日陰 さん プロフィール

  •  
日陰さん: 一生日陰
ハンドル名日陰 さん
ブログタイトル一生日陰
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kurakura323/
サイト紹介文日陰をあるく女のねがてぃぶ日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/05/10 08:34

日陰 さんのブログ記事

  • 本音でしか生きられないバカ正直
  • 今朝、ゴミ出しに出たら隣の奥さんと会ったこの人嫌い 向こうも嫌っているそもそも向こうが最初から私とは目をあわせない我が家がここに引っ越してきた時のこと引っ越しの挨拶に家族で行った時がこの人との初対面なのにこの人は、私を見ることさえせずに旦那とばかり話していたこの人には私が見えないらしい全く何が何だかわからないがいまだにそうなっている私が何をしたというのだろう?ただ顔が嫌いなのだろうか?それとも私が [続きを読む]
  • 一年に一度だけ自分を戒める日
  • 24時間テレビ今年のテーマは告白この番組は偽善だとかなんとか毎年賛否両論あるが私は一年に一度だけ普段は眠っているチャリティ精神を思い起こさせるこの番組が嫌いじゃないなにより泣くと心の汚れたゴミが流れたようでなんだかスッキリした他人の頑張る姿を見て感動して泣く私そして途中から自分の情けなさに落ち込むオマケまで付いているそんな自分を嫌という程戒めるくせに明日になればまた同じ一年過ごすのだ人の運命は生まれ [続きを読む]
  • 人のせいにばかりしている人生
  • 結局私は自分のダメな人生を他人のせいにしているだけ親のせい、兄弟のせい、環境のせいそんなのわかってる、わかっているんだよわかっていてもまた人のせいにしてしまう負のループ最近情緒が不安定人の目が気になってしかたがない昔から心配性だった起る前から起こりそうなことをシミュレーションしているような子だった滅多に起こることもないことに振り回されていることもわかってるそれでもやめられない…むしろ心配性は悪化し [続きを読む]
  • 今も昔も話題の中心にはなりたくない
  • 高校野球が終わった私は普段プロ野球は見ないけど高校野球は楽しみの一つになってるそして野球といえば思い出すことがある高校生の頃、実は私はモテ期だった明るいわけじゃないし美人でもないそんな私がだただ、ひとつだけ心当たりがあるとしたら他の女子よりも大人しかったからということ高校は女子校入学した私は相変わらず大人しい目立たない生徒だったそんな私だが学校祭のときに中学の同級生の男子がやってきては私に声をかけ [続きを読む]
  • 母からの呪縛は母が亡くなってもなお続く
  • 最近は恋愛もしなけりゃ結婚も必ずするとは限らない良いご時世になったものだ私はもしも今20代だったらどうしてたかな?きっと結婚はしなかったかも手に職をつけて1人で生活できれば一生働いて暮らせばいいのだからこれでもバツイチになろうと思った時もあった子供を連れて家を出てもう帰らないと決めたあの時実家の母に頼ってしまった私母は離婚の大変さを私にずっと語っていたっけ何より子供に良いことはないと母がそんなこと言 [続きを読む]
  • 姑の愚痴と嫁のあり方
  • 夕方姑から電話がきた最近は私の携帯に直接かかってくる固定電話だと居留守を使うのがバレたのだろうか?舅は病気になってからほとんど家から出なくなった居間のソファに横になってテレビを見ているだけの人になったちなみに舅の病気は薬を服用し食事制限をすれば普通に生活できる状態だそれが病気になった途端、もうダメだと生きる屍のようになってしまったもう70代後半だから動かなければ足腰の筋力が弱って歩けなくなる姑は動け [続きを読む]
  • 魔性の女は今も魔性の女だった
  • 今日、懐かしい人に出会ったあまりに長いこと会ってなくて、一瞬どこで関係のあった人かわからなかった話しながら子供関係だっけ?それとも学生時代の同級生だっけ?頭の中でぐるぐると駆け巡るしかしどちらも違った彼女は私がまだ独身だった頃に3ヶ月だけやったアルバイト先で一緒だった人彼女は昔となんら変わってなかったそれは見た目のことじゃなく、当時いつも私が彼女に感じてたもののこと当時彼女は複数いたアルバイトを取 [続きを読む]
  • 無意味な現実から逃避しよう
  • 最近白髪の量が増えたいっそ真っ白くなれば良いのにと思う私はストレスがひどくなるとそれに比例して白髪が増えるそんな気がするお盆に旦那の実家に行ったとき他の親戚に会うんじゃないかと思うだけで何日も前からストレスを感じてた旦那の実家は本家だからお盆に誰が来るのかわからない旦那の実家が見えて来ると誰かのクルマが停まってないかを目を細めて確認する私誰もいなけりゃホッとするが今度は誰かが来やしないか気が気じゃ [続きを読む]
  • 結婚してから性格の悪さに拍車がかかった
  • お盆でどこに行っても人、人、人の波人混みは嫌い幸せそうな人たちがまぶしいからいや、自分の不幸癖がそう思わせるのだ幸せだと思ったことが人生の中であっただろうか?こんなこと考えてしまう時点で終わってるね、私は昨日は旦那の実家に行った相変わらず姑は私が行くと「冷蔵庫の中を見て何か作って」と言う人の家の台所で料理を作るのはいつまでたっても苦手だというか、自分で作ればいいのに…この時とばかりに楽をしようとす [続きを読む]
  • 親切心を素直に受け取れない
  • 旦那がガソリン代をくれと言ったついこないだあげたはずなのにどこか遠出をしたわけでも無いのにしかも最近旦那宛の宅急便が連日届いていた好きなものたくさん買えて良いね!それで足りなくなったら頂戴って言えば良いから良いね!私は瞬時にカッとなってこう言ったするとまた得意のダンマリいつものことなのでそれで終わると思いきや今回は違った「車の下の錆止めを自分でしようと思って色々買ったから金がなくなった。業者に頼む [続きを読む]
  • 今年もお盆という苦痛な時期がやってきた
  • おひさしぶりです特にどうということもなく変わらない毎日を送ってます強いて言えば宮迫さんの不倫発覚が少しばかりショックです番組で浮気の話になると宮迫さんが抜かれるのはてっぱんのネタだと思ってたのに…ホンマにしとったんだ浮気嫁が「ちゃんと応援してる人たちに伝えてこい」と言ったそうですね良い嫁ですそうやって丸く収めるのが今の芸能界のてっぱんなのかな?少し前の歌舞伎の人の嫁も元米の付くバンド名のボーカルの [続きを読む]
  • いつまでも両親ファーストの旦那に嫌気がさす
  • 来月になればまたお盆がやってくる。旦那が、夏休み中部活の休みがお盆しかない息子にお盆以外の日に部活を休めないのか聞いている。どうやら家族でどこかへ行きたいらしい。それならわざわざ部活を休ませなくてもお盆に行けばいいじゃない。と思うのだが、旦那はお盆と正月は実家に行かなきゃいけないと思っている。思えば結婚してからお盆と正月はいつも旦那の実家にいた。一度も家族だけでのんびり過ごしたことがないのだ。私に [続きを読む]
  • 舅1人のために壊れていく家族
  • ブログを10日も放置してしまった…というか書く暇がなかった体調が悪かった舅は検査をしたが特にどうということがなくすでに退院したというか病院ではまだ許可が出てないのに退院するって騒いで無理矢理退院した舅どこまでこの人は…呆れたその理由は舅の入院中にいつものように暴言を吐かれた姑は体調を崩してダウンしたからその間私に舅は毎日顔を出さなきゃ怒るから私に行ってほしいという姑舅は姑が来ることで満足するのに私が [続きを読む]
  • 怒りのメカニズム②
  • 舅がまた体調が悪いらしい火曜日に姑から電話がきてゾッとした歩くのがままならないというので付き添うことに…案の定舅は検査入院になったその瞬間、ちらりと横目で姑を見ると嬉しそうで思わず笑いをこらえた私そりゃあそうだ、しばらく舅から暴言を吐かれずに済むのだからだけどそれは我が家に姑が来る率も高くなるということ嫁の私にとっては苦痛の日々が続くのだ…ところで最近テレビをにぎわしている例のバイ×グラ男の妻これ [続きを読む]
  • 毒親は死んでもなお子供を苦しめる⑤
  • つづきです今日が母の命日1日に亡くなるとは1番が好きだった母らしい生きてる時には、よく1番じゃなきゃと言っていたからだ母本人は学業も学校1番、モテるのも学校1番だったらしく子供の私にも自慢していた残念だが私には母のDNAがこれっぽっちも引き継がれていなかったある参観日の日、私のクラスは体育の授業だった男女ランダムに卓球の試合をやる母たちは自分の子の試合を見守っていた勝って一緒に喜ぶ親子、母親の前で負けて泣 [続きを読む]
  • 怒りのメカニズム
  • 政治家のニュースが多い昨今暴言が問題になってる女性議員の言葉のチョイスが小学生並みで笑ってしまった彼女は東大やハーバード大を卒業している才女といわれているが まあ学問の世界だけの才女なのでしょうね人格はかなりいびつ何が彼女をそうさせているのでしょう?心理学の世界では怒りのメカニズムをコップの水を例にするとあふれた水は怒りの感情でコップの中の水は不安や悲しさ、辛さなどの感情だといっていたほんと、秘書 [続きを読む]
  • 海老蔵夫妻に思う事
  • 最近旦那が疲れた顔をしている外で働くということは確かに疲れる責任、人間関係、理不尽なことも多々あるだろうと旦那は心を開かない人だからきっと辛いはず心を開かないのは私のせいなのか?それとも旦那の育った環境なのか?それともその両方なのかはわからないけど…人は良いも悪いも自分の正直な気持ちをぶつけられる人がいると救われるそしてそれは縁あって結婚した配偶者であるべきだと思うが必ずしも海老蔵夫妻のような夫婦 [続きを読む]
  • 毒親は死んでもなお子供を苦しめる④
  • つづきです父もまた毒親だ自分に甘く人に厳しい人それは子供にも同じだったご飯のおかずが自分の好きなものだと自分の近くに置いて一人で食べる毒親というより大人になれてない大人といったほうが正解かもしれない母の父が亡くなった時母の実家で通夜だけ出て帰るとごねた母が一人で帰ってと言ったら「俺の飯どうするの?」と平然と言う人だ母になぜ既婚者のあの人を好きになったのかと聞いたことがある母は「あの人は強引だったか [続きを読む]
  • 妬み嫉みが酷いのはちゃんと生きてこなかったから
  • どうやったら節約できるのか?贅沢などしていないのにおかしいな…と毎月思う。ま、でも心当たりがないわけじゃない私は料理が下手 これに尽きるのでしょうそもそも食べることに執着心がなくこだわりもないときたもんだからどうしようもない旦那は食いしん坊なのに私の料理の下手さになにも言わない無口だから我慢してるのだろうなだけどさ美味しいもマズイも言わないで20年もよく食べていられるねと感心するマズイと言われてたら [続きを読む]
  • 毒親は死んでもなお子供を苦しめる③
  • つづきです「どんな状況だとしてもお母さんはあなたを育ててくれたのでしょ!」と言われたことがあるそれって親子神話?都市伝説?確かに我が子を手にかける親もいる、それと比べれば母は私を育てたと言えるだけど、母が育てたのは体だけ心はそうとう痛めつけられた母は楽しいことが好きだった母は派手なことが好きだった母は目立つことが好きだった悪目立ち専門だった気がするが…弟は母と似てる弟は母とウマが合う二人で飲みに行 [続きを読む]
  • 毒親は死んでもなお子供を苦しめる②
  • つづきです私の父親と弟の父親は同じ人だけど母は弟のほうがお気に入りそれは…私が母のお腹に出来た時、父は離婚しなかったけど、弟が母のお腹に出来た時、離婚してきたから私の時は、日陰の身で後ろ指指されてたけど、弟の時は父と晴れて夫婦になって、待ちわびたごく普通の幸せが手に入ったから一度だけ酔って私にそう言った母それが本音でも、私が悪いわけじゃないし、産んでくれとも頼んでない子供は親を選んで生まれてくると [続きを読む]
  • 毒親は死んでもなお子供を苦しめる①
  • もうすぐ母の命日が来る亡くなっても母は私にとって毒親…母は私に依存していた私もそんな母のために尽くしていたように思う娘に頼り切っていた母との思い出は辛いことのほうが多かった…なそんな母のことを心の中では嫌っていても母が生きている間、結局見捨てることができなかったどうしてもっと自分勝手に生きなかったのか後悔してるバカ娘あなたはこんな娘を産んで幸せだったの?つづく [続きを読む]
  • 夫の不倫を許した女は強くそして輝きを放つ
  • 一生日陰というブログ名を何気なく付けたよく考えると日陰って既婚者と不倫している女性のことをそう言うよね?それは大昔の話今は不倫してる女性は日陰など歩かない…以前一緒に働いていたある40代の女性は夫の不倫相手が家に押しかけてきて「自分の方が被害者だ!」と言われたことがある妻と不倫相手の年齢差は15歳夫が不倫をしてたことにも気づいてなかった妻はいうまでもなく深く傷ついたひとしきり揉めた後結局夫は妻を選んだ [続きを読む]
  • 自信満々な彼女が羨ましくて妬ましい
  • 知り合いに根拠のない自信満々な人がいる彼女はいつも自信満々だいつも自信喪失な私にはとても羨ましくて妬ましい存在だけど彼女も実は弱い弱さを自信満々に見せかけて頑張っている私って実は強いのかな?辛い、苦しい、弱いって言えるのは強いのかな?そんなことを彼女に聞いたとしたら帰ってくる答えはたぶん…「そうかもね、あ、〇〇しなきゃ!じゃあまたね」と電話を切るだろうずっとこの手のタイプの人は敬遠してきただけど年 [続きを読む]
  • 赤い満月の夜
  • 家中のものが壊れていく…今年に入って電子レンジにテレビと立て続けに壊れたし、今朝は洗濯機が異音を発し始めたまるで私が壊れるのを阻止してるようだだけど私のイライラは止まらないイライラすると毛をむしってしまうからおかげで右のもみあげが短くなった気持ちの不安定さは今日が満月だから?今夜の空は赤い月がみえるかな?気持ちの不安定さ…月に支配されている気がしてならないにほんブログ村 [続きを読む]