みつお さん プロフィール

  •  
みつおさん: われ今日も生きてあり
ハンドル名みつお さん
ブログタイトルわれ今日も生きてあり
ブログURLhttp://mitsuo1947.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の暮らしの中で感じたことを、コツコツと綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/05/13 18:50

みつお さんのブログ記事

  • 包丁を購入
  • 有名な包丁店が京都市の錦市場商店街にある。店名が『有次(ありつぐ)』と言い、元は刀鍛冶であったので、創業して何百年にもなる。切れる一生ものの三徳包丁を買いに、錦市場商店街へ行こうと前々から思っていて、それがようやく今日、実現した。“一生もの”と言ったって、実のところ、自分の余命はあと10年ばかりなんだから、どこで買っても死ぬまで持つけどね。切る材料は魚、肉、野菜と、何にでも対応できるのが三徳包丁。 [続きを読む]
  • 大きな地震発生
  • 今日の自分は休日。朝、椅子に腰かけ、パソコンを立ち上げたばかりの時だった。地震だ。グラグラっと部屋が揺れた。5階に住んでるので、揺れは増幅するが、それにしても大きな揺れが数秒続く。頑丈な集合住宅なので、大丈夫だろうとの思いはあったが、もしや住居崩落?という危機感が起きたのも確か。パソコン画面の右下隅に時刻表示がある。それを見ると7時59分となっていた。瞬時の避難策として、机の下に潜り込もうかと一瞬 [続きを読む]
  • 雨で料理・料理の休日
  • 今日は雨。昨夜からシトシトと降っている。近畿地方が梅雨に入ったのかどうか、気象庁の発表はまだない。「近畿地方は今日、梅雨入りした模様」と、発表があっても良いのでは。私の住む住居棟の出入り口に、アジサイが植えられている。そのアジサイがほんの少しだけ花開いて、小雨に打たれている。アジサイが咲けば梅雨入りしたということ。長く人生を歩んできて、いつの間にか私の中にその意識が根付いている。昔、“雨に咲く花” [続きを読む]
  • ♪卯の花のにおう垣根に
  • 私の住む団地には小道がいくつもあって、その小道の脇に、卯の花の咲いている場所がある。卯の花は初夏を象徴する花。今は初夏ですよと言わんばかりに、卯の花が小さな白い花を一杯咲かせている。♪夏も近づく八十八夜〜の、八十八夜はとっくに過ぎており、今は初夏。今年は5月2日が八十八夜だった。今日は陽気に包まれ、初夏らしい気持ちのいい天候だったので、デジカメで卯の花を撮ってみた。胸の中で、『♪夏は来ぬ』を歌いな [続きを読む]
  • 日大アメフト部員の危険タックル
  • 昨日と今日、仕事休みにつき、自宅でテレビニュースがしっかり見れた。主なニュースとして、次のようなものが列挙できる。一、英国王室・ハリー王子の結婚式。二、タレント朝丘雪路さん、先月死去していたと発表。三、新潟県の小2女児、殺害事件。四、女優の星由里子さん、死去。五、米テキサス州の高校で、17歳の生徒が銃の乱射。六、日大アメフト部員のルール違反行為。それらニュースの中で、私が最も強く心を動かされたのは、 [続きを読む]
  • 真野川の鯉のぼり
  • 私の住まいする地区に真野川(まのがわ)がある。真野川は琵琶湖大橋のそばに河口があり、琵琶湖へ注いでいる。真野と言う地名は平安時代から続いていて、和歌にも詠まれた由緒ある地名。真野川周辺の水田は、真野川から水を引き、今すぐにでも田植えが出来る状態になっている。この真野川の土手に、今年もずらりと鯉のぼりが並んだ。 [続きを読む]
  • 夏近し
  • このところ「夏近し」を感じる日々が続いている。朝6時頃は肌寒く、厚着してバイクに乗り、バイトに出かけるが、日中は最高気温が25度℃を超えて真夏日の気温となる。仕事帰りは上下の衣服を軽くし、脱いだ衣服をリュックに詰めて戻ってくる。月の内、日数として約半分働いているが、それでもまだ多いと思っている。自由時間を多くし、自分の好きなことをするには、働く日数は月に10日でいい。そんなバイトが見つからないだけ。 [続きを読む]
  • ♪はるばる来たぜ、尼崎(アマガサキ)〜♪
  • 兵庫県尼崎市の神社に、私の育てたソメイヨシノがある。満開のこのソメイヨシノを見に、今日、尼崎市へバイクで行ってきた。このソメイヨシノが尼崎市の神社にある経緯はこうだ。大阪に住んでいた2004年6月のこと。、大阪市東淀川区の会社敷地に、ソメイヨシノの古木が植わっていて、その古木の若枝に『取り木』の技術を仕掛けた。若枝に根が生えて、『取り木』は成功。それを切り取って鉢植えにし、自宅のベランダで育ててい [続きを読む]
  • 三重県・志摩へツーリング
  • 3月13日(昨日)と14日(今日)、一泊二日で三重県の志摩へ一人でバイク・ツーリングしてきた。厳しい冬を越し、本格的な春がもう目前で、自ずと気持ちの明るくなるのがこの時期。そこへきて、更にバイクツーリングとなれば、否が応でも生きる喜びを感じる。海釣りに夢中になってた40代の頃は、春の幕開けの時期が来ると、決まって和歌山・南紀方面を車で釣り旅行した。ここ数年は、それがバイクツーリングに変わっている。 [続きを読む]
  • バイク用品専門店で
  • 滋賀県草津市のオートバイ用品専門店へ行ってきた。この店はオートバイ用品の全国チェーン店で、「2りんかん・草津店」と言う。品揃えが豊富で、ヘルメット、上下衣服、手袋、ブーツなどが、店内にぎっしりと陳列されている。今のところ、緊急に必要とする物があるわけではないが、買い替え、買い足しをせねばならないときが来るので、あれこれ見て置こうと思って行ってきた。バイク乗りが身に着ける物って、値が張るものばかりだ [続きを読む]
  • 風邪ひき回復
  • 風邪癒えて 比良山系の雪まぶしようやく風邪ひきが90%治った。今日は仕事が休みで、朝、のんびりとした気分で、自宅ベランダから琵琶湖バレースキー場のロッジを見上げた。比良山系に積もった白雪が、風邪ひきの癒えた目に心地いい。風邪を引いたかなと感じたのが2月2日。2月4日には咳止めの薬を服用しつつ、無理を押して知人と共に、福井県越前市へズワイガニを食べに行った。その翌日(5日)から、きつい咳に苦しむこと [続きを読む]
  • 伏見稲荷大社へ初詣
  • 1月11日(木)、京都・伏見稲荷大社へ初詣に行った。今年の初詣を伏見稲荷大社にしようと決めた理由は以下。一、日本全国に稲荷神社が何万もあるが、  その総本山がこの伏見稲荷大社。  稲荷神社の本家本元を一度見て置こうと思った。二、伏見稲荷大社は外人観光客に人気が高く、  特に東アジアからの観光客が大勢押し寄せている。  敷地内にある千本鳥居が珍しいというのがその理由。  外人観光客がこの神社にどのよ [続きを読む]
  • 新年に想うこと
  • 私は昨年の10月に年齢が**歳の大台に乗った。今回は**歳となって初めて迎えるお正月である。1月上旬の内に、神社へ初詣に行くつもりだが、当然のことながら、自分にはもう厄年がない。厄年をとっくの昔に卒業しており、厄年のお祓いを受けることが無くなってる。ちなみに2018年では、厄年に当たる男性の最高齢者は、1958年(昭和33年)の生まれだ。ということは、現在の自分は茫洋た [続きを読む]
  • この冬、初めてのスーパー銭湯
  • 今日は格別に寒い。テレビニュースではこの冬一番の寒さで、1月下旬並みの寒さだと言っていた。それで、スーパー銭湯 「あがりゃんせ」 へ行こうと思い立った。この冬初めての「あがりゃんせ」行きである。この銭湯は滋賀県大津市の雄琴にあり、ひと冬の間に数回足を運ぶ.。施設の規模・充実度はおそらく県下随一だろう。それ故、入場料金が高く、大人一人が1700円。ところが70歳以上の人は,平日に限り5百円割引があり、 [続きを読む]
  • 雨のメタセコイア並木
  • 滋賀県高島市マキノ町にあるメタセコイア並木。マキノ高原へ行く途中、道の両サイド2.4Kmにわたってメタセコイアが植えられており、12月上旬ころ、真っ赤に紅葉する。新緑の時期に訪れるのもいいが、晩秋は更にいい。メタセコイアは大きな木であり、その紅葉した並木道は見ごたえがある。メタセコイアの紅葉を見るには、時期が少し早いかなと思ったが、ピーク時期には車の混雑があるので、今日、バイクで行くことにした。バイ [続きを読む]
  • ♪遥かな友に
  • 大学時代に合唱サークルで一緒に活動していた友が、11月9日(木)の午前5時頃、自宅で亡くなった。そして今日(12日)、奈良市内の会館で葬儀が執り行われた。その友とは卒業後も、私との友人関係が続いてきて、電話で気安く話し合える仲だった。肺を患って、このところ入退院を繰り返していたが、まだまだ大丈夫と思っていた。人を介して死亡の連絡が入ったのは一昨日(10日)。(ええっ?そんなに早く?)と思い、約半年 [続きを読む]
  • バイクで名古屋城へ
  • 名古屋市を電車や乗用車で素通りしたこと、私には何度もあるが、名古屋市内を歩いたことは一度しかない。あの時は40歳代で、歴史小説に対する関心がピークの時期だった。それで≪桶狭間の戦い≫があった場所を、自分の目で確認しようと思い、名古屋市(緑区)と隣の豊明市を乗用車で訪れたのだった。大軍勢を擁して駿府(現在の静岡氏)を出立した今川義元。京を目指して進軍する途中、桶狭間で全軍が隊列を解いて休憩を取る。この [続きを読む]
  • バイクで白鬚神社へ
  • 今日は暖かくて秋晴れのいい天気だが、台風22号が日本列島へ接近中だ。明日(28日)は天候が崩れて、明後日(29日)には本州が暴風雨の圏内に入る。先週の土曜、台風21号が通過したばかりなのに、早くも次の台風が近づいて来ている。もういい加減にしてほしい。この10月は雨が多くて、好天の日が何日も続かない。今日は絶好の秋日和なので、バイクで161号線を走り、白鬚神社(しらひげじんじゃ)で折り返して戻って来る [続きを読む]
  • 石田三成の佐和山へ
  • 今日(2017.10.08、日曜)、滋賀県彦根市の佐和山(標高232m)に登った。佐和山は豊臣家の家臣・石田三成の城があった山。今は山頂の天守閣跡に「佐和山城址」の石碑が建つのみで、城郭が思い浮かぶような建造物は何一つ残っていない。今日は天気が良く、日曜日でもあったため、天守閣跡へ登って来る人達がパラパラといた。JR彦根駅から佐和山城址までの行き帰りは、ハイキング気分で歩ける。駅から登山口の龍潭寺 [続きを読む]
  • それでもバイクで走る理由
  • 毎週金曜日の午後10時50分からNHK総合テレビで、「ドキュメント72時間」という番組が放送されている。今日の同番組は「それでもバイクで走る理由」というのがテーマであった。東京湾岸のとある場所に、バイク用品の大型小売店があり、その店舗前の広い駐車場には、いろんな年齢層のバイカーが、24時間入れ代わり立ち代わりやって来る。バイカーにとって、この駐車場は休憩所でもある。そのため駐車場には絶えず様々のバイ [続きを読む]
  • 和服とスーツの虫干し
  • 虫干しは湿度の低い時期にしなさいと言われる。空気の乾燥する頃、頻繁にやってもいいのだが、一年に二回だけするなら、2月と10月がいいらしい。私はもう一年以上、衣類の虫干しを行なっていない。今9月中旬で、随分と秋らしくなってきた。「思い立ったが吉日」ということで、今日は仕事が休みでもあるし、久しぶりに虫干しをしてみる気になった。私の父は46歳で亡くなっている。壮年で逝ったとは言え、和服が好きだった父は [続きを読む]
  • 電気料金の値下げ
  • 関西電力からのチラシが郵便受けに投入されていた。このチラシは「本年8月1日からすべての顧客に対して電気料金を平均で4.29%値下げした」とする広報である。電力会社が配布するチラシは、「従量電灯A」だとか何だとか、分からない言葉が羅列されている。読んでもよく理解できないので、普段は読む気にならない。しかし「値下げ」という文字が目に止まり、( こらエエこっちゃ )とチラシを読んでみる気になった。福井県にある [続きを読む]
  • ♪スイカを食べてた夏休み〜
  • 一昨日、スーパーでスイカ(1/8切れ)二つと、梨(幸水)二個を買い、自宅の冷蔵庫へ投入。そのスイカと梨を一人で、二日間で全部食べ切った。少年の頃は夏になるとスイカを食べる機会が頻繁にあったのに、成人になると、スイカを食べることが少なくなった。一人暮らしになってからは、なお更に少ない。ところが、今年の夏は例年に無くスイカを買う頻度が多い。どういうわけだろう。老い先短いのだから、食べたいと思ったらすぐ [続きを読む]
  • 働くのは三年半ぶり
  • 60歳でサラリーマン生活を打ち切ったあと、アルバイトをしたりして社会と繋がっていたのだが、2013年12月にアルバイトもやめてしまった。その後これまで3年半もの間、仕事をせず自由気ままな暮らしを続けてきた。しかし一念発起し、7月14日から仕事することになった。毎日が日曜日という生活とオサラバだ。今度の仕事は立ち仕事で足に疲れが溜まる。だが、やると決めたらやる。大型バイクを乗り回してるほどの健康体な [続きを読む]
  • ホームウェアで暑さ対策
  • リタイアした自分はクールビズに無縁となって久しい。暑い夏を自室で過ごす時間が多くなれば、自分の夏のホームウェアについて、クールビズ的な発想が必要となる。去年は呉服店で作務衣(さむえ)を買ったのだが、この買い物は失敗だったと思う。作務衣というのは、紺系統の無地の布地で作られているものがほとんど。修行僧が庭掃除などをするときに着るあの衣服。和風レストランでも作務衣を着た店員さんを見かけることがある。私 [続きを読む]