ベッドに寝たところで、眠れるはずもなく。あなたが気になってリビングに戻る、の、繰り返し。ソファからずり落ちそうになっているあなたを、少し離れた位置から見つめて。落ちるまで見ていようか、と思いながら。やっぱり気になって近づく。上半身が落ちかけている。受け止められる位置で、待つ。ユノが、ずり落ちてきて。しっかり、抱きとめる。「んー……」寝ぼけてるあなたをじっと、見つめる。唇と目がほぼ同時に半開きにな [続きを読む]
  • きましたねオーラス詐欺!
  • 正直これを待ってました(笑)アリーナは激戦だから多分ドーム入れたらドーム当選にされるだろうと踏んで一番いきたい福岡初日だけ入れて当選。てっきり追加で京セラ土曜出ると思えば出ずでも土曜だし追加くるだろうと踏んでその他ドーム平日は申し込まず。やっぱりきたー!というわけでこれは行く気です。その頃仕事がどーなっとるかわからんけど行きます…!EXOと重ならないことを願うのみ(笑) [続きを読む]
  • déjà-vu 197
  • 「あなたが渡したんですよね? スビンさん」静かに頷く。俺を抱き寄せながら。「変わらないでしょう? あなたたちは」俺がここへ来た理由くらいわかってるだろうに。よく平気でそんなことが言えるな。「変わり、ましたよ」「どんなふうに?」耳元で囁く。熱い息がかかると。その先を想像してゾクゾクする。「チャンミンさんが、俺を」「あなたを?」シャツの裾から手が入ってくる。「抱いて、くれなく、なった」「だから……こ [続きを読む]
  • 春が来て君は
  • 大切な弟がこの街を出て行く。見送りに来た俺は、その横顔を見て大人になったなと改めて思う。出会った頃から随分時が過ぎて。あどけない横顔も今や精悍な男の顔つきになった。いつからかその笑顔に惹かれ始めていた。男を好きになったことなんかなかったし、この気持ちは何なのかわからなかった。でもお前に誰かが告白してるのを見た時。気付いたんだ。誰にも渡したくない、と。友達として、先輩後輩としてそばにいて、正反対の [続きを読む]
  • Maybe I 20
  • これでビールがこぼれなかったら。俺はどんな無理な理由をつけてここにいてもらったんだろう。ヒョンはそのまま服を脱ぎソファに横になる。ベッドを使っていいといっても固辞して。何もできないのに、そばにいても。余計つらいだけ。目の毒な唇と。薄いシャツに浮き出る小さな突起。意識するだけで喉が渇く。シャワーを、浴びながら。あなたの裸体を妄想する。途端に、体が反応して。手を動かす。こんなこと。俺のプライドが許さ [続きを読む]
  • déjà-vu 196
  • 「チャンミンさんと……何かあったんですか?」「それを知りたくて……会いに来たんです」「会わなくても話せるのに?」スビンさんは意地悪い笑みを浮かべ、俺の後ろに立つ。「何が望みか……わかっているんでしょう?」俺の両肩に手を置いて。優しく、肩を揉む。リラックスしろとでも、言いたげに。頷くと、スビンさんは俺を振り向かせる。「ケンカ……したんですか?」首を横に振る。ケンカにすらならない。その理由を、この人 [続きを読む]
  • たいしたことではないが
  • 前から気になっていた配線問題・・・パソコン配置場所により延長コードがさほど必要なくなったのとLANケーブルに関しては超長いままなので←まだ無線じゃねえのかってのはさておきw引っ越し後、落ち着いてから画鋲とかで線を適当に留めてたんですがどうにもこうにもゆるゆるして邪魔くさい。そして長すぎるLANケーブルなので途中で蚊取り線香みたいにぐるぐる巻きにして留めてあるのが見栄えが悪いそんなわけで100均で延長コード [続きを読む]
  • ”お兄ちゃんが風邪を引きました。 02”四年前
  • みんなの回答を見る もうそんなに昔になるんですねもともとはgadgetの妹目線と言う立ち位置で書き始めたお話、本編は今更新止まってますけども←とはいえあんまり動きのない話なのであんまり問題なしなぜかしらんけど読者さん人気が高い話ですよねえみんなきっとこのポジションになりたいからですよね・・・まあ妹にしちゃだいぶヤバい目線入ってますけどもwまたこのお話気が向いた時に書ければいいかなと思っております。 [続きを読む]
  • LAPIS LAZULI 114
  • でも、結局。抱けなかった。俺は、あなたを。愛もなくただ抱きたいわけじゃない。ベッドに寝転がると、深い息をついて。すぐに寝息を立てるあなたを、見て。やっぱり俺の元へ帰ってきたら、あなたは落ち着くんだと。自然に笑顔になる。好きすぎて苦しい恋を経験したのは。初めてとは言わない。初恋はもっと苦しかった。独りよがりだったから。でも今も大して変わらない。こんな風に好きになるの、本当は嫌なんだよ。寝顔を見て幸 [続きを読む]
  • 死を前提にしたお話は・・・
  • まあ、よく書くんですけどw書いちゃいけないね・・・今日またFalling you泣き^^;(現在85まで進みましたああああ)誰が書いたものであれ多分死にオチとわかっている話は泣けますよねあと強烈な片想い系w←でもこれは片想いとは言え最終的には両想いに繋がる方向のやつ スビン編を書くにあたりやっぱりサンウ編も必要だろうかと思いながらそこまでしてしまうとどんだけ話を考えねばならんのだと大変なことになってます ただ、 [続きを読む]
  • déjà-vu 195
  • 年が明けても、チャンミンさんの様子は変わらず。俺にはどうすることもできなかった。今まで、チャンミンさんは。俺といるときに父さんの映像を見ることはなかった。でも、もし。あの映像が、見たことのないものだったとしたら?中身を知らされず渡されたものならきっと見てしまうに違いない。俺があのUSBを見た瞬間、スビンさんとの。行為が映っているものを連想した。と、いうことは。チャンミンさんはスビンさんから、あのUSB [続きを読む]
  • LAPIS LAZULI 113
  • くっついたままウトウトする。体が冷えてきて。仕方なく離れる。シャワーで体を温めながら。俺を受け入れてもなおただ美しいあなたを。見つめていると泣きたくなってきた。こんなに近くにいても、抱いても、あなたは。俺のものにはならないんだ。裏切りとは言わない。だけど、俺は傷ついた。あなたはもう俺のものだと勝手に思ってたから。あなたの肩を抱きながら一緒にシャワーを浴びて。脱力したままのあなたを引き上げて出る。 [続きを読む]
  • Maybe I 19
  • 綺麗だ。キスしたいと。思った。でもできるわけない。仕事でこれからも会う人なのに。下手なことして嫌われたら困る。テーブルの上を片付けながら深いため息。俺はどうしたかったんだ。こんな時女ならまだどうにかなる。お互い流されればいいだけ。でも。男同士はそうはいかない。流されるも何も。その気がなければどうにもならない。膝にブランケットをかけてやる。まだ寒い時期じゃないけど、このまま寝るなら。見上げる形で見 [続きを読む]
  • 続・バス停にて 22
  • 目が覚めても隣にあなたがいる幸せを。これから何度味わうことができるんだろう。追い詰めたら逃げられてしまうかもしれないのに。あなたを束縛したくてたまらない。まだ一緒に眠っていたいけど。お互い仕事だし準備しなくては。朝ごはんとお弁当の用意。多分俺の作るものにはもう慣れたはず。会社の人から見ても、そういう存在がいることくらいわかるだろう。「おはよー、チャンミン」「おはようございます」菜箸を持ったまま振 [続きを読む]
  • Maybe I 18
  • もともとよく喋る人だけど。お酒が入るとさらに説教くさくなる。今までは対岸の火事だったけど。今はいちいちツッコミを入れるのが面白い。そのうち喋る速度が遅くなってきて。ソファの背もたれにぐったりともたれた。ああ、寝たな。左端に座ってるあなたの。右隣に座って、横顔を見つめる。なぜ、綺麗だと思うのだろう。ついさっきまで。同じことをグルグル喋ってた人のことを。仕事の時はとことん熱く誠実で効率が良く。他の人 [続きを読む]
  • jamais vu 187
  • クリスマスが終わってからも。スンホが、どんなに甘えてきても。触れる程度のキスしか、できず。体がそれ以上には反応しない。俺がしている行為そのものをユノが望まないとしたら。これ以上スンホに近づいてはいけない。今更遅いと言われても、もう。俺たちは別々の道を歩まなければならない。スンホはそんな俺の気持ちを知ってか知らずか。変わらず甘えてくる。抱こうとしない俺を、責めることなく。時折寂しそうな笑顔を見せて [続きを読む]
  • Maybe I 17
  • ヒョンなりに気をつけてるんだろうけど。その子は相変わらずで。状況を考えてか、ヒョンは後輩にその子のお守りを依頼し、自分は別の仕事にかかることが多くなった。その子は不満そうだったけど。任された後輩は嬉しそうで。女どもも落ち着きを見せ始め、その子もヒョンに近づけないせいか自力でやるようになり。ある意味、一石二鳥。俺はといえばたまにヒョンと組んで外回りに行き。近づけない距離に悶々としていた。外回りの帰 [続きを読む]
  • 読めない・・・(整理しながら追記あり
  • 今なんとか53話まで来たんですがほぼほぼこのへんはふたりのラブラブシーンばっかりですが。 だからこそ読めない・・・この先を知っているうえに今これを読み返して改めて思うことは なぜ、チャンミンを素直に幸せにしてあげられないのかそれは私の中のユノが悲しんでいるからだとわかりました・・・ 愛した男は君が最初で、愛する人は君が最後だ、ユノ。 愛した男はあなたが最初で、愛する人はあなたが最後。 ここをコピペするだ [続きを読む]
  • 毎度のことながら
  • 自給自足・・・ざっくり読み返しているFalling you、31で泣けたわ・・・ 1話ずつチェックしつつそれらしいキーワードが出たらメモ帳保存しているのですがああ、なんていうんだろう、笑顔が表としたらこっちは裏なんですが、どんな時もユノは笑顔でチャンミンの前にいてチャンミンはその笑顔の裏に隠れた苦悩に気付かないまま純粋にユノを愛していて だからこそ、今がつらいのかもしれません。 [続きを読む]
  • ”Falling you”大変めんどくさいが
  • ここから読み返し作業に入らなければ・・・スビン編はいつまでたっても書けないのである・・・ 本編があと少しで終わりが見えているのにこれがなければ全体像がわからんかもしれんwわからんでもいいんだけど・・・w 頭がおかしい人の理屈と言うのは筋が通ってないしなんでそうなる? ってのは当たり前なのでそのへんはまあさておいて でも若干こじつけができなければ自分としてもスッキリしないのでやっぱりスビン編も書かね [続きを読む]