rihiters さん プロフィール

  •  
rihitersさん: 中学受験 合格の確率を上げる11の方法
ハンドル名rihiters さん
ブログタイトル中学受験 合格の確率を上げる11の方法
ブログURLhttps://ameblo.jp/rihiters/
サイト紹介文合格を勝ち取る為に勉強以外に親が出来ることは結構あった。それが勝負を左右するなら、それをやるべきだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/05/13 20:53

rihiters さんのブログ記事

  • ミスが出れば勝利の女神は微笑まない
  •  昨日日本シリーズ福岡ソフトバンクホークスー横浜DeNAベイスターズの第6戦で日本一が決定しました。横浜を応援していた私は「無念」の一言です。 今日、関連したWebニュースを見ていたら、「ミスが出れば勝利の女神は微笑まない」という題の記事が載っていました。昨日の試合では7回までは横浜の流れでしたが、自らの守備のミス(少なくとも2回あった)でホークスに追い上げられ、最後に逆転されました。自分のチームの方が分 [続きを読む]
  • 四択問題
  • 理科や社会で時々; 1:□2:□3:□4:□ A:奈良時代B:平安時代C鎌倉時代D:室町時代 □に当てはまるA,B,C,Dをそれぞれ選びなさい という問題が出題されます。問題数と選択肢の数が同じ場合です。 答えがある程度わかっている場合はいいのですが、全然わからない場合どうしますか? 娘は、小学4年の模試の時でしたが、教えてもいないのに、全て同じ記号を書いていました(例えばA,A,A,Aのように)。理由を聞くと、「だってわ [続きを読む]
  • 1月の小学校の授業を休ませるか否か?
  •  2月本番の東京、神奈川の中学受験で毎年議論になるのが、1月の小学校の授業を休ませるか否か、です。 これは、各ご家庭の方針によると思いますが、我が家では、1月受験の受験日以外では、1月29日(金)の1日のみお休みをいただきました(2016年は1月30日(土)、1月31日(日)でした)。小学校の同じクラスの中には、3週間前からお休みをとっていたお友達もいました。インフルエンザ等の病気をもらわないようにする、勉強の最 [続きを読む]
  • あと5か月 何に重点を置くか?
  •  9月に入りました。2月の受験まであと5か月です。さあ、これから5か月間何に重点を置けばいいのでしょうか? 1:学力を上げる2:学力をキープする+本番で実力を出せる練習をする の2つがあるとすれば、我が家は2をやりました。我が家の考え方は、6年生の8月まで取った偏差値から9月以降上がることはもうないだろう、ここをキープすることにフォーカスしよう、と考えました。実際娘は9月から偏差値を上げるところか、大きく [続きを読む]
  • もし偏差値があと5ポイント高かったら、別の中学に進学したか?
  •  今でも時々考えます。もし娘の偏差値があと5ポイント高かったら、別の中学に進学したか、という事です。恐らく、別の中学は受験したと思いますが、全部合格したとしても今の中学に進学したのではないかと思います。それだけ今の中学で良かったという実感があります。 昔の話になりますが、私の通った高校は進学校でしたので、田舎の優秀な生徒が集まって来ます。公立校にしては宿題もガンガン出るし、先生も「君たちを国立大 [続きを読む]
  • Averageの人生で十分 (追記)
  • 追記です ① Averageの人生は、麻雀で言うと、安手でも上がりを重視する戦い方です。満貫で一回上がり、後は振り込まなければOK。役満は狙いません。投資でいうと、ポートフォリオを組んで、手数料の低いインデックス型投資信託を毎月積立するような感じです。負けない事を重視します。無理をしません。② 先に言及したリストラですが、学歴との関係に興味を持たれている方がいるかも知れません。リストラされる人と、学歴とは [続きを読む]
  • Averageの人生で十分
  • 最近思うのは、Average の人生で十分ではないか、という事です。例えば、開成中から開成高、東大を卒業し、国家公務員、弁護士、企業就職し、そこそこのポジションに着き、高年収と名声を得る、これはどう見ても成功者でしょう。別の例では、実家が地元の地主で、アパートや駐車場を作って土地を運用し、余っている土地で野菜を作り、地元の住民に買ってもらう。このケースも地元では名声があり高年収です。学歴はさほど高くな [続きを読む]
  • 小さくてもいいから成功体験が欲しい
  • 中学受験に限定されないのですが、小さくてもいいから成功体験が欲しいです。例えば、1科目でもいいから偏差値が志望校のターゲットを超えた、漢字の書き取りがクラスで1番出来た、算数のある問題(1問でいいのです)がクラスで1番速く解けた、等。そして、その小さな成功体験を、親は大げさに褒めるのです。すると子供は、次も頑張ろうと思います。それを「たった1科目ではだめだ。」、「1回ではまだ足りない」、と言ってしまうと [続きを読む]
  • 算数 図形 (67.5度)
  • かなり前のフェリス女学院中の算数の図形の問題で、67.5度の底角の二等辺三角形が出ました。67.5度とは変わった角度です。問題の詳細は省略しますが、67.5度から直角二等辺三角形を定義し、等辺を用いて別の三角形の合同を導き、最後にまた別の三角形の面積を求める問題でした。覚えておきたいのは、67.5度が出てきたら、90-67.5=22.5. 22.5 x2=45度(22.5度が2つある) あるいは67.5-22.5=45度となって、直角二等辺三角形が現 [続きを読む]
  • どの問題を解くか?
  • 入試は、学校が受験生を選抜する訳ですから、難しい問題も当然問題の中に仕込まれます。一般的には問題の難度と、それを解く時間には正の相関があります。受験生は、難問、苦手の問題、あるいは、難しくないが、面倒なので時間がかかる(例えば、算数で言えば、場合分けをして、樹形図を描いて、数えていくタイプの問題)、等の問題は1:手をつけない、あるいは2:後回しにする、のプランニングを、問題用紙を見て、最初の1分く [続きを読む]
  • 算数 図形(補助線を引けるか)①
  • 2年ぶりに娘の算数の問題集を開き、図形の問題を解いてみました。 図で、ABとECは平行です。AC=8cm、AD=9cm、AE=3cmです。斜線部分の面積を求めなさい。[答え] CからADに垂線を引き、交点をMとする。CM=8x1/2=4cm.9x4/2=18cm2(三角形ADCの面積)ABとECは平行だからDC:CB=DE:EA=6:3=2:118x1/2=9cm2[答え] 解答の説明が非常にあっさりしていますね。よくわからないかもしれません。 この問題は、”CからADに垂線を引き、 [続きを読む]
  • 繰上げ合格(2)
  • 娘の友達も繰上げ合格で進学しました。この友達は、既に合格をもらった学校に進学を決めていて、入学手続きを終了した30分後に、繰上げ合格の電話が入ったそうです。すぐに家族会議をして、30分前に終えた入学手続きを辞退し、繰上げ合格がきた学校への入学手続きをしたそうです。もう少し繰上げ合格の連絡が早ければ、あるいはもう少し入学手続きに行く時間が遅ければ、入学金を納めなくてもよかったのに、と少し残念がっていた [続きを読む]
  • 繰上げ合格
  • 繰上げ合格した娘の後輩の話です。その後輩は、難関校を2/1に受験しましたが、不合格でした。第二志望も不合格で、押さえに受けた学校のみ合格しました。押さえといっても、偏差値的には娘の進学した学校よりも同じか少し、上ですので私だったらいいのではないかと思うのですが、もともと成績がかなり上位にいたようなので落胆の様子でした。幸いなことに、一週間後に難関校から、繰上げ合格の連絡が来て、無事に進学することに [続きを読む]
  • 気力と体力
  • 前回のブログの内容のポイントは「気力と体力」です。あれをやりたい、これをやりたい、というモチベーションがないと、人間は先に進めません。これが気力で、それを実行するために必要なものが体力です。私のウォーキングはあれをやりたい、という確固たる目標があってそのための体力つくりではなく、新しい町はどんな感じか、住んでいる人の様子はどうか、おいしそうなレストランはあるか、という興味から始まったものですが、 [続きを読む]
  • 定年退職後何をするか
  • 最近、60で定年退職をした後、何をしようかと結構考えるようになりました。これが楽しくて仕方ありません。65まで再雇用契約をして今の会社で働くこともできますが、それでいいのかと思ってしまいます。もしかして、ほかの楽しいことがあるかもしれないのに、同じ仕事をするのはもったいない選択かもしれないからです。人生85年として、残り25年、60までに住宅とある程度の資産の用意、娘への教育費が大体終わりますので、さて何 [続きを読む]
  • 苦手分野の克服方法 語学(3)
  • 英語のヒヤリングが劇的によくなる方法があるので以下記述します。  自分の一番好きな映画(洋画です)を一本選び、毎日英語で聞くのです。映画一本は1時間半から2時間ありますが、毎日です。 自分の好きな映画なら飽きないし、ストーリーも覚えているはずです。変な話、画面を見なくても音だけでもいいのです。 私は初め毎日画面を見ていました。聞き取れない英語は、そこだけ何回も巻き戻しして(今はDVDなので巻き戻し [続きを読む]
  • 苦手分野の克服方法 語学(2)
  •  先に述べた方法は、苦手な分野にこうすれば入っていける、頑張れるんだ、という意味で、意義があると思いますが、例えば英会話をビジネスでやる場合は、全然足りません。今日の天気から入り、今世の中で起こっていることに関して英語で聞かれたら英語で答えられないとビジネスではちょっと難しい評価を受けてしまうでしょう。 例えば、昨日、日本ーUAEで、日本が2−0で勝った、という話題がいきなり出たら、得意分野の人 [続きを読む]
  • 苦手分野の克服方法 語学(1)
  •  苦手分野の克服方法として私が今までやっていた方法を記述します。  例えば、英会話が苦手な人は、自分の得意なジャンルに関する内容、あるいは「この件に関してこう言いたい」、という事柄の、英語の単語、フレーズ、出来ればセンテンスを覚えてしまいます。そして、英会話の時間に、自分得意分野になった時に(ならない場合もあるのですが、なったらしめたものです。ならなかったら、自分から切り出すか、別の得意分野 [続きを読む]
  • 展覧会の絵(3月11日)
  • 今年の3月11日、東日本大震災から6年目、午後2時46分、私は、仙台市地下鉄の広瀬通駅で地下鉄を待ってました。誰もいない地下鉄のホームに、ムソルグスキーの展覧会の絵(ピアノ曲の方です)が流れていました。14:46分、一人で1分間黙祷をしました。仙台市交通局はいつもクラッシック音楽をホームで流しているのでしょうか?それとも3月11日だからでしょうか?展覧会の絵の曲と震災の映像が妙な感じで混じり合って、泣けて来まし [続きを読む]
  • 出身校 学歴
  •  最近ある飲み会で、やたら自分の出身校の説明をしている人に出会いました。その人は恐らく自分の母校を誇りに思っているのだと思います。「私はXXの出身だ」、と、直接には言わないまでも、「OBにxxがいる」と言うと、ああ、xx高校出身、とかxx大学出身というのがわかります。それを言いたいのです。恐らく、誇りに思っているのだと思います。 25年以上前に、似たようなことがありました。中途採用で入社した私より2 [続きを読む]
  • ゆうパックと定形外郵便(東日本大震災)
  •  もうすぐ東日本大震災が起こってから6年経ちます。震災直後、韓国から戻った私は、首都圏からどのように実家や親戚をサポートしようか、家族と考えていました。何しろ新幹線も高速も動いていませんので、自分で何かを持っていくことができません。 首都圏で物資を手に入れても宅配便が止まっているので、送る手立てもありません。そうこうしているうちに、女房の友達が女房に、「郵便局に行って、定形外郵便で送れば配達できる [続きを読む]
  • 医者 : 高学歴と年収の関係
  • ちょっと微妙な話になりますが、高学歴と年収は比例するかという事です。例えば一番わかり易い例を出せば、医学部を出て医者になる、開業医の子供は跡継ぎになるのが非常に多いと思います。私の高校3年のクラス(理系)は、何と45人中15人が医者の息子でした(マジか?)。そして、現役かどうかは別にして、もれなく医学部に進学しました。その中には、開業医の息子が8割でしたが、勤務医の息子が2割いました。勤務医の息子は、別 [続きを読む]
  • 岡野俊一郎さん
  • 岡野俊一郎さんが先日お亡くなりになりました。私は大学時代に、岡野さんの解説の「ダイヤモンドサッカー」を毎週土曜日の朝6時から30分見るのがルーティンでした。これを見ながら物理演習の宿題を仕上げ、大学に行くのです。30年以上前の話です。1982年のスペインワールドカップをNHKで見て以来すっかりサッカーファンになったのですが、これも岡野さんのおかげだと思っています。NHKのサッカー中継の解説者としてコメント [続きを読む]
  • 東大ー慶応戦 (東大70連敗目)
  •  ちょっと前の話に戻りますが、娘の受験校を決める上で、何かきっかけになるイベントを作ろうと、東京六大学の野球の試合(春)に連れて行ったことがありました。娘が5年生の時の土曜日だったと思います。東大ー慶応戦でした。 私たちは東大側に入りました。”弱い方を応援しよう”、というのが一つ、でも、東大の応援団がどんな感じか近くで見てみようという私の個人的な興味もありました。神宮に入る前に、年配のおじさんに声 [続きを読む]
  • その学校はどういう生徒に入学して欲しいと思っているか?
  •  中学受験をする学校は、どういう生徒に入学して欲しいかという事を、試験問題に散りばめています。 例えば、女子学院の算数の問題は、難問は出ないものの、制限時間内で、問題をどんどん解いていかないといけません。塾の先生と昔、娘の志望校の面接の際に話した時に言っていましたが、女子学院の算数は、問題を見た瞬間に解答方法が思い付き、鉛筆が動くようでなければ合格は難しい、です。私も昔、ある年の女子学院の算数の [続きを読む]