Oe さん プロフィール

  •  
Oeさん: ウォーターランドの風に吹かれて
ハンドル名Oe さん
ブログタイトルウォーターランドの風に吹かれて
ブログURLhttp://waterland.o-e.main.jp/
サイト紹介文琵琶湖をフォールディングカヤックで写真を撮りながらツーリングし、写真と文章を掲載しているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/05/16 21:28

Oe さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 長良川2018春
  •  今年はまだ4月だというのに、真夏日が続く。桜の開花も早かったし、今頃は藤が見頃であるはずなのに、もう散ってしまっている。こんな気候だと、カヤックに乗らなくてはならないような気になって來る。そんな気になったのは、数日前で、昨日の朝までは、電車を使って湖西を漕ごうかと思っていた。  昨日の夕方、長良川沿いの竹林広場公園を散歩した。鬱蒼と茂る竹林の麓には、シダの若葉やハルジオンの花が咲いている。そこを [続きを読む]
  • 宮ヶ浜
  •  この日、近江八幡の水郷を漕ぐ予定だったのだが、いつもの出艇場所ど真ん中に、ヘラブナ釣りのおじいさんが、陣取っていた。すぐ横から、カヤックを出してもいいかと尋ねたが、ダメだと即答された。本来なら、ダメだと言われる筋合いもないのだが、そこで揉めても仕方がないので、宮ヶ浜へ移動した。  ここは、何度も漕いでいるので、今さら書くこともないけど、まだ3月も終わりだというのに、カヤックをやっている人を3組も [続きを読む]
  • 水郷2017
  •  近江八幡の水郷の葦原が金色に染まったら、年内に一度はここに来ないといけない。 寒くなってくる時期でもあるので、動くのが億劫になり、家でぬくぬくしていたいのだが、そんなことではいけないと思い、今年もここを漕ぐことにした。 そんなふうに思うなら、家でぬくぬくしていればいいのにと、思われるかもしれないが、そういうわけにはいかない。なぜなら、ここを漕いだ後は、来て良かったと後で思い返すことが出来るからだ [続きを読む]
  • 白龍湖(姉川ダム湖)
  •   琵琶湖に注ぐ姉川上流にあるダム湖を漕いできた。白龍湖というらしい。「姉川ダム湖」よりも「白龍湖」という呼称の方が断然いい。「ダム湖」というと、環境破壊とかネガティブなイメージが付きまとうが、「白龍湖」という名前にはネガティブなイメージは微塵もない。   水際に行くには、アクセスが少しややこしかった。奥伊吹スキー場へ向かって走っていくと、トンネルが連続して二か所あるんだけど、カヤックを出す水際の [続きを読む]
  • 夕凪の湖北
  •  琵琶湖は、午後2時頃から波が荒れてくるので、それまでに陸に上がったほうがいい。と、よく耳にする。 確かに、その傾向はあって、僕自身2時頃にはカヤックを終えることにしている。でも、これからの季節、日中は暑くなりがちで、短時間でもいいので夕凪の湖面を漕ぎたい気持ちになる。   この日は夜まで風が穏やかなことを天気予報で確認して、3時半から2時間ほど、湖上散策した。 この時期のこの場所は、湖面に菱の葉 [続きを読む]
  • 姉川河口
  •  この日、天気予報によると午前9時頃から風速4メートルの北西の風が吹くらしい。今回、漕ぐつもりなのは長浜市の南浜から姉川にかけての予定なので、琵琶湖の北西側から入った風が西岸に向けて波を運んでくるのを留意する必要がある。そういった理由で漕ぐのなら朝早い時間に限ると思い、8時半には出艇した。5月の終わりとはいえ、水温はそれほど高いわけではない。念のため、ロングジョンを着込んだ。 前回、沖島で愛用して [続きを読む]
  • 沖島
  •  今年初めての漕行記となる。昨年、水郷でお会いしたNさんとその息子さんと、5年ぶりに沖島へ渡った。それにしても、「5年ぶり」と言えるくらいのカヤック歴になったわけだが、頻繁に漕いでいるわけではないので、まだまだ初心者だ。  9時に宮ヶ浜に到着して、カヤックを水辺まで運ぶ。そこで、赤いアルピナ450を組み上げて、出発する方がみえたので、挨拶をする。このブログを読んでくださったことのある方だった。 ボ [続きを読む]
  • 邂逅の水郷
  •   まだ11月の初めだというのに、寒い日が数日間続いた。こんなに寒くなったら水辺で遊ぶのはきついなと思っていたら温かい休日に恵まれた。こんな日こそ、カヤックに乗るチャンスだ。他の用事は犠牲にしてでも、出かけなくては! 秋の行楽と言えば、紅葉狩りなのだが、僕としては金色に輝く葦原が続く水郷を漕ぎたい。いや、心情的は、漕がなくてはならないと言った方がいい。昨年の秋はここへ来ることは出来なかった。 昨日 [続きを読む]
  • 中秋のマキノ
  •  夏の間、すっかりカヤックから遠ざかっていた。琵琶湖で一番お気に入りの場所のマキノで漕ぐ事にした。   もう10月の終わりだというのに、今年はいつまでも週に何日かは夏日が含まれている。それでも、湖水はやはり夏のものではなく、パドリングシューズやロングジョンの内部に入り込んでくるとひんやりと感じる。  湖畔には、まばらに人がいるだけで、カヤックに乗っている人とは出会わなかった。ほんのちょっと沖に魞が設 [続きを読む]
  • パドリングシューズ
  •  パドリングシューズを新調した。今までは、冬季は長靴、温かい時期はショート丈のパドリングシューズを使用していた。○長靴 足が濡れないという大きな利点がある。しかし、長靴の高さよりも深い場所に足を浸すと、当然、足は濡れる。その結果、水深に気を使う。経験はないが、沈した場合、長靴を履いたままでは動きづらい。つまり、危険である。早急に長靴の使用はやめた方が良い。○パドリングシューズ(ショート)  どうせ [続きを読む]
  • 過去の記事 …