aromatherapycomjps さん プロフィール

  •  
aromatherapycomjpsさん: Enjoy Aroma Life!
ハンドル名aromatherapycomjps さん
ブログタイトルEnjoy Aroma Life!
ブログURLhttp://aromatherapycomjps.blog.fc2.com/
サイト紹介文在英19年目。英国アロマ、IFPAコース、Thearomatherapycompanyの商品をご紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/05/08 21:55

aromatherapycomjps さんのブログ記事

  • Party for volunteer worker
  • 年に一度の病院でボランティアとして働いている人達のみのお疲れ様パーティーでした。働いていますが、特にセラピーは他の人と交わることも無く、黙々と孤独にやるしかないので、今日参加してみてもやっぱりだーれも知らない!年齢が高い方70歳以上の方もおられるし、私のようなアジア人がこの場に居るのも。。と思って早々においとま。でもちゃんとカナッペや泡ものもひーさしぶりに味わいました。やっぱり毎回自分だけの分 [続きを読む]
  • London Walk- イルミネーション2018-
  • ロンドンの街はイルミネーションで光り輝いています。 ===============英国IFPA認定校 通学&通信生国際クリニカルアロマコース新学期募集 12月27日まで随時説明会を行っております。    (28日〜1月20日まで日本での講義のため不在にしております。) http://www.thearomatherapycompany.pw/opencampus/   2 [続きを読む]
  • サンタクロースへの願い
  • 私が病院でアロマを背術するようになってから、もうかれこれ6ヶ月近く持続して、背術をしている患者さんがいる。 彼女は腸や胃の病気のため、ずっと寝たきりの生活をして、天井を見ている生活。窓はあるものの彼女の高さからは、外はほとんど見えない。なので施術をしている、ほんの少しの時間だけ、外の情景を言うことにしている。 「今日は寒くてみんなコート着て、マフラーをして歩いてますよ。寒そうだなー。」「あ [続きを読む]
  • パンテーン
  • 窃盗の現場とキツネの散歩を毎日見るイギリス生活。嘘のようでイギリスに居る人は分かってもらえるはず。今日もスーパーで買い物をしてレジに行こうとしたら、「Fu〇k! Fu〇k!」と叫びながら突進してくるハゲた40歳台男性。その後にスーパーの警備員らしい人も走ってきた。どうもスーパーの物を盗んで、そのまま逃走を試みているぽい。ただ追いかけている警備員が、ガタイは良いものの、足が遅すぎて、これは無理だな・・と皆思っ [続きを読む]
  • 生徒さんの将来のためのサロンメニュー作り
  • 今日は今後セラピストとして活躍されるためにプロフィール写真撮影を行いました。 皆さん既にモジュール1終えて背術やコンサルも経験済みなので、写真を撮ってもプロのようでしか見えないですね。===============英国IFPA認定校 通学&通信生国際クリニカルアロマコース新学期募集 12月27日まで随時説明会を行っております。    (28日〜1月20日まで日本での講義のため不在にしております [続きを読む]
  • IFPA-M1 course with lovely 3 years old boy
  • Already started module 1.Today one lovely child joined our class.So cute! Time schedule of this 17th class are so flexible. Such as puzzles. 一対一の授業もあれば、4人でやる午後の時間もあったり。 そして今回は3歳のお子さんも参加。アロマは生活の中に取り入れるものなので、子供も一緒に参加できる授業がもっといつかできるようになればなと思います。===お知らせ===IFPA 国際クリニカル [続きを読む]
  • IFPA- The 17th Group start from Sep2018
  • The 17th group of IFPA course was enrolled. Talked with Louise, who was established The aromatherapy company. Enjoyed chatting! Th
    e Aromatherapy company ロンドン校では、17期生のIFPAコースがスタートしました。 5名の新しい方々が参
    加され、年齢もバックグラウンドも様々で、だからこそ色んなケースで練習できそうで良かった
    です。あっという間に終わってしまうというのが皆さんの感想ですが、ア [続きを読む]
  • 【IFPA -Anatomy and Physiology Course-Sexual Organs】
  • Invited lactation consultant for teaching sesual organs in A&P course last week. Very very impressed her teaching about pregnancy
    and birth. had a great time. 先週解剖学講座では、国際認定ラクテーションコンサルタントであり、助
    産師でもあるMさんに講師としてお越し頂いて、生殖器に関する講義をして頂きました。毎回講義
    内容も洗練されてきて、小学生でもわかるような内容でわかりやすくかつ、 [続きを読む]
  • IFPA-M3- Salon Menu, Handmade Moisture cream and a lot.
  • Chat with Louise, who is the principal of the aromatherapy company and had a really great time to discuss about reflex therapy. Af
    ter that we introduce their salon menu. Looks great! During module 3 I am introducing a lot of information and technique. have a f
    un! We made moisture cream for foot reflex and hand massage.モジュール3でお二人が揃っての最終なのでプリンシ
    パルのルイーズとも [続きを読む]
  • IFPA-M3 Aroma reflex and a lot.
  • Already started module 3 course in 15th group. I can tell a lots of my experience in the hospital setting and show how it works.On
    e student come weekday and the other student come weekend. So It seems to be a private tutor. Anyway we have a fun to massage feet
    . 15期生のモジュール3も既にスタート。スケジュール的に平日と週末に一対一で進めていく感じ
    となり、プライベートレ [続きを読む]
  • IFPA M2 term Completed in 16th Group
  • Took profile pictures for their salon menu. They can easily to start to work. They looks so professional therapist. Students know
    how to choose essential oils in different ways, plant family, cross reference and chemical composition now.Its hard to understand,
    but its have a fun. 16期生のモジュール2も終了!卒業後すぐに働けるように、サロン用のプロフィー
    ル写真を撮りました。 [続きを読む]
  • London Walk -Sunflower Road-
  • UK Weather forecast: 'Dangerously hot' as Britain braces for 'record breaking temperature' ってこれから何度も聞きそうなぐらいの暑いロンドン。 暑い時に暑い元気なお花でも見に。ラベンダーはもう終了ーシーユーNext Year!===お知らせ===英国IFPA認定校 通学&通信生国際クリニカルアロマコース新学期生徒募集イギリスで何か資格を取りたい方、アロマが気に [続きを読む]
  • 匂いが分からない方へのクリニカルアロマセラピー7と香りの研究
  • 「今、何も匂いを感じないの。」 (上の写真はBさんのものではありません)そう私に告げたBさんは、病棟のベットに横たわりながら、右鎖骨からの点滴を受けながら答えてくれた。顎周りも普通の人よりも二倍ほど大きく腫れていた。コンサルテーションでは、Bさんは私にリラックスの調合が良いと仰っていた。話している時に顎の膨らみが気になったが、ラベンダーをベースに、ペチグレンとパチュリを選んだ。モイスチャークリーム [続きを読む]
  • 【集中治療室でのクリニカルアロマセラピー 5】
  • 「T(仮名)さん、痰を吸引してほしい?」「Tさん、口腔の唾液を吸引してほしい?」「Tさん、どこか違和感ある?」 ICU(集中治療室)やHCUにあたる術後や重症患者さんを扱う病棟で、先週から施術をやりに来ている。様々な病棟があるが、私と同じ時期に始めた同僚のAが、いつもこの病棟で施術をしているので、今回は勉強も含めてやってきた。今日は、最初の1時間半を救急病棟の方で施術を行っていた。たまたまかもしれないが、 [続きを読む]
  • CAM10 いくら自分が強いと思っていても 
  • 質問1:セラピーを行う患者さんは病院側が用意してくれているのですか?回答1:いいえ、病棟にセラピストが出向いて、個人個人の病室やベットに行って、セラピーいるかどうかを聞いて、興味がある人に対して行います。 質問2:病院に入院している方は、そういったサービスを受けられることを知っているのですか?回答2:いいえ、入院している方はボランティアセラピストが、いることを知らないことの方が多いです。初めて [続きを読む]
  • ピンクの温かい空間
  • 前回は〇×病棟だったので、今回は△〇病棟へ。精油やモイスチャークリーム、パウダーを携えて。祝日なので、家族が訪れている病棟も多い中、音楽を聴いているアフリカ系の細身の女性と目があったので、補完療法はどうですか?とお聞きすると、「是非やってほしい、前回もレイキを受けたんだけど、その時家族がきて集中できなかったの」と、かなり前のめりなリクエスト。私の補完療法のリスト表から、アロマリフレを選ばれたのでア [続きを読む]
  • 人の優しさに触れることができる場所
  • あるロンドンのNHSでアロマセラピーも含めた補完療法を行い始めました。年間100万人訪れる巨大病院ですが、入院は6万人しかなく、日本で100万人も訪れるような病院はなく、東大や京大でも60万人ほどです。本当に重症な患者さんのみ入院されています。 NHSは基本医療は無料です。ですので、私も補完療法セラピストのボランティアとして働くので、病院側から賃金は発生していません。アロマの学校もしているので時間的に厳しい [続きを読む]
  • 【花粉症の時には霊薬とされたヒソップをひっそりと】
  • 花粉症の時期で、鼻や目がかゆくなっている方も多いと思います。「花粉症の時に良い精油は?」と聞かれることも多いです。結論から言えば、ユーカリ、ラベンダー、ペパーミント、ジャーマンカモマイルが良いのですが、窓際族に追いやられ気味の「ヒソップ」という精油もお薦めです。 ですがこの精油は、てんかんの持病を持つ方に使うと、てんかんを誘発させてしまうので、使用には非常に注意しないといけません。クライアント [続きを読む]
  • IFPA カンファレンス-アニータの学校での試み
  • 少し遡りますが、9月に年に一度のIFPAのカンファレンスが、リージェントパーク内のセミナールームで行われました。英国だけでなく、日本、ドバイ、スイス、チェコ、フランスなど、様々な国からIFPAの会員が集まりました。IFPAの会員とは、IFPAが認定している学校を終えたアロマセラピストで、写真に写っている方々は、現在生徒さんも含めほぼ全員アロマセラピスト。これだけアロマが好きな人な方が集まるのも圧巻だし、そもそもが [続きを読む]