森と水辺の散策紀行 さん プロフィール

  •  
森と水辺の散策紀行さん: 森と水辺の散策紀行
ハンドル名森と水辺の散策紀行 さん
ブログタイトル森と水辺の散策紀行
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/islands-one
サイト紹介文東京近郊の森や丘陵の散策と 山歩きがメインで、川や池で ときどき釣りもしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/05/12 00:58

森と水辺の散策紀行 さんのブログ記事

  • ヤブヤンマの産卵と外来種たち
  • 多忙だった休日、少しの空き時間を使って、少しだけ公園を歩きました。猛暑の中、ホオジロが囀っていました。ヤブヤンマは湿地で産卵場所を探索していました。産卵場所が決まったようです。コジュケイがいたと思ったら、直ぐに隠れてしまいました。頭上で何か動く気配を感じると、外来種のタイワンリスでした。タイワンリスの巣と食痕タイワンリスにコジュケイ、それによく鳴いていたガビチョウ、この公園は外来種が主役となってい [続きを読む]
  • 今年も巣立ったチョウゲンボウ
  • 少し前の日のことです。毎年チョウゲンボウが営巣する場所に立ち寄りましたが、チョウゲンボウの姿はありませんでした。今年は営巣しなかったのか、既に巣立ったのかと思いながら、しばらく待ってから帰ろうとしたとき、突然頭上に現れました。チョウゲンボウ(オス幼鳥)幼鳥は頭上を何度か旋回すると、直ぐに飛び去って行きました。今年も無事巣立ちしたようで、安心しました。 [続きを読む]
  • ヤブヤンマとオオタカ巣立ち雛
  • 早い梅雨明けで気温が上がり一日中汗ばんだ週末、今日も自転車で近所の公園を回りました。池の周りを歩いていると、薄暗い藪の中にヤブヤンマのオスとメスがいました。ヤブヤンマ(オス)メス野鳥は相変わらず少なかったですが、オオタカの雛の鳴き声が、森に響いていました。オオタカの親鳥の鳴き声が聞こえた後、雛は親鳥から餌を貰っていました。近くで別の雛がじっと見つめていました。雛たちは、巣から離れた場所で行動できる [続きを読む]
  • ナガサキアゲハとササゴイ
  • 朝方まで残った雨が止み、自転車で公園を回ってみました。開花したボタンクサギにやってきたのは、見かけないアゲハでした。調べると南方系のナガサキアゲハらしく、最近は関東へも進出していると書かれていました。ササゴイの巣の周りには、複数の成長ペアと幼鳥がいました。ササゴイ(幼鳥)成鳥?このペアは、巣材となる枝を集めていました。まだまだ繁殖の季節は続くようです。 [続きを読む]
  • オオタカ巣立ち雛と昆虫たち
  • 近所の公園は鳥の鳴き声も少なく、昆虫たちが主役でした。コマルハナバチクマバチセイヨウミツバチキアシナガバチは幼虫に与える青虫を肉団子にしてゆっくり飛び去りました。モノサシトンボベニシジミ巣立ちしたオオタカの雛は、少し見ない間にすっかり大きくなっていました。遠くから少しだけ見えたツミの巣には雛が誕生していました。鳥たちの子育ては、まだまだ続くようです。 [続きを読む]
  • 公園のキビタキと「未確定」のハチの巣とトンボ
  • 梅雨入り前で紫陽花が見頃の公園を歩いていると、変わった巣がありました。調べてみると、どうもコガタスズメバチの巣のようですが、はっきり分かりません。そして、近くに飛んできたトンボも今ひとつ決め手がなく名前を特定出来ていません。最初はオオシオカラトンボのメスかと思いましたが、少し違うようです。シジュウカラの子供はまだ餌をねだっていました。野鳥はめっきり少なかったですが、この公園でお馴染みのキビタキは顔 [続きを読む]
  • オオタカとツミ
  • 午前中だけ近所を散歩しました。公園に営巣中のオオタカとツミが巣の近くに止まっていました。オオタカ(メス)ツミ(オス)餌を運んだり、巣を監視したり、近所の猛禽たちは子育てに大忙しです。 [続きを読む]
  • 近所の公園のサンコウチョウたち
  • 今日も自転車で近所の公園を歩きました。アオゲラのペアが鳴きながら森を飛び交っていました。子育て中のオオタカは巣の近くでチョット休憩中昼になり、そろそろ帰ろうかと自転車を止めた場所に戻る途中、シジュウカラの群れがやってきましたが、その声の中に、小さな「……ホイホイ」が聞こえました。まさかと思い群れが入ったモミジの中をみると、やはりサンコウチョウでした。一見、メスに見えますが、オスの若鳥ではないかと思 [続きを読む]
  • 近所のツミ
  • 近所の公園を自転車で散策しました。アカシジミゴイサギ大きな鳴き声と共にツミが飛んできました。営巣中の様でしたが、歩いても行ける近さの小さな公園に、営巣中のツミがいるとは思ってもいませんでした。 [続きを読む]
  • 森のサンコウチョウ
  • 久しぶりに少し足を延ばして、奥武蔵の森を歩きました。電車とバスを乗り継ぐと、景色は一気に変わりました。林道に入ると杉木立が続きます。綺麗な渓流沿いを歩いていると、「……ホイホイホイ」の声が聞こえてきました。サンコウチョウ(オス)渓流の上でほんの少しだけ木立の隙間から姿を見せてくれました。そして、杉木立を歩いているとひらひらと飛んできて一瞬枝に止まってくれました。森は、時々ウグイスやキビタキの声が小 [続きを読む]
  • キビタキペアの営巣?
  • 森を歩くと渡り途中のメスのオオルリが一瞬遠くに止まりました。センダイムシクイは葉の裏にいる昆虫を見つけたようです。キビタキのオスは時々見える場所に出てきてくれました。キビタキのペアが巣作りをしそうな気配です。メスが古い巣箱に興味を示し、屋根に止まりました。オスも何度も近付いた後、屋根に止まり様子を伺っているようでした。まさかの営巣の可能性が少し高くなってきた様です。 [続きを読む]
  • 春の香りと樅ノ木コミミズク
  • 久しぶりに里山を訪れると、もう春の香りが漂っていました。オオアラセイトウタチスボスミレそんな春日和の中、噂の樅ノ木コミミズクを確かめたくて見に行ってきました。正確な場所が分からず探すのに苦労しましたが、本当に意外な場所と思ったより小さな樅ノ木に一羽だけ止まっていました。コミミズク葦原しかイメージがないコミミズクが畑の中の樅ノ木に止まっている姿は、少し不思議な光景でした。 [続きを読む]
  • 森のコイカル
  • 今年の冬はイカルの当たり年で、多くの場所で見ることが出来ました。そして見るたびにコイカルが一緒に居ないか探しても見つけることは出来ませんでしたが、今日、一緒に行動しているコイカルのオスとメスを同時に見ることができました。コイカル(オス) ※エノキの実に夢中です。メス先日、違う公園でメスを見た時も単独で行動していましたが、今日もコイカルだけでした。イカルの群れに混ざるイメージが強いですが、案外単独行 [続きを読む]
  • ハイイロチュウヒと大陸型チュウヒ
  • 春の訪れが近い中、冬鳥たちの移動が始まっているようなので、もう一度チュウヒたちに会いたいと、広大な芦原を訪れました。数羽のチュウヒが遠くを舞う中、比較的近くからハイイロチュウヒのオスが飛び出しましたが、一気に遠ざかってしまい、写真は数枚しか撮れませんでした。その後、近くの芦原に移動しましたが、大陸型と思われるチュウヒが飛んできました。そして日没間近、遠くにハイイロチュウヒのオスが現れました。色々な [続きを読む]
  • 高原のベニヒワ、マヒワ、コガラにヒガラ
  • 北関東の高原を訪れました。本来の目的は近くの湖でオオワシに会うことでしたが、まったく現れる気配もないため諦めて予定を変更しました。最初に現れたのはカラマツ林を飛び交うベニヒワの群れでした。マヒワヒガラコガラキレンジャクは群れで止まっていました。ここでは赤の方が珍しい様です。カワガラスカケスは一度止まると直ぐに飛び、森の奥へ消えて行きました。オオワシに会うことは出来ませんでしたが、冬の高原ならではの [続きを読む]
  • 梅とメジロとコイカルと
  • 所用で出かけた途中、少しだけ公園に寄ってみました。梅の花とメジロの組み合わせは、春の訪れが近いことを感じさせてくれます。メジロの写真を撮って駐車場に戻ろうとする途中、シメのような鳥がいました。良く見るとシメではなさそうで…。 直ぐに近くの木に飛びました。まさかのコイカル(メス)でした。私以外、周りに誰もいなかったせいか、コイカルはリラックスしたように長く止まっていました。 [続きを読む]
  • 湿原のチュウヒ
  • 比較的近い湿原にチュウヒが来ているので、久しぶりに会いに行きました。着いて直ぐ、猛禽が飛んできて頭上を横切りました。チョウゲンボウシャッタースピードが低速のままで露出補正も無しでしたが、何とか数枚だけ撮れていました。それから暫くしてチュウヒが飛びました。大空を高く舞う猛禽も魅力的ですが、夕暮れの湿原を低空で風に乗って舞うチュウヒは、とれも優雅です。 [続きを読む]