aromatherapycomjps さん プロフィール

  •  
aromatherapycomjpsさん: Enjoy Aroma Life!
ハンドル名aromatherapycomjps さん
ブログタイトルEnjoy Aroma Life!
ブログURLhttp://aromatherapycomjps.blog.fc2.com/
サイト紹介文在英19年目。英国アロマ、IFPAコース、Thearomatherapycompanyの商品をご紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/05/08 21:55

aromatherapycomjps さんのブログ記事

  • 匂いが分からない方へのクリニカルアロマセラピー7と香りの研究
  • 「今、何も匂いを感じないの。」 (上の写真はBさんのものではありません)そう私に告げたBさんは、病棟のベットに横たわりながら、右鎖骨からの点滴を受けながら答えてくれた。顎周りも普通の人よりも二倍ほど大きく腫れていた。コンサルテーションでは、Bさんは私にリラックスの調合が良いと仰っていた。話している時に顎の膨らみが気になったが、ラベンダーをベースに、ペチグレンとパチュリを選んだ。モイスチャークリーム [続きを読む]
  • 【集中治療室でのクリニカルアロマセラピー 5】
  • 「T(仮名)さん、痰を吸引してほしい?」「Tさん、口腔の唾液を吸引してほしい?」「Tさん、どこか違和感ある?」 ICU(集中治療室)やHCUにあたる術後や重症患者さんを扱う病棟で、先週から施術をやりに来ている。様々な病棟があるが、私と同じ時期に始めた同僚のAが、いつもこの病棟で施術をしているので、今回は勉強も含めてやってきた。今日は、最初の1時間半を救急病棟の方で施術を行っていた。たまたまかもしれないが、 [続きを読む]
  • CAM10 いくら自分が強いと思っていても 
  • 質問1:セラピーを行う患者さんは病院側が用意してくれているのですか?回答1:いいえ、病棟にセラピストが出向いて、個人個人の病室やベットに行って、セラピーいるかどうかを聞いて、興味がある人に対して行います。 質問2:病院に入院している方は、そういったサービスを受けられることを知っているのですか?回答2:いいえ、入院している方はボランティアセラピストが、いることを知らないことの方が多いです。初めて [続きを読む]
  • ピンクの温かい空間
  • 前回は〇×病棟だったので、今回は△〇病棟へ。精油やモイスチャークリーム、パウダーを携えて。祝日なので、家族が訪れている病棟も多い中、音楽を聴いているアフリカ系の細身の女性と目があったので、補完療法はどうですか?とお聞きすると、「是非やってほしい、前回もレイキを受けたんだけど、その時家族がきて集中できなかったの」と、かなり前のめりなリクエスト。私の補完療法のリスト表から、アロマリフレを選ばれたのでア [続きを読む]
  • 人の優しさに触れることができる場所
  • あるロンドンのNHSでアロマセラピーも含めた補完療法を行い始めました。年間100万人訪れる巨大病院ですが、入院は6万人しかなく、日本で100万人も訪れるような病院はなく、東大や京大でも60万人ほどです。本当に重症な患者さんのみ入院されています。 NHSは基本医療は無料です。ですので、私も補完療法セラピストのボランティアとして働くので、病院側から賃金は発生していません。アロマの学校もしているので時間的に厳しい [続きを読む]
  • 【花粉症の時には霊薬とされたヒソップをひっそりと】
  • 花粉症の時期で、鼻や目がかゆくなっている方も多いと思います。「花粉症の時に良い精油は?」と聞かれることも多いです。結論から言えば、ユーカリ、ラベンダー、ペパーミント、ジャーマンカモマイルが良いのですが、窓際族に追いやられ気味の「ヒソップ」という精油もお薦めです。 ですがこの精油は、てんかんの持病を持つ方に使うと、てんかんを誘発させてしまうので、使用には非常に注意しないといけません。クライアント [続きを読む]
  • IFPA カンファレンス-アニータの学校での試み
  • 少し遡りますが、9月に年に一度のIFPAのカンファレンスが、リージェントパーク内のセミナールームで行われました。英国だけでなく、日本、ドバイ、スイス、チェコ、フランスなど、様々な国からIFPAの会員が集まりました。IFPAの会員とは、IFPAが認定している学校を終えたアロマセラピストで、写真に写っている方々は、現在生徒さんも含めほぼ全員アロマセラピスト。これだけアロマが好きな人な方が集まるのも圧巻だし、そもそもが [続きを読む]
  • IFPA-M3-Hand Reflex and Homemade Organic Toner in 14th gp
  • We usually make homede cosmetic products using organic essential oils and hydrolate in M3 module. It make us more comfortable natural life. M3の授業の終盤はクラフト作りも多数。 知識が人を治すことなどありえず、興味であったり、楽しさの延長上に治癒があると私は思っています。 アロマを使った色んな生活に役立つクラフト作りも、自分が今まで使ってきた物を見直す良い機会 [続きを読む]
  • IFPA-Completed all modules in the 11th group
  • IFPA-Completed all modules in the 11th group. We started October 2016 and finished. Times fly. 去年の10月からスタートした11期生も今日で全ての授業が終了。長いようなあっという間だったような?という生徒さんの感想ですが、私は超早く感じた!それぞれのグループにそれぞれの個性があって、色んな想いや思い出が一杯の授業。教えている側ですが、教わることのほうが多いです。色んな事に気づかさせて貰ってあ [続きを読む]
  • IFPA-Pre Aroma Reflex Practice Exam
  • IFPA-Pre Aroma Reflex Practice Exam Invite my friend and graduation student for our experience.M3のアロマリフレックスの手技の到達試験 本番の試験に備えて、今まで施術をやったことがない人に、お越し頂いて、足のアセスメント&マッサージ。ご近所の友人と卒業生を誘って、とっても良い経験になったと思います。私も初めての人の足を触るのは、結構好きなので、「あー、あー、ここがあれだと、こうなるよねー」なんて足 [続きを読む]
  • IFPA-M3-Aroma Reflex Therapy
  • Even push their reflex point gently, some people faint in agony. That interesting. 足を軽く押しても悶絶するAさん。それをみて嬉しがるHさん。 素敵な構図。ではないんですが、自分の中にあるマゾヒズムがにじみ出てくるのがこの講座。     足は全ての体の部分を象徴しているともいえるので、足を見ると、生活などが全部暴かれますので、ご用心を。暴いても決してYoutubeで叫んだり泣い [続きを読む]
  • IFPA-M4- Luxury Facial Treatment for Bridal
  • IFPA-M4- Luxury Facial Treatment for BridalLook at cheek, bone and posture. we can re-built by all hands.モジュール4では恒例の小顔やデコルテを綺麗に整える、オプションのブライダルアロマの手技の練習。生徒さん達は驚くほどスキニーな人ばかりなので、果たして?どうかなと思いましたが、骨格や顎の位置が上がり、顎周りのぷっくらさ、頬の弛みが上にあがり、肌もワントーンあがる出来に。    これは受けた人し [続きを読む]
  • 【星夜見-7月中旬-下旬 どういう力を手にしたいですか?】
  • 7月上旬から中旬は如何でしたか?(7月中旬からの星夜見はこの文章の後半から書いています。)前回6月30日に以下のようなことを書いていました。http://hoshiyomiuk.blog.fc2.com/blog-entry-50.html『同じ「闘争心」でも、うまくその力を使えば、自己表現にもなりますが、誤ってしまうと、単なる自己主張が強いだけの人にもなるようです。この時期特に言葉に顕著に出てしまいます。人によっては、非常に暴力的になる人、暴力的に [続きを読む]
  • 【Homemade Dinner- Duck with fondobo sourse and vegetables】
  • 久々にカモが7ポンドが2ポンドになっていたのでご購入。京都ではカモ鍋や鴨南蛮とかでしか食べなかった食材も、ロンドンではかなり頻繁に食べる食材。プラムソースはお腹が張ってくるので、フォンドボーかバルサミコ酢とバターでの味付けが,お腹にも優しお酢ー。ローストダックには負けるけど…久々な泡ものも、イチゴを入れて飲むために。そろそろ旬なイチゴも時期が終わる頃かな… ーーー【お知らせ】−−−英国IFPA認定校  [続きを読む]
  • Anatomy and Physiology- Nutrition and Choice theory
  • 「相手をコントロールすることができないとしたら、私たちは、自分の何をコントロールすればいいのでしょう?」===今日は、アンジェリックの栄養学とセラピストとしてのポスチャー講座、 そして私の脳&心の解剖からは選択理論を用いたセッションの仕方に関して。 相談事を聞いほしい人もいれば、真剣に悩みを克服したい人もいる。後者の場合には、カウンセラーでなくても、答えを見つけていける方法の一つが、この選 [続きを読む]
  • 嘘のようで本当の話が多いイギリス
  • 嘘のようで本当の話が多いイギリス① ガソリンスタンドが燃えてる車を運転時に急に前の車が動かなくなり、前で何かあったのかな?と思って降りてみると、ガソリンスタンドから煙が!その後消防車が来ること7台。あれ?カムデンでの火事も7台とか言ってたけど、それ並の多さ。確かにガソリンに引火したら、ダイハード並な出来事に。皆ドリフのようなチリチリ頭になってしまう。暫く道路は閉鎖だなと思い、迂回して岐路に着いたもの [続きを読む]
  • London Pride 2017
  • More than 26,000 people gather in central London for biggest ever Pride parade.Huge! So crowded! So hot! and could see beautiful boys and girls. レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー(LGBT)文化を讃えるイベント。こんなに人が集まるなんてというぐらい人が多かった。 感覚的に人とは違った感覚であったり、鋭さがあるので人しては凄く好きな方々なので、ファッション [続きを読む]
  • IFPA Final Exam in 11th Group
  • Finished practice exam today for the rest of 11th group. Great atmosphere, great explanation and great smile. All passed.Congratulation for everyone! 「成功するセラピストとそうでないセラピストの違いは何だと思いますか?」という質問を試験官のデビ―に質問してみました 沢山の経験と教師経験もあるデビ―から出てきた言葉は、「Passion(情熱)」。情熱を持ち続けること、日常 [続きを読む]
  • IFPA- M2-Day7 in 14th Group
  • 乳がん細胞を死滅させる精油は、フランキンセンスやオレガノが挙げられる。この文章をそのまま鵜呑みいにして、アロマを知らない人が聞けば、あっ、飲んでもいいの?とか、直接つけても良いの?とか多くの事故が起こってしまう。試験管の中で100%原液を使った場合にのみの研究論文の話でも、自分にとって都合のいい部分だけ聞いて、それが人を返していくと、勝手に文章だけが肥大化してしまうことも多い。だから正確な知識と技術 [続きを読む]
  • IFPA-Module3 Start in 12th Group
  • Great season to eat berry and peach! So sweet and tasty. ウインブルドンテニスが近い時期=イチゴな季節。スーパーもイチゴだらけ。買ってほしそうに微笑んでいるので大きいのを。そしておしり桃もプリプリしているので仕方なく!やっぱり一年に一度の旬の新鮮なものを食べると、細胞が喜ぶような気になるのは私だけではないはず。あっモジュール3の授業も始まり、フルボディーからうって変わって、足やらサトルや [続きを読む]
  • IFPA-M2-Day6
  • 花より団子ではなく、花も、団子も好きな私にとって、この時期は誘惑が多い時期。特にマンゴー好きにはたまらないパキスタンマンゴー、ハニーマンゴーが出回っていて、この糖度に骨まで溶けそう。 宮崎のマンゴーが7000円らしいけど、これは一個200円ほど。35個食べてもおつりが出ることを考えると、このコスパと満足度に星3つ。あっ授業もしてますよ。今週は最終試験なので、授業が終わってからも実技試験の練習台になるの [続きを読む]