松園大輝 さん プロフィール

  •  
松園大輝さん: ぶらタビだいき
ハンドル名松園大輝 さん
ブログタイトルぶらタビだいき
ブログURLhttp://daikistep.hatenablog.com/
サイト紹介文長崎出身沖縄在住のタビ好き大学生です。 日本半周−西日本&東日本−をやっております(休憩中)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/05/14 23:01

松園大輝 さんのブログ記事

  • 読みたい本を載せていく
  • タイトルの通り。自分のメモのための記事。記事じゃなくて、ただのページと表現したほうがいいかもしれない。【5月27日時点】1.ナリワイをつくるナリワイをつくる: 人生を盗まれない働き方 (ちくま文庫)posted with ヨメレバ伊藤 洋志 筑摩書房 2017-07-06AmazonKindle2.WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE.WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜 (NewsPicks Book)posted with [続きを読む]
  • 感想レビュー 【No.12】ローカリズム宣言「成長」から「定常」へ
  • 僕が地域に逃げる理由が分かりやすく言語されていて、最後の章を読みながら涙を流していました。なぜ若者が都市を目指し、地域移住するのか。僕は地域移住組の若者の一人で、なぜ地域移住したいのか理由はあるが明確ではなくてぼんやりしていたから、この一冊を読んでみました。地域移住に興味がある若者には共感できる内容です。ローカリズム宣言―「成長」から「定常」へposted with ヨメレバ内田 樹 デコ 2017-12-07 [続きを読む]
  • 誰もがファンクラブを作れる時代に生きている
  • ファンクラブってどういうイメージを持ちますか。「ファンクラブって芸能人がするものでしょ」「ファンクラブといえば、先行販売でチケットが買えたり、動画が見れたりするやつでしょ」「一般人はファンクラブできないよね」イメージは人それぞれあるかと思います。しかし、先に言いますがファンクラブは誰もが作れる時代になりました。支援が来るかどうかはその人次第ということになりますが、プラットフォームは誰もが作れる [続きを読む]
  • 「お金」の使い道を考える
  • 田子さんの「デザインマネジメント」を読んで、あらためて「お金」の使い道を考え直そうと思いました。商品というのは、Why(なぜ)からはじまりWhat(何を)How(どうやって)という順序で作られて販売されていくということを詳しく解説されていて、自分が田舎で暮らす理由がうまく言語化されていて読んでよかったです。以前からスーパーで買い物にすることに違和感を持っていて、もっと地産地消ができる環境に身を投じたい [続きを読む]
  • 自分のことを理解できているからこそ、よりよい選択ができる
  • こんにちは、新年度いかがお過ごしでしょうか。楽しい気持ちで日々過ごしていますか。僕は大学4年生となり、もうすぐで大学生も終わりです。ということは、就職活動をする時期でもあるのです。しかし、ぼくは「就職活動なんか」しません。簡単に言うと、自分の生活スタイルや思考は完全にフリー向きで、「就職なんか」しちゃうと自分が自分でなくなってしまい、廃人と化するからです。色々な場所で僕は死にかけたんだよーと書 [続きを読む]
  • 「信用」を稼ぐとはコミュニティをスライドさせるということ
  • こんにちは、石垣島に来ております。石垣島は年末年始に一度訪れてから今回で2回目です。まだ2回しか来たことはありませんが、ぼくはとても石垣島が好きになっています。サトウキビのバイトをしながらでも短期間住もうかとも考えています。何がいいかって言われるとまだ答えられるまでありませんが、「落ち着く」からですかね。今回石垣島に来たのは上に貼っているイベントのスピーカーというなんだかよく分からない役割があっ [続きを読む]
  • 感想レビュー 【No.11】「自分」を仕事にする生き方
  • こんにちは、シェアリングエコノマーまつぞのだいき(@BuratabiDAIKI )です。僕は(日本ではまだ導入されていないのに)ベーシックインカムで生きていくと誓った男です。ベーシックインカムを受けることで一番得をするのは学生なのではないかと考えています。一定分のお金が入ることでアルバイトをする時間が無くなり、その空いた時間で自分のスキルを高めたり、好きなことを突き詰められたりするからです。だから、僕はベーシ [続きを読む]
  • 苦しむあなたと話して考えていること
  • もう苦しまないでほしい。肌感覚が合って大好きだからこそ、もっと自由に好き勝手に生きてほしい。苦しむ原因が出てくる前の自分の姿を思い出してほしい。きっと、一秒一秒が楽しくて輝いていたと思うよ。あなたと出会ってから月日が全然経っていないから過去のあなたのことは分からない。だけど、いまのあなたと話して、最近の話題の物について話す中で、きっと過去のあなたは今のあなたよりも輝いていたはず。だから、いまの [続きを読む]
  • 今日はBackpackFESTA2018沖縄 に参加します!
  • はい、こんにちは。今日は久しぶりに大人数が集まるイベントに参加します。雰囲気は最高ですね!13:00開場15:00開演モン吉さん、絵本作家リックスタントさん、まりこさん、DREAMプレゼン、全てが楽しみです。特設HPはこちらから!http://bpf.tabippo.net/2018/当日券もあるみたいです!!感想は終わり次第、付け足します!それでは、また!! [続きを読む]
  • 人生を豊かにする言葉を持っているかどうか-2017年という年から-
  • 言葉の力ってものすごい。そう思う日々のど真ん中、12月。2017年の終わりの音が町のそこらから聞こえてくる。その音を聞くたびに、「とうとう2017年」が終わってくれたかと感じる。僕にとって2017年は今までに経験したことがないぐらい「不自由」や「助け」を感じた1年だった。「不自由」に関しては、足を怪我してリハビリに没頭するなかで幾度となく経験したことだ。ちょっと急がないといけないときに走れない自分、みんな [続きを読む]
  • ブラック部活動-子供と先生の苦しみに向き合う-
  • ブラック部活動-子どもと先生の苦しみに向き合う-内田良●グレーゾーンを「見える化」する・部活動は、学校教育のなかでおこなわれている。顧問の教師は、毎日数時間、土日にはさらに多くの時間を部活動に費やす。だがもともと、大学で教員免許を取得する際に、部活動の指導方法を学ぶ授業は、基本的に一つも用意されていない。部活動のことを専門的に学ぶことがないままに、日々の指導に当たっているのだ。→部活動は「グレー [続きを読む]
  • そろそろ部活のこれからを話しませんか-未来のための部活講義-
  • そろそろ部活のこれからを話しませんか-未来のための部活講義-中澤篤史●なぜ部活は成立しているのか・日本では、ほぼすべての中学校・高校に部活がある。9割の中学生、7割の高校生が、部活に入っている。そして、9割の教師が、部活の顧問に就いている。部活は、当たり前の存在になっている。・部活はカリキュラム(学校教育で児童・生徒が学習すべき内容をまとめた教育課程)に含まれておらず、教育課程の外にある活動、つ [続きを読む]
  • 何か書きたいのに何を書いたらすっきりするのか分からない
  • 何か書きたいと思って、こうやってはてなブログを開いているのだが、何を書けばすっきりできるのかが分からない。何を書けばいいのか分からない原因は、インプットの量の少なさや日々の生活でネタを探してなかったことに影響があるのだろう。そして、ここまで120字ぐらい悩みながら書いているのだが、一つ考え事を思いついた。僕は卒業論文のテーマを「学校の運動部活動の在り方」としている。これを調べて論文読んで本読ん [続きを読む]
  • 肩書きってあった方が楽だよね、という話
  • 肩書きがあれば何かと楽だよなと感じる日々の中で、「まつぞのだいき」というピースにガチっとはまるもうひとピースが見つからない。どうも、まつぞの(@BuratabiDAIKI)です。最近、初めましての人と連絡を取り合うことが増えてきて、「何してるんですか?」「主には?」のような質問をされることも増えてきました。その際に僕を表す肩書きがなくて少し困ってしまうときがあります。いまは大学生だから「大学生です」と [続きを読む]
  • #polca 企画 目標金額達成!【ドローンバッテリー買いました】
  • こんにちは、まつぞの(@BuratabiDAIKI) です。現在、興奮しております。以前から挑戦しているフレンドファンディング「polca」、おかげさまでサクセスいたしました。本当にありがとうございます。この企画内容なのですが、実は2回目の挑戦になりました。一回目も同じ内容で挑戦して、サクセスこそはできませんでしたが、6人にご支援をいただき22%までいきました。併せて、お礼を申し上げます。ありがとうございます。ご支 [続きを読む]
  • 就活をしないと決めた大学生が考えていること
  • わたしと小鳥と鈴とわたしが両手をひろげてもお空はちっとも飛べないが飛べる小鳥はわたしのように地べたを早くは走れないわたしがカラダをゆすってもきれいな音は出ないけれどあの鳴る鈴はわたしのようにたくさんは歌は知らないよ鈴と小鳥とそれからわたしみんな違ってみんないい金子みすずパソコンとスマホと本とわたしが一冊の本を読む間にパソコンとスマホは膨大な情報をコントロールしているパソコンがまた一つ仕事をして [続きを読む]
  • 「不登校から」著・小幡和輝を読んで考えたこと
  • あなたは「不登校」という言葉を聞いて何を思いますか?ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー僕はこの著書を読み始める前、「集団になじめない」「集団で過ごすのがいや」「いじめを受けている」というイメージを持った。僕が過ごしてきた義務教育時代の9年間では、実際に「不登校」のクラスメイトがいたのは事実である。初めて「不登校」という言葉を聞いたのは、たしか小学5年生だったかと記憶している。そこまで仲 [続きを読む]
  • 自分で買うのではなく、みんなで買うという感覚
  • こんにちは、まつぞのです。欲しいものがあるとき、あなたはどうしていますか?「お金を貯めて、自分で買っている」という人が大半のように感じます。僕もそうやって生きてきました。しかし、持っていたドローンよりもすばらしいドローンをお譲りいただいたあとから少しだけ感覚が変わったような気がしています。以前は、自分で買いたいと思ったものは自分のお金で買わなければならない、人のお金をもらってはいけないと誰か [続きを読む]
  • 僕が僕であるために。
  • 11/29の朝から泣きました。朝めをさますと、気持ち的にいつもとは違うようで、なんだか悩みの種が大きくて、心を支配していて、今にも悪魔に食べられそうな感覚でした。悪魔が襲い掛かってきていたのは、11/28の正午すぎからだったのです。大好きな先輩と大好きなドローンを飛ばしに沖縄県本部町備瀬のビーチに行ってきました。快晴で無風でかなりいい状態で空撮できました。バッテリー残量が残りわずかになったので下に降ろし [続きを読む]
  • #polca企画 大感謝!!
  • こんにちは、まつぞのです。現在、興奮しております。以前から挑戦しているフレンドファンディング「polca」、おかげさまでサクセスいたしました。本当にありがとうございます。この企画内容なのですが、実は2回目の挑戦になりました。一回目も同じ内容で挑戦して、サクセスこそはできませんでしたが、6人にご支援をいただき22%までいきました。併せて、お礼を申し上げます。ありがとうございます。ご支援いただいたみなさ [続きを読む]